ツイッチ。 ツイッチを撲滅する【海外の反応】

投げ銭ができるゲーム配信サイト「Twitch(ツイッチ)」を解説|ネット労働研究所

ツイッチ

Twitch(ツイッチ)とサブスクについて Twitch(ツイッチ)とはAmazon傘下のライブストリーミング配信サイトです。 YouTubeや、ツイキャスなどと同様のライブ配信サービスですが、Twitchではゲーム配信が主流のジャンルとなっています。 ツイッチには配信者を月額で支援することができる制度があり、それを「サブスクライブ(サブスク)」といいます。 ツイッチのサブスクのやり方 配信者のページに行き、画面の右上の「サブスクライブ」項目を開き、金額や支払い方法を選択します。 サブスクは、月額課金で値段が決まっていて、約5ドル、10ドル、25ドルとなっています。 支払い方法は、クレジットカードやプリペイド、ケータイ課金、ウェブマネー、コンビニ決算などが選択可能です。 さらにAmazonプライムの会員であれば無料でTwitch Prime(ツイッチ プライム)会員になることができ、毎月5ドル分のサブスクが無料で利用できます。 ツイッチプライムでサブスクするやり方 Twitch Primeでサブスクしたい方はAmazonプライムに登録済みのAmazonアカウントとTwitchアカウントを連携することでTwitchPrimeを利用できるようになります。 Amazonプライムに登録済みのAmazonアカウントでログインする• Twichにログインする• Twitch Primeのサイト「」にアクセスし、「Twitch Primeを試す」を押す あとは通常どおり「サブスクライブ」項目を開き、TwitchPrimeでサブスクライブするボタンを押し、「無料トライアルを始める」をすればOKです。 ツイッチプライム会員であれば限定スキンた、スタンプが貰えたり、すべての配信で広告が流れなくるなどの特典もあるのでお得です。

次の

ツイッチ(Twitch) クリップ保存方法について!

ツイッチ

Twitch/ツイッチ って何? そう、本当に何?って感じですよね。 それもそのはず。 日本ではまだあまり知られていないのが現状です。 一言で言えば、動画配信サイト。 ニコニコ動画やYoutubeと同じ類です。 Twitchは主にゲームの実況、eSportsコンテストの放送、ここ最近は音楽やカジノゲームの放送に焦点を当てています。 Twitchはライブストリーミング配信はもちろんですが放送終了後も動画視聴が可能で、動画を見ながらチャットができるところも良いところです。 人気は? 日本ではあまり馴染みがないものの、海外ではとっても人気なんです!2013年10月にはユニーク視聴者数が4,500万人になり、2014年2月にはNetflix、Google,、Appleに続きアメリカでのインターネットトラフィック4位となりました。 2015年には月間150万人以上の配信者と1億人以上の視聴者になりました。 視聴者の平均視聴時間は106分です。 ツイッチはどこから来たの? ツイッチはAmazon. comの子会社、Twitch Interactiveが所有するライブストリーミング配信プラットフォームです。 2011年6月に、総合的なストリーミング配信サイトであるJustin,tvの事業の一部を独立させて導入されたのがツイッチです。 その後ツイッチに焦点を絞るため社名を変更、2014年8月にJustin. tvは閉鎖となりました。 どんな人が何を見ているんだろう? 2013年末のレポートでは、視聴者の76%が18〜49歳です。 週20時間以上利用者: 58% ビデオハイライト視聴者: 38% 他のユーザーとチャット: 61% 自分のゲームプレイを配信: 25% ツイッチを配信している会社にはゲーム会社やメディアサイトなど、ゲームに詳しい人たちがたくさんいます。 ゲーム業界の大手イベント、出版社、開発者、メディア・アウトレットの全てがツイッチに参加し、ストリーミングは常にゲーム体験の一部となりました。 サイト自体はまだ日本語に対応していないものの、ポーカートーナメントなどをライブで見ることができます。 リアルタイムで見られなければ、ビデオで視聴が可能です。 ポーカーの日本語実況などもありました。 日本でも最近人気が高く、ますます増えているポーカープレイヤーですが、ツイッチで勉強したりしている人も多いみたいです。 これからはライブの時代!ビデオゲームの実況をライブで見ながら、他の視聴者ともチャットできるというのは新しい試みです。

次の

【Twitch】スタンプ作成方法!サイズの詳細やイラスト作成フリーソフト情報紹介!作成依頼なら?

ツイッチ

Twitchを見ていて頻繁に画面上にぐるぐる円マークがでてきて、音は途切れるは画面はカクつくわでまともに見れたもんじゃないわ! なんて人いませんか? おそらくこの記事を見た人は、Twitchが重くて見れないときがある。 Twitchは何となく重そうなイメージで見る気にならない。 なんて人だと思います。 そんな人にがTwitchを軽く見るための方法をご紹介します。 Twitchは配信サービスがしっかりしていて、かなり高画質で見れる反面、自分のネット環境に合わせてしっかりと設定してあげないと、重く感じてしまうことがあります。 ぜひこの記事を参考に調整してみてください。 mokoが実際に試したものばかりなので自信もってご紹介します。 リロードしたら直るかも? 思い配信を見ていると、よくぐるぐると円マークがあらわれます。 映像をロード中という合図なんですが、Twitchに障害が起きていないときでもたまーにインターネットの接続が悪く、一時的ににぐるぐるする時があるので、そういったときは一時ブラウザの更新ボタンを押して、画面をリロードしてみましょう。 一時的なものであれば、これで解決します。 回線速度が遅くなってるかも? 次に疑うべきなのは自分のインターネットの回線速度です。 まずは自分のインターネットの回線速度を図ってみましょう。 回線速度には2種類ありまして、いわゆる「下り」と「上り」です。 下りはTwitch配信やYouTubeの動画を見るときに必要な速度で、上りはゲーム配信をしたり、GoogleDriveにファイルをアップロードするときに必要な速度です。 このFast. comでは下りの速度が表示されます。 Fast. comで上りの速度を確かめたいときは、一度下りの速度を測り終わったあと、【詳細を表示】をクリックすることで確かめることができます。 Twitchは下りの速度が最高で2Mbpsくらい必要な配信をやっている場合があります。 公式配信なんかだとそうですね。 一般のユーザーだと1Mbpsも出ていれば配信を見ることができます。 回線速度が1Mbpsも出ていない場合は、ご自身のインターネット環境を整えるまでは我慢ですね 画質が高すぎるかも? さて、回線速度が十分に出ているのを確認した後に、それでも配信がカクつく場合は、画質を下げてみましょう。 Twitchでは画面右下の歯車マークから画質を選ぶことができます。 Auto• 720p60• 720p• 480p• 360p• 160p の中から選べるようになっていると思います。 無線よりも有線使う 最後になります!! ここまでいろいろやってきて、画質をどんなに下げてもカクつく!Twitchの障害も起きてない!どうしてなの! という人はもしかして無線・wifiを使っていませんか? 最近のwifiは性能がよく、普通に使う分には不便をしないくらい回線速度がでますが、家の状況によってはとても不安定になりやすいんです。 wifiはほかの家電製品の影響をもろに受けます。 wifiを飛ばしている近くで電子レンジなどをつけると電波が悪くなることはよくあります。 ですので、回線速度は十分にでていて、画質をどんなに下げてもカクつきが止まらないという人は家の環境的にwifiが安定しない環境なのかもしれません。 そういった場合はルーターから直接優先をつなぐことをお勧めします。 有線以上に安心なものはないですね。 最後にmokoが実際につかっている有線LANを紹介しておきます。 お手頃な値段で、そこそこ安定しているのでお勧めです。

次の