戦車 道。 ココス×ガールズ&パンツァー 最終章キャンペーン|[COCO'S]ファミリーレストラン ココス

ガールズ&パンツァー 戦車道少女寫眞集 八

戦車 道

概要 『』は、「」と呼ばれる戦車戦風のがテーマの作品である。 「ハートフル・タンク・ストーリー」と銘打っているように作品の雰囲気は明るく、現実ののような恐ろしさは微塵もない。 しかし、視聴した方なら一度は下記のような疑問を抱いたことがあるのではないだろうか?• 戦車を撃破・炎上させるほどの速度と威力の砲弾が人に当たっても、本当に安全なのか?• 崩壊する建物や敵戦車が人に当たったら、命に係わるのではないか?• コーティングはどこまで耐えられるのか?• 川や谷に転落しても無事でいられるのか? 等々。 これらを想起させるシーンは劇中でいくつも確認できるが、いずれも最悪の事態に至っていないため真相は不明である。 界隈では、このような疑問にあえてスポットを当て、現実の戦争さながらの怖いストーリーに仕立て上げた作品がいくつも存在する。 本タグは、それら作品群に付けられるものである。 関連項目 :「」と称する事実上の戦争を描いた同人誌を発行し、読者にトラウマを植え付けた。 関連記事 親記事.

次の

尾根緑道

戦車 道

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年10月) 戦車道(せんしゃどう)• のなどのが頻繁に走行する、内の一部のの名称あるいは通称。 陸上自衛隊の戦車などの装甲車両が頻繁に走行する、と演習場を結ぶ一部のの通称。 - にある戦車が通行する公道。 、、からなる。 C経路 - にある戦車が通行する公道。 市道などからなる。 『』および関連作品に登場し、同作品の主要なテーマともなっている架空の・。 を参照。 戦車道路(せんしゃどうろ)• かつてにあったおよびの戦車・装甲車両用走行テストコースの通称。 を参照。 前出の北海道千歳市「C経路」の別称。 の通称。 このページは です。 一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。 お探しの用語に一番近い記事を選んで下さい。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。

