毛穴 ケア ランキング。 【徹底比較】毛穴ケア 人気クレンジングランキング

毛穴ケア用クレンジングおすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

毛穴 ケア ランキング

1.毛穴ケアクレンジングの選び方 続いて、毛穴ケアできるクレンジングの選び方について解説していきます。 毛穴の悩みには4種類ある 毛穴の開きや黒ずみには4種類の「タイプ」と「原因」があるということが分かっています。 つまり毛穴…過剰な皮脂や角質がつまっている状態• 開き毛穴…乾燥や過剰な皮脂分泌により毛穴が開いている状態• メラニン毛穴…「角栓の酸化」もしくは「メラニン色素の沈着」• たるみ毛穴…肌の弾力低下によりたるんだ状態 この4タイプはそれぞれ原因が異なるため、ケアをする際も原因に合わせたケアすることが大切です。 つまり毛穴には「角質ケア」 「白いブツブツが気になる」「あごや眉間がざらつく」という方はつまり毛穴のケアをしましょう。 原因は毛穴につまった角栓。 角質ケアをメインにしているアイテムを選ぶのがポイントです。 角質ケアでおすすめなのはAHA(フルーツ酸)で、リンゴ・柑橘類などに含まれており、硬くなった角質を柔らかくして取り除きます。 その他、「吸着効果」のある成分も、汚れを効率よく取り除くことができるためおすすめ。 「こんにゃくスクラブ」や「炭」など様々なタイプが登場しています。 「温感」タイプも毛穴を開き、つまった汚れを取り除きやすくしてくれます。 開き毛穴には「保湿」&「引き締め成分」 乾燥と過剰な皮脂分泌によるターンオーバーの乱れによって、毛穴が開いた状態になる開き毛穴は、脂性肌の方によく見られます。 鼻の周りだけではなく顔全体におこりやすいのも特徴の1つです。 乾燥が原因のひとつにあるので、まずは保湿を重点的に行いましょう。 クレンジングにも保湿成分が配合されているタイプを選ぶと、肌への負担を減らしてくれます。 引き締め成分として有名な「ビタミンC」には、透明感を引き出す効果も期待できるため、くすみが気になる方にもおすすめです。 中にはつまり毛穴が進化し、角栓が酸化したことで黒ずんでいることもあります。 これはどちらも、「ターンオーバーの乱れ」により本来は排出されるべきものが肌に残ってしまっている状態です。 つまり毛穴同様、AHAが配合されたクレンジングで角質ケアをするとともに、ターンオーバーを正常に戻すための美容成分配合タイプを使用するのがおすすめです。 ピーリングタイプのクレンジングや洗顔で取り除くのもおすすめですが、使いすぎは肌トラブルの原因に。 使用頻度の目安を守り、適度にケアを行いましょう。 クレンジングの種類については「」で分かりやすく説明しています。 たるみ毛穴なら「美容成分配合」 「毛穴が縦長に開いている」「頬を横に引っ張ると毛穴が消える」という方は、残念ながら老化が原因です。 たるみ毛穴の場合は、保湿成分など美容成分がたっぷり入ったものを選びましょう。 洗浄力が強いタイプだと肌に刺激を感じやすいため、洗浄力にこだわるのではなく、低刺激処方であることに重点を置くことが大切です。 アルガンオイルやオリーブオイルなど、美容オイル配合タイプはマツエクをつけていても使用可能ですし、低刺激なタイプも多いのでおすすめです。 洗浄成分として「オレンジオイル」と「炭」を配合した温感クレンジング。 温感のあるゲルが固くなった汚れをほぐし、オレンジオイルが汚れを溶かし出します。 そして、炭が汚れを根こそぎ吸着して気になる黒ずみ毛穴をケアします。 美容液成分も多く配合していることから、洗いあがりのツッパリ感もなく、敏感肌にも優しい低刺激処方。 毛穴ケア成分には他にもAHAやパパイン酵素などが配合されており、長年積み重なった頑固な毛穴汚れにも効果を期待できるアイテムです。 ラッシュピュア ホットクレンジングゲル ブラック の詳細 メーカー 日本クレンジング研究所 内容量 200g 参考価格 1,674円(税込) 1gあたりの値段 8. 