大塚 アナウンサ。 水卜麻美&森圭介アナの“イチャイチャ写真”にドン引き「異常だよ…」 (2019年10月26日)

今日のめざましどようびは佐野アナが夏休みでした。

大塚 アナウンサ

「以前より元気な小倉智昭の姿でお会いしたいと思います。 12月14日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)ではコメントが読み上げられ、手術後の回復が順調であることをアピールしていた。 「'11年11月に急性リンパ性白血病のため、『めざまし』を休業し治療に専念。 しかし、本人が不在のまま、翌年3月に降板が発表されました。 '13年2月には461日ぶりに『めざまし』に生出演するなど本格復帰を目指していましたが、 同年3月に白血病が再発。 臍帯血移植手術をし、9月には退院して復帰へのリハビリをしていました」(スポーツ紙記者) '14年には『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演するなど、徐々にテレビに復帰。 しかし、'15年5月放送の『世界HOTジャーナル』(フジ系)以降は、テレビに姿を見せていない。 そんな中、フジテレビ局内では、ちょっとした騒動が起きていた。 全く連絡が取れない状態 「 今年は『めざまし』が25周年なので、何らかの形で大塚さんに出演してもらおうと接触を試みたのですが、まったく連絡がつかなくなってしまったんです。 '17年1月のラジオ出演を最後にメディアに出ていないので、スタッフ一同、本当に心配していますよ」(フジテレビ関係者) 現在も高視聴率をキープする『めざまし』を育て上げたのは、第1回放送から約18年もの間メインキャスターを務めた大塚アナの功績であることは誰もが認めるところ。 それだけに、局側としても25周年という節目には、最大の功労者を迎えたいという気持ちが強かったのだろう。 そこで、大塚アナと連絡がとれないことについてフジテレビに問い合わせると、 《番組側と大塚範一氏側は連絡が取れる状況にあり、ご指摘のような事実は一切ございません》 とFAXで回答が寄せられた。 だが、実際に週刊女性が大塚アナの個人事務所に電話をしてみると、引っ越したため不通に。 マネージャーの携帯に電話をしても、すぐに留守電になってしまい期限までに連絡は来なかった。 NHKで大塚アナと同期だった佐塚元章アナも不安の色を隠さない。 「大塚は闘病中でも仲間内の集まりにちょくちょく顔を出していましたし、頻繁に連絡をとり合っていたのですが、 1年くらい前からまったく連絡がつかなくなってしまって……。 メールを送っても返信がないし、電話をしても折り返しが来ない。 私や仲間も、すごく心配しているんです」 そこで、『めざまし』時代に住んでいた渋谷区内の賃貸マンションに行ってみると、すでに部屋は解約ずみ。 個人事務所名義で所有している1億5000万円ともいわれる港区内のマンションで話を聞いてみると、 「ここ1年くらいは大塚さんの姿は見ていないですね。 ときどき、事務所の方と思われる人が出入りしていますが、もうここには住んでいないんじゃないかなあ」(同じマンションの住人) と、最近の目撃談を聞くことはできなかった。 だが、ここにきて大塚アナは、大きな決断をしていた。

次の

水卜麻美&森圭介アナの“イチャイチャ写真”にドン引き「異常だよ…」 (2019年10月26日)

