徳島 阿波 踊り 2019。 【中止】阿波おどり(徳島)(2020)の日程・時間・場所

2019【徳島・阿波おどり】日程や見どころ、楽しみ方ガイド!定番の観光地もご紹介

徳島 阿波 踊り 2019

Contents• 阿波踊りとは? 徳島県 旧・阿波国 発祥の盆踊り 阿波踊りは400年以上の歴史を誇る徳島県発祥の盆踊り。 連 れん と呼ばれる踊り子の集団が2拍子のリズムに合わせて踊り歩きます。 阿波踊りは全国各地で開催されますが、中でも徳島市で開催される「阿波おどり」は全国最大規模を誇ります。 約10万人もの踊り子で街中が一大絵巻のようになり、威勢のいいかけ声とリズミカルなお囃子の中、踊り賑わいます。 国内外から約130万人もの観光客が訪れる徳島の真夏の祭典です。 阿波おどり2019の日程は? 2019年8月12日 月 〜15日 木 阿波おどりは徳島市中心部で2019年8月12日 月 〜15日 木 の4日間、昼は 選抜阿波おどり大会、夜は 阿波おどり本祭が開催されます。 本祭前日の8月11日 日 にはアスティとくしまにおいて 選抜阿波おどり大会 前夜祭が開催されます。 おでかけ前に見どころをチェックして阿波おどり2019をより楽しみましょう。 1 有名連 「連 れん 」と呼ばれる踊り子グループの中でも卓越した踊りを披露する「有名連」。 阿波踊りは特別に決まった型がないので連ごとに個性の違いを楽しめます。 阿呆連 あほうれん ・娯茶平 ごぢゃへい ・のんき連などの有名連の踊りは必見です! - 2018年 5月月19日午前6時53分PDT www. instagram. 2019年は開催期間中、総踊りが開催されます。 総踊りでの熱気あふれる阿波踊りは見応え抜群です。 鮮やか! 2017. 12 ・ … — awaodori. - 2018年 5月月19日午前10時03分PDT www. instagram. 有料演舞場の当日券を購入できたり 10:00〜20:30まで 、観光に役立つ情報を手に入れられますよ。 にわか連は年齢や性別問わず誰でも参加できます。 服装は自由ですが、にわか連のハッピも貸出されるので、ハッピを着て踊りに参加すれば踊り子気分で盛り上がれますよ。 簡単な踊り子レッスンを受ければ、有名連と一緒になって演舞場で踊ることができますよ。 3 ご当地グルメを楽しむ 阿波おどりでは屋台グルメも楽しみのひとつ。 開催期間中は200以上もの屋台が出店される予定です。 定番の屋台グルメは勿論のこと、鳴門金時フライや半田そうめん、徳島産いちごのかき氷やすだちのかき氷など徳島のご当地グルメも楽しめます。 地元の阿波踊りで毎年たのしみにしてる苺かき氷。 com @key603さん お祭り終了後は深夜まで営業している人気の徳島ラーメン店に行くのもアリです! 有料演舞場と無料演舞場の特徴 有料演舞場4ヶ所・無料演舞場2ヶ所 阿波おどりの開催期間中、徳島市の中心部には「演舞場」が設置されます。 有料演舞場と無料演舞場があり、ほぼ一直線上の道路に次々に踊りこんでくる踊り子達を、観覧席から眺めることができます。 阿波おどりの有料演舞場は第1部 18:00〜20:00 と第2部 20:30〜22:30 の入替制。 2019年は各日22時から総踊りが開催されます。 12日は紺屋町演舞場、13日は藍場浜演舞場、14日は市役所前演舞場、15日は南内町演舞場が総踊り会場となります。 入口付近 C自由席 では次々と踊り込んでくる連を真っ先に見ることができ、中央付近 S指定席・B指定席 では連の全体を見渡せられ、出口付近 A指定席 では最後の力を振り絞る踊り子達の勇姿を見ることができます。 特別観覧席は出口付近で正面から阿波おどりをご覧いただけます。 有料演舞場のチケットは2019年7月1日 日 10:00〜、阿波おどりチケットセンターやコンビニエンスストアで全国一斉発売となります。 南内町演舞場の特別席のみ6月15日 土 より阿波おどりチケットセンターにて先行販売となります。 徳島駅へは徳島阿波おどり空港からリムジンバスで約30分、小松島港からは最寄りの南小松島駅まで徒歩+電車で計30分前後で到着します。 阿波おどり2019を楽しんで 2019年に徳島市で開催される「阿波おどり」は全国最大規模の阿波踊りです。 見て楽しんで、参加して楽しんで、夏の素敵な思い出を作ってくださいね。

