プロテイン 腹痛。 ホエイプロテインを飲むと激しい吐き気と腹痛になりました二種...

スタミナ抜群の「カゼイン」プロテインとは

プロテイン 腹痛

暗くて潜れる深さがある場所• エサが豊富にあるところ• 湿度が60~80%の場所• 暗くて潜れる深さがある場所 ダニは直射日光が当たらない、暗い場所を好む虫です。 そのためにプロテインの袋の中は日光が当たらずにダニにとって過ごしやすい環境。 さらに、粉末がたっぷり入った袋は 卵を植え付けるのに必要な深さも十分にあります。 一度住みつかれてしまえば、あとは袋の中でダニが増殖していく一方。 気づかないうちに、プロテインとともにダニを食べてしまっているなんて、恐ろしい状況になっているかもしれません。 エサが豊富にあるところ ダニはたんぱく質と糖質を特に好む虫です。 プロテインはどちらも豊富に含んでおり、 ダニにとって栄養の塊であり絶好のエサ場。 たくさんの栄養をとることができるので、繁殖一度プロテインの中に入り込むことができればどんどん繁殖していきます。 プロテインと同様に、栄養豊富である小麦粉やホットケーキ、お好み焼きの粉などの粉ものは、ダニの繁殖にうってつけの食品。 そのため、気づかずに食べてしまったことで体調不良を起こすケースが問題視されています。 特に開封後しばらく経ったプロテインは絶好のダニの繁殖場なので、できるだけ早く飲み切るか、ダニが繁殖しないよう保存方法に気をつけましょう。 湿度が60~80%の場所 ダニは高温多湿を好むので、 湿度が60~80%の環境は特に繁殖しやすいです。 夏場は気温も湿度が高くなりがちのため、年間を通してダニの繁殖問題が起こる時期。 開封後に常温管理している状況の人は要注意です。 では夏場以外なら大丈夫かと油断するのはとても危険! 冬は暖房を使うことで夏と変わらない室温になっている家庭が多く、常温で管理した結果ダニが繁殖する可能性は十分にあります。 これらの条件に当てはまっている家庭は、プロテインにダニが潜んでいるリスクを考え、しっかりと対策をしましょう。 ダニが繁殖したプロテインは体調不良やアレルギー症状の原因に では人がうっかりダニを口にしてしまうと、どんな体の変化が起きるのでしょうか?ダニは人体にとってアレルギーの元である「アレルゲン」であり、体内に入るとさまざまなアレルギー症状を起こすことがあります。 具体的な症状としては、 腹痛や下痢などの胃腸の不調に蕁麻疹など。 また、アレルゲンに反応してしまう アナフィラキシーショックを発症する可能性があります。 アナフィラキシーショックは蕁麻疹をはじめ、摂取した際に粘膜部分が腫れることによって気道が詰まり、呼吸困難に陥ってしまうケースも起こり得ます。 ひどい場合は命に関わるので、健康のためにもプロテインの管理には十分な注意が必要なのです。 プロテインにダニが繁殖しているか見分ける方法 では、プロテインにダニが繁殖しているかどうか見分ける方法はあるのでしょうか? ずばり、今飲んでいるプロテインにダニが繁殖しているか、今すぐできる2つの見分け方をご紹介します。 目視して白い物体が動くか確認 プロテインをエサにして繁殖するダニはおもに「 コナダニ」や「 チリダニ」 です。 どちらのダニも体長は0. 5ミリ程度と非常に小さく、1匹だけでは肉眼で見るのはむずかしいサイズ。 また、色も半透明や乳白色なので、プロテインとほとんど色が変わらないことから、少数しかいない段階ではまず気づくことがありません。 しかし、ダニの繁殖が進んで袋内に大量発生した状態ではよく目を凝らすと、 粉がカサカサと動く様子が見えることがあります。 