井の中の蛙大海を知らず。 井の中の蛙大海を知らずの意味や由来とは?実は続きが存在します。

「井の中の蛙大海を知らず、されど空の青さ(深さ)を知る」とはどういうことか?

井の中の蛙大海を知らず

「井の中の蛙大海を知らず」とは 「狭い世界での知識にとらわれ広い世界でのことを知らない」「見識が狭い」という意味です。 「いのなかのかわずたいかいをしらず」の読みます。 「井の中の蛙」「井蛙(せいあ)大海を知らず」「井蛙」などと略されることもあります。 「井の内の蛙」や「井底の蛙」と表現されることもあります。 よくある分野で経験を積んで「私は何でも知っている」と粋がる若者に諭す場合に使われている場面を目にします。 「井の中の蛙大海を知らず」は「荘子」の「秋水篇」が由来です。 原文では「井蛙不可以語於海者、拘於虚也。 」ですが、現代語に訳すと「井戸の中の蛙と海について語ることができないのは、虚のことしか知らないからだ。 」と書かれています。 直接ではありませんが、近い表現ですよね。 この一文が由来となり「井の中の蛙大海を知らず」と表現されるようになりました。 ネガティブな意味で使われることの多い「井の中の蛙大海を知らず」には続きがあることをご存知でしょうか? 「井の中の蛙大海を知らず」「されど空の蒼さを知る」という言葉に繋がります。 続きの文はは日本に伝わってからつけられたと言われています。 「されど空の蒼さを知る」以外にも「されど天の高きを知る」「されど地の深さを知る」「ただ天の広さを知る」などがあります。 どれも「狭い知識で、広い見識はないけれど、自分の得意分野であればよく知っている」とポジティブな言葉に変わります。 不思議な言葉ですよね。 類語は「鍵の穴から天覗く」です。 「狭い知識で広い世界のことを考える」という意味になります。 最後に例文です。

次の

「井の中の蛙大海を知らず」の意味とは?続きと類義語も解説

井の中の蛙大海を知らず

お正月の初夢のことわざで「一富士二鷹三茄子」というものがあります。 これは夢に出てくると縁起がいいものを表したものです。 ほかにも、「井の中の蛙大海を知らず」にも実は続きがあるんです。 今回は、こうした有名な言葉の意外と知らない「続き」をご紹介します。 柔らかさのあるものが固く強靭なものをいなす場合もあるという意味です。 しかし実は「剛よく柔を断つ」という「固いものが柔らかいものに打ち勝つ」という意味の続きもあるのです。 「狭い世界で一つのことを突き詰めたからこそ、その世界の深いところまで知ることができた」ということをあらわしています。 早起きを推奨する標語のようなものだったのでしょうね。 まあ確かにそのとおりです 笑。 品質は大事ですが、人の命には代えられませんからね。

次の

「井の中の蛙大海を知らず、されど空の青さ(深さ)を知る」とはどういうことか?

井の中の蛙大海を知らず

「井の中の蛙大海を知らず」というと、世間を知らず小さなコミュニティの中でいきがっているというようなマイナスのイメージがある。 「あいつ、井の中の蛙だよな」というように、失笑のもと悪口として使われることもあることわざだろう。 しかし、私は「井の中の蛙大海を知らず」でもいいと思っている。 ご存知の方も少なからずいると思うが、「井の中の蛙大海を知らず」には続きがある。 それは、「されど空の深さを知る」というもの。 「井の中の蛙大海を知らず されど空の深さを知る」 狭い世界にいたとしても、そこから見える空がいかに深く美しいかはもっとも知っている、というような意味だろう。 私は、北九州のワークショップで出会った高校生が、「ここから見える夕日が好き。 この夕日をいると、私はなんて幸せなんだと思える」と言っていたときにこの言葉を思い出した。 そして今日、私は知床にいる。 そこで出会ったネイチャーガイドさんが、「このあたりに耳に36の札をつけた野生の鹿がいるんですよ」とか、「この時期は、この川の下でクマが見えますよ」とかものすごく楽しそうに紹介をしていて、外を見ると本当に野生動物たちがいる体験で、また「されど空の深さを知る」の言葉を思い出した。 (まさか、人生で野生のクマを見ることがあるとは思わなかった・・・。 ) これまでは、「大海を知る」ことがあまりにもてはやされた社会だったように思う。 たしかに、広い世界は魅力的だし、私も行ったことないところに行くことは大好きだ。 しかし、最近気づいたこと。 私は、本当は「空の深さを知る」人に、心の底から憧れている。 私は「空の深さを知る」人が好きなのだ。 いろいろな生き方がある。 どんな道を選んでも、正解はない。 ただ、いま私は、「空の深さを知る」蛙でありたいと焦がれている。 <ツマミにこちらもどうぞ>.

次の