フォートナイト クリエイティブ 練習。 【フォートナイト】クリエイティブモードのやり方(基本編)

【フォートナイト】クリエイティブモードのやり方(基本編)

フォートナイト クリエイティブ 練習

練習場への行き方 クリエイティブモードを選択する プレイを選択。 開始を選択。 近くにあるおすすめという時空の裂け目に近づいて下さい。 クリエイティブコードを設定する 島のコードを設定を選択します。 12桁の番号を入力します。 クリエイティブコードにハイフンは不要です。 コードを入力したら、島を選択します。 しばらくマップをロードするので、待ちましょう。 ロードが終わったら、時空の裂け目に飛び込めば練習場に行くことが出来ます。 スタート地点の近くにアイテムが有ります。 中には様々な銃が入っているので、好きな銃で練習出来ます。

次の

【フォートナイト】ネフライトのエイム練習マップが登場!島コードと遊び方をご紹介【クリエイティブ】

フォートナイト クリエイティブ 練習

【目次】• クリエイティブモードとは? フォートナイトの3つのモード フォートナイトには3つのモードがあります。 世界を救え• バトルロイヤル• クリエイティブ バトルロイヤルをやっている人が圧倒的に多いんじゃないかなと思います。 ちなみに世界を救えはゾンビを倒していく有料ゲームらしいけど、僕はやった事ないです。。 クリエィティブモードでできる事 クリエイティブモードでは、• 自分の島を作る(地形やルール)• フレンドや公開されている世界中の人の島で遊べる といった事ができます。 資材や武器をいくらでも使える世界で 誰にも邪魔されず建築練習をしたり 誰かが作った練習用の島で効率的に上達したり オリジナルのルールで友達と遊んだり まあ本当にいろんな事ができますっ! クリエイティブ初心者にオススメの使い方 いろんな事ができますが、やり方が難しいというか、 公式の説明がないので、いきなりいろいろ作ったりするのは難しいと思います。 なのでオススメは バトルロイヤルの練習場として使うのが簡単かつ便利です。 まずはそこから慣れていきましょう!• バトルロイヤルでは敵がいるので落ち着いて建築の練習やエイムの練習が出来ません。 資材や武器もいちいち集めないといけません。 これからクリエイティブの超基本の使い方について説明していきます。 ロビーの使い方 まずバトルロビーのゲームモード選択でクリエイティブモードを選びます。 「作成」を押しましょう。 ちなみに右にある「プレイ」を押すとが入ってきます。 フレンドがログインしていれば、フレンドのサーバーも選択画面に出現するのでそちらに入る事もできます。 フレンドと一緒にやる場合は同じサーバーに入りましょう。 自分の島の選び方 ロビーに入って目の前が自分の島に繋がる次元の裂け目です。 (ロードに多少時間かかります。 ) 裂け目の中に入ると自分の島に辿り着きます。 フレンドと一緒にロビーへ入った場合、フレンドの島への入り口も近くにあるはずです。 フレンドの島で遊ぶ場合はセットしてもらって、そこから入りましょう。 島コードの入力 世界の誰かが作った島で遊びたい場合です。 奥に進むと5つの裂け目が並んでいますので、その内の どれでも良いので一つ選びましょう。 デフォルトではオススメの島が勝手に表示されていますので、遊びたい島のコードを入力する必要があります。 「コードを入力」のタブが選択されていると思います。 遊びたい島のコードを入力しましょう。 また、一度遊んだ事がある島なら「最近の島」のタブに切り替えれば履歴が残っているので、コード入力の手間が省けます。 よく使う島は「お気に入りの登録」ができるので、登録しておけば「お気に入り」のタブに一覧が表示されます。 待っていれば表示されるはずです。 島を選んだらセットされるのを待ちます。 セットされたら裂け目の中に入ると島に飛ぶ事ができます。 この裂け目に入ればバトルロイヤルの島を探索します。 敵もいないので、落ち着いて歩き回まる事ができるので、 アップデートがあった時の変更内容の確認で使う人が多いです。 自分の島を作る(基本的な操作方法) 自分の島に入った後の操作方法の説明です。 島のルールを設定する OPTIONボタンを押して「自分の島」を選択すると島のルールを設定する事ができます。 開始時の体力• 落下ダメージの有無• などなど・・・ 様々な設定が可能です。 覚えておくと良いのは、フレンドを招待した時に島を壊されたくなければ、「許可」タブの「島の編集とコピーの許可」をプライベートにしておきましょう。 ) スマホを持った状態でインベントリを開きましょう。 「クリエイティブ」というタブに合わせるとアイテムや建物が選択できます。 アイテムを配置する 「武器」もしくは「消耗品」のタブを選択します。 そうすると一番右側の「宝箱」タブを選択するとアイテムが入っているのが分かります。 「プレハブ」もしくは「ギャラリー」から建物を選択できます。 そうすると建物が装備に追加されます。 投げる事で建物が設置できます。 プレイヤースポーンを配置する いろいろな仕掛けを配置する事で面白い機能を持たせる事ができますが、ちょっと難しいのも多いです。 とりあえず一番簡単なプレイヤースポーンを設置しましょう。 プレイヤースポーンとは、 ゲームをスタートした時にプレイヤーが出現する場所です。 これを設置しないとプレイヤーは空から降下することになります。 着地まで時間が掛かって面倒なので基本的には設置しましょう。 スマホの「仕掛け」のタブから選択して装備します。 装備したらトラップピース枠に入ります。 置き方はトラップの設置と一緒です。 置けるのは床だけですが。 まとめ 以上、本当にさわりの部分だけですが、この辺をいじっている内になんとなく慣れてくるかなと思います。 クリエイティブは奥が深く、正直 これだけでも神ゲーレベル じゃないでしょうか! twitterではすごい作品がたくさん挙がっていて、見ているだけでも感動します。 (今度神作品を集めて記事にしよう) 僕もまだまだ初心者なのでこれからこっちの操作もマスターしていきます! by わなび〜 twitterにて、記事更新の連絡やフォートナイト関連の役立つツイート・リツイートしていますのでフォローよろしくお願いします。

