出雲村田製作所 事業。 社長メッセージ

村田製作所[6981]

出雲村田製作所 事業

車載向けの積層セラミックコンデンサーを製造する出雲村田製作所 この工場で作られているのは積層セラミックコンデンサーと呼ばれる部品。 コンデンサーは電気を一時的に蓄え、電流の安定化やノイズを除去する役割を果たす。 高級スマートフォンでは約1000個、EV(電気自動車)では約1万個使われている。 村田製作所の連結売上高の36. 出雲村田製作所では中でも車載向けの積層セラミックコンデンサーの生産を担当している。 クルマ業界は現在、「CASE」(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)と呼ばれる変革の真っただ中で、コンデンサーの需要が急拡大している。 旺盛な需要に応えるべく、出雲村田では19年11月に新生産棟が竣工予定だ。 積層セラミックコンデンサーの生産工程は多岐にわたる。 まず、(1)誘電体と呼ばれる電気を蓄える性質を持つセラミックス原料を合成する。 次に(2)溶媒に溶かしたシート状に形成、(3)誘電体シートに内部電極となる金属ペーストを塗布、(4)誘電体シートを数百層積み重ね(積層)、(5)圧力をかけて一体化(プレス)していく。 その後、(6)積み重ねたシートをチップサイズ(例えば0. 3mm)に分断(カット)、(7)セラミックスとして焼き固める(焼成)。 (8)焼成後のチップの両面に外部電極となる金属ペーストを塗布、(9)メッキ加工する。 最後に(10)電気的な特性や外観が検査され、完成するという流れだ。 (1)の工程は、村田製作所の八日市事業所(滋賀県東近江市)で手掛けており、出雲村田製作所では(2)以降の工程となる。 複数の工程にまたがるが、撮影が許されたのは(10)の検査工程のみ。 製造にかかわる工程は一切撮影できなかった。 記者はこれまでにインダクターを手掛ける登米村田製作所(宮城県登米市)や積層セラミックコンデンサーを手掛ける中国の無錫村田電子有限公司(江蘇省無錫市)を訪れたことがあるが、同様の対応だった。 ここまで情報漏洩対策を徹底するのはなぜか。 村田製作所が素材から製造装置までを自前で手掛け、製造工程をブラックボックス化する「垂直統合」型のビジネスを志向しているからだ。 出雲村田製作所の検査工程の様子。 自社開発の装置が使われている 出雲村田製作所で使われる製造装置のほぼすべてが、自社で開発・製造されている。 研究開発拠点である野洲事業所(滋賀県野洲市)にある生産技術部門の技術者たちが開発している。 自社で手掛けているのは装置だけではない。 例えば内部電極はスクリーン印刷が使われているが、印刷で使う「版」もグループ会社で作っている。 カット工程で使う「刃」も、商品ごとに角度を変えており、社内で研磨処理をしているという。 部品メーカーでは、製造装置メーカーから必要な装置を調達し、生産ラインを構築するのが一般的だ。 中には「肝」となる工程については、自社で設計・開発した装置を使う場合もあるが、村田製作所のようにほぼすべての工程で自社開発の装置にこだわるのは珍しい。 生産ノウハウをブラックボックス化することで競合との差をつける。 それが村田製作所のこだわりだ。 もちろん、製造装置メーカーと共同で生産ノウハウを注ぎ込んだ装置を開発することで、技術的にリードすることは可能だ。 それでも、装置メーカーは顧客から得た知見を生かしながら独自に装置を製品化、外販するもの。 こうした日本製装置を購入することで急速に力をつけたのが韓国や中国の半導体・ディスプレーメーカーだ。 かつて高いシェアを誇っていた日本勢を抜き去ったのは当然のことだった。 検査工程では抜き取り検査も実施されていた 韓国のサムスングループが積層セラミックコンデンサー事業に参入するなど、「打倒・ムラタ」に向けて動くライバルはいる。 ただし、半導体やディスプレーのようなことにはならないはずだ。 「積層セラミックコンデンサーは素材と製造装置のマッチングが難しい。 他社が我々の装置を使っても同じ商品が作れるわけではない」と村田恒夫会長兼社長は強調する。 素材から装置までを自ら手掛ける「垂直統合」への徹底したこだわり。 これが村田製作所が積層セラミックコンデンサーで依然として4割の高いシェアを握るカギの1つだ。 (日経ビジネス 佐伯真也) [日経ビジネス電子版 2019年6月3日の記事を再構成].

