くすみ 洗顔料。 40代のエイジングケアにおすすめの洗顔料10選!乾燥・くすみ・毛穴に

洗顔料おすすめ35選【2019】市販プチプラ&毛穴・ニキビ・乾燥肌悩みまで

くすみ 洗顔料

「 美白化粧品を使ってるけど、 どれも効果が感じられない... 」 「肌の くすみが気になるけど、何か 良い洗顔はないかな... 」 「最近、 小ジワや シミが目立つようになってきたけど コレってくすみのせい!?」 「くすんで見えるのは 老化角質を上手にケア出来てないから?」 「 くすみを取るには洗顔がイイっていうけど、どれを使ったらイイの?」 もし、あなたにこんな悩みがあるなら、あなたは私と同じタイプの人です。 なぜなら、私もこのような思いをしてきたからです。 老化角質はターンオーバーのサイクルを邪魔します。 コラールパウダーウォッシュは、天然サンゴとパパイン酵素が泡で優しく洗い流し、角質をツルツルにケアしてくれます。 1本120回分(朝晩使用で約2ヵ月分)• 1クレンジング!口コミ体験レビュー!! 1本6役で、角質をケアするソフトスクラブが入っているオールインワンクレンジングを購入しました! 汚れ落ちと使い心地。 ゲルの良いところは、手触りは一見ジェルに近いのですがジェルよりも弾力があってしっかりしたテクスチャなので、メイクを落とす際に手でクルクルと馴染ませているときに、肌と手のこすれる摩擦を感じないのが特徴。 液ダレしないし、吸い付くように馴染む心地良さも人気の理由です。 ゲルの中にツブツブした小さなこんにゃくスクラブが確認できます。 肌触りでスクラブの感触はありますが、柔らかいのでザラザラしたような感じはありません。 さて、肌を擦っている感覚もないままファンデやチークはすぐに浮き上がります。 口紅の浮きも早いほうですね。 軽く馴染ませるとスーッと浮き上がってきました。 また、こんにゃくスクラブも柔らかくて気持ち良いです。 このスクラブは、汚れを落としているうちに感触が少なくなるから小さくなっているのかも。 原料は赤ちゃん用スポンジにも使用される保湿作用のあるコンニャク由来で、保湿効果と古い角質、皮脂などを吸着する洗顔効果を併せ持つ優しいものです。 洗う毎に白く透明感が増していくように感じたので、くすみケアの効果は本当にあるなと実感できました。 クレンジングとしてだけでなく洗顔としても使えてW洗顔不要。 濡れた手でも使えるので使いやすさも抜群に良いです。 洗顔後のシットリ感も抜群に良く、肌が乾燥しやすく石鹸は使いたくないという方は、このリダーマラボで朝洗顔もおすすめです。 石鹸よりしっとり感が高いです。 (忙しい朝、泡立てが面倒なときも良いかも。 美白洗顔石鹸の定番!二十年ほいっぷの使用感と洗い心地は 二十年ほいっぷ ダブル洗顔派の方や朝の洗顔用として、角質をキメ細かく整えて透明感を高めてくれる美白洗顔石鹸の「二十年ほいっぷ」です。 チューブから使う分だけ取り出すので衛生的に使い続けられるのも嬉しいポイントです。 くすみ対策の洗顔は コスパも魅力!続ける際の費用チェック 肌の事を考えて作られたクレンジングは今ネットで沢山出回っています。 手頃なものもありますし、それなりの価格のものもあります。 特に、毛穴の悩みやくすみの悩みを解消しようと思えばある程度の費用は覚悟しなければいけないと思っていませんか? 実は私自身もそう思っていて中々手が出せませんでした。 だけど、スキンケアは年齢を重ねれば重ねるほど結果が出るのも遅くなりますから、すぐに答えを出してしまうのは勿体無いです。 くすみをケアするクレンジングは「優しい洗浄成分」 プラスアルファで選ぶ! 年齢肌対策するなら、肌に優しい洗浄成分の洗顔料選びが大切です。 毎日お肌に触れるものが刺激や負担になっていては、丁寧なケアも台無しです。 