大塚 アナウンサ

来歴 [ ] 出身。 信条は「身の丈程の放送を背伸びせず、縮こまらず、のびやかに」。 趣味は、。 結婚歴は1度もなく、現在に至るまで独身である。 高校在学中は新聞部に所属していたほか、進学校である同校で落ちこぼれとなっていたことがあるという(後述の2013年4月発表の闘病記での記述より)。 早稲田大学政治経済学部教授の岩井方男とは高校の同級生。 特に岩井とは両国高校の新聞部出身で、早大の学部・学科も一緒という共通点がある。 NHKアナウンサー [ ] 、早大卒業後に入局。 同期に・・・などがいる。 、1回戦・対戦で、佐賀商業の投手・がを達成した時のテレビ放送の実況を務めた(あとアウト1つで夏の大会史上初のになるところだった)。 退職直前には『』の司会に内定していた。 長らくフジテレビの 「朝の顔」を務める。 このフリー転身はフジテレビからの引き抜きの形で、しばらくの間フジテレビとしていた。 その後、『』を皮切りに他局番組への出演もこなすようになる。 にフジテレビ『』にゲスト出演した際、『めざましテレビ』の初期において、NHK出身であるが故にCMの入り方が分からず苦労したことを明かした(本人曰く「CMの入り方はさんに任せていた」とのこと)。 「フリーになっていなかったらどうしていたと思いますか? 」と聞かれた時、「『』(NHK)の司会に興味がある」と答えた。 大塚がフリー転身を考えた理由の1つに、中継のキャスターを務めることが出来なかったことを挙げている(大塚は各種スポーツ実況が得意であったため)。 なお、大抵のフリーアナウンサーは事務所に所属しているが、大塚は文字通りの立場でのフリーアナウンサーである。 理由として、の『』のインタビューで「今まで組織の中で長くやってきた。 だから今度は組織に縛られずやっていきたい」と述べている。 朝からの『めざましテレビ』を受け持つようになってから、健康管理には徹底しており、どんなに忙しくても、5時間の睡眠と1時間の仮眠を心掛け、毎朝3時に起床し頭がしっかり回転するよう朝食をしっかり摂り、を欠かさず食べていた。 また自身の好きなゴルフなどをするなど暇さえあれば体もマメに動かしていたという。 その他、でもある。 番組で共演する女性アナウンサー・キャスターと食事をするなど交流の場を多く持ってきた。 大塚はこれを番組を続けていく上の大きな活力として公言していたという。 に放送されたフジテレビ系列の毎年夏の恒例イベント・『FNSの日 十周年記念:1億2500万人の超夢リンピック』では、当時フジテレビアナウンサーであり、『めざましテレビ』で司会コンビを組んでいた八木亜希子と恒例の朝一列島中継形式で「1億2500万人の超夢リンピック 全国名所でバスケット・フリースロースーパー大予選会」の総合司会を務めた。 最初の白血病発症 [ ] から体調不良を理由に『めざましテレビ』の出演を休業。 と診断を受け治療を受けることになる。 大塚は同年放送分の『めざましテレビ』に生電話出演し、闘病生活へ入った経緯について他の出演者や視聴者に向け説明を行った。 『めざましテレビ』の総合司会はフジテレビアナウンサーのが代行した。 この電話出演の際に「完全復帰は(の)・頃になるんじゃないかと思います」と語った。 この後、大塚のもとには約3000通の激励メッセージが寄せられたという。 しかし、回復になお時間がかかることが判明したことから『めざましテレビ』への復帰を断念し、2012年、フジテレビアナウンサーのに後任を託す形で総合司会をバトンタッチすることが発表された。 このバトンタッチに伴い、大塚本人のコメントも発表された。 そして、『めざましテレビ』のリニューアルに伴い、2012年、本人不在のまま正式に番組を降板。 大塚は同日の放送にも生電話出演しており、「(自分は)元気過ぎる入院患者」「現在は半年かかる長期治療のおよそ3分の1が終わった状態で、強い副作用がなければ普段と変わらない生活を送れている」「秋口にはスタジオに行きたい」などと語った後、スタジオ出演者に1人ずつメッセージを述べた。 また、入院中の大塚を見舞った当時フジテレビアナウンサーのも「(大塚は)凄く元気で、食べ物も沢山召し上がっている」と語った。 2012年、フジテレビが開催する『』内サンサンアイランド会場内特設ステージで『』(放送)の公開収録ライブを行った(『めざましテレビ』の度のテーマソング『』を担当。 桑田は2010年にを患っている)が「私達は大塚キャスターを待っていますので早く帰って来てね! 」と大塚の早期復帰を願うコメントをした。 桑田の妻であるも大塚への応援コメントを発言した。 入院生活および『めざましテレビ』休業・降板という状況の中、2012年2月中旬に母親(享年94)を亡くした。 