目視できるレベルともなると、プロテインの袋内には相当数のダニが繁殖している証拠。 そのまま飲み続けてしまうと、アレルギー症状などの体調不良を起こす原因になります。 口にするのは控え、すみやかに袋ごと処分をしましょう。 賞味期限切れかどうかを調べる プロテインは開封後できるだけ早めに食べきることが、ダニ予防のうえで大切です。 とは言っても、大容量のプロテインは数か月分の量が入っている大容量の商品が多いもの。 特に 開封してからは賞味期限に関係なく3か月以内には食べきりましょう。 また、賞味期限切れのプロテインは未開封でも要注意。 ダニによってはプロテインの袋を食い破って侵入するケースもあります。 賞味期限間近のプロテインはダニがいないかしっかりと確認をしましょう。 そして、消費しきれる量を定期的に購入することが大切です。 プロテインにダニが繁殖するのを防ぐ6つの対策方法 プロテインにダニが繁殖するのを防ぐために、今すぐできる 6つの対策方法をご紹介します。 プロテインを冷暗所に保管する プロテインは高温の場所を避けることが大切です。 そのため、 あまり気温の変動がない冷暗所に保管しましょう。 ただし、しっかりと密閉をしないと湿気が入ったり、食品の匂い移りをすることがあるので、次に紹介する対策法と合わせて行うことをおすすめします。 プロテインに湿気が入らないように密閉容器に移す 引用元: プロテインは密閉容器に移して管理すると便利です。 しっかりと密閉できる、小麦粉用のケースなどを活用して湿気が入らない環境を作りましょう。 できれば 1 か月分ずつ複数の容器にわける、もしくは大きめの容器にプロテインを移して1食分をビニール袋や携帯用プロテインケースに小分けするのもおすすめです。 開封後のプロテインは1~3か月以内に使い切る 開封した後のプロテインは賞味期限に関係なく、 1~3か月程度で使い切ることが大切です。 どうしても開封後はダニが繁殖するリスクが上がりますし、何よりプロテインの鮮度も落ちてしまいます。 気づかないうちに湿気を吸引してダニが繁殖しやすい環境にならないように、3か月以内に飲み切れる分量を注文しましょう。 また、味が合わなくて余らせてしまったプロテインは、もったいないからと飲まずに処分することも、ダニを摂取しないために重要です。 プロテインを捨てるのはどうしてももったいないと感じる人は、お試しサイズや少量パックから購入してお気に入りの味を見つけてから、お得な大容量を購入しましょう。 スプーンや手が濡れていると、そこから粉末が濡れてダニの温床となります。 同時に密閉容器の水滴にも注意。 洗い立ての容器にプロテインを入れてしまうと、同じく粉が湿気るので十分に乾かしたものを使いましょう。 高温になるものの近くにプロテインを置かない 暖房器具の近くや窓のそばなど、 気温が上がりやすい直射日光の当たる場所にはプロテインを置かないでください。 冬でも暖かい室内にプロテインを置くとダニが発生する恐れがあります。 冷蔵庫、もしくは気温が年中一定の場所に保管することを心がけたいですね。 食品用乾燥剤を入れておく 引用元: プロテインの湿気を防ぐために、 食品用乾燥材を保存容器などに入れることおすすめです。 食品用乾燥剤は通販やスーパーなどで販売されており、手軽に購入できます。 たとえばプロテインを密閉容器に移すのなら、乾燥材を入れることで余分な湿気が入り込むのを予防できますよ。 まとめ プロテインは栄養豊富で、ダニが卵を植え付けるにはうってつけの食品です。 もしダニを摂取してしまうと、アレルギー症状など体に甚大な健康被害が出るリスクがあるため、衛生的な保管方法を知っておきましょう。