次の

いけだ阿波踊り│大歩危祖谷ナビ<三好市公式観光サイト>

徳島 阿波 踊り 2019

徳島の阿波踊りとは? 徳島=阿波の盆踊り 阿波踊りはイベントの名前でもあり、踊りの名前でもあります。 踊りとしての「阿波踊り」は、徳島の旧名「阿波」の名前の通り、 徳島で生まれた盆踊りの事を言います。 盆踊りと言うと、輪になって踊るものを思い浮かべますよね。 ところが阿波踊りは 「念仏踊り」と呼ばれる、踊りながら念仏を唱える仏教儀式が起源とされています。 そのため、輪になって踊らず、 列を作って踊りながら行進をするスタイルを取ります。 この阿波踊りですが、いつ頃から徳島で生まれ定着したのかはっきりしていません。 一説には江戸時代に徳島城が築城された際に、徳島藩主が「完成祝いに踊れ」とお触れを出して以降広まったとも伝えられています。 戦時中などに禁止された時期もありましたが、それでも阿波踊りは密かに踊り継がれていきました。 徳島市阿波おどり 現在全国各地で「阿波踊り」が踊られるようになりましたが、いずれも徳島の阿波踊りを 本家とするもの。 徳島でも沢山の阿波踊りが開催されますが、その中で最大規模で行われるのが、 「徳島市阿波おどり」。 一般的にイベントとしての阿波踊りと言われると、この大会の事を指すんですよ。 阿波踊りの2019年の日程・開催場所 毎年8月12日から15日 徳島市阿波おどりは、毎年 8月12日から15日までの4日間開催となっています。 盆踊りを起源とする踊りなだけに、お盆の時期に合わせての開催なんですね。 開催日程: 2019年(令和元年)8月12日(月)~8月15日(木) *8月11日(日)は前夜祭 追記: 8月14日(水)・15日(木)は、台風10号の影響による安全確保のため次の公演が中止となりました。 ・選抜阿波おどり(全公演) ・阿波おどり(演舞場・おどり広場・おどりロード・にわか連) 阿波おどりの開催場所 阿波踊りは、 徳島駅周辺に設けられた 演舞場、また おどり広場・おどりロードで見ることができます。 演舞場(有料・無料) 演舞場は全ての会場が無料で見られるのではなく、チケットが必要な有料の会場と、無料の会場にわかれます。 チケットが必要になる 有料の会場は以下となります。 観覧席は 指定席と自由席があります。 *時間: 第一部:18:00~20:00 第二部:20:30~22:30 (前半と後半の入替制) 有料演舞場 備考 市役所前演舞場 (全長110m) 徳島市役所前設置。 初日には開幕式が行われる 藍場浜演舞場 (全長122m) 新町川沿いの藍場浜公園内に設置。 徳島駅やバスターミナルから最も近い 紺屋町演舞場 (全長100m) 商店街・歓楽街と隣接している 南内町演舞場 (全長122m) 毎日22時から有名連による合同フィナーレが見られる 無料で見学できる会場は以下となります。 観覧席は 自由席のみ。 *時間:18:00~22:30 無料演舞場 備考 両国本町演舞場 (全長170m) 両国本町商店街に設置。 踊り子や見物客が集中する 新町橋演舞場 (全長110m) 東新町商店街の入り口近くに設置 元町演舞場 (全長58m) JR徳島駅から徒歩3分 選抜チームの阿波おどり(有料会場) 選抜チーム(有名連)が以下の会場で踊ります。 こちらは 入場料が必要となります。 アスティとくしま(前夜祭の11日、11時・15時・19時より3回公演)• あわぎんホール (12日~15日、11時・13時30分・16時より3回公演) おどり広場・おどりロード(無料) おどり広場では、踊り子と見物客が円陣をつくり、一緒に演舞が楽しめます。 おどりロードとは、演舞場同士を結ぶストリートのこと。 踊り子と見物客が踊りながら移動していきます。 広場・ロード 会場 おどり広場• 新町橋東おどり広場• 両国広場• 両国橋南おどり広場 おどりロード• 両国橋南詰おどりロード• 秋田町おどりロード *子供の踊り、女踊り、男踊り・・とキレイに揃った迫力のある踊りが堪能できます。 「連」ごとの踊りを見比べる 阿波踊りを踊る集団の事を 「連」といい、阿波踊りの期間中はそれぞれの連が踊りを競い合います。 この「連」ですが、いわば徳島県民にとっての アイドルみたいなもの。 ひいきにしている「連」があるほどです。 阿波踊りの踊り方もよく見てみると連ごとに違いがあり、確かにひいきができるのもわかる気がしますね。 踊りを習ってみる 阿波踊りは「踊らにゃそんそん」と言われている通り、実際に 飛び入りで参加できる場所が設けられています。 おどり広場(新町橋東おどり広場、両国広場、両国橋南おどり広場)というところに行けば、 観光客向けに阿波踊りを教えてもらえます。 ここでは飛び入り参加もOKなので、踊りを覚えたらぜひ参加しましょう! にわか連に参加してみる 本格的に踊りたくなったら、当日参加できる 「にわか連」に参加する方法もあります。 阿波踊りのまつり期間中、以下の場所で 受付を行なっています。 *ぎこちないですが、みんな踊る阿呆を楽しんでますね! 尚、各会場や広場などのMAPはこちらが詳しいですよ。 阿波踊りのチケットの購入方法は? 例年7月1日から発売 阿波踊りを座って見物したいのなら、 有料演舞場のチケットを購入する必要があります。 なお、 南内町演舞場のみ、特別観覧席(グッズ付き)も用意されています。 踊り連の出口を出たところになりますが、前売り料金は5000円となります。 いずれも当日券 それぞれ200円アップ も用意されてはいますが、枚数が少なくすぐに売り切れてしまうこともあります。 確実に座りたいのなら、有料演舞場の前売り券を発売当日に購入するようにしましょう! 前売りの一般発売日は例年 7月1日です。 時間は 午前10時から。 2019年も同じく7月1日10時から発売開始予定です。 各コンビニ(セブンイレブン・ローソン・ミニストップ・ファミリーマート) で発売されます。 ネットからの購入も、電話での購入も、コンビニでの店頭予約も可能ですので、使い慣れた方法で、ぜひ 発売当日に予約してくださいね。 なお、南内町演舞場の特別観覧席は、6月15日10時から阿波おどりチケットセンターで先行販売予定です。 楽しい徳島の阿波踊り! 【関連記事】• 夏のこの時期の徳島は 阿波踊り一色となり、会場以外でも踊っている人、見物する人であふれます。 踊りを見に行ったはずなのに、気がついたら踊りに参加していた…なんてこともよくあること。 せっかく飛び入り参加も出来る事ですし、ぜひ踊りを覚えて参加してみませんか?それこそ 「踊らにゃそんそん」です。 見て踊って楽しい阿波踊りを実感してくださいね。