37円 『ラフラ バームオレンジ』は植物由来の洗浄成分として「オリーブオイル」と「オレンジオイル」「ヒマワリオイル」などを配合しています。 落ちにくいアイメイクや毛穴の汚れもすっきり落とすことが可能。 無添加処方・W洗顔不要と肌にできるだけ負担をかけない処方になっています。 また、メイク落としや洗顔の効果だけではなく、美容パックなど効果もあり、1つでスキンケアまで行えます。 日ごろのケアをできるだけ時短にしたいという方にぜひおすすめのアイテムといえます。 ラフラ バームオレンジ の詳細 メーカー レノア・ジャパン 内容量 100g 参考価格 3,240円(税込) 1gあたりの値段 32. 4g 毛穴ケアクレンジングの売れ筋ランキングはこちら ご参考までに、クレンジングの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

次の

【徹底比較】毛穴ケア 人気クレンジングランキング

毛穴 ケア ランキング

ふと鏡を見ると毛穴が気になる瞬間がありませんか?いつの間にか、鼻の上に黒いポツポツ毛穴が目立ってきたり、ファンデーションが開いた毛穴に落ち込んでしまっていたりすると、何だかがっかりしてしまいますね。 この憎き毛穴もスキンケアによってきれいにすることも夢ではありません。 ここでは、「あなたはどのタイプ?毛穴のお悩み」「おすすめ商品で紹介!毛穴徹底スキンケア」「自分に合った毛穴ケア用美容液の選び方」について説明させていただきます。 そして、ランキング形式で、プチプラ、デパコスの2タイプに分けて「おすすめ毛穴用美容液TOP5」をご紹介致します。 毛穴対策に興味をお持ちの方は是非チェックしてみて下さい。 あなたはどのタイプ?毛穴のお悩み 毛穴と言っても大きく3つのタイプに分かれます。 ここでは、「黒ずみ毛穴」「開き毛穴」「たるみ毛穴」の3つについて、原因と対策を説明させていただきます。 黒ずみ毛穴の原因と対策 年齢を問わず黒ずみ毛穴はどの世代の女性の肌にもあらわれます。 黒ずみ毛穴の原因と対策を見ていきましょう。 原因 メイク汚れや皮脂汚れが毛穴に詰まってしまうことが原因です。 毛穴に汚れが詰まってしまったものを長期間放置することで、さらに酸化が進む。 ファンデーションを使用した後にメイク落としで汚れを落としたつもりでも、冷水で洗い流すケアを続けている場合には、こういった黒ずみ毛穴が出現する。 対策 毎日のメイク落としをしっかりと行っていくことが最も重要です。 メイク落としでも吸着力の高いクレイ入りの商品を定期的に使うことで、しっかりと汚れが落とせます。 汚れを落とす時には冷水は使わずに、ぬるま湯で毛穴をある程度開かせるようにしていくようにしましょう。 スキンケアとして、週に一度は拭き取り化粧水を使用しておくのも良いと思います。 開き毛穴の原因と対策 開き毛穴は、過剰な皮脂が肌表面に浮き出てくるタイプのお肌に見られます。 10代~20代までの若い方に多い毛穴悩みなので、30代になると落ち着いてくる傾向にあります。 原因 脂性肌(オイリー肌)の方に見られるのが開き毛穴で、皮脂分泌が活発化していて過剰な皮脂が毛穴から出ている状態が開き毛穴の正体。 夏だけでなく冬にも皮脂分泌が過剰に行われるため、ファンデーションの崩れの原因にもなる。 対策 開き毛穴の対策としては、朝晩のスキンケアを工夫することが大事です。 朝の洗顔後には、拭き取り化粧水を使って、肌をすっきりとした状態にしておくと良いでしょう。 また、皮脂浮きを抑えるためにもしっかりと保湿を行って肌の水分と油分とのバランスを良くしておくようにしましょう。 脂っぽいお肌だから、と言って保湿ケアを怠っていると、肌の水分と油分とのバランスが崩れてしまいます。 意外に思われるかもしれませんが、拭き取り化粧水の後にはしっかりと保湿が出来るケアをしておくことをおすすめします。 メイクを落とす際には、黒ずみ毛穴と同様に、しっかりと汚れを落とせるようにぬるま湯を使用していって下さい。 