次の

恵比寿店ブログ#32 プロテインでお腹がゴロゴロする時の解決策 Dr. トレーニング

プロテイン 腹痛

胃弱のわたしでも飲めたプロテイン 結論から言うと、虚弱の症状やタイプにより変わってくるため、試してみるまでわからないというのが正直な感想です。 わたしを例に出すと、15年くらいずっと胃弱で、乳製品はかならず腹痛という感じです。 なので、筋トレする人々が一般的に飲んでいる乳製品由来のホエイプロテインだとお腹が痛くなります。 胃弱でも飲めたプロテイン「サンフード」 人工的に加工・抽出された栄養素など、カラダにとって不自然な成分は使われていません。 全てオーガニック素材から作られ、発芽玄米のプロテインに加え、ミネラルやビタミン類も配合されています。 食品添加物や過敏症の方もトライしやすいです。 飲んでも、独特な化学調味料の味はしませんでした。 独特の食物繊維も豊富なので、便秘がちの方もいいですね。 玄米のザラつきと香り、素材の味が若干あるものの、飲みやすさはバツグンです。 アメリカ製の商品で、通販もしくはコスメキッチンというオーガニックショップの店舗で買えます。 》 プロテインは動物性と植物性の2種類がある プロテインは大きく分けて植物性と、動物性があります。 動物性プロテイン:ホエイ、カゼイン• 植物性プロテイン:ソイ、ピー、 いろんなプロダクトを果敢に試した結果、腹痛orお腹がゆるくならなかったプロテインは今のところ2つのみです。 ホエイプロテインは全滅 カゼインはやや腹痛。 ソイ、ピーはいける。 お腹がゆるくなる程度で、飲めるのはいくつかあります。 とはいえ、飲めたとしても、口当たりがピー・カゼイン・ソイは重くもったりしていて、オエっとなったり、控えめに言っても激マズです。 虚弱はプロテインで腹痛になりやすい 健康な人でも、タンパク質を普段から取っていない場合は、お腹が痛くなったりします。 そして、普段から食が細くなりがちな虚弱は、さらにプロテインでお腹痛くなる率が高いです。 そのメカニズムは別記事で詳しく解説しています。 関連記事: 飲みやすくてお腹に優しいプロテインは割高 デメリットはコストがかかる点が挙げられます。 良い原料を使い、かつ美味しく、胃にも優しいプロテインとなると、一般的に市販されているプロテインより割高です。 できれば普段の食事でタンパク質が多いメニューを摂る方が好ましい・・・というのはわかってはいます。 虚弱だと食欲が少なかったりと、食事量を増やすこともなかなか厳しいです。 なので、朝食を置き換えてみたり、プロテインをプラスして飲むことからはじめてみましょう。 プロテインを美味しく飲む3つの方法 プロテインの味付けが独特で、甘すぎて飲めないこともしばしば。 甘さを薄めるために、コクがありスッキリした味になる飲み物を混ぜたりと工夫すると飲みやすいです! 割ものを水以外にする:アーモンドミルク、豆乳、牛乳 水しかない場合:コーヒーを混ぜる インスタントコーヒーでもいいですし、買ってきたコーヒーで割ってもイイ感じになります。 美味しいドリンクに混ぜる:タピオカ、スムージー 自分が好きな美味しいドリンクに混ぜます。 タピオカはカロリーが高くダイエットには不向きです。 最も美味しくないプロテインから制覇する 美味しくないプロテインを最初に飲むと、それ以降に飲むプロテインがマシに感じます。 この作戦でいくのであれば以下の順番でいきましょう。 水飲んでもしばらく消えない😂 次点で、独特の臭み 牛乳を拭いた雑巾の匂い があるカゼイン。 その後に即リバース…。 ソイも喉に張り付くような後味です。 でも、ピーよりは飲めます。 まとめ:体質に合ったプロテインを選ぼう 食事で十分なたんぱく質を取れるのが1番好ましいですが、なかなか難しいのが実情です。 試してみるまでどのプロテインが合っているかわからないので、根気強く探していくしかないのですが、少しでも役に立てれば幸いです。