次の

阿波おどり 徳島

徳島 阿波 踊り 2019

徳島阿波踊り2019チケットの払い戻しの詳細は公式HPで発表 徳島阿波踊りの有料チケットの払い戻し方法は購入したプレイガイドで行います。 払い戻しを行う際にはチケット自体が必要です。 払い戻しの方法は、中止の翌日に公式ホームページと公式ツイッターで発表がある予定です。 8月14日、15日中止分の払い戻し方法については 8月15日(木)午前10時に にて払い戻しの手続きの詳細が発表 されますので暫くお待ちください。 CNプレイガイドの公式の払い戻し方法のページがあったので、参考にこちらにリンクを付けておきます。 公式サイトでは 中止になった公演のチケットは、購入されたプレイガイドにて払い戻しを受け付けます。 チケットがないと払い戻し受付ができかねますので、紛失・破棄などなさいませんようご注意ください。 払い戻し方法は開催中止日翌日に公式HP・ツイッター等でお知らせします。 引用: となっておりますので、チケットを必ずなくさないようにしたうえ、公式HP・Twitterでのお知らせを待ちましょう。 「14日の開催中止のお知らせ」、「15日の開催中止のお知らせ」の部分をタップやクリックをすると詳細の情報のページに飛べます。 15日にはお天気が回復して無事に開催されることを願っています。 台風情報はこちらです。

次の