次の

経営理念と事業

出雲村田製作所 事業

M20 本社所在地 〒617-8555 東神足一丁目10番1号 設立 (25年) 事業内容 電子部品の製造・販売 代表者 兼 代表取締役兼 代表取締役兼専務執行役員 資本金 694億4,400万円 売上高 連結:1兆5,750億2,600万円 単体:1兆531億500万円 (2019年3月期) 営業利益 連結:2,668億700万円 単体:461億4,600万円 (2019年3月期) 純利益 連結:2,069億3,000万円 単体:670億500万円 (2019年3月期) 総資産 連結:2兆488億9,300万円 単体:1兆532億7,000万円 (2019年3月期) 従業員数 連結:77,571名 単体:8,783名 (2019年3月31日現在) 決算期 3月31日 主要株主 日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 6. , Ltd. )は、に本社を置くメーカー。 電子部品を主力とする企業では世界トップクラスに位置している。 の一社に選ばれている。 概要 [ ] により、10月に四条大宮北()で、元工場を借りて工場として創業。 元々はなどの製品を製造する町工場であった。 主力商品はで、世界随一のシェアを占める。 その他にも、、部品、部品も強い。 いずれも世界的に圧倒的なシェアを持つ。 原材料からの一貫生産に特徴がある。 村田製作所は積層セラミックコンデンサーでトップの地位を走るが、「にじみ出し戦略」と呼ぶ周辺分野の企業とのアライアンス、を進めており、ここ数年は周辺の部品に領域を拡大している。 さらに、(事業)、などの注力市場やなどの新規市場に対してを促進して事業拡大を図るため、には・に新たな研究開発拠点となる「」を開設予定である。 会社としてはの設立だが、村田昭は生産を始める前に、火を使う仕事なので(火の神様である)へお参りした。 これを記念として後に村田製作所の創業記念日はと決められている。 特に同社の技術を集めたムラタセイサク君というロボットが注目を集めている。 に会社ロゴを変更。 以前はお盆と正月に集中的にテレビコマーシャルを放映していたが、これは社員がした際、「村田製作所」という社名から、町工場に勤めているものと勘違いされることが多かったということを踏まえてのものであった。 また、採用活動のPRも目的としている。 特徴 [ ]• 高い海外売上比率 海外売上比率は92. 2%である(2015) 売上高1兆円以上の企業でトップの海外売上高比率である。 高い営業利益率 2016年2月1日時点での最新の数字で営業利益率は24. 8%である。 高シェア製品 多くの高シェア製品を有する。 積層セラミックコンデンサ 世界シェア35% 世界一位• SAWフィルタ 世界シェア45% 世界一位• wi-fiモジュール 世界シェア60% 世界一位• EMIフィルタ 世界シェア35% 世界一位• ショックセンサ 世界シェア95% 世界一位• 高い新製品率 売上高における新製品の割合が40%である。 主な製品 [ ]• コンポーネント• - や等に使用されるチップ積層セラミックコンデンサなど。 圧電製品 - 向けやコンピュータ向けセラミック発振子など。 その他のコンポーネント - 除去フィルタ、、、、など。 モジュール• 通信モジュール - モジュール、多層デバイスなど• 電源モジュール スポンサー提供番組 [ ]• サガテレビ• - (ほかネット)• - テレビ東京• 2010年、2011年放映のテレビCMは3パターンあり、いずれもIC基盤の上に青い被り物をした男性が居るものとなっている。 ナレーターはがつとめている。 ロボット製作 [ ] 自社の技術や製品を生かしたロボット製作も進めている。 ムラタセイサク君 [ ] ムラタセイサク君(不倒停止中) CEATEC JAPAN 2005) ムラタセイサク君(ムラタセイサクくん)とは、に乗ったロボットで、倒れることもなく前にも後ろにも自力で進め止まれる機能を持つ。 1990年に開発された自立走行ロボットを元に、ジャイロセンサなどムラタの技術を集めて2005年に発表された。 大きさは50cmで5kg• 電源モジュール()• :左右の揺れを検知し胸部の円盤を回転させることでバランスを調整• :段差や振動の検知• :障害物検知• パワーライン用部品としてと• アンテナ:PCや携帯と通信して遠隔操作や画像の撮影と送信 ムラタセイコちゃん [ ] その後の過程で周りからの要望を受け一輪走行技術の開発に成功したことや、内外からムラタセイサク君の女の子バージョンはないのかと言う声が上がったことなどを受け、2008年9月23日に走行を行う女の子キャラクターの一輪車ロボ「ムラタセイコちゃん」が発表された。 ムラタセイコちゃんは若いスタッフを中心に開発し、デザインも若い女性社員が担当した。 「ムラタセイサク君の父方の年下のいとこ」という設定になっている。 大きさは50cmで6kg• -DC• センサー• センサー• ムラタセイサク君TypeECO [ ] 2010年に発表したムラタセイサク君より省電力で環境性能を向上させたモデル。 電源モジュール• センサー• 電気二重層コンデンサー• システム• モジュール• 無線通信モジュール(省電力版Bluetooth) 村田製作所チアリーディング部 [ ] CEATEC JAPAN 2014にて 2014年9月25日に発表されたロボット10体。 松野研究室との共同開発でボールに乗ってバランスを取りながら10体が落ちたり、ぶつかることなく演技をする。 テーマソングの『チア・チア』はが歌っている。 大きさは1体当たり36cm(ボール含む)で1. 5kg。 目・頬・手はで発光する。 乗っているボールは中空の金属製で、表面はゴム加工されている。 重さは約500グラム。 ジャイロセンサー:3個搭載• ワイヤレスセンサーネットワーク:超音波位置計測技術。 超音波と赤外線を送受信して音と光の受信の時間差を計算し、個々の位置を把握し制御している。 