次の

プロテインを飲んで腹痛や胃痛が起こる原因と対策

プロテイン 腹痛

ぼくが一番最初にプロテインを飲み始めたのは確か中学生の頃。 部活や習い事なんかでも身体を動かす機会が多く、筋力の増加や疲労回復に良いという話も聞いて、運動が終わったあとなんかに飲んでいました。 当時は大した知識もなかったし、インターネットも今みたいには使えていなかったので、その効果に対しては半信半疑でしたが、まあ効果があることを祈りつつ飲んでいたという感じ。 周りでは、 「プロテインで作った筋肉は使えない 」とか「 後から副作用が起きる 」というような、今となっては「 そんなバカナ 」とツッコミを入れたくなるような話も飛び交っていて、内心では若干ビビっていた自分がいたことを覚えています。 そんな長い付き合いのプロテインですが、今ではボディメイクをするために飲むようになりました。 まあボディメイクとはいっても、大会に出て上位を目指すというような、そんな本格的なものではなくて、そこそこ健康的に痩せてて、腹筋なんかが割れている状態を維持するというような感じです。 最近ではプロテインに関する研究も増えていて、実際にその効果も明らかにあるそうで、今後も飲み続けていきたいという感じです。 と、そんなこんなで先日もいつも通り プロテインを飲んでいたところ、突然腹痛が起きるという体験をしました。 腹痛自体はプロテインの種類を変えることで、めっきり解決したのですが、ぼく自身全く予想もしていなかった出来事だったこともあり、びっくりという感じ。 もしかしたら同じようにプロテインで腹痛を起こしている方もいるかもしれないので 今回の記事ではそのような経験も踏まえて、 プロテインの選び方なんかをご紹介していきたいと思います。 「 プロテインで腹痛を起こしてしまう方 」や、「 これからプロテインを飲み始める 」方の参考になれば嬉しいです。 そもそもプロテインとは 今回の記事では、8割型 「 腹痛のおきないプロテインはズバリこれだ 」的なことを言いたいがために書いているのですが、先に「 プロテインとは何なのか? 」ということを再確認しておきます。 ご存知の方も多いかと思いますが、プロテインという単語自体を直訳すると「タンパク質」となる通り、 プロテインとは「高タンパクのサプリメント」です。 よく 「ホエイプロテイン」とか「ソイプロテイン」という言葉を耳にしますが、これらも由来こそ異なるものの「タンパク質」であることに変わりはありません。 ホエイは動物由来で、ソイは植物由来という感じ。 たまに周りの人から 「プロテインって痩せるの?」 「プロテインを飲まないと筋肉はつかないの?」 というようなことを聞かれることがあるのですが、プロテインは特別な薬ではありません。 つまりプロテインとはタンパク質を摂取するためのサプリメントであって、決して筋肉を増強剤的なモノではありません。 プロテインの効果 次に、実際プロテインのにはどれぐらいの効果があるのかという話ですが、それについては現在のトレーニング歴とか強度とか多くの要素が関わってくるために、具体的な数値で表すのは難しそうです。 ただ、最近の研究によると、 筋肉量を増加させるために望ましい1日のタンパク質摂取量は、体重1キロに対して1. 6グラムほどだそうで、体重 60キロの人だったら 96グラムのタンパク質を 1日に摂取するのが望ましいという感じですね。 で、この望ましい 1日に摂取すべきタンパク質量をすべて食事からとるとなると結構な量を食さなくてはいけなくなるため、そこで大活躍するのがプロテインです。 一回に20グラムほどのプロテインを 1日に2回摂取すればそれだけで40グラムのタンパク質は摂取できることになりますね。 ちなみに、 タンパク質を多めに摂取するとお腹が空きづらくなるという効果もあるので、ぼくの場合は必要以上にご飯を食べてしまわないようにという目的でもプロテインを導入していたりもします。 プロテインでお腹を壊す人 ここまでくると、「 プロテインを飲むことで色々と効果が見込めるならとりあえず飲んでおいて損はないよね 」という流れになるかと思うのですが、そこに一つ問題がありまして。 