それに加えて、肌悩みである くすみもしっかり対策したいとお考えなら、優しい洗浄成分に加えて、くすみにしっかり効果が期待できる成分が配合されている洗顔アイテムを選ぶのが美白への近道ですし、そうする事で洗顔を変えて1週間、1ヵ月後の満足度も変わってくるでしょう。 単に毛穴や角質をキレイにして美白します!だけでなく、 『 どういう成分が入っているから美白に効果が期待できるのか。 』 『 どういう美容成分が入っているから角質ケアできて、透明感を高めてくれるのか。 』 しっかり説明できるクレンジング選びが大切です。 その点がはっきりしているクレンジングや洗顔石鹸を選ぶのが、 あなたの肌悩みを解決する近道になるでしょう。 洗顔料で肌のくすみが変わる理由 洗顔料の選び方、使い方で肌がくすむ原因になりますし、透明感を高めるケアもできます。 その理由とケアの方法。 そして、洗顔でくすみをケアすることはメリットも多いので参考にしてみて下さいね。 デリケートな肌表面は保湿ではカバーできない!? くすみ予防と対策は優しい洗顔料が大切! くすみが気になる部分は、 目元や おでこ、 ほほなど皮膚の薄い部分ではありませんか? 皮膚が薄いと潤いを蓄えるチカラも弱いですから、洗顔でしっかり 角質を優しくケアして、適度な状態を保つことがターンオーバーを促進させて透明感ある素肌をキープするポイントです! 外部刺激から肌を守る表面はティッシュ1枚分の約0. 02mmの厚さと言われるほどデリケートです。 その表皮は、バリア機能とも言われ潤いが逃げていくのを防ぐ重要な役割を果たしますから、洗顔で角質を整える事がハリ・ツヤのあるモッチリした肌へと導く助けにもなります。 くすみが気になる…だから 「しっかり洗おう」は危険! 皮膚は新陳代謝によって皮脂や油分が分泌されています。 老化した角質は取り除いてあげる必要がありますが、ゴシゴシ洗ったりクレンジングや石鹸の洗浄力が強いと肌を守るための皮脂を取り過ぎてしまいます。 洗顔後の肌が突っ張ったり、保湿してるのにいつもカサカサしてる肌は、潤いが逃げやすい状態といえます。 「しっかり洗おう」という発想は、乾燥を悪化させる原因になり、ターンオーバー(新陳代謝)も乱す原因になります。 30代40代、50代と年齢をかさねるにつれて、皮脂の分泌も低下していきますから年齢とともに「洗い過ぎない」スキンケアが大切です。 シミやシワも目立って、 くすみで5歳は損してる!? 肌がくすむと暗くなって、小じわもくっきり目立つしシミも分かりやすくなってしまいます。 テレビで、女優さんの顔にライトをあてているのを見たことありませんか? 顔に白い光を当て肌を白く見せることでシミもシワも飛ばす方法です。 無添加の優しい洗浄成分で洗う! 科学合成物質は、洗浄力が高いばかりか刺激も強いので肌表面のバリア機能を奪い去り、うるおいも失ってカッサカサに!!肌は乾燥するとターンオーバーの遅れにも繋がります。 泡立ち・テクスチャは肌への摩擦を抑えるのに不可欠 洗顔石鹸ならキメ細かな弾力ある泡。 クレンジングなら摩擦を軽減できるテクスチャを選ぶのがおすすめ。 洗うとき手と顔がこすれる摩擦を抑える役割もするのでテクスチャや泡立ちは地味に大事です。 ゴシゴシしなくても水切れの良い洗顔料を 洗浄力が良くても、水でゴシゴシしないと落ちないような水切れの悪い洗顔料は、結局肌への負担が心配ですし洗顔剤が顔に残ると酸化して黒ずみや肌荒れの原因になります。 洗顔は毎日毎日繰り返しの事だから、肌のキメを失わない為に大切です。 洗い上がりの肌が突っ張っていたりカサカサしてると感じるなら洗い過ぎ! ゴシゴシし過ぎてないか?洗浄力が強くて 潤いを奪われてないか?洗い方と洗顔料の見直しが必要。 美白マニアのアラフォー管理人です。 でもお金を掛けだしたらキリがないし、面倒なのも続かない性格... 汗 くすむ原因や根本的な解決を探るために、美容に関する知識も蓄え洗顔の大切さを知りました。 肌がくすむとシミや小じわも目立ちます。 特に顔は毎日メイクするし紫外線も浴びるし、安い洗顔料は肌への負担も大きいし毎日色々な刺激が蓄積されています。 続けやすいのも大事ですが、 刺激や負担を減らす事も大事です。

