サイコ リーディング。 映画『ホドロフスキーのサイコマジック』公式サイト

サイコリーディングデッキ(検討中):それは1年前に俺が言った話

サイコ リーディング

6)サイコメトリー現象 サイコメトリー現象の特色 サイコメトリーとは、霊的能力を持った人間がある物体 ( *例えば、カップ・カギ・衣服・髪の毛など)を手に取って、その物体の持ち主や、持ち主の過去の体験や経歴、人間関係や事件などを言い当てる現象です。 サイコメトリーは「精神測定現象」と呼ばれることもあり、日本では明治時代に「心の見取り現象」と言われていました。 サイコメトリーでは、霊能者が受身の状態を保って対象となる物体を手に握ったり額に当てて、その物体に関係するさまざまな情報を読み取ります。 生命のない物体から、過去にその物体に触れた人間が誰であるのか、またその人が置かれていた環境・時代などについての情報を入手します。 衣服や髪の毛などから持ち主を言い当て、その人間の性格・仕事・居場所・現在の状況・人間関係・健康状態などを読み取ります。 こうした現象を前にして大半の人々は、「ただの物体から、どうしてそんなことが分かるのか?」と驚きます。 サイコメトリーは確かに、とても不思議な現象です。 唯物論者や懐疑論者は、「そんなことがあるはずはない。 インチキかトリックに決まっている」と言います。 また、心霊世界や心霊現象に関心を持ち、人間のオーラの存在を信じている人であっても、なかなかサイコメトリー現象を受け入れることはできません。 しかしサイコメトリーは、確かに存在します。 そして実際に物体から、さまざまな情報が得られるのです。 スピリチュアリズムがもたらした霊的知識によって初めて、「サイコメトリー現象」のメカニズムが明らかにされることになりました。 そしてその情報を厳正に検証してみると、まさにその通りであることが明らかにされます。 私たち人間は、自分の身に起きた出来事やこれまで結んだ人間関係を記憶していますが、物体もそれに類するさまざまな「記憶情報」を蓄えているのです。 物体にも、ある種の記憶が刻印されているということです。 生命体ではない単なる物体が、いったいどのようにして記憶を持つことができるのでしょうか。 物体が情報を記憶しているというのは、本当に不思議なことです。 それは、私たち人間の常識を超えた心霊現象なのでしょうか。 「サイコメトリー現象」を理解するためには、物体の記憶についての秘密を知らなければなりません。 オーラには、さまざまな種類があります。 霊体オーラには、「霊の心」や「霊」から発する高次元のオーラも含まれています。 オーラには、その人間に関するさまざまな情報が盛り込まれています。 霊界の霊たちはオーラに含まれる情報を読み取って、お互いを完全に理解し合っています。 また霊界人は、地上人のオーラを読み取り、そこに記録されている情報をすべて知っています。 そのため地上人は、霊界人に対して隠し事は一切できません。 しかし生命のない物質・物体からも、ある種のオーラが放射されています。 そしてそのオーラには、その物体に関係したさまざまな記憶が染み込んでいます。 これが「物体の記憶」です。 物体オーラはちょうど、映画のフィルムやレコードやDVDのようなものと言えます。 物体オーラは、フィルムやレコードのようにその物体に触れた人間の情報を記憶し、それをそのまま維持しています。 ある人が長い間、常に身につけていたような物体のオーラには、その人間に関する多くの情報が刻印されています。 大きなショックを受けたとき身につけていた物には、そのショックの記憶がそのまま織り込まれています。 地上人の心に大きな影響を与えた事件や出来事は、物体オーラの中に強く記憶されています。 サイコメトリー霊能者は、こうしたオーラの中に刻み込まれた記憶を読み取ることができるのです。 持ち主が誰であったのかということだけでなく、本人に関する他のさまざまな情報(家族・性格・住んでいた場所・時代など)も一緒に記憶されています。 霊界人は、こうした物体オーラに織り込まれた記憶を正確に読み取ることができます。 そして地上の霊能者も、その記憶の一部分を読み取ることができるのです。 以上が「サイコメトリー現象」の概要です。 また、物質は究極においては粒子になったり波動になったりするというように、固定した状態を保っていないことも明らかにしています。 こうした物質の究極の様相と、物体オーラの関係はどのようになっているのでしょうか。 残念ながら現在の科学では、全く明らかにされていません。 しかしサイコメトリーという現象の実在から、物質が何らかの「記憶装置」を持っていることが論理的に推測できます。 「サイコメトリー現象」については、遠い将来、科学によってそのメカニズムが明らかにされていくようになるかもしれません。 