コンデンサー• フィルター• ビーズ• マジックストラップ(タグの商品名) 関連会社 [ ] 国内関連会社• 株式会社()• 株式会社()• 株式会社(長野県)• 株式会社()• 株式会社(富山県)• 株式会社()• 株式会社(石川県)• 株式会社(石川県)• 株式会社(石川県)• 株式会社(石川県)• 株式会社()• 株式会社(福井県)• 株式会社(福井県)• 株式会社(福井県)• 株式会社()• 株式会社()• 株式会社()• 株式会社伊勢村田製作所()• 株式会社()• 株式会社岩手村田製作所()• 株式会社()• 村田土地建物株式会社()• ムラタソフトウェア株式会社()• 株式会社(石川県)• 株式会社ムラタ栄興() 海外関連会社• Peregrine Semiconductor Corp. Murata Electronics North America, Inc. (アメリカ合衆国)• Murata Electronics Trading Mexico,S. de C. Murata World Comercial Ltda. SyChip,L. (アメリカ合衆国)• Murata Power Solution, Inc. (アメリカ合衆国)• Murata Power Solution Toronto ULC()• Murata China Investment Co. ,Ltd. Beijing Murata Electronics Co. , Ltd. (中華人民共和国・)• Wuxi Murata Electronics Co. ,Ltd. (中華人民共和国・• Shenzhen Murata Technology Co. ,Ltd. (中華人民共和国・)• Murata Electronics Trading Tianjin Co. ,Ltd. (中華人民共和国・)• Murata Electronics Trading Shanghai Co. ,Ltd. (中華人民共和国・)• Murata Electronics trading Shenzhen Co. ,Ltd. (中華人民共和国・深圳)• Murata Company Limited()• Hong Kong Murata Electronics Company Limited(香港)• Taiwan Murata Electronics Co. , Ltd. Korea Murata Electronics Company, Limited()• SyChip Electronic Technology Shanghai Ltd. (中華人民共和国・上海)• Murata Power Solutions Shanghai Co. ,Ltd. (中華人民共和国・上海)• Guangzhou Murata Power Solutions Limited(中華人民共和国・)• Murata Electronics thailand ,Ltd. Murata Electronics Malaysia Sdn. Bhd. ( )• Murata Electronics Singapore Pte. Ltd. Thai Murata Electronics Trading,Ltd. (タイ王国)• Murata Electronics Philipincs inc. Murata Electronics Malaysia Sdn. Bhd. Kuala Lumpir office(マレーシア)• Murata Electronics Malaysia Sdn. Bhd. Penang office(マレーシア)• Murata Electronics India Private Limited()• Murata Electronics Vietnam Co. ,Ltd. Murata Electronics Europe B. Murata Electronics Europe B. Helsinki Office()• (フィンランド)• Murata Electronics Netherlands B. (オランダ)• Murata Electronics Netherlands B. Stokholm Office(・)• Murata Electronics Netherlands B. Barcelona Office()• Murata Electronics UK Limited()• Murata Electronik GmbH()• Murata Electronik GmbH Budapest Office()• Murata Electroniqus SAS()• Murata Integrated Passive Solutions S. (フランス)• Murata Elektronik GmbH, Opfikon Branch,Switzerland()• Murata Elettronica S. Murata Power Solutions Milton Keynes Limited(イギリス)• Murata Power Solution Celab Limited(イギリス) 過去の関連会社 [ ]• 1989年4月、村田製作所本体に吸収合併され消滅。 … 1968年に村田製作所創業家によりの白黒テレビの生産を目的として設立された。 両社間に資本関係はないものの、同社出身者が社長を務めており、また村田家が大株主であるなどといった人的関係が存在する。 株式会社…2018年4月1日、村田製作所本体に吸収合併され消滅。 脚注 [ ] []• 村田製作所(2017年11月29日)2019年11月30日閲覧• ニュースサイト(2019年8月28日)2019年11月30日閲覧• (2019年11月30日閲覧)• 村田製作所(2014年4月1日)2019年11月30日閲覧• [ ]2011年12月31日閲覧• [ ]の開発者インタビューより。 (2019年11月30日閲覧)• (2019年11月30日閲覧)• [ ]『』• 村田製作所(2014年9月25日)2019年11月30日閲覧• 村田製作所(2019年11月30日閲覧)• PC Watch(2014年9月25日)2019年11月30日閲覧• 村田製作所(2019年11月30日閲覧)• 2017年4月24日閲覧。 EIZO株式会社 2016年5月9日. 2017年4月24日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の