たるみ毛穴 年齢が上がってくるとともに、なぜか毛穴が開いていてファンデーションがそこに食い込んでいる、なんてことがあります。 これは年齢によるたるみが原因のたるも毛穴です。 原因 加齢による肌のたるみが原因で毛穴が広がる。 毛穴が縦に開いているのが特徴的なので判断しやすい。 対策 エイジングケア(年齢に応じた肌ケア)の一環になりますが、毛穴を引き締められるようにするケアと肌に潤いを与えるケアを中心に行っていくと良いでしょう。 洗顔後に引き締め化粧水を使うとともに、保湿成分や美容成分が配合された美容液を使用するようにしていきましょう。 おすすめ商品で紹介!毛穴徹底スキンケア 毛穴対策を意識したスキンケアを行っていきたいけれど、どういった商品を使ったら良いのか迷ってしまいますね。 ここではおすすめ商品を紹介しながら毛穴ケアを中心としたスキンケアをご紹介いたします。 まずはクレンジング!使うのはクリニーク クリニークの人気クレンジング商品で、「テイク ザ デイ オフ クレンジング バーム」です。 こちらはジャータイプの容器に入っており肌に伸ばすとバーム状。 伸ばしていくとオイルに変化してなめらかに肌汚れとなじむクレンジングです。 毛穴汚れをしっかりと落として、肌当たりもなめらかなので快適に使用出来ます。 オールスキンタイプなのも良いと思います。 乳化するところが目でみてわかるので、汚れが落ちる様子が自分でもわかるところが嬉しいです。 クリニーク テイク ザ デイ オフ クレンジング バーム 自分に合った毛穴ケア用美容液の選び方 毛穴ケア用美容液を選ぼうと思っても、どれが自分に合う商品なのか、なかなかわかりにくいですね。 ここでは、自分に合う毛穴ケア用美容液を選ぶ際に気を付けたいポイントして、肌質別に見ていきましょう。 脂性肌さんは保湿最重視。 オイルフリーも。 脂性肌の方は、開き毛穴に悩んでおられる方も多いと思います。 Tゾーンが脂ぎってしまったり、皮脂が浮きやすかったりと、色々な肌悩みも。 そんな脂性肌さんは、保湿最重視の毛穴ケア用美容液がおすすめです。 脂性肌だからと言って、化粧水だけをつけて肌をスースーさせている方もおられますが、大切なのは肌の水分と油分とのバランスです。 水分が肌から蒸発してしまうことで、脂性肌からインナードライ肌へなってしまうこともあるので、保湿は非常に大切です。 脂性肌と思っていても、肌表面がテカっているのに肌奥が乾燥しているというインナードライ肌の場合もあるので、この場合にはオイルフリーのタイプを使用して、肌状態を整えておくようにしましょう。 ニキビが気になる方は薬用もチェックして 10代~20代にかけては、ニキビが気になる方も多いと思います。 ニキビが気になる場合には、ニキビが悪化しないように毛穴を詰まらせないことが大切ですが、同時に肌荒れを防ぐアラントインやグリチルチリン酸2K等の抗炎症成分が配合されている商品も良いと思います。 また、ニキビが気になる方は肌刺激に敏感な方も多いので、アルコール、鉱物油、香料等が配合されていない商品を選ぶのも良さそうです。 保湿成分としてヒアルロン酸やビタミンC、ビタミンEが配合されている美容液や、肌のターンオーバーを正常化してくれると期待出来るビタミンA、肌荒れに良いとされるビタミンB6誘導体が配合されている商品も嬉しいですね。 シミやくすみが気になる方はメラニン生成を抑えてくれる美容液 シミやくすみが気になるという方も多いと思います。 身近な成分では、ビタミンC(アスコルビン酸)、ビタミンC誘導体がメラニンの生成を抑えてくれると期待出来る成分です。 こちらは、医薬部外品という位置付けの商品で、美白有効成分の「活性型ビタミンC(アスコルビン酸)」が配合されています。 さらに、「ビタミンE誘導体」も配合されているので、2種類のビタミンが肌に働きかけてくれます。 ロート独自の浸透処方で、美白有効成分が角質層の奥深くまで届き、メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぎます。 