この時、大塚の体調が相当悪かったため、母親の最期は看取れず、大塚は通夜・葬儀にも出席できなかった。 母親の死はのベッドの上で姉(長女)から聞き、「ああぁ、やっぱり最悪の事態になっちゃったな」と思い、ちょっと虚空を見つめて茫然自失という感じだったと、著書『耐えて、咲く』で振り返っている。 また、同年2月25日開催の『めざましテレビ』で司会コンビを組んだのにも体調不良により参加できず(ビデオレターや手紙を送ることもできなかった)、事前に高島に「おめでとう」と伝えるに留まった(2010年放送分の『めざましテレビ』において、同日出演最終日で結婚間際だった高島に「今度は結婚式でスピーチさせてください」と話していたが、叶わなかった)。 闘病生活は試練続きだったという。 『』は「入院直後からを用いた化学療法を始めました。 この時期は副作用で吐き気やめまいがして起きていられなくなり、ただ寝て1日が過ぎるのを待つという苦しい日々が続いたそうです。 当初はこの年8月末に退院する予定でしたが、後1ヶ月で退院という時に感染症や合併症を併発。 2ヶ月間は命を失いかねない危険な状況だったそうです。 大塚さんは『よく助かったなというのが実感』と語っていました」とのフジテレビ関係者の談話を掲載した。 寛解(完治ではないが、病状が一時的あるいは永続的に軽減また消失すること)と診断され、2012年10月1日に退院を果たす。 退院後の生活については「自宅から定期的に通院し、検査を行いながら体力の回復を図る」と発表した。 本格的な仕事復帰については、体調を見ながら年明けか新年度を目指すとしていた。 なお、病院側は大塚の退院にあまり積極的ではなかったという。 医療関係者が「再発もしやすい病気ですし、病院外では感染症の危険も増すので、病院としては、できれば退院させたくなかったそうです。 ですが、退院が延期になって落ち込む大塚さんを見て、『そのストレスが快復の妨げになっているのではないか』と判断して、退院を決めたようです」 と語っている。 大塚が早期復帰を希望したのは「生きる気力を見出すこと」と「高額な入院費・治療費の捻出のため」とされる。 放送分には生電話で、放送分にはVTRで『めざましテレビ』に出演を果たした。 前者では「外の景色はいいですね。 晴れてもいい、雨が降ってもいい、本当にすがすがしい気持ちです。 外の空気がおいしい」「いつ退院できるか、そういう日が来るのか、不安と葛藤があった」と告白した上で、視聴者から寄せられた3000通もの応援メッセージが孤独な闘いの救いだったと語った。 退院後は帽子を被って黙々と散歩をして、復帰に向けて体力作りに励んできた。 同年にはのに旅行し、この温泉旅行中、フジテレビアナウンサーのによる10月24日放送分のVTR出演にも応じた。 2013年放送の『めざましテレビ』に生出演し、461日ぶりテレビ生出演を果たした。 同時に4月開始の『』の総合司会を務めることが発表される。 『アゲるテレビ』では、『めざましテレビ』担当時に一時期(4月 - 2011年3月)『』()のメインキャスターを務めていたとコンビを組むことも決まっていた。 同年には放送の『』の収録に、には放送のフジテレビ『』3時間スペシャルの収録に臨んだ。 白血病再発後 [ ] しかし、本格復帰目前の2013年、白血病が再発したことが判明する。 フジテレビは、大塚が『アゲるテレビ』への出演予定を当面キャンセルし、再び闘病生活に専念することを発表した。 大塚の白血病治療について、は困難であると考えられた。 3人の姉は高齢のため骨髄提供は難しい状態(姉達は提供希望の意思)であったことや、大塚本人もこの時点で60代であったことなどから、手術を受けるには厳しいとされた。 同年4月、から闘病記『耐えて、咲く』を発表した。 同年9月、退院。 同年放送の『めざましテレビ』特別番組に生電話出演し、移植手術をしたことを明かした。 また、A型の少女が血液ドナーだったため、移植手術を受けて血液型がB型からA型に変わったことを明かした。 放送のフジテレビ『』にもゲスト出演 し、以後、・へのゲスト出演を時折行っていた。 だが、の『』を最後にテレビ出演を、のを最後にメディア出演を行っていない。 、それまで個人事務所の役員を単独で担っていたが、看病をする姪も役員に就任させた。 同年には姪を受託人として、自分の所有する不動産を信託目録にしたことも明かされている。 