きょう うん トゲキッス。 【ポケモン剣盾】トゲキッスの育成論と対策

きょううん

きょう うん トゲキッス

トゲキッスの基本データ HP 85 タイプ フェアリー こうげき 50 ひこう ぼうぎょ 95 特性 はりきり とくこう 120 てんのめぐみ とくぼう 115 夢特性 きょううん すばやさ 80 トゲキッスの特徴 高い耐久と豊富な補助技 トゲキッスはHP、防御、特防がすべて高水準であり、 HP振りだけでドリュウズの「アイアンヘッド」やウォッシュロトムの「10まんボルト」などのタイプ一致弱点技を耐えることができるほどです。 加えて補助技も豊富で、 「このゆびとまれ」、「てだすけ」、「しんぴのまもり」などで味方を守ったり強化する技や、「 あくび」、「でんじは」、「アンコール」などの相手を妨害する技を使えるため、サポート役として優秀なポケモンです。 裏をかいたアタッカー型も強力 「このゆびとまれ」などの補助技を使うことで有名なトゲキッスですが、 特攻の種族値が120もあるためアタッカーとして使うのも強力です。 厄介なトゲキッスを処理するために 弱点を突こうとしてきたところに、じゃくてんほけん持ちのトゲキッスをダイマックスさせて反撃することができます。 トゲキッスの技 有用な攻撃技 マジカルシャイン タイプ一致技。 全体技なので削りとして優秀。 エアスラッシュ タイプ一致技。 特性のてんのめぐみと合わせることで相手を6割の確率で怯ませることができます。 かえんほうしゃ 苦手なはがねタイプへの打点。 命中安定なのが強み。 だいもんじ かえんほうしゃでは火力が足りない場合に。 ねっぷう 相手2体を攻撃可能なほのお技。 かえんほうしゃ、だいもんじと選択。 はどうだん かくとう打点が欲しい場合に。 対バンギラスピンポイントになりがちなので優先度は低め。 しんそく 先制技。 火力は低いがきあいのタスキ潰しとして優秀。 あくび ダイマックスポケモンや積み技を使うポケモンなどの交代したくない相手に打つのが強力な技。 てだすけ 味方の火力を上昇させる、汎用性の高い補助技。 しんぴのまもり 「おにび」や「あくび」の対策として。 わるだくみ アタッカー型の選択肢として。 まもる 耐久が高く集中攻撃されやすいため、そこに「まもる」を合わせられると強力です。 「このゆびとまれ」で相手の攻撃を引き寄せている隙にドラパルトの「りゅうのまい」 やドリュウズの「つるぎのまい」 といった強力な積み技を使い、全抜きを狙います。 「あくび」は相手のダイマックスポケモンに打つのが強力で、相手にダイマックスターンが残ったポケモンを引っ込めるか眠らせるかの二択を迫ることができます。 はがねタイプのドリュウズの使用率が高いため、ドリュウズの「ダイスチル」を耐えるために持ち物は リリバのみを持つのが主流になっています。 パーティや好みに合わせて選択しましょう。 そこで刺さるのがこのじゃくてんほけん型トゲキッスです。 相手が弱点を突いて倒しに来たところをダイマックスの耐久上昇によって耐え、じゃくてんほけんを発動させて返り討ちにします。 また、このときに 「ダイジェット」を打って素早さを上げることで、圧倒的な制圧力を誇ります。 無対策だと何もできずに負けてしまうため、 対策必須の並びです。 ドリュウズ 「このゆびとまれ」をしながら「つるぎのまい」を積み、ドリュウズで全抜きを狙う並びです。 トゲキッスが飛行タイプであるため「じしん」が打ちやすいこと、トゲキッスが苦手なはがねタイプに対してドリュウズがじめん技を打てることなどタイプ面でも相性がいいです。 相手のダイマックスポケモンに対してあくびを入れられる他、苦手なかくとうタイプのポケモンに対して打点があるためカビゴンを動かせる隙を作りやすいです。 トゲキッスの対策 ドリュウズ トゲキッスに有利なはがねタイプであり、素早さもドリュウズのほうが上です。 現在のトゲキッスはリリバのみorダイマックスじゃくてんほけん型のどちらかがほとんどであるため、 「つるぎのまい」で攻撃を上げてから「ダイスチル」で確実に1発で倒すのがおすすめです。 ヒヒダルマ いじっぱりヒヒダルマの「つららおとし」はずぶといHBトゲキッスを1発で倒すことができます。 ただし、ダイマックス型には耐えられてしまうため注意が必要です。 トリックルーム役には サマヨールがオススメです。 型がわかりづらい トゲキッスの持ち物を特性の「おみとおし」で確認することができます。 さいごに トゲキッスの育成論と対策について紹介しました! 非常に強力で使用率の高いポケモンなので、より強い使い方や対策の仕方などの考察に役立てば嬉しいです。 ダブルバトルメイン。 ウインディ、ウツロイドが好き。 ポケモンカードもプレイしており各地のチャンピオンズリーグに遠征しているが、毎回敗退しているため「旅行が趣味」という設定にしている。 <ゲーム部門> 全国大会 2017~2019出場 WCS2017 Day2出場 WCS2019 Day1出場 <カード部門> 2019シーズン:住所を登録し忘れてプレイヤーズセレモニーが届かない 関連する記事• 2020. 23 目次 1. トリトドンの基本データ2. トリトドンの特徴2. 特性「よびみず」で味方へのみずタイ […][…]• 2020. 04 目次 1. はじめに2. ジュニア・シニアカテゴリについて3. 上位リスト3. うぱぁの人3. 2 […][…]• 2020. 05 レンタルチームID:0000 0005 GXG2 T8 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構成 […][…]• 2020. 03 レンタルチームID:0000 0005 92ND 3M 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構成 […][…]• 2020. 06 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. シーズン2で使用率が上昇した […][…].