引用: 使いやすいチューブ式容器なので携帯性にも優れています。 殺菌成分や抗炎症成分も配合されているのでニキビが出来ている時にも使用出来るところも良いと思います。 毛穴に皮脂が詰まってニキビが出来てしまった時にも心強い味方になってくれそうです。 毛穴ケアと同時にしみケアを行いたいという方におすすめです。 毛穴が出来る原因に着目して作られた毛穴用美容液。 水分と皮脂とのバランスを整えて、サラサラの肌へと導いてくれます。 フレッシュ期間が2ヶ月となっている無添加商品。 2位 ちふれ 濃厚 美容液 ハリ肌に導くエイジングケア美容液 ちふれの美容液で、こちらはエイジングケア(年齢に応じた肌ケア)美容液という位置付けの商品です。 保湿成分として、シャクヤク根エキス、ヒアルロン酸等が配合されています。 肌を状態を整えてくれ、乾燥による小じわを目立ちにくくしてくれるので、たるみによる毛穴にアプローチしてくれると期待出来ます。 容器は使用しやすいプッシュタイプで、衛生的に使えるところも良いと思います。 無香料、無着色、ノンアルコールとなっていて、価格も安いので気軽に使えるところも嬉しいですね。 エイジングケア(年齢に応じた肌ケア)美容液なので、肌全体使用出来ます。 保湿成分がふんだんに配合されているので、乾燥による小じわを目立ちにくくしてくれると期待出来て、たるみによる毛穴にもアプローチしてくれます。 価格もプチプラで買いやすいです。 1位 アテニア ポア リファイニングエッセンス 肌のテカリ・毛穴目立ちにアプローチ アテニアの皮脂・毛穴ケア美容液です。 こちらは、知る人ぞ知るアテニアの逸品で、大人の肌のテカリや毛穴目立ちに嬉しい商品です。 朝夜のスキンケアの最後に使用して、毛穴が気になる箇所に少量ずつくるくると使用するだけでOKです。 お肌を引き締める成分として、「オーガニックペパーミントエキス」が配合されており、また、皮脂をケアする保湿成分として、「プロビタミンB5」「セイヨウナシ果汁発酵エキス」が配合されています。 毛穴部分を引き締めると同時に、肌を潤してくれると期待出来るので、どのタイプの毛穴ケアにも使用出来る優れものです。 弱酸性、無着色、合成香料不使用、無鉱物油、パラベンフリーとなっています。 クリニークのロングセラー美容液 クリニークの大人気美容液で、「各層ケア」「毛穴ケア」にも着目している商品です。 ターンオーバーのリズムに注目して開発された美容液。 乾燥等の環境要因にアプローチし、肌を整えながら、健やかに保ちます。 肌表面のキメは整い、なめらかな感触に。 見た目にも内側から輝くような印象に導きます。 すべてのスキンタイプに。 引用: こちらの美容液を使うタイミングは、洗顔後ローションで肌を整えた後に使用します。 その後に乳液やクリームを使うので、一般的な美容液と同じタイミングでの使用です。 肌バランスのいい状態に整えて、潤いを保つケアが出来るようになっています。 角質を整えることにより、毛穴ケアも出来る美容液なのでとてもおすすめです。 角層ケアを行うことで、毛穴ケアにもアプローチする美容液。 肌のターンオーバーに着目して肌を整えてくれると期待出来ます。 なめらかな感触ですべてのスキンタイプに。 2位 アウェイク リテクスチュアライジング セラム ザラつきや毛穴に!拭き取り美容液 アウェイクの拭き取り美容液で、数々のコスメ賞を受賞している逸品です。 使うタイミングは、洗顔後いつものお手入れの前にプラスするだけ。 コットンでさっとひとふき。 みずみずしい美容液がくすみ(古い角質による)やザラつきを取り去り、次のケアの浸透(角層まで)をサポート。 つるんとなめらかで毛穴の目立たない、透明感のある素肌へとみちびきます。 引用: ナチュラル由来成分90%以上で、香料は100%天然香料を使用しています。 拭き取ることで、毛穴汚れと角質をオフしてくれるので、黒ずみ毛穴や皮脂が毛穴に詰まっている状態のお肌にうってつけです。 