フレッセイ。 スーパーマーケットのカード(とりせん/フレッセイ/ベイシア/ヤオコー/ベルク)

株式会社フレッセイの新卒採用・企業情報|リクナビ2021

フレッセイ

株式会社フレッセイ FRESSAY Co. , LTD. , LTD. )は、に本社を置き、同県及び、で「フレッセイ」などを展開する、傘下の事業子会社および中間持株会社である。 概要 [編集 ] 、鮮魚商「松葉屋」として創業。 法人としては、株式会社松清本店として設立。 、前橋市に初のをオープンさせた。 現在は群馬県内を中心に栃木県、埼玉県北部へも店舗を展開している。 その他、にと契約を結び、のダイソーの出店も手がけている。 付で、を中心にスーパー「原信」「ナルス」を展開するアクシアル リテイリングと経営統合し、フレッセイグループのであった株式会社フレッセイホールディングスは中間持株会社として同社の傘下に置かれた。 さらに付でグループ内の資本構成見直しを図るため、フレッセイホールディングスがフレッセイを吸収合併して商号を株式会社フレッセイに改称し、事業会社はアクシアルの直接傘下に置かれ現在の体制となった。 アクシアル傘下の2社と同様、に加盟している。 なおCGCグループ各社が発行するの「」は、フレッセイでは「フレッセイカスタマーカード」として個別に発行している。 またこれとは別にポイントカードのサービスも実施している。 沿革 [編集 ]• (嘉永3年) - 鮮魚・塩干物の卸小売業「松葉屋」として創業• (昭和25年) - 株式会社松清本店設立• (昭和33年) - 北関東初のスーパーマーケット中央店オープン• (昭和46年)11月 - 株式会社マツセー設立• (昭和54年) - 松清とマツセーが合併• (昭和55年) - 前橋市力丸町に本部を移転• (昭和61年) - 台湾の味全食品と合弁で台湾に「松青商業股份有限公司」を設立。 「松青超市」を台湾にて展開。 (平成4年) - 商号を 株式会社フレッセイに変更• (平成9年) - フォリオ佐野店()オープン(栃木県初進出)• (平成10年) - から3店舗(倉賀野店 、新町店など)の営業譲受• (平成11年) - フォリオ篭原店()オープン(埼玉県初進出)• (平成16年) - クラシード若宮オープン• (平成18年) - 株式会社おざき(現フレール)を子会社化• (平成20年) - スーパーマーケット創業50周年• (平成23年) - 持株会社制に移行するにあたり、資本金5000万円で、による小売部門の移管のための新会社「新フレッセイ準備会社」を設立。 - グループ会社を含めた持株会社制に移行。 フレッセイを 株式会社フレッセイホールディングスに商号変更しグループ統括会社とし、新フレッセイ準備会社の商号を 株式会社フレッセイと改称し事業会社とする。 (平成23年) - クラシーズ連取オープン• (平成25年) - 原信ナルスホールディングスと株式交換を行い経営統合。 同日付で原信ナルスホールディングスの商号を「アクシアル リテイリング株式会社」に改称し、 フレッセイホールディングスはアクシアル傘下の中間持株会社となる。 (平成26年) - フレッセイホールディングスがフレッセイを吸収合併し、 株式会社フレッセイに改称。 店舗 [編集 ]• 店舗数44(現在)• 沼田店、沼田ビバタウン店、沼田恩田店()• 阿久津店()• 榛東新井店(北群馬郡)• クラシーズ連取()• クラシーズ寄木戸()• 片貝店、大胡店()• 箕郷店()• 赤堀店() グループ会社 [編集 ]• 力丸流通サービス(商品物流)• フレッセイヒューマンズネット(障碍者雇用)• 高翔商事(不動産管理) 過去に展開していた業態 [編集 ]• サンホーム()• ハピーボックス(書籍・ビデオレンタル)• エフエスオート(自動車ディーラー業) 、車の販売会社「」として設立。 群馬県のフォード車正規販売店として営業。 その後商号を改称して、、、にはのそれぞれ正規販売店となったが、後年は同業他社に販売権を順次譲渡するなどして事業から撤退し、付で解散した。 解散後、前橋市の石油製品販売会社「サンワ」がフォードのサービス指定工場の運営を引き継ぎ、旧南高崎店()で営業している。 清和コーポレーション(自動車ディーラー業) 、エフエスオートとは別に設立。 正規販売店「フォルクスワーゲン前橋荒牧」を運営していた。 スーパーマーケット事業と関連が薄くなったため、9月「株式会社茨日ホールディング」(茨城日産自動車)へ売却。 これを以って自動車ビジネスから完全撤退となった。 脚注 [編集 ] [].