次の

【ポケモン剣盾】トゲキッスの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

きょう うん トゲキッス

もくじ• 5倍になるが、物理攻撃の命中率が0. 8倍になる。 レベルの高い野生のポケモンと出会いやすくなる。 【てんのめぐみ】 技の追加効果の発生率が2倍になる。 【きょううん 夢特性 】 急所ランクが1段階上がった状態となり、自分の攻撃が急所に当たりやすくなり。 進化条件 トゲピーのなかよし度が高いとトゲチックに進化し、トゲチックに「ひかりの石」を使うとトゲキッスへ進化。 トゲキッスは、 特性「てんのめぐみ」のせいですっかり害悪ポケモンの印象が強くなったポケモンです。 特性「てんのめぐみ」の効果で、エアスラッシュのひるみ率が60%になり、そこに「でんじは」の麻痺まで加わるとえぐい…。 そして、「わるだくみ」と広い技範囲を持つ特殊アタッカーとしても活躍でき、現環境では上位に入っています。 ダイマックスにより耐久力の大幅増加と、ダイマックス飛行技で素早さを上げられるのも強みです。 最も採用率の高い「じゃくてんほけん」は、弱点を突かれた際に攻撃と特攻を2倍にするという効果を持ちます。 これにより、無駄に特攻に努力値を振らなくても良くなり、耐久面を強化するということも可能となりますね。 しかし、この型が流行り過ぎてしまい、対策が進んでいるのも事実です。 ですので、新たな型を考案しようと思い立ち、積みを崩せる「強運トゲキッス」を作成しました。 夢特性の入手方法 夢特性は ハシノマ原っぱの「預かり屋」から、ずっと真っすぐ言って、行き止まりにある巣です。 太い光で高確率で出現するので、そこまで入手は難しくありません。 トゲキッスの育成論 特性 「きょううん」 急所ランクが1段階上がった状態となり、自分の攻撃が急所に当たりやすくなる。 急所に当てることで「防御ランク」、「リフレクターや光の壁」を無視できるのが強みですね。 バイウールーのコットンバトンや、オーロンゲの両壁張りなどへの対策になります。 ダイマックス状態では怯みは通りませんが、急所は発生するのでダイマックスへ打点を持つことが可能です。 こちらの型への対策はまだ進んでいないので、3タテすることもしばしばありますね。 まぁ、運に頼る部分もありますが、5割であれば急所を全く引けないということはほぼ無いです。 エアスラッシュでは、「5割急所&3割怯み」の可能性もあるので、どちらの型でもエアスラッシュは相性抜群です。 努力値配分ですが、主に通常時のサザンドラのアイアンヘッドを耐え、ダイマックス時のサザンドラのダイスチルをダイマックス状態で耐えるための振り方になっています。 ダイジェット• H4ミミッキュ…高乱数2発• H4ドラパルト…高乱数1発• H4ギャラドス…乱数2発• H4ガラルヒヒダルマ…確定1発• H252ヒートロトム…確定3発 ダイフェアリー• H252バンギラス…確定2発• H252ブラッキー…高乱数1発 ダイバーン• H252アーマーガア…高乱数1発• H4ドリュウズ…確定1発 ダイロック• A252ドラパルトのダイホロウ…確定2発• A4アーマーガアのアイアンヘッド…高乱数2発• A252バンギラスのダイロック エッジ …確定1発• A252ミミッキュ 珠持ち のじゃれつく…確定2発• C252サザンドラのダイスチル ラスターカノン …確定2発• A252ドリュウズのアイアンヘッド…確定2発 まとめ 急所に左右される型ではありますが、壁張りやコットンバトンへの対策にはうってつけです。 「ちょうはつ」では1度は使われる可能性があるため、こちらの方が有効に感じる場面は多めですね。 素早さに関しては、各々で対策したいポケモンに合わせて行った方がいいかもです。