洗顔だけでは落とせない古い角質や毛穴のお手入れに。 毛穴まですっきり!アルビオンの薬用美容液 アルビオンの毛穴用の薬用美容液です。 医薬部外品という位置付けの商品で、有効成分としてサリチル酸、グリチルチリン酸ジカリウムが配合されています。 過剰な皮脂や毛穴の黒ずみ(よごれ)、角栓をしっかりと取り除き、毛穴の目立たないツルンとなめらかな肌に整える薬用美容液です。 爽快な清涼感のある感触で、肌あれを防ぎながら毛穴が気になる肌をキュッとひきしめ、キメの細かい肌に整えます。 角栓やベタつきをすっきりと取り除き、サラサラとしたなめらかな肌を保ちます。 引用: 使用方法も簡単で、洗顔の後にコットンに適量を含ませてTゾーンを中心にふきとるようになじませるだけです。 黒ずみ毛穴だけでなく、開き毛穴、たるみ毛穴にも向いており、毛穴のよごれだけでなく古い角質や角栓を除去するためにも週に何度か使用していきたい美容液です。

次の

【プロが選ぶ】毛穴に効果的な実力派スキンケア化粧品ランキング

毛穴 ケア ランキング

多くの女性が気にする毛穴の広がり。 なんとか隠そうとしても意外と毛穴の広がりは隠せないもので、ひどくなるとその毛穴にどんどん汚れがたまってしまい、黒ずみや肌トラブルの原因にもなってしまいます。 しかし毛穴にも重要な役割があることを忘れてはいけません。 毛穴の広がりや黒ずみは間違ったケアの仕方が原因なので、つるりとした卵肌になりたくてさまざまな方法を試している人のために、ここでは毛穴を目立たせないように広がりを抑えたり、毛穴に詰まった角栓を取り除いたりするのによく使われるパックやその効果などをご紹介していきます。 毛穴パックの種類と効果 毛穴パックを選ぶ場合も、自分の肌にあったものでないと肌を傷める原因になるので気をつけてください。 ここからはどのような種類の毛穴パックがあるのか紹介していきます。 部分シートタイプ シート状の粘着成分に水分を含ませて気になる部分に張りつけ、毛穴の汚れをはがし取るタイプの毛穴パックです。 乾いてからはがすことで、角栓から取り除くことができるので取れた角栓の多さに驚く人も多く、鼻だけでなく眉間やアゴなどに張りやすい形状のものもあってとても人気です。 角栓からごっそり取れるので気持ちよく感じますが、肌に必要な角質も取ることになってしまうので、頻繁に使うのは避けましょう。 洗い流すタイプ クリームタイプ クリームタイプは成分によって作用が違うので、しっとりさせたい場合やツヤやハリを与えたい場合など、使い分けることによってテクスチャのバリエーションや香りを楽しむことができるのがポイント。 はちみつやシュガータイプ、ソルトタイプなどさまざまな種類のあるクリームタイプは、自分の肌にあえば毎日のケアに取り入れることも可能です。 クレイタイプ 泥を主成分にしたパックで、毛穴の汚れによく作用すると人気です。 泥には皮脂を吸着する性質があり、毛穴の汚れを泥の力で浮き上がらせて排出するので全身の気になる部分に使えます。 はがすタイプよりも刺激は少ないですが泥の持つ洗浄力が大きいため、肌に必要な油分も取り去りやすいので、使用後の保湿ケアはしっかりおこないましょう。 全外にはがすタイプ 古くからあるもので、デリケートな目や口の周りをさけて塗っていき、乾いたら下からはがしていくタイプのパックです。 角質を取り去るシートタイプと違って、塗ることで肌に栄養成分を与えることもできるので、毛穴が開いているときに使うとスキンケアもできて一石二鳥。 毛穴の汚れを落しながら産毛の処理もできたりと便利なパックですが、頻繁に使うことは避けましょう。 毛穴に角栓がたまって黒ずんでしまう人もいますし、乾燥や年齢による皮膚のたるみがが原因で毛穴が広がってしまう人もいます。 なので自分にあったパックやスキンケアをぜひ見つけてみてください。 シートタイプのパックは、ごっそり角栓を取ってくれるのですが、そのままだと毛穴は開いた状態のままです。 