次の

スーパーマーケットのカード(とりせん/フレッセイ/ベイシア/ヤオコー/ベルク)

フレッセイ

とりせん TORISEN 群馬県に本社を置くスーパーマーケットです。 ショッピングセンターを含め、群馬、栃木、茨城、埼玉を中心に60店舗展開しています。 新鮮です!! とりせん」 とりせん本社外観 photo by とりせんカードは、あらかじめレジで現金チャージしてから使う、電子マネーカードです。 レジの支払い時に、お金を出さなくて済むので、スマートでスピーディです。 とりせんカードで支払うとポイントも貯まります。 また、とりせんカードで支払うと、通常のポイントの他に、10ポイントから100ポイント程度のボーナスポイントが付く商品がありますよ。 カード名 TORiSEN. CARD とりせんカード カード種類 電子マネー専用ポイントカード クレジット機能無し 入会金・年会費 無料 チャージ レジで現金からチャージ 1,000円単位で50,000円迄 ポイントを貯める 200円 税別 で1ポイント 還元率0. フレッセイを核店舗としたショッピングセンター「フォリオ」もあります。 群馬県46店・埼玉県3店・栃木県2店の合計51店です。 200円 税別 で1ポイントもらえます。 250ポイント貯めると「フレッセイポイント券」が自動発行。 フレッセイポイント券は、3枚貯めると1,000円分のお買い物券として使えます。 その他、グリーンスタンプのカタログ商品と交換したり、定期開催の歌謡ショーや旅行の参加にも利用できます。 カード名 FRESSAYポイントカード フレッセイポイントカード カード種類 現金専用ポイントカード クレジット機能無し 入会金・年会費 カード発行手数料100円 税込 年会費は無料 ポイントを貯める 200円 税別 で1ポイント 還元率0. フレッセイでの買い物は 3万円未満までサインレスになります。 入会金無料、年会費も永年無料となっています。 フレッセイでの買い物200円ごとに1ポイント、一般加盟店の利用でも1,000円ごとに5ポイント貯まります。 貯まったポイントは商品や金券類等と交換できます。 また毎月第3日曜日は「会員特別感謝デー」としてポイント3倍セールを行っています。 5% 一般加盟店 1,000円ごとに5ポイント 還元率0. スーパーマーケットのベイシアは北関東中心に、群馬・埼玉・栃木・茨城・千葉・東京・新潟・福島・長野・山梨・静岡・愛知・岐阜・滋賀に138店舗あります。 年会費は翌年度から1,250円 税別 ですが、「利用代金明細書Eメール通知サービス」に登録すると無料になります。 ポイントは、ベイシアグループの他にVISA加盟店でも貯まります。 貯まったポイントはベイシアグループで使える商品券と交換できます。 カード提示するだけで、ベイシアグループの各店で、優待や無料のサービスが色々受けられます。 2ポイント 還元率1. 埼玉・群馬・栃木・茨城・千葉・東京・神奈川に158店舗あります。 2018年5月 各店舗にはクッキングサポートコーナーがあり、売場で提供している旬の食材やおすすめの素材を使って、毎日の食卓メニューを提案しています。 クレジット機能はありません。 200円 税別 ごとに1ポイント貯まり、500ポイントで500円のお買い物券が自動発券されます。 ヤオコーネットクラブに登録すると、ヤオコーカードと連携し、ポイント管理や、会員限定クーポンが使えます。 申し込み方法 ヤオコー店舗のサービスカウンターにて、カード発行手数料200円を支払い、申込書付カードを受け取ります。 記入後の申込書はサービスカウンターへ提出するか、PC・スマホから登録します。 埼玉・群馬・千葉・東京・神奈川・茨城・栃木に106店舗あります。 クレジット機能はついていません。 現金払いは100円 税別 で1ポイント。 クレジットカード払いは200円 税別 で1ポイントです。 500ポイント貯まると、500円分のお買い物券が自動発行されます。 カード名 べルクカード カード種類 現金またはクレジット払い専用ポイントカード クレジット機能無し 入会金・年会費 ともに無料 ポイントを貯める 現金100円 税別 で1ポイント 還元率1. 」の対象商品はボーナスポイントが付きます 申し込み方法 べルク店舗サービスカウンターでカード発行後、必要事項をネット登録します。 こちらは、前回と前々回の記事です。 CARD とりせんカード 【とりせん】 URL: FRESSAY ポイントカード【フレッセイ】 URL: FRESSAY カスタマーカード【フレッセイ】 URL: ベイシアB CARD 【ベイシア】 URL: YAOKO CARD ヤオコーカード 【ヤオコー】 URL: ベルクカード【ベルク】 URL:.