次の

【ポケモン剣盾】トゲキッスの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

きょう うん トゲキッス

自身の技の追加効果が発動する確率が2倍になる。 飛行タイプ以外は「ダイジェット」が全抜きのための下準備、積み技のような感覚で使用されますが、飛行タイプである トゲキッスは「ダイジェット」そのものがメインの攻撃となるためノータイムで最大火力を押し付けることができます。 環境最高峰の種族値 トゲキッスは現環境で8番目に高い合計種族値を持っており、さらに使用しないステータスである攻撃がかなり低いため 実質種族値(対戦に影響しないステータスを除いた実質的な種族値合計)が非常に高いです。 短所 明確に苦手なポケモンが存在する 他のトップメタポケモンは多少の有利不利があっても型と状況次第ではその相性関係を覆すことが可能ですが、トゲキッスは バンギラスやラプラスなど覆すのがかなり難しい明確な不利相性が存在します。 試合中に これらのポケモンを温存されてしまうとトゲキッスの活躍は絶望的で、トゲキッスを最終的な勝ち筋とする場合がほとんどなので負けに直結してしまいます。 ・ダイマックス時の最高火力である「いのちのたま」で前準備なしに全抜き ・相手のダイマックスポケモンをも確定1発に 努力値調整 HP:端数 C:特化 S:準速 役割 エース、ダイマックス 解説 「いのちのたま」で強化されたタイプ一致「ダイジェット」で素早さを上げながら全抜きを狙います。 持ち物 「いのちのたま」の補正により「ダイフェアリー」でダイマックスドラパルトやダイマックスパッチラゴンを1撃で倒せることが他の型との大きな違いです。 基本的な運用方法は終盤のエースですが、初手で出して複数の相手のポケモンを削ることも可能です。 参考パーティ 使用者:A0() 弱点保険型 特性 てんのめぐみ 性格 ひかえめ 持ち物 じゃくてんほけん 努力値 HP:52 攻撃:0 防御:252 特攻:52 特防:4 素早さ:148 実数値 167-49-147-161-136-119 技 エアスラッシュ マジカルシャイン かえんほうしゃ わるだくみ 入れ替え候補技 だいもんじ ハイパーボイス でんじは あさのひざし ・耐久振り+「じゃくてんほけん」による圧倒的なタイマン性能 ・「じゃくてんほけん」が発動すればそのまま勝利も 努力値調整 C:余り HB:ダイマックス時、「こだわりハチマキ」を持った192 252 ガラルヒヒダルマの「つららおとし」を確定耐え S:1段階上昇時、最速アイアント抜き 役割 タイマン、エース、ダイマックス 解説 ダイマックスさえすればほぼどんな攻撃も耐えることができます。 これを活かして 不利対面すら強引に居座り、「ダイジェット」で素早さ関係を逆転させることで、こちらは2回攻撃ができタイマン勝負を制することができます。 また、この時に弱点攻撃を受けていた場合「じゃくてんほけん」で火力の底上げが行われるので、途端にすべてをなぎ倒すエースポケモンへと変貌します。 参考パーティ 使用者:CR7() ラムの実型 特性 てんのめぐみ 性格 おくびょう 持ち物 ラムのみ 努力値 HP:4 攻撃:0 防御:0 特攻:252 特防:0 素早さ:252 実数値 161-49-115-172-135-145 技 エアスラッシュ マジカルシャイン かえんほうしゃ わるだくみ 入れ替え候補技 だいもんじ くさむすび ハイパーボイス ・「ラムのみ」で1度「どくどく」を無効化し受けを崩す ・ダイマックス対策の「あくび」への耐性 努力値調整 HP:端数 C:振り切り S:最速 役割 エース、崩し、ダイマックス 解説 他の持ち物と違って火力を上昇させることができないので「わるだくみ」を積む機会を作りやすい構築に採用されることが多いです。 