サイコメトリーとは、「物体オーラのリーディング(読み取り)現象」のこと サイコメトリー現象は、私たちが物体に接触すると、その物体に私たちの影響が刻み込まれること、私たちに関する記憶が刻印されることを示しています。 霊界人はサイコメトリー能力を駆使して、物体オーラの中に刻み込まれた記憶を完璧に読み取ることができます。 それに対して地上のサイコメトリー霊能者は、物体オーラの記憶の中から、わずかな情報を読み取ることができるにすぎません。 サイコメトリー現象は、「物体オーラのリーディング(読み取り)現象」と言い換えることができます。 私たちが所有している物体のオーラの中には、私たちに関するさまざまな情報が、レコードやCDや映画のフィルムのように記憶されています。 そしてその記憶を、霊界人や霊能者が読み取ることになるのです。 これは物体オーラの記憶情報が映像化したものです。 霊能者には、物体オーラの情報が霊的映像として示されます。 霊能者のサイコメトリー能力が冴えているときには、モノを持った瞬間に霊的映像が現れます。 このように多くの場合、サイコメトリーは「霊視現象」と一体となって発生します。 サイコメトリーは、一種の「霊視現象」をともなって発生するものなのです。 これは、DVDやフィルムで映像を再現するのと同じことです。 映像は、霊能者の能力や背景に応じて、さまざまなバリエーションを取って現れます。 また、霊能者によって映像を得られやすいものとそうでないもの、得意な分野と苦手な分野があります。 ある霊能者は衣類の記憶を読み取るのが得意で、別の霊能者は髪の毛の記憶を読み取るのが得意というように、サイコメトリー霊能者にも個性があるのです。 また、霊的映像の現れ方も霊能者によってさまざまです。 次々と関連情報が映画のように現れる人もいれば、固定した一つの映像だけを見るという人もいます。 同じ霊能者でも、本人の心が安定している場合と、緊張を強いられているような場合では、映像の現れ方が大きく変わります。 デモンストレーションなどで大勢の観衆の前でサイコメトリー現象を演出するような場合には、反対者の圧力や本人の緊張感が、しばしばサイコメトリー現象の現出を困難にします。 そのためにデモンストレーションが失敗に終わるようなこともあります。 するとこの霊的パイプを用いた「低次元のテレパシー現象」が発生するようになり、情報の収集量は格段に高まります。 ここにおいてサイコメトリー現象は質的にレベルアップし、「サイキック・レベルの心霊現象」から「スピリチュアル・レベルの心霊現象」へと飛躍することになるのです。 次にこれについて説明します。 地上人の場合、その能力の多くが肉体という物質に覆われていることで発現が妨げられています。 その結果、一部の人間を除いて大半の人がサイコメトリー能力を発揮できなくなっていますが、本来は誰もがサイコメトリー霊能者になる素質を持っているのです。 地上人と違って物質に覆われていない霊界人は、霊体の能力を十分に発揮できます。 地上のサイコメトリー霊能者は、そうした霊界人の何十分の一、何百分の一かの能力を発揮するにすぎません。 これまで心霊現象を引き起こす霊能力には、「サイキック能力」と「スピリチュアル能力」の2つがあることを説明してきました。 サイコメトリー能力も、サイキック・レベルのものとスピリチュアル・レベルのものに分けられます。 サイキック・レベルのサイコメトリー能力とは、霊界の霊の協力や導きがないところで、霊能者が自分自身でサイコメトリー現象を発現させる能力です。 これを「サイキック・レベルのサイコメトリー能力」と言います。 それに対して「スピリチュアル・レベルのサイコメトリー能力」とは、霊界からの協力・指導のもとでサイコメトリー現象を演出する能力です。 霊体に備わったサイコメトリー能力を発揮できるようになると、物体に接触するだけでそれと関係した人間のさまざまな情報を入手することが可能となり、「サイキック・レベルのサイコメトリー現象」が引き起こされます。 この段階では、霊能者はごく表面的で大雑把な情報を得るにとどまり、詳しい内容についてはほとんど知ることはできません。 物体オーラの中にはさまざまな情報が含まれていますが、地上の霊能者にはそれらのすべてを読み取ることは不可能なのです。 サイコメトリー現象がレベルアップしてスピリチュアル・レベルにまで至ると、霊界にいる霊の協力のもとで多くの情報を入手することができるようになります。 霊界人は、地上の霊能者には読み取ることができない物体オーラの情報を読み取ることができます。 それを地上の霊能者に伝えることで、サイキック・サイコメトリー現象とは比較にならない大量の情報が得られるようになるのです。 さらに「スピリチュアル・レベルのサイコメトリー現象」には、次のような状況も発生します。 もし所有者がすでに死んで霊界にいるような場合には、本人から直接情報を入手し、それを地上の霊能者に伝えることになります。 