次の

くすみが気になるときの洗顔料選び!おすすめの商品を発表

くすみ 洗顔料

くすみ肌向け洗顔料のおすすめな選び方4つ お肌にうるおいがなく、なんとなく暗くて透明感がない感じのお肌を「くすみ肌」と言います。 そんなくすみ肌を改善するために、まずは毎日使っている洗顔料から見直してみませんか? 1. くすみに効果がある成分は重要!洗顔料成分をチェック すっきりと明るいお肌のために特に取り入れてみたいのが酵素洗顔やピーリングです。 酵素洗顔やピーリングをおすすめしたいお肌• お肌がごわついている• 肌色が暗い• お肌が厚くなった気がする• お肌が固くなってきた• どちら方いうと脂性肌 ターンオーバーの間隔が遅くなって古い角質が溜まっていってくすんでいるタイプのお肌には酵素洗顔やピーリングがおすすめです。 とはいえ、酵素洗顔やピーリングはお肌がくすんでいる方全てにおすすめということではありません。 酵素洗顔やピーリングをおすすめしないお肌• お肌が敏感• 乾燥肌• インナードライ肌 お肌のタンパク質や皮脂を分解する酵素洗顔や、古い角質を溶かして落とすピーリングはお肌に刺激を与えてしまう場合もあります。 乾燥が原因でお肌がくすんでいる場合には、違ったアプローチでくすみ対策をするのが正解です。 例えば、古い角質を吸着して白く明るいお肌に導く「クレイ」が配合された洗顔料は、お肌が乾燥している方のくすみ改善におすすめです。 乾燥は肌の大敵!保湿成分をチェック お肌が乾燥すると、うるおいやハリ、ツヤがなくなってお肌が暗くくすんでしまいます。 乾燥がお肌のくすみを引き起こしている場合には、保湿成分が含まれた洗顔料でお肌の乾燥を少しでも防ぎたいものです。 もちろん、洗浄力もきちんとあることが条件。 きちんと汚れを落とさないと、化粧水などの保湿スキンケアがお肌の奥に入っていかなくなってしまいます。 洗顔料に入っていてほしい保湿成分• セラミド• 天然保湿因子• コラーゲン などの保湿・美容成分によって洗い上がりのつっぱり感が改善したり、洗顔直後で失われているお肌のバリア機能をサポートしてくれます。 敏感肌なら要チェック!刺激物が入ってないかチェック くすみを改善したいけれどお肌が敏感で……という方は洗顔料にお肌に刺激となる成分が含まれていないかどうかを忘れずにチェックしてください。 お肌に刺激となる可能性のある成分• 鉱物油• エタノール• アルコール• 防腐剤• 香料 などが成分表示の一覧のはじめの方に書かれている場合は、配合されている分量が多いので注意が必要です。 価格相場と買うべき値段をチェック 洗顔料の価格はピンからキリまで色々あります。 くすみ肌を改善したい時には大体いくらくらいの洗顔料を使うのが良いのでしょうか? 最安値価格帯 売れ筋価格帯 高級価格帯 500円〜 1,000円〜2,000円台 4,000円〜 ドラッグストアなどで手に入る洗顔料 酵素洗顔などくすみ改善のための洗顔料が見つかる デパートコスメや特別な成分を配合しくすみ改善に特化した洗顔料 洗顔料は毎日朝晩使うので、あまりに高級すぎるものだと継続して使うのが難しくなることも。 くすみ肌の改善は時間をかけて行うので、続けて使うことができる価格帯から選ぶことが大切です。 くすみ肌向け洗顔料のおすすめブランド・メーカー 多くのコスメブランドやメーカーが洗顔料を出していますが、中でもくすみ肌にお悩みの方におすすめしたいブランドを3つご紹介します。 RMK ニューヨーク発のコスメブランド「RMK」は日本人メイクアップアーティストのRUMIKO氏が立ち上げたブランドです。 