他のポケモンの 壁や「あくび」などでサポートし「わるだくみ」を積み、止めに来た相手の「あくび」持ちを「ラムのみ」で返り討ちにします。 また、ドヒドイデの「どくどく」にも耐性を持つことができるので 受けループ系の構築を崩すことも可能です。 参考パーティ 使用者:よしまさ() スカーフ型 特性 てんのめぐみ 性格 おくびょう 持ち物 こだわりスカーフ 努力値 HP:4 攻撃:0 防御:0 特攻:252 特防:0 素早さ:252 実数値 161-49-115-172-135-145 技 エアスラッシュ マジカルシャイン かえんほうしゃ トリック 入れ替え候補技 だいもんじ わるだくみ あさのひざし ・「エアスラッシュ」の怯みを押し付けダイマックスを誘発 ・「トリック」で有利展開を生み出す 努力値調整 HP:端数 C:振り切り S:最速 役割 初手、スイーパー、起点作り 解説 ダイマックスが無い場合、最もテンプレートな型です。 前世代までと同じように 「こだわりスカーフ」の素早さ上昇による「エアスラッシュ」の怯み押し付けも強力ですが、 今作は「トリック」が特に強いです。 現環境で「トリック」を無効化できるのはカセット持ちのシルヴァディと特性「ねんちゃく」だけなので、 ほぼ確実に「トリック」で「こだわりスカーフ」を押し付けることができます。 参考パーティ 使用者:くろもち() 残飯型 特性 てんのめぐみ 性格 ひかえめ 持ち物 たべのこし 努力値 HP:180 攻撃:0 防御:4 特攻:156 特防:4 素早さ:164 実数値 183-49-116-176-136-121 技 エアスラッシュ わるだくみ でんじは みがわり 入れ替え候補技 かえんほうしゃ あくび ・「でんじは」と「エアスラッシュ」でまひるみを狙う ・低速ポケモンを起点にした後「ダイジェット」で全抜き 努力値調整 HP:余り C:2段階上昇時、「エアスラッシュ」で267-131 252-4 カビゴンを乱数3発 93. 基本的には「エアスラッシュ」の追加効果を狙うためにダイマックスせずに戦いますが、 「わるだくみ」を積んだり相手を十分に削った後「ダイジェット」を撃つことで試合を終わらせに行く動きも強力です。 参考パーティ 使用者:haban() ピントレンズ型 特性 きょううん 性格 ひかえめ 持ち物 ピントレンズ 努力値 HP:4 攻撃:0 防御:0 特攻:252 特防:0 素早さ:252 実数値 161-49-115-189-135-132 技 エアスラッシュ マジカルシャイン だいもんじ くさむすび 入れ替え候補技 げんしのちから わるだくみ トゲキッスと相性が良いポケモン 「わるだくみ」の起点作りができるポケモン• カビゴンは 「あくび」を使うことで相手の選出を複数体確認しながらトゲキッスの起点を作ることができます。 また、ロトムは 「トリック」をドラパルトに使うことで技を「ドラゴンアロー」に固定し、トゲキッスが「わるだくみ」を使用する隙を作ることができます。 トゲキッスの対策 相性有利ポケモンを採用 これらのポケモンは 環境でも特にトゲキッスに強く、型次第では後出しから打ち勝つことすら可能です。 また、素の性能もかなり高いポケモンであるのでトゲキッスが苦手な場合はこの3体のいずれかをメインにして構築を組み始めると良いかもしれません。 性能の高いポケモンで殴り合う• この2体は高い性能を持っていることからパーティに採用しやすく、その中でも トゲキッスに対して微有利程度の相性関係であるため純粋な殴り合いとなった場合打ち勝つことができます。 ただし、上で紹介したポケモンのように 後出しから対処できるほどではないため、上手く対面を作ったりこちらのポケモン誰か1体を捨てる必要があります。

次の