名城線 路線図。 日本唯一の環状地下鉄・地下鉄名城線

名古屋地下鉄路線図

名城線 路線図

出典:www. youtube. 名古屋市営地下鉄も全路線で通勤客でいっぱいになるのは避けられない。 ただし、路線によってその規模は違ってくる。 名城線の場合は、その中でも特に乗客が多い路線という地位に立つ。 金山駅では、JR・名鉄線からの乗り換え客が一気に集まる。 JR側は、東海道線と中央線という2路線が集結する。 名鉄も名古屋本線に加えて常滑線からの乗客が金山駅で降りていく。 JRも名鉄も中京圏・名古屋都市圏の中でも代表的な路線ばかりとなっている。 金山駅は南側の玄関口となっていて、そこから名古屋市の中心部に当たる栄方面へは名城線が交通手段というわけだ。 これにより、乗車率が高い結果となっている。 なお、名港線からの電車と名城線単独区間を走る電車の混雑度の違いについて、外回りは差は見られない。 どちらも、金山駅から本格的な朝ラッシュならではの混雑となる。 名城線の内回りの混雑は? 内回りは、行く先が比較的郊外のため、乗客は少ない。 西半分に所在する駅(大曽根~金山)であれば、乗車客が多い。 しかし、東側半分の部分となると、西側とは対照的といっても過言ではない。 金山駅を基準に見ると、内回りの電車はほとんどの乗客が降りていく。 ここから乗ってくる乗客はまったく多くない。 朝の時間帯であっても、座席はすべて埋まっていても、車内空間には余裕がある。 ドア付近だと圧迫感を感じる外回りの栄方面の電車とはまったく違う。 乗っている客層についても、東西で異なるようだ。 西側半分では通勤客が多い。 名古屋市の中心部の職場を行き来するという人がほとんどである。 反対に東側半分は学生が多く見かける。 沿線には大学や高校が多いこともあり、朝夕は通学客がそれなりの割合を占めている。 通勤客はあまり見られない。 おすすめ記事•

次の

名古屋市営地下鉄名城線 大幸車庫|まるはち交通

名城線 路線図

出口番号 1• 愛知銀行• 北陸銀行• 金山1-3丁目 2• バスのりば• 三菱東京UFJ銀行• 金山1・4丁目 3• バスのりば• 三井住友信託銀行• 名古屋金山ワシントンホテルプラザ• 金山1・4丁目 4• バスのりば• 金山1丁目• 金山町1・2丁目• 波寄町• 沢上1・2丁目 5• アスナル金山• 金山プラザホテル• タクシーのりば• 金山市税事務所• 金山1丁目• 金山町1丁目• 正木3・4丁目• 新尾頭1丁目 6• 金山1丁目• 正木3丁目• 伊勢山2丁目 エレベーター出口• アスナル金山• 金山プラザホテル• タクシーのりば• 金山市税事務所• 金山1丁目• 金山町1丁目• 正木3・4丁目• 新尾頭1丁目 日本特殊陶業市民会館専用通路口• 日本特殊陶業市民会館.

