生理周期 数え方。 分かると簡単!生理周期の計算方法とこころやからだの変化

妊娠週数/妊娠周期の数え方は?計算ツールや便利なアプリを紹介!

生理周期 数え方

妊娠週数の数え方と月経周期・排卵日 昔から「十月十日(とつきとおか)」といわれるように、妊娠期間(最後に生理があった日から分娩に至るまでの期間)は10ヶ月程度であることは知られていました。 これをもとに、WHO(世界保健機構)では、「1週を7日とし、妊娠持続を40週とする」「妊娠歴の1ヶ月を28日とし、妊娠持続を10ヶ月とする」「正常な妊娠持続日数を280日とする」などを定めました。 この定義によると、最終月経開始日は「妊娠0週0日」となり、妊娠2週の開始日(妊娠2週0日)は14日目、妊娠4週の開始日(妊娠4週0日)が28日目で、妊娠4週目は妊娠2ヶ月目にあたります。 妊娠40週0日(妊娠40週の開始日)は280日目にあたり、この日が分娩予定日となります。 分娩予定日は、あくまでもお産になる目安の日で、産まれるはずの日ではありません。 しかし、この定義では「排卵日がいつなのか=赤ちゃんがいつできたか」が定義されていないため、生理不順などで排卵が遅れている場合は、胎児の発育が遅いと判断されてしまいます。 そこで現在は、最終月経開始日から14日後の「妊娠2週0日」を排卵日(=赤ちゃんができた日)として妊娠週数を計算しています。 月経周期(生理が始まった日から次の生理が始まるまでの期間)が28日の人の場合は、すぐに妊娠週数が計算できますが、月経周期が28日より長かったり、周期がばらばらな人の場合は、正確な週数が分かりません。 そこで、それぞれの場合の妊娠週数の数え方を紹介します。 月経周期が28日で一定している人の場合 最終月経開始日を「妊娠0週0日」として、そのまま妊娠週数を出します。 月経周期が35日で一定している人の場合 月経周期が35日の人は、月経周期が28日の人に比べて、排卵日(赤ちゃんができた日)が7日遅れているという考え方をするため、妊娠週数も7日遅らせて計算します。 妊娠初期はいつからいつまで?妊娠週数カレンダー 妊娠期間は3ヶ月単位で、妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期の3つの期間に分けられます。 ・妊娠初期は妊娠4週〜15週(妊娠2ヶ月〜4ヶ月) ・妊娠中期は妊娠16週〜27週(妊娠5ヶ月〜7ヶ月) ・妊娠後期は妊娠28週〜39週(妊娠8ヶ月〜10ヶ月) をいいます。 妊娠2ヶ月の赤ちゃんとママの様子• この時期に注意すること ・専門医の診察を受ける ・出血や腹痛を感じたら、すぐに病院に行く ・アルコールとタバコをやめる ・妊娠中に受診する検査を確認する 妊娠3ヶ月の赤ちゃんとママの様子• 母子手帳は遅くとも妊娠8週頃にはもらった方がいいでしょう。 または、妊娠反応が出たら、その直後の診察で予定日が決まらなくてももらっていいのかも知れません。 母子手帳とともにもらえる妊婦健診の補助券は、さかのぼっては使えないからです。 濃い色にならないように、水分を十分に摂取しましょう。 水分が摂れない場合や、水分を摂っても尿の色が薄くならない場合は、妊娠悪阻()の可能性も考えられます。 すぐに専門医に相談しましょう。 ・働いている人は、勤務先に妊娠の報告をして、通勤時にはマタニティマークをつける 妊娠4ヶ月の赤ちゃんとママの様子• この時期に注意すること ・専門医と相談のうえ、妊娠15週から妊娠体操を始めることができる ・母親学級の申し込みをする.

次の

最終月経日と月経周期から出産予定日を計算

生理周期 数え方

生理の仕組みを考えるうえで重要となるのが、「排卵した卵子」と「精子」が出会って「受精卵」となり、それを守る役割を担うふかふかしたベッドのような「子宮内膜」。 「生理」とは、この子宮内膜からの出血のことを指す。 精子と出会わず受精しなかった場合、子宮内膜は不要となる。 いらなくなった子宮内膜が剥がれ落ち、体外へ排出されるというわけ。 生理を「女としてのシンボル」と思っている女性も多いようだけれど、本来は「妊娠に備えるための仕組み」であり、妊娠する予定がないひとにとって「排卵」や「生理」は不要とも言える。 そのため、「妊娠したいとき」までピルなどを服用して排卵や生理を止めておくという選択をする女性も増えてきている。 生理の期間は、基本的には3日~7日と言われています。 生理が2日しか来ないという場合は、ナプキンが必要なくらい経血が出る日が2日…ということであればそこまで問題視する必要はありませんが、排卵がうまくできていない可能性はあります。 基礎体温を測って排卵できているかを確認してみましょう。 逆に生理日が8日以上続くのは長いですね。 医師として 問題視するのは 経血量が多すぎるときです。 適切な経血の量は、20~140ccと知られています。 多いかどうかの目安としては、例えば「月経カップ」を使用したさいにお手洗いに行く頻度で月経カップから溢れてしまうほど一回の経血量が多い場合。 「自分は多いタイプ」などと思わずに婦人科の受診をすることをおすすめします。 コメント: 産婦人科医 宋美玄先生.

次の

分かると簡単!生理周期の計算方法とこころやからだの変化

生理周期 数え方

妊娠週数の数え方 妊娠週数の数え方は最終月経(生理)からスタートします。 日本では妊娠期間を「十月十日(とつきとおか)」といいますが、これは陰暦での数え方です。 つまり、月の周期の28日を1 ヶ月として、約10ヶ月の妊娠期間を数えていました。 太陽暦では、1ヶ月は約30日、欧米では妊娠期間をNine Monthsといいます。 妊娠期間のスタートは最後の月経(生理)が始まった日になります。 その日を「妊娠0 週0 日」として数えて、妊娠40週ごろに赤ちゃんは誕生します。 妊娠週数の算出方法は、28日型の月経(生理)周期が基準になっています。 月経(生理)周期には個人差があり、また生理不順の場合などもあるので、妊娠初期の超音波検査で、現在の妊娠週数が修正されます。 また、妊娠月数はひと月を4週として数えます。 妊娠週数カレンダーとは?妊娠カレンダー、妊娠週数一覧表、マタニティカレンダーとも 妊娠週数カレンダーとは、妊娠判明から出産予定日までを「妊娠初期」「妊娠中期」「妊娠後期」、またそれぞれを妊娠週数でわけたスケジュール表のことをさすようです。 妊娠時期と妊娠月数、妊娠週数に合わせて、ママの体の変化や赤ちゃんの様子、「この時期に何をすればOK」などがまとめられているもののようです。 出典:『いちばんよくわかる妊娠・出産』内「妊娠中の体&おなかの赤ちゃん 成長見通しMAP」 妊娠週数の算出方法は、28日型の月経(生理)周期が基準になっており、妊娠月数はひと月を4週として数えるので、「今、妊娠何週なのかわかりにくい」と感じることも。 また、妊娠週数計算ツールや出産予定日計算ツールのことを妊娠週数カレンダーといっているサイトもあるようです。 出産予定日計算などはさまざなアプリが出ているのでチェックしてみるといいでしょう。

次の