次の

【フォートナイト】編集の練習に最適なクリエイティブコース【Fortnite】

フォートナイト クリエイティブ 練習

素材を展開する まずは練習場に使う素材(建材)を展開しなければなりません。 アイテムを開いて、この3つを装備し、 放り投げましょう。 ポケットフォートレスの要領で、建材がズラーッと展開されます。 同様に、射撃の的となるアイテムも展開していきましょう。 大きい的と小さい的がありますけど、ほとんどの場合、小さい的で事足りるはず。 こんな風に展開されてればOK。 建物を作ってみる 建物を作る際は、展開した素材をコピーした後、ひたすら設置、設置、設置を繰り返して1マスずつ制作していきます。 はじめから所持しているスマホのようなアイテムを選ぶとコピーや設置が可能。 例えば先ほど展開した素材から、黒い壁を選んでコピーすると、 好きな場所に設置(ペースト)できるようになります。 普段の建築と同じイメージですね。 建築と同じように、 空中に壁を建てるなどはできないので注意。 一度置いたら再びコピーする必要は無く、連続で置くことが出来ます・・・が、決定ボタン押しっぱなしでドンドン建築できる、ターボ建築にはならない模様?? なので、私はひたすらクリック連打で置いてます。 天井と床はこの辺の素材を使い、壁と組み合わせることで・・・ 簡単に空間を作ることができました。 実際に空間を作る時はもっともっとサイズを広げた方が良いですけど、今回は作り方の紹介なのでこれくらいで。 的を設置する 続いて、的を設置していきます。 建材をコピーした時と同じ要領で、好きな色の的をコピー。 すると色々なメニューが出てきますが、とりあえず覚えておいた方が良いのは ドロップと グリッドスナップ。 グリッドスナップ グリッドスナップは説明が難しいんですけど、1マスのスペースを何等分しますか?みたいな設定。 逆に、2~16の間で設定するとこんな感じで、等間隔で綺麗に置けるようになります。 2だと一番近い間隔で置いても的1個分のスペースが出来、16だとOFFに近いくらい自由に置けますね。 OFFでやっちゃうと的が壁にめり込んでブサイクになったりするので、4を基準にして適宜変更するのが良いかと思います。 綺麗に壁に設置できるので、壁に数字の素材を貼り付ける時なんかも、グリッドスナップを活用すると良きです。 アサルトライフル練習場 的の置き方が分かったところで、実際に壁際に設置してみると、 これだけで立派なアサルトライフルの練習場の完成。 建材を置いて的を隠すと難易度を上げられるので、工夫してみましょう。 応用として、サブマシンガン練習場は的のグリッドスナップを大きくして、短い間隔で置いてあげれば、フルオートでぶっ放しながらエイムで追いかける練習が出来ます。 スナイパー練習場はもっと距離を離して、ほとんど的が見えないくらい建材で隠してあげればOK。 形はどうでも良いので、とにかく台の上に的を置いといて、 下からグラップラーを使って、台に着地する前にショットガンで撃つべし! これだとグラップラーを使う場所が変われば的との位置関係も変わるので、歩きながら撃つよりはショットガンの練習らしくなるかと思います。 アイテムスポナーというトラップを地面に設置。 アイテムスポナーに事前にアイテムを放り込んでおくことで、 アイテムが設置され、何度でも拾えるようになります。 (カスタマイズでスポーン間隔などの設定が可能) 似たようなアイテムで、プレイヤースポーンというトラップがあり、 開始時にプレイヤーをここからスタートさせられ、グライダーの降下による無駄な時間を省くことができます。 便利なので是非設置しましょう。 ゲームの始め方 練習場が完成したからといってそのまま銃を装備して撃ってしまうと、 破壊した的を再び置きなおさなければなりません。 その際の設定はお好みですけど、分からなければこんな感じで。 これでゲーム開始すると、ゲーム中に壊した的などあらゆる要素が終了時に復元されます。 フレンドなどを誘った場合もゲーム開始しなければフレンドは遊べないので、必ず覚えておきましょう。 以上、クリエイティブモードでのエイム練習場の作り方でした。 ざっくりしてますけど、「これさえ覚えとけばイメージしたものをゲーム内に作れるよ!」という項目を中心に解説したつもりです。

次の