次の

出口案内|名古屋市営地下鉄名城線(右回り)|金山(愛知)|駅探

名城線 路線図

新年度となり、桜も開花する季節となってきました。 名古屋の桜の名所に名古屋城周辺がありますが、今回はその近くを走る地下鉄名城線について紹介します。 実はこの地下鉄、現在のところ日本で唯一の完全な環状運転の地下鉄です。 環状運転の地下鉄 現在のところ、日本で環状運転している路線は以下の路線があります。 大きく分けると3つの環状運転の形態があり、「6の字型」「ラケット型」「完全環状型」に分かれます。 上の写真の地下鉄名城線はこのうちの、「完全環状型」になります(上の写真では、ラケット型の様に見えますが金山~名古屋港までは地下鉄名港線となるため、完全環状型となります)。 では、順を追って説明していきます。 ・6の字型 少しわかりづらいですが、左端の光が丘駅を頂点になるように向きを変えると数字の「6」の字の様に見えると思います。 現在のところ、この運転形態で運転しているのは現在のところ、日本では東京都営地下鉄大江戸線のみです。 このため、その運行の意味でも「6の字型」と呼ばれています。 この環状運転の形の場合、枝分かれ後は反時計回りで一周しています。 この山万の場合は京成電鉄と接する山万ユーカリが丘駅から一周するように運行されています。 上記のJR東日本・山手線はその最たる例で、一周を約1時間かけて運行しています。 この形態は環状になっているため、上り・下りの概念が存在しません。 そのため列車の独特な方面の呼び方がありますが、この山手線の場合は、「外回り」「内回り」と呼び、その後に近くの方面を付ける呼び方です。 大阪環状線等他の環状路線もこれに倣っています。 ただし、名古屋市の地下鉄名城線の場合は、「右まわり」「左まわり」と呼び、英訳も「crockwise(時計まわり)」と「countercrockwise(反時計まわり)」となります。 これは地下鉄名城線が全線地下を走行し外回り・内回りがわかりにくいこと、右側通行・左側通行が国によって異なり、それにより外回り・内回りの方向が変わることから、この呼び名を使用しています。 この運行形態となる場合は運行上の基準駅があり、そこを基にダイヤの作成や、乗務員の交代が行われています(一部例外あり)。 併せて基準の駅も書いておきます。 山手線の場合、大崎~池袋で湘南新宿ラインが並走する路線となりますが、山手線の貨物線の山手貨物線という扱いになっています。 地下鉄名城線は一周で26.4Km、列車に乗って一周すると約50分で一周できます。 基準となる駅は車庫のあるナゴヤドーム矢田駅です。 基準駅であるナゴヤドーム前矢田駅から考えると、金山駅まで東(本山・新瑞橋方面)と西(大曽根・栄方面)で乗客の数に差があり、列車のダイヤもそれに合わせて作成されています。 具体的にはJR・名鉄等交通の結節点である大曽根、名古屋一の繁華街である栄・久屋大通、名古屋の電気・アニメ街である大須に近い上前津を抱えている西側が乗客は圧倒的に多いです。 逆に、ナゴヤドーム前矢田より東側は茶屋ヶ坂・本山・八事等住宅街に近い駅が多く、西側よりは乗客は少なめです。 運行ダイヤとしては、日中は10分に1本の環状運転が基本となりますが、乗客の多い西側(ナゴヤドーム前矢田~大曽根~栄~金山)については、10分に1本大曽根(ナゴヤドームでのイベント開催時はナゴヤドーム前矢田)から名港線名古屋港までの直通列車も加わり、併せて5分に1本の運転となります。 逆に、大曽根(ナゴヤドームでのイベント開催時はナゴヤドーム前矢田)から東側(ナゴヤドーム前矢田~本山~新瑞橋~金山)については、環状運転列車のみ(10分に1本)のみとなります。 ただし、どちらもラッシュ時は本数が増えます。 地下鉄名城線沿線の観光名所 以前別の記事にも書きましたが、ここでは地下鉄名城線の沿線の観光地をいくつか紹介していこうと思います 名古屋城 地下鉄名城線の名前のもとにもなった、名古屋を代表するお城です。 織田信長が誕生したとされる那古野城の跡周辺に、徳川家康が築城した城です。 徳川家のひとつである尾張徳川家が17代にわたって使用し、大阪城・熊本城と並び日本三名城のひとつに数えられています。 