メイクアップアイテムはもちろんですが、お肌が持つ本来の美しさを引き出して、透明感のある内側から輝くお肌を作るためのスキンケアアイテムも人気があります。 suisai 酵素洗顔などのつるつるすべすべシリーズや美白シリーズ、エイジングケアシリーズが揃うsuisaiは老舗化粧品メーカー「カネボウ」のブランドです。 日本で長く親しまれてきた「発酵」の力でお肌を美しくするのがsuisaiの特徴です。 ファンケル 無添加化粧品で知られるファンケルは、安心して使うことができる化粧品や健康食品が人気のブランドです。 自社で研究をして、作り上げている製品はユーザーの不安や不満を解消するためもの。 くすみ肌への不満を無くするための洗顔料もきっと見つかるはずです。 今回の商品の選定ポイント くすみ肌を改善するために選ぶ洗顔料を、人気はもちろん以下の7つのポイントを参考にして選定しました。 洗顔料成分• 保湿成分• 無香料• 無着色• 無鉱物油• アルコールフリー• パラベンフリー スキンケアの基本である洗顔で、お肌を明るくクリアに導くことができるように最適な洗顔料を見つけましょう! 今、編集部がおすすめするくすみ肌向け洗顔料はコレ! たくさんのくすみ肌向けの洗顔料の中でもイチオシなのがRMKのパウダーソープ(C)です!くすみが気になると、どうしてもお肌への刺激が強いものを選んでしまいがち……そんな方にもぴったりな、くすみを改善するための成分とお肌への優しさの両方を兼ね備えた優秀な逸品です。 RMK「パウダーソープ(C)」 3,380円 税込• 洗顔料成分:酵素洗顔• 保湿成分:4つの植物由来の保湿成分• 少しのぬるま湯を加えて泡立てると簡単に細やかな泡の出来上がり。 くすみの原因となるメラニンを含んだ角質を、タンパク質分解酵素が洗い流して明るいお肌に近づけてくれます。 角質を分解する酵素洗顔ですが、お肌に必要なうるおいを守るために保湿成分がしっかりと配合されているのがパウダーソープ(C)の魅力の1つです。 <パウダーソープ(C)に含まれる保湿成分>• ミラクルフルーツエキス• ハトムギエキス• ビルベリーエキス• グリチルリチン酸類 これらの成分がお肌にうるおいを与えて洗い上がりのつっぱり感を防ぎます。 さらに洗浄成分にもお肌への優しさが感じられ、酵素以外にも植物由来の洗浄成分「アマランサスエキス」が配合されています。 それでも、毎日使うのはお肌に負担がかかってしまうので、週に2回か3回ほどのスペシャルケアとして継続して使うのがおすすめです。 くすみ肌の改善がすごい!くすみ肌向け洗顔料のオススメ3選 同じくすみ肌でも、人それぞれその原因やお肌の状態は違います。 今回は、酵素パウダー洗顔・酵素クリーム洗顔・クレイ洗顔という違うタイプのくすみ肌向け洗顔料を3つご紹介します。 自分のお肌に合うものはどれか、じっくりチェックしてみてください。 suisai「スイサイ ビューティクリア パウダーウォッシュ」 1,910円 税込• 洗顔料成分:酵素洗顔• 保湿成分:豆乳発酵エキス• 1963年から酵素洗顔を開発、進化させ続けてきているカネボウならではの高い技術で作られる洗顔料は、ツルツルすべすべの美肌を目指す多くの女性に支持されています。 酵素はくすみの原因となる古い角質や余分な皮脂を分解して洗い流してくれますが、とても繊細なので湿気や温度の変化で働きが衰えてしまいます。 そんな酵素のパウダーをぎゅっと集めて顆粒に。 外部の環境の変化で酵素がダメージを受けないようにして、酵素の働きをキープしているので、くすみ肌を改善したい多くの方々から支持されています また、1回分ごと小包装になっていて、保管がしやすいところも人気の理由の1つです。 ファンケル「 エイジングケア 洗顔クリーム 」 1,540円 税込• 洗顔料成分:酵素洗顔クリーム• 保湿成分:グリセリン• チューブから出して手で泡立てるとすぐにもこもこの泡が出来上がり、気持ちよく洗顔をすることができます。 