次の

尾根緑道

戦車 道

概要 戦車道とは、アニメ『』における架空の武道のことである。 以下の概要は全て『』における架空の武道の設定です。 古くから『乙女の嗜み』として存在していた武道。 そのなりたちは、日本では『馬上なぎなた道』、欧州では『馬上槍試合』であるという説がある。 ……もっとも劇中には、、など、どう考えても戦車道の理念に反している行動や言動を取る人間もちらほらと見られる。 結局のところ、劇中では、何のために戦車道を行い、何を思って戦車に乗っているのかは、人それぞれという塩梅になっている。 現実にも戦車を使用した競技が存在する( タンクロンと呼ばれるを戦車で行う競技)。 ただしレギュレーションは大きく異なる。 なお、学校で行われる戦車道は部活ではなく授業での履修という形をとっているためか、高校戦車道の全国大会はとして扱われておらず、大会の開催時期も夏休み前とかなり早めになっている(もっとも、戦車を使う競技形態上、高体連からスポーツ武道と認定されるか非常に怪しいため、仮に部活で行われていたとしてもインターハイ開催は難しいと思われる)。 『最終章』では、世界大会やプロリーグに向けて戦車道に力を入れる一環として、戦車道連盟設立を記念して開催されていた冬季大会 「無限軌道杯」が20年振りに復活した。 なぜ女性に人気なのか? 非力な女性であっても、戦車を用いれば強大な力を以て正々堂々と戦えるためで、女性騎兵隊に優先的に支給されたために広がったとされる。 この世界では、日本に戦車が輸入された当時、武士道精神を重んじる男性には 「戦車は非力な者が操るもの」という流れが広まっていたため、戦車道は不人気だったという。 現在ではその風潮も薄まり、戦車道に興味を持つ男性も多く存在している。 その中にはサポーターや連盟のスタッフなどとして直接戦車道に関わる者もいるという。 事実、戦車道連盟の理事長は壮年の男性であると劇場版で判明した。 そのためか「戦車道をやるとモテる」と信じる女子もいるが、実際のところどうなのか作中では明らかになっていない(人によっては「戦車に乗ると人々に注目される=男子に声を掛けられる」と思っているのかもしれない)。 基本ルール 、アルティメット戦車道等様々なルールが存在するが、公式な国際試合では以下で解説する欧州式が採用される事が多く、アニメ本編でもこのルールに準じて試合が行われている。 参加可能な戦車・装備 参加可能な戦車は終戦までに、戦線で活躍または設計が完了し試作されていた車輌と、それらに搭載される予定だった部材を使用した装備品のみ。 条件を満たせば戦車の改造は原則として自由。 劇中では戦車を変な色に塗ったり、外装を別の戦車のものにしたり、制限がない電気モーターにトンデモ改造を施した戦車が登場している。 また、車両のスペック範囲内でなら武装などを交換・強化することも可能。 ただしレギュレーション範囲内で行うことを原則とし、違反と判断されるとペナルティを与えられる。 ガソリン(ディーゼル)エンジンは戦車のスペックにより制限されるが、前述の通りその他のエンジン(モーター)類は制限がない。 ただし搭載されていない(することが出来ない)車両にそれらのエンジンを搭載することは不可とされる。 ただし現代の工作精度で作った部品を使えるため、大戦期のオリジナルよりスペックが若干高くなっており、整備などの信頼性も高くなっていることが制作スタッフから語られている。 (劇場版ブルーレイのコメンタリーで「カタログスペック通りの性能が出る世界(要約)」とも語られていた) このルールの例外として、後述の白旗判定装置を組み込むことと、競技者保護のため、乗員室を特殊カーボンでできた連盟公認の装甲材で覆うことが義務付けられている。 使用される砲弾・弾丸は連盟公認のもののみが使用可能。 これは実弾扱いではあるものの、対人用センサーを施してある砲弾であり、これにより殺傷能力を無効化している。 弾頭や装薬も連盟の厳しい検査によって配分が決められている(火薬の量を調整しているため、通常の砲弾より若干軽くなっている模様)。 加工を施されると殺傷能力を持ってしまうため、競技者が手を加えることは禁じられている。 試合形式 主に相手チームの全ての車両を撃破または行動不能にすれば勝利となる 殲滅戦と、指定された相手チームのフラッグ車を先に撃破した方が勝利の フラッグ戦が存在する。 全国大会では、戦力差を少しでも縮めるため全ての試合はフラッグ戦となっている しかし、小説版ではその都度決められているようで、2回戦の戦では殲滅戦になっている。 一方、予定されるプロリーグでは総車両数の関係により、殲滅戦が基本となっている。 なお殲滅戦には時間制限がないことが明かされており、劇場版の作戦会議では 冬将軍が来るまで持久するという作戦案まで飛び出した。 このほかにも先に目標を奪取(占領)したチームを勝利者とする 陣取り戦が存在する。 試合の開催地 試合の開催地は、公平を期すために連盟がルーレットで決めて各校に通達、その後72時間以内に開催地へ寄港して会場に登録申請するまでの間が各校の準備期間となり、この間に作戦や対策の立案、戦車の編成や整備・改造を済ませなければならない。 