ビジネスソフト。 2012年ビジネスで活躍したフリーソフト5選Windows編 [フリーソフト・シェアウェア] All About

社員に使わせるべき社内業務を効率化するフリーソフト ベスト11

ビジネスソフト

ソフト詳細説明 【概要】ダイアリー画面のカードにメモや画像などの情報を効率よく入力できるように工夫されています。 目的ごとにキーワードを付けいつでも直感的操作でいもづる式に取り出すことができます。 面倒なキーワード添付はカードの語句から予測検索ができます。 年単位でキーワード一覧が表示されます。 【用途】仕事や日常のメモ、会議、講義でのメモ取り、Web情報のスクラップブック等に使われます。 また執筆のアイデア整理。 一番重要なあなたや家族のライフデザインなど。 Speedyは情報整理の初期の段階、記録と整理を容易にすることに重点を置いています。 Speedyで大まかに整理しアイデアを練った後ワープロやプレゼンソフトで提出ドキュメントを作ります。 ・ユーザーからは直感的操作で欲しい情報がSpeedyに取り出せると評価いただいています。 ・URLやファイル名を添付すればクリックでOPENできます。 ・例えば文に"激辛"という語句があるとその語句が過去に使われた文のキーワードが候補になります。 ・キーワードをクリックすればカードが取出せ、絞込も可能、更に年単位の一覧、全文検索も可能。 ・ファイルはUSBメモリ等で管理、非公開の日記ですビジネスとPrivateを分ける必要はありません。 ・日記ですが自然とあなたのDatabaseになります。 最大2GBまで使えます。 ・訪問や会議の前にその情報をリストで取出せばこれまでの経過と課題の変化が把握できます。 ・スケジューラー機能は持たせず手帳やPDAなどと一緒に運用することを前提にしています。 ・ファイルはCSVやMS-Accessで開くことができ資産の保全ができます。 Zipファイルを開いてSetup. exeをダブルクリックしてinstallしてください。 uninstallはコントロールパネルの『プログラムの追加と削除』で削除をしてください。 Vista、Win7にはOSの互換モードがあります。 Speedyは「XP互換モード」で使用できます。 「互換モード」は動作させたいソフトのアイコン ショートカットでもよい を右クリックして、表示されるメニューから「プロパティ」を選ぶ。 プロパティが表示されたら「互換性」タブをクリックして Windows XP SP3など を設定します。 web. fc2.