もちろん、「無添加化粧品」のファンケルの製品なので、お肌への優しさも忘れてはいません。 お肌に刺激となる可能性のある添加物は使っていないので安心して使うことができます。 セイヨウナシエキスとプルーン発酵エキスによってお肌に溜まっている古い角層を柔らかくして洗い流す洗顔クリームで、明るく透明感のある素肌に一歩近づくことができます。 glen ビーグレン 「クレイウォッシュ 」 4,290円 税込• 洗顔料成分:クレイ洗顔• 保湿成分:ヒアルロン酸• 日本で採掘される天然の粘土「モンモリロナイト」がお肌の表面に残っている汚れや菌、毛穴に詰まっている古い皮脂などを吸着して洗い流します。 美容成分もたっぷり配合されているので、洗顔をするとお肌がつっぱりやすいという方も安心して使うことができます。 また、ターンオーバーを整えるための植物エキスも配合されているので、お肌に年齢を感じ始めたという方にもぴったり。 泡だてずに使うタイプの洗顔料なので、時間をかけずに手軽に洗顔ができるところもメリットの1つです。 高品質でこの価格!?プチプラなくすみ肌向け洗顔料のオススメ3選 毎日使うものだから、惜しみなく使えるプチプラな洗顔料でくすみ肌ケアをしたい!そんな方におすすめしたいプチプラだけど侮れない、ハイクオリティなおすすめアイテムを選びました。 ロゼット 「ロゼット 洗顔パスタ ガスールブライト」 833円 税込• 洗顔料成分:ガスール(泥)洗顔• 保湿成分:アルガンオイル• ロゼットにはお肌のコンディションや悩みに合わせて選ぶことができるたくさんの洗顔料がありますが、その中でもこちらはお肌に残っているメラニンやターンオーバーの乱れで溜まっている古い角質などの老廃物を泥(ガスール)の力で洗い流してくれるのでくすみ肌の改善におすすめです。 美肌を目指す方にはおなじみの「アルガンオイル」配合。 抗酸化作用のあるポリフェノールやエイジングケアの働きのあるビタミンEが豊富なアルガンオイルによって、健やかなお肌を目指すことができます。 クレンジングリサーチ「ウォッシュクレンジング」 904円 税込• 洗顔料成分:ピーリング洗顔• 保湿成分:グリセリン• こちらの製品にはAHA(フルーツ酸)が配合されていて、お肌のターンオーバーを促してツルツルの滑らか素肌に近づけてくれます。 さらに、微生物によって分解されるスクラブが配合されていてAHAによる角質ケアをサポート。 マッサージをするように洗顔をすることで、毛穴の奥からスッキリさっぱりと不要なものを洗い流します。 最初に登場して人気となった同シリーズの固形石鹸よりもさらに手軽に角質ケアができて、お肌をピカピカにできる洗顔料として人気があります。 洗顔料成分:酵素洗顔• 汚れや古い角質などがなくなったお肌は、そのあとのスキンケアの浸透がアップ!お肌をしっとりと保湿して、くすみ肌とサヨナラできそうです。 敏感肌の方も安心!薬用のくすみ肌向け洗顔料のオススメ3選 くすみ肌を改善するための洗顔料は比較的洗浄力が高めのものが多く、お肌が荒れてしまうという方も……。 そんな敏感肌の方も使いやすい、抗炎症作用のある有効成分が入った薬用のくすみ肌向け洗顔料をご紹介します。 DHC「薬用洗顔パウダー 」 1,300円 税込• 洗顔料成分:酵素洗顔• 保湿成分:ヒアルロン酸など• 肌荒れやニキビを予防するための有効成分が加わり、よりお肌に優しくなりました。 さらに溶けやすさと泡立ちの良さも魅力の1つです。 パウダーに含まれた、角質を洗い流すためのタンパク質分解酵素がくすんだお肌をクリアに、柔らかな美肌に導きます。 さらにヒアルロン酸に加えてはちみつも配合されていて、お肌に残しておきたいうるおいを守ってくれるので、酵素洗顔はお肌がつっぱるから……と思っている方もぜひ一度試してみていただきたい注目アイテムです。 