そのまま放置してしまうとすぐにまた次の角栓の元となる皮脂が溜まってしまうので、角栓を取り除いたあとはしっかり保湿をするなど、毛穴を引き締めるケアも忘れないようにしてください。 毛穴パックおすすめ人気ランキングTOP15 ここからはどのような商品があるのか、またその商品にはどのような特徴があるのかなど解説しつつ、毛穴パックをランキング形式でご紹介していきますので、選ぶ際の参考にしてみてください! 15位 ナリスアップ 毛穴 すっきり パック Amazonの情報を掲載しています 容量 20g こちらの商品は、ジェルタイプで扱いやすい毛穴の汚れ落としです。 目立ちやすい鼻の角栓、皮脂量の多いおでこやアゴに塗ってマッサージすることで、皮脂を溶かして毛穴の汚れを取り除きます。 温感作用で浮き上がらせた皮脂を洗い流せば肌はツルツルに。 そして温感マッサージによって血流もよくなり肌のトーンもワンランクアップ。 ディープクレンジングしてくれるだけではなく、竹炭やシリカ、セルロースなども配合されているので角栓が取れやすく、またヨーグルトエキスやヒアルロン酸、コラーゲンが肌の潤いを保ちます。 マッサージしている間も優しいオレンジの香りに包まれて気持ちよくリラックスできます。 こんな方におすすめ• 洗い流すタイプのパックがいい• クレイ成分を試してみたい• 人工的な香料は苦手 毛穴パック後にすべきこと 毛穴の黒ずみなどが気になっている方にはうれしい毛穴パックですが、パックだけすればベストな肌になれるというものではありません。 パックしたあとにしっかりケアをすることでパックの効果はもちろん、肌トラブルの解決にもつながるのでアフターケアは忘れずに。 ここからはアフターケアの方法について紹介していきます。 収れん化粧水も活用すること 保湿は水分の蒸発を防いで肌トラブルや毛穴の過剰な開きを抑えてくれます。 特にヒアルロン酸が配合された化粧水などは水分保持力がとても高いので、パサついてハリがなくなった肌で毛穴の開きが目立つ場合にはぜひ活用してみてください。 それでもまだ毛穴の広がりが、気になる人は収れん作用のある化粧水を使うのも一つの方法です。 収れん化粧水とは毛穴を引き締める作用のあるや、植物エキス、アルコールなどが配合されたもののことを言います。 栄養素を含んだ質のよいものがたくさん発売されているのでぜひ探してみてください。 収れん化粧水は、トーニングローションやアストリンゼントローションとも呼ばれます 毛穴パック使用上の注意点 賢く使えば、気になる黒ずみなど毛穴の悩みを少なくできる毛穴パックですが、使用上の注意を守らないと毛穴が今まで以上に広がるといった逆効果に悩まされることにもなりかねません。 なのでここからはいくつかの注意点をご紹介していきます。 角栓が取れるからと何度も繰り返して使用すると、毛穴の広がりが癖になってしまったり、よい角質まで取り去ることになり肌のターンオーバーを乱してほかのトラブルまで引き起こしてしまいます。 特に乾燥肌の人は、告知の使用回数よりも少なく使用することをおすすめします。 特にスクラブが配合してあるアイテムには、スクラブの素材によって赤みやかゆみを引き起こすこともあるので、試してみて自分にあわないと感じたら、素材の違うタイプを選ぶようにしましょう。 すぐに水分補給をしておかないと、どんどん肌から水分が蒸発していくため乾燥が進み、これをカバーしようと皮脂の分泌が多くなり、肌がべたついたり、毛穴に皮脂が溜まりやすくなって毛穴が広がってしまいます。 また過剰な洗顔は、角質にあるなどの成分とともに水分量も奪い取ってしまうことからターンオーバーの乱れにもつながります。 「きっちり洗顔しているのに毛穴のケアがなぜかできない……」と、そんな悩みを抱えている人は水分補給に気をつけてみてください。 毛穴とは 毛穴の数 子供の頃にはまったく気にならなかった毛穴、実は毛穴の数は生まれたときからほぼ変化しないのです。 顔だけでも毛穴は約20万個あるといわれていて、生まれたての赤ちゃんでもその数は同じだというのですから驚きです。 