次の

株式会社フレッセイ 小鳥店(高崎市下小鳥町)|エキテン

フレッセイ

株式会社フレッセイ FRESSAY Co. , LTD. , LTD. )は、に本社を置き、同県及び、で「フレッセイ」などを展開する、傘下の事業子会社および中間持株会社である。 概要 [編集 ] 、鮮魚商「松葉屋」として創業。 法人としては、株式会社松清本店として設立。 、前橋市に初のをオープンさせた。 現在は群馬県内を中心に栃木県、埼玉県北部へも店舗を展開している。 その他、にと契約を結び、のダイソーの出店も手がけている。 付で、を中心にスーパー「原信」「ナルス」を展開するアクシアル リテイリングと経営統合し、フレッセイグループのであった株式会社フレッセイホールディングスは中間持株会社として同社の傘下に置かれた。 さらに付でグループ内の資本構成見直しを図るため、フレッセイホールディングスがフレッセイを吸収合併して商号を株式会社フレッセイに改称し、事業会社はアクシアルの直接傘下に置かれ現在の体制となった。 アクシアル傘下の2社と同様、に加盟している。 なおCGCグループ各社が発行するの「」は、フレッセイでは「フレッセイカスタマーカード」として個別に発行している。 またこれとは別にポイントカードのサービスも実施している。 沿革 [編集 ]• (嘉永3年) - 鮮魚・塩干物の卸小売業「松葉屋」として創業• (昭和25年) - 株式会社松清本店設立• (昭和33年) - 北関東初のスーパーマーケット中央店オープン• (昭和46年)11月 - 株式会社マツセー設立• (昭和54年) - 松清とマツセーが合併• (昭和55年) - 前橋市力丸町に本部を移転• (昭和61年) - 台湾の味全食品と合弁で台湾に「松青商業股份有限公司」を設立。 「松青超市」を台湾にて展開。 (平成4年) - 商号を 株式会社フレッセイに変更• (平成9年) - フォリオ佐野店()オープン(栃木県初進出)• (平成10年) - から3店舗(倉賀野店 、新町店など)の営業譲受• (平成11年) - フォリオ篭原店()オープン(埼玉県初進出)• (平成16年) - クラシード若宮オープン• (平成18年) - 株式会社おざき(現フレール)を子会社化• (平成20年) - スーパーマーケット創業50周年• (平成23年) - 持株会社制に移行するにあたり、資本金5000万円で、による小売部門の移管のための新会社「新フレッセイ準備会社」を設立。 - グループ会社を含めた持株会社制に移行。 フレッセイを 株式会社フレッセイホールディングスに商号変更しグループ統括会社とし、新フレッセイ準備会社の商号を 株式会社フレッセイと改称し事業会社とする。 (平成23年) - クラシーズ連取オープン• (平成25年) - 原信ナルスホールディングスと株式交換を行い経営統合。 同日付で原信ナルスホールディングスの商号を「アクシアル リテイリング株式会社」に改称し、 フレッセイホールディングスはアクシアル傘下の中間持株会社となる。 (平成26年) - フレッセイホールディングスがフレッセイを吸収合併し、 株式会社フレッセイに改称。 店舗 [編集 ]• 店舗数44(現在)• 沼田店、沼田ビバタウン店、沼田恩田店()• 阿久津店()• 榛東新井店(北群馬郡)• クラシーズ連取()• クラシーズ寄木戸()• 片貝店、大胡店()• 箕郷店()• 赤堀店() グループ会社 [編集 ]• 力丸流通サービス(商品物流)• フレッセイヒューマンズネット(障碍者雇用)• 高翔商事(不動産管理) 過去に展開していた業態 [編集 ]• サンホーム()• ハピーボックス(書籍・ビデオレンタル)• エフエスオート(自動車ディーラー業) 、車の販売会社「」として設立。 群馬県のフォード車正規販売店として営業。 その後商号を改称して、、、にはのそれぞれ正規販売店となったが、後年は同業他社に販売権を順次譲渡するなどして事業から撤退し、付で解散した。 解散後、前橋市の石油製品販売会社「サンワ」がフォードのサービス指定工場の運営を引き継ぎ、旧南高崎店()で営業している。 清和コーポレーション(自動車ディーラー業) 、エフエスオートとは別に設立。 正規販売店「フォルクスワーゲン前橋荒牧」を運営していた。 スーパーマーケット事業と関連が薄くなったため、9月「株式会社茨日ホールディング」(茨城日産自動車)へ売却。 これを以って自動車ビジネスから完全撤退となった。 脚注 [編集 ] [].

次の