映像で示したり、霊聴によって示したりします。 このレベルに至ると、サイコメトリー現象は限りなく「霊界通信」に近いものになります。 サイコメトリーに付随する奇妙な現象 サイコメトリーには、しばしば奇妙な現象が付随します。 例えば霊能者が物体オーラの記憶にアクセスすると、霊能者が物体の所有者本人になってしまったかのように、当時の様子が再現されることになります。 物体オーラの中に織り込まれている所有者の悲しみの記憶を読み取ると、霊能者が突如その悲しみに感応し、泣き出すようになります。 また、所有者がショックを受けた出来事の記憶を読み取ると、霊能者も同じようなショックを体験して錯乱状態に陥り、大声で叫んだり悲鳴を上げるようになります。 まるでその当時にタイムスリップして、物体の所有者と同一化したかのように、霊能者が同じ体験を再現することになるのです。 また時には、人間が全く関与していなかった物体(古代の化石・遺跡物の破片・建造物や船舶の破片など)をサイコメトリーすると、霊能者がまるでその物体になってしまったかのような様子を示すこともあります。 そしてその物体が置かれていた時代や環境について語ったりします。 その様子を見ている人たちの目には、霊能者は気が狂ってしまったかのように映ります。 こうした現象は、霊能者が演技をしているのではなく、物体オーラの記憶にアクセスしたことによって、オーラの影響力に巻き込まれて発生したものです。 霊能者のオーラが物体オーラと融合し、その中に巻き込まれてしまった状態です。 「霊媒現象」では、霊界の霊のオーラと霊媒のオーラが融合して、一時的に一体化が起こります。 その時、霊界人は地上人になりきり、地上に住んでいるような感覚を持ちます。 一方、地上人の方は霊になりきって、自分が自分でなくなってしまいます。 特に「憑依現象」などでは、霊界の低級霊と地上の霊媒の意識が融合して自他の区別がつかなくなり、しばしばトラブルを引き起こすようになります。 サイコメトリーにともなう奇妙な現象もこれと似ており、物体オーラと霊能者のオーラの融合から発生します。 霊能者のオーラが物体オーラを取り込んで、その中の記憶と一体化してしまうのです。 すると所有者の記憶が霊能者のものになり、霊能者自身がショックを体験したり悲しみを味わうようになります。 物体オーラに触れることで、そこに記憶を吹き込んだ人間(所有者)の一部となって、その人間の過去を再現するようになるのです。 物体オーラに感応し、その影響力に巻き込まれてしまうような霊能者は、日常生活の中でも絶えずさまざまな物体オーラの影響を受け、通常の生活を送ることが困難になります。 「霊媒体質者」が一般人には理解できないような恐怖や圧力を感じるのは、霊的感受性が敏感過ぎるからです。 周りにいる低級霊や物体オーラと感応し、その影響をストレートに受けてしまうのです。 それが原因となって日常生活に支障をきたすような場合には、本人の「前世のカルマ」が関係しています。 霊的な過敏さゆえに生じる苦しみを味わう中で、「前世のカルマ」を清算することになっているのです。 サイコメトリーに関係する問題 こうしたことから分かるように、サイコメトリー能力が強く、外部のオーラの影響を受けやすい人間は、物体オーラに絶えず注意を払うことが必要となります。 特に、強い執着心や執念が記憶されているような物体との接触は避けるべきです。 骨董や刀剣などの古物・仏像・御神体・仏壇・神棚・信仰に関係する物体(十字架・ロザリオ・数珠など)には、他人が吹き込んだ強い記憶が染み込んでいます。 そうした物体からはしばしば、邪悪な霊気(物体オーラ)が放射されています。 世間ではよく「仏像に精魂(しょう)を入れる、魂を入れる」と言います。 また霊能者が、「この仏像には精魂(しょう)が入っている」などと言うこともあります。 信仰がらみの対象物には繰り返し念が吹き込まれるため、強い記憶が織り込まれています。 そのため霊的に敏感な人間がそのオーラに接触すると、すぐに身体が重くなったり調子が悪くなってしまいます。 人間がつくり出したものではない、自然界の存在物こそが清らかなオーラを放ち、人間にエネルギーを与えてくれます。 仏像のような人間がつくり出したものや世俗の人々の欲望が吹き込まれた物体は、人間を健康から遠ざけます。 健康を願ってお参りしたつもりが、反対に病気になってしまうようなことが起きるのです。 また世間では、ニセ霊能者やニセ宗教家が、お札(ふだ)や高額なお守りやツボなどを売りつけています。 そして無知で善良な大衆は、それを鵜呑みにして騙されています。 物欲・名声欲に目がくらんだニセ霊能者や悪徳教祖が念を込めた物品が、どうして邪悪霊を退け幸福をもたらすことになるのでしょうか。 ニセモノが念を込めたお札やお守り・ペンダントの類には、物欲・エゴに駆られた醜い思いが記憶されているだけです。