毛穴の役割 毛穴の広がりや黒ずみがコンプレックスになっていて「いっそ毛穴なんかなかったらいいのに!」と思うこと、ありますよね。 しかし毛穴にも大事な働きがあるのでその必要性を理解するために、まずは毛穴の働きにはいったいどのようなものがあるのかを詳しく見ていきましょう。 毛穴から出てくる皮脂が皮膚を保護する 毛穴からは皮脂や汗などの老廃物が常に分泌されており、このなかでも皮脂には肌を守るという重要な役割があります。 つまり毛穴から出る皮脂が、肌から水分が蒸発して逃げないように防いでくれているのです。 また外部からの刺激をブロックする作用も皮脂膜にはあり、自ら作るバリア機能として非常に重要な役割を果たしてくれています。 さらに皮膚のペーハーバランスを保ったり雑菌を増やさないなど、皮膚には欠かせない存在なのです。 体温調節機能 毛穴には体温を調節する役割もあります。 人間は動物のなかでも皮膚の表面を覆っている毛の量が少ないので、寒くなると毛穴が収縮して体温が下がるのを防いでくれるのです。 汗と関係するフェロモン機能 人間には動物に欠かせないフェロモン機能が備わっています。 毛穴の中にはアポクリン汗腺と呼ばれている老廃物を排出する汗腺があり、このアクポリン腺は脇の下や性器部などに多く存在していて脂肪酸を含んだ汗を分泌するのが特徴です。 この脂肪酸が空気に触れて酸化することでにおいを発するので、体臭や汗のにおいが気になる人はこの成分が多く分泌されていることが多いのですが、性ホルモンと深い関係があるので適度な排出だとフェロモンとして作用することがわかっています。 人間が進化するにつれて、ほかの動物よりも退化してしまった機能ではありますが、性ホルモンと深い関係があるフェロモン機能は、人間にとってとても大切な機能なのです。 女性に多い毛穴の悩み 「毛穴が広がってしまった……」そんなときどうすればいいのかわからなくてメイクで隠すという人、いますよね。 しかもメイクで隠したつもりだったのに、しばらくして鏡を見たら毛穴が広がっていてショックを受けたなんていうことも多いはず。 ここからは多くの女性たちが抱いている毛穴の悩みについて詳しく見ていきます。 メイクでも隠せない 毛穴を埋めることができる化粧下地を使って毛穴の広がりや黒ずみを隠している方は多いですよね。 このタイプの下地には確かに皮脂を抑えたり、毛穴の広がりを見えにくくする作用があるのですが、完全に隠すことはできないので塗りすぎるとかえって厚塗りの化粧になり、肌の透明感が失われてくすんだ印象を与えたり、逆に毛穴が浮き上がって見えることにもなりかねません。 毛穴を隠したいからといって厚塗りになってしまうと逆効果なので適度な分量を取り出して使うようにしましょう。 下地を塗り込んでも化粧崩れが起こる 化粧崩れは皮脂の量に比例して起こるので、人によって崩れてくる個所も時間帯も違ってきます。 「一日化粧崩れ知らず!」といったコマーシャルも見かけますが、オイリーな肌質の人には下地やファンデーションが混ざってしまってあまり期待した効果は見込めません。 毛穴は常に機能していて皮脂も分泌しますし、老廃物を排出しようとするのは当然の働きなので、メイクの仕方だけでなく基本的な肌ケアに重点を置いて毛穴レスな肌を目指しましょう。 近くで顔を見られるのが怖い 自分でも気になる毛穴の広がりを、他人にまじまじと見られるのはとても嫌なものです。 自分に自信が持てず近づいて話をするのも遠慮がちになり、コンプレックスを抱くようになってしまいますよね。 特に皮脂の分泌が多く、目立つ場所でもある鼻の毛穴の広がりは、できれば見せたくありません。 異性との関係で「顔を近づけるのが怖い……」なんて思ってしまったら楽しいはずの恋愛も楽しめなくなってしまいます。 毛穴が気になっている多くの女性たちは、近くで顔を見られるのがとても怖くてたまらないのです。 