主な出演番組 [ ] NHK時代 [ ]• 初の(1976年)• (実況 1982年)• 北陸東海(1982年4月 - 1984年3月) - 名古屋局制作のローカル番組、月1回「大塚アナウンサーのいってきまーす」シリーズを担当• (実況 1984年)• (実況)• (実況)• (1985年4月7日 - 1986年11月2日)• (土曜 1985年4月 - 1987年3月)• (1988年4月 - 1994年3月)• (1994年4月1日 - 2012年3月30日 フジテレビ)-初代総合司会• (1995年10月 - 1995年12月 フジテレビ)• (1996年10月 - 1998年3月 )• (1996年4月 - 1996年9月 フジテレビ)• (2001年10月 - 2002年3月 フジテレビ)• (2002年4月 - 2006年9月 フジテレビ)• (2002年4月 - 2003年3月 )• (2003年 )• (2003年10月 - 2004年3月 フジテレビ)• (2005年4月 - 2005年9月 )• (2008年5月 - 2009年9月 テレビ朝日)• 東京スカイツリー!! 秘密大公開SP(2010年9月24日 テレビ東京)• 日本の今を学ぶ! 新聞読み解きバラエティ よむテレビ(2010年12月30日、テレビ東京) 映画 [ ]• (2001年6月9日 ) - 花屋 役• (2008年12月20日 ) - 本人 役 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 『』2011年11月7日付、、2011年11月7日。 早稲田ウィークリー号 2009年11月5日号1200号. 2013年5月13日閲覧。 『』2011年11月25日号、小学館、2011年11月14日。 MSN産経ニュース 産経デジタル. の2011年11月6日時点におけるアーカイブ。 2013年5月13日閲覧。 ,Sponichi Aneex,2012年3月30日• nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2012年2月28日. 2013年5月13日閲覧。 nikkansports. com. 2012年2月28日. 2013年5月13日閲覧。 J-CASTニュース. 2012年3月30日. 2012年7月21日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2012年7月8日. 2012年7月21日閲覧。 2012年11月7日. 2013年5月13日閲覧。 ORICON STYLE. 2012年10月15日. 2013年5月13日閲覧。 『』2013年4月4日号• 2013年3月4日, at the. フジテレビ 2013年3月1日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2013年1月31日. 2013年5月10日閲覧。 YOMIURI ONLINE. 2013年3月16日. 2013年5月13日閲覧。 [ ]• NEWSポストセブン(女性セブン 2013年4月4日号) 株式会社 小学館. 2013年3月22日. MANTNANWEB(まんたんウェブ)(毎日新聞デジタル) 株式会社MANTAN. 2013年10月5日. ,goo• NHKアーカイブス公式サイト 番組表詳細検索• 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修部 『NHK年鑑'83』 日本放送出版協会、1983年、223頁。 日本放送協会放送文化調査研究所放送情報調査部 『NHK年鑑'84』 日本放送出版協会、1984年、220頁。 日本放送協会放送文化調査研究所放送情報調査部 『NHK年鑑'87』 日本放送出版協会、1987年、114頁。 関連項目 [ ]• - NHK同期入局。 - NHK同期入局。 - NHK同期入局。 初任地が隣同士。 甲子園での高校野球実況を入局3年目で歴代最年少(大塚が4年目で2番目、は大塚の方が早かった)。 大塚が入院した際には一番お見舞いに多く行った。 - NHKのアメリカンフットボール中継(ライスボウル、スーパーボウル、NFL)でコンビを組んだアメリカンフットボール解説者。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 11 - - - - - 1 放送開始当初から出演中。 2 時期によって曜日変動あり。 3 木 - 金曜担当。 4 月 - 水曜担当。 5 2008年3月まで木 - 金曜担当。 6 「めざまし600ニュース」は担当しない。 7 担当曜日は時期により変動あり。 8 2002年4月から設置、2009年3月で事実上廃止。 9大塚の病気休養により、三宅の総合司会就任までの総合司会代行。 10情報キャスター中継担当。 11木曜パーソナリティー、イノ調として出演。 12月 - 火曜担当。 13月・木曜担当。 14火 - 水曜担当。 15金曜担当。

