お腹 ガス 抜き ツボ。 お腹にガスがたまるのを簡単に解消する効果的な方法と生活習慣

お腹のガス抜きができる体操は?ツボはどこ?食べ物なら?

お腹 ガス 抜き ツボ

溜まったガスが排出されず腸内に溜め込まれています。 朝食抜きや排便を我慢する習慣がある女性に多く、米やパン、イモ類などのでんぷん質の食品の食べすぎも腸内にガスを発生させやすいといわれています。 ストレス 緊張したりストレスがかかったりすることで無意識のうちに空気を飲み込んでしまいます。 また、自律神経の機能異常で腹部膨満感や腹痛も引き起こします。 運動不足で冷えが進んでいる 運動不足で腸の動きが鈍っている上、冷えることで血流が滞り腸の働きが低下。 中医学では血虚、気滞、水毒タイプに多いといわれます。 そのほかの原因 病気の可能性 胃炎や胃下垂、胃腸虚弱などで胃の機能が低下すると膨満感が起こりやすく、便秘の症状をともなう過敏性腸症候群が影響していることもあります。 気になる症状があるときは、病院を受診しましょう。 「お腹の張り」の対策 苦しいお腹の張りは、市販の薬に頼る以外にもできることがあります。 日常生活で気をつけたいこと お腹の張りが気になるときにおすすめのマッサージをご紹介します。 (1)寝転んで膝を立て、楽な姿勢になる。 (2)おへその周りを時計回りに、少しずつ場所をずらして押します。 (3)先ほどより大きな円で、お腹全体の外周を時計回りに少しずつ場所をずらして押します。 (4)お腹をひし形に沿って、時計回りに流します。 最後は左下の骨盤の上を強めに押し込むように流し込みましょう。 マッサージもツボ押しもとても簡単にできるので、お腹のハリが気になったら試してみてくださいね。 ライタープロフィール 紅華堂主宰・エステティシャン・坂本 雅代 大手エステティックサロン店長を経て独立起業。 エステティシャン歴は16年となり、これまでに男女延べ1万人以上を施術。 現在は施術の他、エステ講師、美容ライターとして活動中。 【保有資格】 国際中医薬膳師/中医薬膳師/JREC認定リフレクソロジスト/骨気小顔管理士/ファセテラピー.