毛穴が広がる原因 毛穴が広がる原因は人によって違うので、それぞれにあった対策が必要になってきますが、大きく分けると以下のような原因が考えられるので、心当たりのある人は自分の洗顔方法を改め、正しい洗顔方法で毛穴ケアをしっかり行っていきましょう。 洗顔の間違い 洗顔をすれば汚れも皮脂も落ちるはずなのにべたつきがひどく、ができてしまったりと思うようにならないのがスキンケア。 「毎日しっかり洗顔しているのに、どうして毛穴が広がってしまうの?」と疑問に思ったり、肌の調子が悪いと感じたりしている人は洗顔の方法が間違っているのかもしれません。 間違った洗顔の仕方をしていると肌のバリア機能を失い、ダメージを受けやすくなることで防衛本能が過剰に働き、皮脂の過剰分泌がニキビなどの発生を促してしまいます。 ここからは正しい洗顔方法とはどのようなものなのかを紹介していくので、今の自分の洗顔方法と照らしあわせながらチェックしてみてください。 洗顔は清潔な手で行う 汚れた手で洗顔すれば雑菌を顔に広げることになってしまうので厳禁です。• しっかり顔を濡らして洗顔料が顔全体に行き渡りやすくする。 お湯の温度が熱すぎると保湿成分までなくしてしまうのでぬるま湯で。• たっぷりのきめ細やかな泡で浮かせて洗顔するイメージで洗う。 皮脂量の多い場所から泡で包むように洗う。 ゴシゴシこするのではなく指先で円を描くように優しくマッサージしてください。• しっかりとぬるま湯で洗い流す。 洗い流しはしっかり行わないと、洗顔料の残りが肌トラブルを起こしやすくなり、毛穴を広げる原因にもなります。• 清潔なタオルで押さえるように水分をふき取る。 洗顔後の肌は保湿が不足しているのでこすって水分を取るのは絶対にやめてください。 毎日の洗顔は案外適当に済ませていることが多いので、知らないうちに毛穴の広がりの原因をつくっているかもしれません。 洗いすぎも肌にはよくありませんから、一回の洗顔内容を見直して肌のバリア機能を失わないようにしましょう。 【こちらもCHECK】洗顔方法おすすめ解説動画はこちら 老化による肌のたるみ 毛穴が広がる原因はケアの問題だけでなく、老化によって起こるものもあります。 私がエイジングケアクリニックに勤務していた頃の一番多い相談内容が「顔のたるみ」でした。 なかでも肌が重力に負けていくことで毛穴も楕円形に広がり、目立つようになったと気にしておられました。 肌は20代を境に機能が低下してくると言われていますが、肌機能の低下がひときわ目立ってくるのが40代からなのです。 たるみは毛穴を広げてしまったり、フェイスラインも変えてしまったりするのでコンプレックスになりがち。 目元のハリやほうれい線が目立つことで、老け顔になることを気にする女性は多いので、失われやすい成分を積極的に補充するなどのケアが必要です。 成分は下記のものが代表的ですが、紫外線によって破壊されやすいので日ごろの生活で紫外線を浴びないように心がけてください。 肌の弾力に関わる成分• コラーゲン• ヒアルロン酸 【こちらもCHECK】エラスチンとは?気になった方はこちらの記事がおすすめ 毛穴パックは使い方を守れば美肌を作る優秀なアイテム! 大人になるとどうしてもトラブルを起こしやすい毛穴の悩みは、誰もが経験するところです。 しっかりケアしているつもりでも、実際には汚れや老廃物を取りきれていなくて、毛穴が開いたり黒ずみを引き起こしているのに、それをメイクで隠そうとするから更に汚れが溜まるといった悪循環は、正しい毛穴ケアを心がけていけば絶つことができます。 しっかりと自分の毛穴トラブルの原因を見極めて、基本的な洗顔と同時に毛穴の角栓を取り除いてくれるパックなどのアイテムをうまく活用することで、きれいな美肌を目指すことができるのです。 刺激があるものを頻繁に使うことはおすすめできませんが、しっかり肌の状態と使用感を確かめながらケアを続けることで、きっと毛穴の悩みは少なくなるはず。 毛穴の悩みに邪魔されない自分らしい素肌を取り戻すためにも、ぜひご紹介した記事をうまく活用して美肌作りに活用していってくださいね!.

次の