次の

めざましテレビの大塚範一の現在 フジテレビとも音信不通は本当か

大塚 アナウンサ

概要 [ ] 社員・職員として放送局に所属せずに、アナウンサーの仕事をする人のこと。 この場合の「フリー」は、放送局と直接の雇用関係がないことを指す。 完全なでなく、人材派遣事務所や芸能事務所などに所属している者もこう呼ばれる。 個人で活動する人もいるが、多くはやに所属する。 社員・職員として所属するアナウンサー(通称:局アナ)と区別するため、(フリー)やとも呼ばれる。 局アナと違い出演する放送局が限られずCM出演も可能となる一方、仕事の量は人気・所属事務所の力量次第のため雇用・仕事量が不安定である。 特に(21年)に入ってからは、放送局がテレビのデジタル化によるコスト増、不況・多メディア化による広告収入減でキー局ですら赤字を計上しているためその対策として人件費削減に乗り出しており、それまでフリーアナウンサーを使っていたところを社員・職員に置き換える動きが目立っている。 だが、放送局によっては社員・職員でも給料や昇進を巡って扱いが悪くなっているところもあるとされ、この不況下においてもフリーへの転身を決める者もいる。 『』2011年10月23日号 特大号によれば、局アナはフリーになれば利益還元率が非常に高いでもあるとされ、人気がなくなっても、芸能事務所にとっては結婚式の司会などを地味にこなさせれば年間数千万円の売上げが見込める存在でもあるという。 また、放送局側からは安く使える局アナを避けて、あえてフリーアナウンサーを番組のメインに起用することについて、「番組内で不祥事があった時にそのメインであるフリーアナウンサーの責任にして局側は上手く逃げやすい」というメリットがあるとされる。 自前の人材を持たないのニュース・スポーツ専門チャンネルやなどが増加したことで、テレビ・ラジオ以外でもフリーアナウンサーの需要が高くなってきているが、そのほとんどがに拠点を持っていることもあることから地方局のアナウンサーがを目指すケースも多くあり、競争は激しい。 また、結果的に生活のため転職を迫られるケースも少なくない。 早いうちから他業種に転身するケースも多くあるが、ベテランアナウンサーの多くは放送以外の司会業やナレーションなどをこなしたりアナウンサー志望者への教育などで生活の糧を得ている人物も多い。 アナウンサーは、およびではなくであるため、NHKを退職しても、とは言えない。 それは、NHKが外局ではなく、(総務省所管)だからである。 フリーアナウンサーになる経緯 [ ] 大別して3種類ある。 局アナが放送局を退職して、フリーアナウンサーになる。 男性の場合は主に30代後半から40代にかけて転じることが多い(理由としても管理職になることで現場から遠ざかることを良しとしない場合や自局では成功しているが他局でも挑戦してみたいといった上昇志向といった場合など)が、(または定年後一定期間の嘱託職・役員待遇を2~3年勤めた後も含め)退職後にフリーとなる者もいる。 女性の場合は結婚に伴い夫の仕事上での転勤や、出産、育児に専念する時間を確保するため等の理由が多い。 地方局の局アナを退職後、フリーアナウンサーを経験してから、別の放送局の局アナ・キャスター・記者に転職するケースも見られる(例:)。 その他、局の男性プロデューサーから受けるが原因との向きもある。 放送局退職の場合、古巣局への義理立ての意味もあり、フリー転身直後は一定期間(通常は半年から1年)他局への出演を控えるという慣例がある(明確に一定期間他局に出演しないと古巣局と取り決めを持つ場合もある。 系列局制作番組や企業のコマーシャル、テレビ単営局の場合はラジオ番組への出演はフリー転身直後でも可能の場合あり)。 その一方で、、、、のようにフリー転身の翌月から他局でレギュラー番組を持つという例外もある。 特に小倉は東京12チャンネル(現:)を退職した翌日に、『』の総合司会に就任した(小倉をフリーアナウンサーにスカウトしたの尽力があった)。 また羽鳥はを2011年3月31日に退職し、同年4月4日にでレギュラーでのを開始させる形であった(この時は日本テレビ・テレビ朝日両社上層部との話し合いがあったという)。 羽鳥のこの離れ業でフリー転身後の身でも他局からの仕事を請けやすくなったという向きもある。 また、フリー転身後も他局ではほとんど仕事をせず、古巣局制作番組しかほぼ出演しないという人物も存在する(例:一時期の・・、ラジオ局の元アナウンサーなど)。 他の職業から転職して、フリーアナウンサーになる。 最初から、フリーアナウンサーになる。 例:()所属。 