エルベナ「薬用エルベナソープ 」• 洗顔料成分:炭洗顔• 保湿成分:和漢植物エキス• 汚れ落としや匂い落としとして有効だと知られる炭を配合したこちらの石鹸は、もっちりとした泡で優しくお肌の古い角質や皮脂を吸着して洗い流します。 肌荒れを防ぐグリチルリチン酸ジカリウムやお肌をしっとりと保湿する和漢植物エキスの働きで、しっとりとうるおいが残ったお肌に洗い上げてくれます。 固形石鹸は溶けやすいというイメージがあるかもしれませんが、この石鹸は時間をかけた自然乾燥によって中の水分を飛ばしているので、崩れにくく長持ちするのが特徴です。 フェアクレア「ホワイトフォーム」 3,500円 税込• 洗顔料成分:カオリン配合洗顔フォーム• 保湿成分:あんず果汁など• 少量でも泡だてネットを使うと、へたることないしっかりとした泡がたっぷり出来て、お肌に手が触れることなく優しく洗顔することができます。 この泡には古い角質や皮脂などを吸着するホワイトクレイの「カオリン」が配合されています。 カオリンは粉末の粘土でサラサラと粒子が細かいのでお肌に優しいので、クレイ洗顔が初めてという方も使いやすいのが特徴です。 知らない間に溜まっていた角質や汚れでうっすらくすんでいたお肌が明るくなるだけでなく、いらないものがなくなったお肌は化粧水の浸透を良くしてくれるはずです。 くすみ肌向け洗顔料を購入時の気になる疑問・質問 なんとなくお肌が暗く感じるくすみ肌を元の明るいお肌に戻すために、洗顔料を変えてみようと思っているあなたの、疑問・質問にお答えします! Q1:くすみが気になる時の正しい洗顔方法はある? くすみ肌を改善するためには、お肌に残っている汚れや古い角質をキレイに洗い流す必要があります。 ですが、ただ闇雲にお肌をゴシゴシこすって洗うのではお肌を傷つけてしまったり、お肌を乾燥させてしまうことに……。 お肌に優しく、キレイさっぱり洗うための洗顔方法をマスターしましょう。 <正しい洗顔方法>• 手を石鹸で洗う• ぬるま湯で顔を洗う• 手や泡だてネットでしっかりと泡だてた洗顔料を顔に乗せる• 手でこするのではなく、泡で包み込むようなイメージで洗う• お肌に泡を乗せるのは1分以内• ぬるま湯でしっかりとすすぐ くすみをキレイにしたいからといって、長い時間をかけて洗顔をするとお肌に刺激を与えてしまうこともあります。 正しく、素早く、そして優しく洗顔をすることが大切です。 Q2:くすみ肌になる原因は? お肌のくすみにはいくつかの原因が考えられるといいます。 原因 改善法 汚れ 古い角質や皮脂などがお肌に溜まってくすんで見える 角質を吸着する洗顔料やピーリングでのケア 乾燥 お肌の水分が少なくツヤがなくなることで、透明感がなくなる お肌を保湿する メラニン 紫外線の影響などでメラニンが多く作られ、それが溜まっている 美白有効成分が配合された化粧品を使う 黄ぐすみ お肌が糖化することで黄色っぽくくすむ 食生活の改善 血行不良 お肌の血流が悪くなって肌色が悪くなったり栄養が行き届かなくなる マッサージ、全身の血行を促すための運動 自分のお肌の状態やライフスタイルを振り返り、お肌のくすみのタイプを知ることで改善方法がわかってきます。 今回は特に汚れによるくすみの改善に繋がる洗顔料をご紹介しましたが、汚れは日々少しづつ溜まっていくので自分でも気づいていないという場合も多いそうです。 そのほかの原因でのくすみが考えられるという場合でも、お肌に優しく汚れをしっかり落としてくれる洗顔料を使うことで、お肌のトーンアップができるかもしれません。 まとめ お肌がくすんでいると年齢よりも老けて見えたり、メイクのノリが悪くなったり……女性にとって残念な事ばかり! 毎日の洗顔で以前の明るいお肌を取り戻すことができたら、メイクをするのもお出かけするのも楽しくなりそうです。

次の

くすみの改善に期待大!口コミ評価の高いプチプラの洗顔料☆12選

くすみ 洗顔料