次の

ガスピタンでお腹の張りは解消するのか?実際に飲んでレビュー

お腹 ガス 抜き ツボ

ガス抜きには、どんなツボがいい? 体には色々なツボがありますが、どんなツボがお腹のガス抜きにいいのでしょう? お腹のガス抜きには、便秘の解消が欠かせないです。 便秘に効くツボ、腸やお腹と繋がっているツボを手などで押すといいでしょう。 他にも、ガス溜まりの原因にもなっているストレス解消するツボや、自律神経に関係するツボを押すのも効果的です。 では、どのようなツボが体のどこにあって、どのような効果があるのか見ていきましょう。 1.足のツボ まず手軽にできる足のつぼで、お腹の ガス抜き、便秘の改善をしていきましょう。 足の裏は全身の器官に対応するツボがあります。 体のどこかが悪いと、足のツボも痛みが出やすくなります。 土踏まずの周りの腸のツボ 足の裏、土踏まずの周りをぐるっと手で押していきます。 それぞれの足を3回程度繰り返します。 左足の土踏まずの下側が直腸の部分で、便秘気味だと固くなっています。 しばらく押していると、硬いのがほぐれ、お腹の調子も良くなってきます。 硬い所や、押したら痛気持ちいい所を、特に押していきます。 湧泉(ゆうせん) 自律神経を整えるツボ、湧泉(ゆうせん)を押します。 足の中央より少し上にある凹んでいる所にあります。 両手の親指で、3秒ほど押します。 湧泉(ゆうせん)は、疲労回復、不眠、冷え症にも効きます。 足の指をグーパーグーパーするだけでも効果があるので、座っている時にもツボの刺激をすることができます。 三陰交(さんいんこう) 三陰交(さんいんこう)は、足の内くるぶしの頂点から指4本分上に上がった骨と筋肉の境目にあります。 左右両方の足にあります。 冷えからくるお腹の張りに効果があります。 体が冷えていると、このツボも冷えていて張りがありません。 ゆっくり息を吐き、ツボを手で押していきます。 一度に3回くらい続けて刺激するといいです。 三陰交(さんいんこう)を冷やさないように、レッグウォーマーを履いたり、お湯で温めるのも大切です。 また、足のツボなどは、お風呂で体を洗う時についでにツボの付近をクルクル手を動かしマッサージするとツボも刺激されるので、おすすめです。 2.手のツボ トイレなどどこでも手軽に押せるのが手の ツボです。 合谷(ごうこく) 合谷(ごうこく)は手を開いて、人差し指と親指の間にある谷間、水かきの部分にあります。 反対の手の親指と人差し指で、ツボを挟むように押します。 気持ちいいくらいの強さで押すといいです。 便秘、下痢、肌荒れ、肩こり、生理痛、不眠、めまい、頭痛、喉の痛み、ストレスなどなど、多くの効果があり、万能のツボとも言われています。 幅広い効果があるツボなので、時間がある時にとりあえず押しておくといいかもしれません。 神門(しんもん) 神門(しんもん)は、手首の内側、手首の折れ曲がるシワの線の上にあります。 反対の手の親指でツボを押さえ、手首を前後に動かして刺激します。 神門(しんもん)は便秘、自律神経の不調、むくみなどに効果があります。 3.お腹のツボ お腹には便秘や腸の働きをを促すツボが多くあります。 足や手にもガス抜きに効くツボがありますが、お腹に近く、直接刺激ができるのはお腹のツボです。 中脘(ちゅうかん) みぞおちとおヘソの中間にあるツボです。 おヘソから指4本分上に上がったところにあります。 中脘(ちゅうかん)は胃の調子を整えるツボです。 腸を刺激し、おならを出しやすくする効果があります。 その他に、胃炎、消化不良、下痢、食欲不振などにも効果があります。 中脘(ちゅうかん)は手の平でマッサージし、温めて刺激します。 関元(かんげん) 関元(かんげん)はおヘソから指4本分下に下がったところにあるツボです。 大事な内臓が集まっている場所なので、強く押しすぎないようにしましょう。 お腹がガスで張っている時に効果を発揮します。 その他に腰痛や足先の冷え性、不眠症、生理痛、下痢などにも効果があります。 体力を回復して、やる気を出してくれるツボでもあります。 天枢(てんすう) 天枢(てんすう)はおヘソの両脇にあります。 おヘソから指3本分左右横に行ったところにあります。 ガスがお腹に溜まっているとき、このツボを押すとおならが出て楽になります。 また、便秘、下痢、消化不良、胃もたれなどにも有効です。 手の人差し指、中指、薬指の3本で、ツボを左右同時に押します。 軽く凹むくらいの力で押すといいです。 大巨(だいこ) 大巨(だいこ)はヘソのやや下の両脇にあるツボです。 おヘソから指3本分下へ行き、そこから左右に指3本分外側に行ったところにあります。 天枢(てんすう)から指3本分下の場所にあります。 慢性的な便秘の人は、このツボが硬くなっています。 便秘の人はまずこのツボを押してみるといいと言われています。 大腸のぜん動運動を活発にして、便意を促します。 その他に、胃腸の不調や、下痢、消化不良、むくみなどに効果があります。 硬くなっているので強く押したくなりますが、押しすぎないようにします。 手の人差し指と中指を重ねてゆっくりと押すようにします。 4.背中のツボ 背中にも内臓を改善するツボがいくつかあり、便秘に効くツボも多くあります。 自分で押しにくいですが、胃腸に近いので効果が期待できます。 脾兪(ひゆ) 脾兪(ひゆ)は、背中の中央からやや下の高さで、背骨から指2本分くらい外側のところ、背骨の左右にあります。 脾兪(ひゆ)お腹の張りやむくみ、消化不良などに効きます。 大腸兪(だいちょうゆ) 大腸兪(だいちょうゆ)は、背中の腰骨の高さで、背骨から指2本分、左右外側にあります。 大腸兪(だいちょうゆ)は、大腸に関連した症状に効き、腹痛、便秘、下痢、腰痛などにも効果があります。 スポンサーリンク 便秘点(べんぴてん) 便秘点(べんぴてん)は、その名の通り、便秘に効果があるツボです。 また腰痛にも効果があります。 場所は肋骨の一番下の骨2本分下がり、背骨から左右指4本分外側にあるツボです。 背中のツボは、押しにくいのでゴルフボールやテニスボールなど硬いボールを床に置き、その上にツボがくるように寝転ぶと、程よくツボを刺激できます。 まとめ お腹のガス抜きに効果がある、手で押せるツボは、足、手、お腹、背中にあります。 足のツボは、腸のツボ、湧泉(ゆうせん)、三陰交(さんいんこう)があります。 手のツボは、合谷(ごうこく)、神門(しんもん)です。 お腹のツボは、中脘(ちゅうかん)、関元(かんげん)、天枢(てんすう)、大巨(だいこ)があります。 背中のツボは、脾兪(ひゆ)、大腸兪(だいちょうゆ)、便秘点(べんぴてん)です。 気付いた時に手軽に押せるツボが多いので、ぜひ押してみてください。 お腹のガス抜きができるツボを覚えて、上手に刺激をして、すっきりしたお腹を手に入れましょう。