男性・女性を問わず、フリーになる時期も様々だが、得意・専門分野での活動ができなくなったり、放送局内での人員配置転換などで管理職やアナウンサーとは別の部署へ異動するケース、キー局でのアナウンサー試験に失敗し結果地方局で契約職のアナウンサーとして活動したのち東京に転機を求めるなど、自身のアナウンサーとしての職業意識のモチベーションなどにより、芸能事務所や制作プロダクションなどに自らオファーをしたり、ヘッドハンティング的にスカウトされたりしてフリーアナウンサーになる場合も少なくない。 (TBS)• (TBS定年)• (定年)• (ラジオ関西)• (TBS)• (日本テレビ)• (文化放送)• (フジテレビ)• (NHK)• (テレビ東京定年)• (TBS)• (関西テレビ定年)• (CBCテレビ定年) さ• (フジテレビ定年)• (日本テレビ)• (NHK定年)• (関西テレビ定年)• (TBS定年)• (フジテレビ役員待遇満了)• (NHK)• (ニッポン放送)• () た• (ニッポン放送定年)• (CBCテレビ定年)• (テレビ朝日)• (フジテレビ役員待遇満了)• (文化放送)• (日本テレビ)• (テレビ東京) な• (ラジオたんぱ)• (文化放送定年)• (NHK)• (RKB定年)• (日本テレビ)• (フジテレビ)• (文化放送)• (仙台放送)• (フジテレビ定年)• (日本テレビ)• (日本テレビ)• (テレビ朝日)• (NHK) ま• (フジテレビ定年)• (ニッポン放送)• (文化放送)• (朝日放送)• (NHK)• (瀬戸内海放送)• (文化放送)• (フジテレビ)• (ラジオたんぱ)• (関西テレビ)• (文化放送)• (定年)• () ら• () 女性 [ ] あ• (朝日放送)• (TBS)• (フジテレビ)• (日本テレビ)• (テレビ朝日)• (TBS)• (CBC)• (フジテレビ)• (NHK)• (NHK)• (日本テレビ)• (フジテレビ)• (秋田放送)• (フジテレビ)• (テレビ東京)• (文化放送)• 小川綾乃• (テレビ朝日) か• (フジテレビ)• (読売テレビ)• (NHK)• (フジテレビ)• (琉球放送)• (テレビ朝日)• (日本テレビ)• (NHK)• (フジテレビ)• (ニッポン放送)• (TBS)• (フジテレビ) さ• 坂本安代()• (テレビ朝日)• (中京テレビ)• (テレビ朝日)• (フジテレビ)• (ニッポン放送)• (TBS)• (テレビ東京)• (NHK)• (フジテレビ)• (日本テレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (NHK)• (フジテレビ)• (TBS)• (フジテレビ)• (テレビ愛媛)• (フジテレビ)• (新潟放送)• (フジテレビ) な• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (日本テレビ)• (東海テレビ)• (日本テレビ)• () は• (福岡放送)• (静岡放送)• (静岡放送)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (朝日放送)• (中京テレビ)• (フジテレビ) ま• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (東海テレビ)• (TBS)• (テレビ朝日)• (日本テレビ)• (フジテレビ)• (テレビ長崎)• (日本テレビ) や• (フジテレビ)• (毎日放送)• (テレビ東京)• (テレビ朝日)• (TBS定年)• (TBS)• (毎日放送) ら• 引退・転職したフリーアナウンサー [ ] 男性• 2012年入社)• 榎本猛 えもと・たけし (NHK)• 奥田博之 おくだ・ひろゆき (元)• かしむら・たけあき ()• 川原恵輔 かわはら・けいすけ (NHK) 女性• こうの・けいこ (フジテレビ)• さいとう・ようこ ()• たなか・あや• 松任谷國子 まつとうや・くにこ• やまもと・もな (朝日放送) 故人 [ ] 放送局在職中に死去した人などは除く。 (元)• (朝日放送)• (TBS)• (フジテレビ)• (NHK)• (NHK)• (日本テレビ)• (NHK)• (文化放送)• (NHK)• (NHK)• (ニッポン放送)• (TBS)• (NHK)• (NHK)• (TBS)• (TBS) 女性• (フジテレビ)• (NHK)• (ニッポン放送)• (TBS)• (NHK)• (フジテレビ)• (日本テレビ) 主なフリーアナウンサー事務所 [ ]• フリーアナウンサー・リポーター専業ではない場合もある。 ウィキペディア内に記事のある企業・団体については を参照のこと 脚注 [ ] [].

次の