村田製作所

出雲村田製作所 事業

2020年4月1日より、株式会社出雲村田製作所との合併により社名が以下の通り変更になっています。 旧:株式会社イワミ村田製作所 新:株式会社出雲村田製作所イワミ工場 当社は昭和40年に株式会社村田製作所の関係会社として設立され、おかげさまで2015年には創業50周年を迎えることができました。 現在18歳~64歳まで、様々な世代が活躍しています。 当社が生産していますセラミックスを原料としたコンデンサなどの電子部品は、スマートフォン、パソコン、ゲーム機、テレビなどの家電製品、自動車等々、幅広く使用されています。 独自の技術により生産した高品質の製品は、国内外の多くのお客様に使用して頂いています。 また、当社の存在が地域の喜びとなることを目指し、石見銀山世界遺産センターの清掃や近隣海水浴場の清掃、近隣高校に出向いての連携授業、構内緑地の一般公開など、地域貢献活動にも積極的に取組んでいます。 日頃の緑化活動と地域貢献活動が評価され、2016年11月に「 平成28年度緑化優良工場等中国経済産業局長表彰」を頂きました。 出雲村田製作所イワミ工場はこんな仕事をしています! 生産・営業品目 セラミックコンデンサおよびノイズ除去フィルタを中心とする各種電子部品 事業内容• リード付き積層セラミックコンデンサ• リード付きEMI 除去フィルタ• 総合職• 大学院卒235,500円• 大学卒211,500円• 一般職(保全• 大学卒191,500円• 高専卒188,000円• 一般職(アシスタント) 大学卒172,300円• 一般職(生産ラインオペレーター) 高卒161,500円 諸手当 通勤手当、交替勤務手当、扶養家族手当 他 昇給・賞与 昇給:年1回 賞与:年2回 勤務時間• 8:45~17:15• 17:00~ 1:30• 1:15~ 9:00 休日・休暇 週休2日制、年末年始休暇(年間休日120日) 福利厚生 給食制度、従業員持ち株制度、夏祭り、クラブ活動(バレーボール・テニス・ゴルフ) 備考 採用は株式会社出雲村田製作所が行い、出雲村田製作所イワミ工場へ配属されます。

次の