次の

早く解消したい「ガス溜まり腹痛」背中痛や下痢も。食後や空腹時の膨満感に

お腹 ガス 抜き ツボ

まずはお腹の張りを解消する食べ物と飲み物を紹介します。 発酵食品 まず発酵食品です。 身近にあって、すぐに手に入る発酵食品は多いです。 納豆・漬物・ヨーグルト・チーズ・味噌・醤油・甘酒といったものはスーパーやコンビニエンスストアでも売っています。 発酵食品は善玉菌によって作られているので、これらを食べればそれだけで善玉菌を摂取し、腸内環境を良くしていけます。 一食につき一品はこれらの発酵食品を食べるようにすればお腹の張りも改善されていくはずです。 食物繊維 次に食物繊維です。 ほとんどの日本人は、一日に必要な食物繊維の摂取量を摂取できていないため、むしろ積極的に食物繊維をとったほうが良いといえます。 食物繊維の効能ですが、まず、腸の中をきれいにしてくれます。 管の中にスポンジを通して洗うようなものです。 腸の中は消化したものや水分を吸収しやすくするためにたくさんのヒダがあり、非常に大きな表面積を持っています。 ただ、これらのヒダに食べかすがこびりつきそれらが腐敗してガスを発生させるので、食物繊維をとってこれらの腸にこびりついている食べかすを除去すれば腸内でのガスの発生を減らすことが出来ます。 また、食物繊維は乳酸菌など善玉菌が胃液で死ぬのを防いでくれます。 ヨーグルトなど善玉菌を含んだ食事を取るときに食物繊維を同時に取っておくと、善玉菌が食物繊維の隙間に逃げ込んで胃酸で殺されること無く腸まで到達できるようになります。 なので発酵食品と食物繊維をセットでとるようにすると非常に効果的です。 お腹の中でガスを発生させ、お腹の張りの原因となる食べ物・飲み物 次に逆にお腹の張りの原因となる食べ物・飲み物を紹介します。 食べたものでガスが発生する場合、いくつかのパターンがあります。 炭酸飲料 まず、炭酸飲料などのガスそのものを食べたり飲んだりしている場合。 これは対策も飲む量を減らすことで簡単にできます。 次に食べすぎで消化不良を起こした場合。 消化しきれず腸内に残った食べ物、特にたんぱく質が腐敗しやすく、ガスを発生させやすいです。 たんぱく質 動物性・植物性を問わず、たんぱく質は腐敗すればガスを発生させますが、動物性たんぱく質は植物性に比べて消化に時間がかかり、腸内に残留しやすく、腐敗したときに出す有害物質も多いようです。 特に肉類は同じ動物性たんぱく質の魚や卵よりさらに消化しにくく、脂分も同時に摂取してしまうため食べ過ぎると腸内が汚れやすく、ガスの溜まりやすい腸内環境になってしまいます。 たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素なので食べない訳にはいきませんが、その種類と食べる量には十分注意しましょう。 食物繊維 最後に食物繊維をとりすぎた場合。 食物繊維が腸内細菌のエサとして消費され、悪玉菌がガスを発生させますが、善玉菌にとっても食物繊維は必要なため、意識して食物繊維をとらないようにする必要はありません。 むしろ食物繊維が足りていないと便秘になりやすく、腸内環境が悪化しやすいのです。 現在の日本人の食生活は欧米化が進み、昔ほど食物繊維がとれていないのでこの点に関しては気にする必要はないでしょう。

次の