それはなにかというと、 プロテインを飲むことでお腹を壊してしまうという人がそれなりにいるそうなんです。 実際にぼく自身、先日そういう経験をしまして、どのような症状だったかというと、 飲んで少ししたらお腹が張る感じや、重い感じがしてきて、最終的にはゴロゴロと痛み始めるという、割と悲惨的な状況でした。 まあそうなってくると「 プロテインやめてみるか 」という考えにもなるわけですが、効果の見込めるプロテインをいきなりスパッと辞めることもできないじゃないですか。 で、色々調べていくうちに、どうやら 「 プロテインに含まれる乳糖に反応する人がいるらしい 」ということがわかったので、「 もしかするとそれが原因では? 」という思いから 乳糖の含まれないプロテインに変えてみたところスッパリとその症状が落ち着きまして、どうやらこれが原因だったようです。 ですので、「 こういう人はプロテインでお腹話を下す 」と一概に言い切ることはできませんが、 牛乳を飲むとお腹を下したり、違和感があるという人は乳糖入りのプロテインは避けた方が良さそうです。 プロテインの選び方 ここまで「 お腹を下す人は乳糖は避けた方が良い 」という結論に至っているわけですが、では どのようにして乳糖が入っているプロテインとそうでないプロテインを見分けるのかというと、それはズバリ「製法で見分ける」です。 お店なんかにいってみるとプロテインがズラッと並んでいて、その違いがイマイチわからなかったりもするわけですが、実は 一般的に販売されれいるプロテインには「 WPC 」と「 WPI 」の二種類の製法があります。 大まかな違いは「 WPC 」がざっくりろ過するのに対して、「 WPI 」はより細かくろ過しているという感じ。 なので、結果的に「 WPI 」の方が不純物が少なくなるというわけです。 つまり『WPI」では細かくろ過した結果、乳糖が混ざらなくなり、最終的にお腹も壊さなくなるという具合になります。 もちろんお腹を壊してしまったぼくも「 WPI 」のモノを選びました。 ぼくがこれまで飲んでいたプロテインと現在飲んでいるプロテイン ここまでツラツラとプロテインについて書いてきたわけですが、最後にぼくが飲んでいるプロテインをご紹介しておきます。 ぼくがこれまで飲んでいたのがこちらの ビーレジェンド のプロテイン。 特徴としては、 味が豊富でとにかく美味しい。 それでいて価格も安いという。 付属のスプーン一杯が7グラムほどなので、これと 300ccの水を混ぜて飲むという感じです。 カロリー制限などを理由に普段はあまりジュースを飲まないようにしている人でも、ジュース感覚で飲めるプロテインです。 いいことづくめのプロテインなのですが、ただ「 WPI 」ということで、ぼくの場合はあえなく断念する形となってしまいました。 それでも特別乳糖に弱いという人以外には、とにかく美味くて飲みやすいプロテインになるはずです。 そして、現在ぼくが飲んでいるのがこちら、 ファインラボ のプロテイン。 価格は少しお高くなりますが、 製法は「 WPI 」なので、お腹が弱い人でも飲むことができます。 付属のスプーン一杯が 10グラムで、こちらの場合は水 200ccと混ぜて飲む形になります。 乳糖に弱い人にはとにかくおすすめできるプロテインです。 おわりに 今回はプロテインに関して書いてみました。 中でもお伝えしたかったことは「 プロテインを飲んでお腹を壊しても、自分に合ったものを選ぶことで改善できるかもしれない 」ということで、ぼく自身、身をもって感じたことになります。 また、一見めんどくさそうにも見えるプロテイン選びですが、ぼくの場合は、「 WPC 」や「 WPI 」という製法や、味などの要素の中から自分にあったプロテインを見つけるという行為自体もトレーニングのモチベーションに繋がっていたりもするので、意外と楽しかったりもします。 ちなみに、先ほどのビーレジェンドからも「 WPI 」のプロテインは販売されているので、後日そちらも試してみたいと思います。

次の