正しい洗顔をすることで潤いを残し、新陳代謝をアップさせるということは十分可能です。 洗顔でしっかり汚れや古い角質を落としつつも、必要な潤いは残すようにすれば、肌のくすみは解消されていくのです。 正しい洗顔法を改めておさらい! ここでは、泡を立てるタイプの洗顔料(または石けん)をつかったやり方を説明します。 手をキレイに洗います。 ぬるま湯で顔を軽く洗います。 洗顔料をよく泡立てます。 泡立てネットをつかってもOK。 まずはTゾーンに泡を乗せます。 次に頬にも泡を乗せ、優しく泡を転がすようにします。 最後に目を閉じて、目元と口元にも泡を乗せます。 ぬるま湯でしっかりすすぎます。 タオルで水分を吸い取らせるようにして押さえます。 すぐに化粧水などで保湿をします。 まずは手をキレイに洗うこと!そうしないと、手の汚れに洗浄成分がとられてしまうので、泡立ちも悪くなるからです。 皮脂が多いTゾーンから洗い始め、乾燥しやすい頬などは後でOK。 目元や口元はさらに乾燥しやすいので、最後に泡を乗せるだけで十分なんです。 すすぎは丁寧に。 泡が残っていると肌荒れの原因になります。 なぜ正しい洗顔法が大事なのか 洗顔でやっていけないことは、• ゴシゴシこすること• 熱いお湯を使うこと この2つ。 こすることで角質が厚くなってしまう。 そして、シャワーのお湯(40度くらい)を使うことで、必要な皮脂をとってしまい、乾燥する。 これがくすみを助長するんです。 だから、正しい洗顔法を毎日実践することで、お肌が柔らかくなって新陳代謝をサポートし、段々とくすみがとれていくというわけ。 高いお金をかけて美容液を買う前に、洗顔方法を見直すことが大事なんです! くすみを取る洗顔料は? 普通の洗顔料でも正しい洗顔方法で洗えば十分くすみはとれるのですが、くすみ対策に特化した洗顔料を使うとさらに効果がアップします。 ガスール入り洗顔料 ガスールとはモロッコ産の粘土で、固形のもや粉末のものが売っています。 水に溶いて使います。 ちょっとスパイシーな香りも好きです。 洗い上がりはさっぱりしていていますが、肌がつっぱることは無いので、乾燥肌の私でも安心して使えます。 クレイ洗顔料 クレイの力で毛穴の奥の汚れまでとってくれるのがクレイ洗顔料。 汚れ落ちが気になる人、毛穴の汚れのせいでくすんでいるのでは?と思う人は是非つかってみてください。 天然クレイを水に溶いてパックする方法もありますが(私はたまにやります)、クレイの入った洗顔料を使えば簡単にくすみケアが出来ますね。 ビーグレンのクレイ洗顔料は泡立てるタイプではないので、時短スキンケアになるのもメリットの一つです。 濡らした顔に伸ばしてクルクルとマッサージするだけで毛穴の奥の汚れまでしっかり取ってくれますよ。 それでいて洗い上がりはしっとりしているので、肌がつるんとなる感じです。 実際に使ってみた感想はこちら。 夜はもちろん、時間の無い朝でも使いやすいですよ。 >> 酵素洗顔料 週に1〜2回のスペシャルケアとして、酵素洗顔料を使うのもおすすめ。 酵素はタンパク質を分解しますから、厚くなってしまった角質をオフするのに向いています。 最近では毎日使える酵素洗顔料なども出ていますが、使いすぎるとかえって肌を傷めることもあるので、使用頻度は肌の調子を見ながら決めた方がいいと思います。 「アルファピニ」は毎日使える洗顔料で、お肌が弱い人でも安心ですよ。 >> 正しい洗顔法を毎日続ければ、きっとくすみはきれいになる 洗顔はスキンケアの基本中の基本なんです。 本当に、ここをおろそかにすると、その後に使う基礎化粧品の効果が出づらくなる。 だから、肌をキレイにしたかったら洗顔を見直すのが一番なのです。 40代になると本来剥がれるべき角質がなかなか落ちなかったり、肌の乾燥によって肌がしぼんで見えたり、くすみの原因は1つじゃないかもしれない。 でもやっぱり基本の洗顔を見直すことが、その後のケアにもつながってきます。

次の