また、天守閣の金の鯱も名物となっています。 市役所駅が最寄り駅となります(隣の名城公園駅ではありませんので注意して下さい)。 リンク・・・(名古屋城HP) 名古屋テレビ塔 1954(昭和29)年に戦後の復興のシンボルとして竣工され、かつては、名古屋地区のテレビの電波を送信していた塔です。 高さが180mで、完成当初は名古屋で最も高い建築物でした(現在は名古屋駅前のミッドランドスクエアの248mが名古屋で最も高い建築物です)。 途中の展望台からは名古屋・栄地区を一望でき、展望レストランも併設されています。 テレビのアナログ放送が終了したことにより、テレビの電波の送信は名古屋市の隣の瀬戸市のデジタルタワーに移行し、現在はスマートフォン向けのマルチメディア放送の電波のみ送信されています。 このテレビ塔の下は「セントラルパーク」という地下街にもなっています。 画面右側の円形の建物は、オアシス21という複合施設で、様々なお店や路線バス・高速バスのバスターミナルがあります。 ガラスの円形の屋根の上に上ることもでき、ちょっとした憩いの場ともなっています。 また、テレビ塔やこのオアシス21がある地域は栄地区と呼ばれ、名古屋一の繁華街となっており、多くの百貨店や様々なお店が並んでいます。 歓楽街として有名な「錦」もこの近くです。 久屋大通庭園フラリエ(旧・ランの館) 名古屋の中心部、久屋大通公園の最南端に位置し、かつてはランの館として知られていましたが、2014(平成26)年3月閉館し、同年9月に「フラリエ」としてリニューアルオープンしました。 館内には花や緑、水辺等の都会の自然を楽しめるテーマガーデンや、レストラン、雑貨店やフラワーショップが並び、イベントや各種教室なども行われています。 「ランの館」の時代は入場料が必要でしたが、「フラリエ」となってからは入場料無料で入ることができるようになりました。 アクセス・・・地下鉄矢場町駅より南へ徒歩3分 フラリエHP・・・ ナゴヤドーム かつて名古屋市東区にあった三菱重工業の跡地に建設された球場で、プロ野球チームの中日ドラゴンズの本拠地でもある球場です。 両翼100m、中堅122m、左右中間116mと、一般的なドーム球場と大体同じ大きさの球場ですが、外野フェンスが高く、他のセ・リーグの球場と比較し本塁打が出にくく投手に有利な球場と言われています。 地下鉄名城線の車庫は1枚目の写真のドーム左側の地下にあるようですが、地下にある関係上具体的な位置は安全面から公表されておらず、謎に包まれています。 ナゴヤドームでのプロ野球の試合やその他イベント時には、駅からナゴヤドームまでの通路が非常に混雑するため(特に帰り)、帰りの乗車券をあらかじめ購入しておくか、TOICAやSuica等の交通系ICカードの使用をお勧めします。 プロ野球の試合やその他イベント時には一駅手前の大曽根止まりの列車が当駅まで延長運転されます。 また状況に応じて臨時列車の運行等される場合もあります。 駅とナゴヤドームの間に、イオンモール(イオンナゴヤドーム前)もあります。 アクセス・・・地下鉄ナゴヤドーム前矢田駅より徒歩5分、またはJR、地下鉄、名鉄大曽根駅より徒歩15分。 ナゴヤドームHP・・・ 名城線をお得に楽しむには 今回は記事の都合上紹介しませんでしたが、名古屋は様々なグルメ(手羽先・エビフライ・味噌カツ丼・味噌煮込みうどん・きしめん・あんかけパスタ等)も楽しめる場所で、名城線沿線でも楽しむことができます。 名城線の駅でみると歓楽街に近い栄・矢場町・金山周辺に店が多くあり、グルメを楽しむ目的での名城線の利用も良いかもしれません。 名古屋の地下鉄をお得に楽しむためには、一日乗車券もありますが、土日祝日と毎月8日に使用できる「ドニチエコきっぷ」がおススメです。 大人600円で、名古屋市内の地下鉄・バスが乗り放題となります。 平日の地下鉄・バス一日乗車券(大人850円、小人430円)よりも安く、3回乗車すればモトがとれます、是非名古屋においでの際は利用してみてください。 毎年正月は複数枚のセットで更にお得に販売しています。

次の