次の

事業案内

ビジネスソフト

今年も残りあとわずかとなりました。 そこで今回は独断と偏見で、2012年ビジネスで活躍したフリーソフトを5つ選びます。 最近はセキュリティとの兼ね合いで企業では個人でこのようなフリーソフトを利用するのは難しくなっていますので、今回は利用対象を小さな会社および商店や個人事業主に限定して考えたいと思います。 中小企業でシステムを担当されている方や、個人でビジネスをされている方はぜひ参考にしてください。 Evernote 真っ先に挙げるべきフリーソフトとしたいのが、このEvernoteです。 厳密にはフリーソフトという括りではありませんが、無料で利用ができ、かつWindowsパソコンで利用する場合に対応ソフトをインストールするので、ここではフリーソフトとして紹介したいと思います。 Evernoteをビジネス用フリーソフトとして真っ先に紹介したい。 Evernoteはクラウド上にノートのようにデータを保存できるwebサービスですが、実はこれを本当のノート代わりに使うと非常に便利なのです。 というのも、EvernoteはWindowsパソコンだけでなく、AndroidやiPhoneなどのスマートフォンやiPadなどのタブレット、はてはガラケーと呼ばれる携帯電話などにもアプリを提供しています。 そのため思いついたことを何でもEvernoteに書き留めておけば後でパソコンで加工できますし、逆にパソコンで作成した文章を移動中にスマートフォンやタブレットで推敲することもできます。 私も記事を書く際に重宝していて、無くてはならないソフトの一つになっています。 Apache OpenOffice フリーソフトの定番Office系ソフトの代表格と言ったらこのApache OpenOfficeでしょう。 前身のOpenOffice. orgから数えると10年以上の歴史がある、由緒正しいフリーのOffice互換ソフトです。 Excel互換のCalc画面を見て、Excelと勘違いする人は多いかもしれない。 仕事で複数のパソコンを使っているとOfficeのライセンス料は馬鹿になりませんし、バージョンアップのため定期的に買い替えが必要になります。 しかし、このApache OpenOfficeならそんな心配もありません。 また、Apache OpenOffceは無料ということだけが売りではありません。 長い歴史の中で洗練されフリーソフトにありがちな挙動の不安定さもなく、また操作体系もマイクロソフト社のOffice2003以前に非常に似ているため、操作体系が変わったOffice2007以前に馴染めない方にもお薦めできるソフトです。 最近ではライセンス料を嫌ってパソコンのOSにWindowsではなくLinuxを採用している会社や官公庁がありますが、その場合にはマイクロソフトのOfficeは動かないので、間違いなくこちらを採用しているでしょう。 PNGGauntlet PNGGauntletはPNG形式で一括で画像を圧縮してくれるソフトです。 使い方も画像をドラッグするだけと非常にお手軽なソフトです。 PNGGauntletを使えば手軽に画像をPNG圧縮できる ビジネスでは様々な資料を作成しますが、最近では打ち合わせの資料などを事前に送付することも多く、送信時のデータ量を小さくするためにも挿入する画像もできる限り圧縮をしておく必要があります。 また、最近ではインターネット上のクラウドにあるオンラインストレージにデータを保存する事も多いでしょう。 しかしオンラインストレージは企業などの共有サーバと比べてまだまだ容量は少ないので、このように画像データも圧縮しておく必要があります。 そんな時、このPNGGauntlet を使えばスクリーンショットやデジカメの画像などを画像の劣化が少なく圧縮率が高いPNG形式に一括で変換してくれます。 圧縮時の画像のきれいさは実際に使ってみればわかると思いますよ。 Picasa3. 9 次に挙げたいのが画像管理・加工ソフトのPicasaです。 業務で画像管理?と思われるかもしれませんが、 ホームページやPOP素材、資料用の画像など、仕事で利用する画像は結構増えるものです。 そんな時にPicasaがあれば簡単に画像の管理ができます。 Picasa3は非常に優秀な画像管理のフリーソフト Picasaは検索で有名なGoogle社の製品なので、画像を検索する機能が優れています。 ファイル名や画像データ、写真に付与されているジオタグ(位置情報)などはもちろん、写真の色でも検索が出来るなど様々な形での検索が可能になっています。 それだけではなく、写真のレタッチ機能も備えているなど、ヌルヌルとなめらかに動く操作画面と強力な管理機能を備えたPicasaはビジネスで画像や写真を管理するのに優秀なビジネスパートナーになるでしょう。 Microsoft Security Essentials 最後に挙げるのは、マイクロソフト純正の無料セキュリティソフトであるMicrosoft Security Essentialsです。 Microsoft Security Essentialsはマイクロソフト純正のフリーソフトでもある。 ウィルス対策ソフトは日々のウィルス定義ソフト更新をするため、年間使用料のような形でソフトウェアを購入しています。 フリーのウィルス対策ソフトもAVG Anti-Virusやavast! antivirusのように有料ソフトの無料版がほとんどです。 また、これらのウィルス対策ソフトは家庭での利用という制限があり、ビジネス用途には使えません。 しかしこのMicrosoft Security Essentialsはビジネスにも利用が可能です。 最大10台のパソコンにインストールする事が出来るので、小規模ビジネスならばこれで十分対応が可能でしょう。 ウィルス検知能力も問題無いのはもちろんですが、メモリなどの消費が少なくスキャン速度も高速、管理画面もシンプルで使いやすいので、初心者向けウィルス対策ソフトとしても優秀です。 個人商店などでパソコンを利用する方にはパソコンスキルが乏しい人も多く、更新料を払うことが分からずにバッチが適用できなくなりセキュリティ対策が出来ていない方もいますが、このソフトを使えばそんな心配も無いでしょう。

次の

ビジネスソフトサービス株式会社

ビジネスソフト

ソフト詳細説明 【概要】ダイアリー画面のカードにメモや画像などの情報を効率よく入力できるように工夫されています。 目的ごとにキーワードを付けいつでも直感的操作でいもづる式に取り出すことができます。 面倒なキーワード添付はカードの語句から予測検索ができます。 年単位でキーワード一覧が表示されます。 【用途】仕事や日常のメモ、会議、講義でのメモ取り、Web情報のスクラップブック等に使われます。 また執筆のアイデア整理。 一番重要なあなたや家族のライフデザインなど。 Speedyは情報整理の初期の段階、記録と整理を容易にすることに重点を置いています。 Speedyで大まかに整理しアイデアを練った後ワープロやプレゼンソフトで提出ドキュメントを作ります。 ・ユーザーからは直感的操作で欲しい情報がSpeedyに取り出せると評価いただいています。 ・URLやファイル名を添付すればクリックでOPENできます。 ・例えば文に"激辛"という語句があるとその語句が過去に使われた文のキーワードが候補になります。 ・キーワードをクリックすればカードが取出せ、絞込も可能、更に年単位の一覧、全文検索も可能。 ・ファイルはUSBメモリ等で管理、非公開の日記ですビジネスとPrivateを分ける必要はありません。 ・日記ですが自然とあなたのDatabaseになります。 最大2GBまで使えます。 ・訪問や会議の前にその情報をリストで取出せばこれまでの経過と課題の変化が把握できます。 ・スケジューラー機能は持たせず手帳やPDAなどと一緒に運用することを前提にしています。 ・ファイルはCSVやMS-Accessで開くことができ資産の保全ができます。 Zipファイルを開いてSetup. exeをダブルクリックしてinstallしてください。 uninstallはコントロールパネルの『プログラムの追加と削除』で削除をしてください。 Vista、Win7にはOSの互換モードがあります。 Speedyは「XP互換モード」で使用できます。 「互換モード」は動作させたいソフトのアイコン ショートカットでもよい を右クリックして、表示されるメニューから「プロパティ」を選ぶ。 プロパティが表示されたら「互換性」タブをクリックして Windows XP SP3など を設定します。 web. fc2.

次の