また、競技場に異議がある場合は、連盟からの通達から24時間以内に異議の文書を提出し、審議した後に異議が通れば開催地の変更が行われる。 参加車両数 公式戦の1回戦から準々決勝は参加車両数が10両まで認められており、準決勝は15両、決勝は20両まで認められている(最低参加車両数は5両)。 当然、車両数が多いチームが有利になるが、戦車単体のスペックと各チームの能力が反映されるケースがほとんどのため 車両数=出場チーム全体の総戦力とはならない。 ちなみにプロリーグでは大規模となるため、30両まで認められるという。 出場する車両の登録は次の試合までに事前登録を行うのが原則であり、登録されていない車両の出場はレギュレーション違反となる。 ただしスパイを欺くための偽装は認められている。 その他 車輌の上面・側面・底面には、連盟公認の判定装置が設置されている。 判定装置の白旗が上がった場合は「行動不能」となる。 白旗は、有効な命中弾を受けるか、エンジンがオーバーヒートを起こしたとき、及び致命的な衝撃を受けた場合に上がる。 この際、被弾の衝撃で車両が横転した場合などは基本的に上を向いている面の判定装置から白旗が上がるが、側面の白旗が上がっているケースも散見される(白旗は上下左右に取り付けられている模様)。 また、装甲への衝撃が軽い場合や、履帯の破損などについては判定が上がらず、修理して戦線復帰が可能である。 搭乗者が戦闘不能と判断した際にも任意で白旗を揚げることも可能。 ただし戦車自体が行動不能になるまで戦うことが多いため、そのケースは稀といえる。 白旗が上がった車輌は、審判団が回収し、試合から離脱する。 しかしそれまでは戦場に取り残されたままであり、車体を使った妨害が可能。 搭乗員も離脱するが、撃破直後にその旨を報告することが可能。 なお、アニメ劇中での明言はなかったが、戦車道選択専攻ガイダンスによれば戦車の撃破・走行不能以外にも、戦車の搭乗員がすべて降車してしまった場合も試合放棄とみなされ失格となるとされている。 戦で全員が戦車から逃げ出してしまったがこれに該当すると思われる(が、アニメでは直後に彼女達のM3リーが被弾・白旗が上がっており、直接の失格要因がどちらになるかは明確に描写されていない(全員降車をもって即失格だとすれば本ルールによる失格、降車後一定の猶予時間があるとすれば被弾による撃破が失格要因と解釈できるためどちらとも言い切れない)。 なお漫画版では撃破(というより逃亡の描写自体がない)、小説版では逃亡による失格とされている)。 また、戦で側が全員降車している件については吹雪による試合中断中のことなので適用外と思われる。 その他劇中での描写を観る限りだと、同じような破損具合で白旗の上がる基準にある程度幅があるように見受けられる。 もしかしたら、判定装置が白旗相当と判定した後に審判による目視で決定がなされているのかも知れない。 選手同士の意思疎通は無線で行われるが、のメール程度なら違反対象にはならない(ただし電話での会話は違反対象)。 無線の傍受はルール違反ではないが、フェアプレイに反する行為という暗黙の了解があり、選手は傍受をあまり気にすることなく、原則として平文で通信を行う。 作中、は、試合後に説教? を食らっている。 様々な流派 それなりに長い歴史を持つ戦車道において、様々な流派が存在する。 その中でも特に有名なのが、 『西住流』と 『島田流』である。 学園艦の操舵・運営を生徒が行っているのを始め、ヘリコプターや スーパーギャラクシーまで学生が操縦する。 また、小学生レベルでも平然と車両を運転できる様子を見ても、ビークル類の運転に関しては現実世界より緩い規制となっていると推測される。 自動車免許については現実世界に準じるとされているが、 戦車限定大特免許が存在する。 現実にもカタピラ車限定大特免許が存在するが、それと違って普通自動車免許とは別に取ることができる。 上は公道扱いされず(学園艦全体をひとつの学園として扱う関係上、住宅街や商店街も含めた艦上の都市全体が「学園の敷地内=私道」として扱われるため)、無免許での運転も、四点式シートベルトの搭載も、速度制限のない道路を設定することもできる。 規制自体は学園艦ごとに決められているようで、学校によっては学園外でも車両を運転することが可能。 余談 決して「せんしゃ みち」と読んではいけない。 なぜならまったく別物になってしまうからである。 「せんしゃみち」の代表的なものとしては東京都町田市にある旧陸軍が戦車のテストコースとして建設し、現在は緑道になっているものがある。 読み方を提示せずに「戦車道」と書けば、一般的な町田市民は緑道の方を指すので注意が必要である。 ちなみに、本作の挿入歌『それゆけ! 乙女の戦車道!! 』では「これがわたしの せんしゃみち」の歌詞が出てくる。 ただし、最後の歌詞のみ「これがわたしたちの せんしゃどう」となっている。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の