次の

韓国旅行|[速報]【キム·スヒョン】復帰作『サイコだけど大丈夫』の 台本リーディング現場公開♪

サイコ リーディング

定義 [ ] 実際には、サイコメトリーというの範囲の厳密な定義はないが、最も主な特徴は、に残る人のを読み取ることである。 とりわけ、に思念が残ることが多いとされ、などでは、やなどで能力が使われることが多い。 サイコメトリーという言葉は、の神霊研究家である ()(1814 - 1899年)が提唱した用語であると書かれている。 心霊考古学 [ ] 心霊考古学とは過去を知る手段に、霊能者のサイコメトリーやなどの能力を使用する考古学研究のことである。 のスティーヴン・シュワルツによれば、75年にわたって透視能力者と考古学者の関係は続いている。 考古学者クラレンス・ワイアントは、の重要な遺跡トレス・サポテスを発見したが、後の人類学会の年次総会で「この発見はある超能力者の援助がなければできなかっただろう」と述べている。 また、のユトレヒト州立大学の超心理学研究所長のW・H・テンハフとのウィトワーテルスラント大学のマリウス・ヴァルコフは、オランダの能力者ジェラルド・クロワゼが小さな骨の一片からでも、その物体の背景を正確に描写できることを発見している。 また、の臨床心理学者ローレス・ルシャンは当初サイコメトリーに懐疑的であったが、能力者が小さな欠片からその物体の歴史を描写できることを発見し、肯定的な姿勢に転じたとされている。 ステファン・オソヴィエツキーによるサイコメトリー [ ] であるステファン・オソヴィエツキーは、発掘された考古学品の過去を見通す能力があることで知られていた。 、ポーランドの民俗学者であるスタニスラフ・ポニアトスキーは世界中の遺跡から集めた火打石や石器などを使ってオソヴィエツキーの能力の実験を行った。 それらの石類は外見からは正体がわからず、まだオソヴィエツキー自身の目に触れられないよう細心の注意が払われていた。 実験が行われた結果、オソヴィエツキーは石器類の使用されていた年代、発見された場所やそれを生み出した文化などを次々と正確に描写した。 オソヴィエツキーの描写がポニアトスキーの情報と食い違う時が幾度かあったが、後にポニアトスキーの情報に誤りがあったことが判明した。 紀元前15000年から紀元前10000年前の間にで栄えた ()の石器を手にしたオソヴィエツキーは「マグダレニアン人の女性はとても手の込んだ髪型をしている」と描写した。 これは当時の通説からは離れた見解だったが、後にマグダレニアン人の女性の彫像が発見されるにおよび、正しい見方であったことが実証された。 この例のように、当初は誤っていると判断されたオソヴィエツキーの描写が後に正しいと判明した事例は、100を超える。 オソヴィエツキーは石器時代の人々は油のランプを使っていたと発言したが、後にので彼が描写した通りの形と大きさのランプが発掘された。 またオソヴィエツキーは石器時代の人々の、住居形態や埋葬習慣、狩猟対象の動物などの詳細な絵を描いたが、それらは後に考古学上の発見で正しいと立証された。 ジョージ・マクマレンによるサイコメトリー [ ] カナダ考古学会の副会長であったノーマン・エマーソンは、サイコメトリーを通した考古学研究の可能性について言及している。 エマーソンは当初懐疑的であったが、ジョージ・マクマレンという名のトラック運転手の能力を研究した結果、肯定的な見方に転回した。 マクマレンは、物や遺跡を眺めるだけでそれらの過去を言い当てることができたとされている。 マクマレンは何もない大地の上を歩き、そこがイロクォイ族の共同生活があった場所だと発言したが、6か月後の発掘により、それが事実であることが判明した。 エマーソンは1973年の年次学会の席上で「考古学調査において、超能力者の使用を広げていくことは最優先事項」だと述べている。 ヘルマン・ヒルプレヒトの「夢」 [ ] 3月、の教授ヘルマン・ヒルプレヒトはの古代都市から出土した刻文の写しをチェックしていた。 一向に解釈できない刻文を前にヒルプレヒトは疲労し、眠りに落ちた。 そして「驚くべき夢」を見た。 夢の中ではバビロニアの長衣をまとった神官が訪れ、ヘルプレヒトをのの宝物庫に案内した。 神殿の床にはが散らばっていた。 神官は「あなたが22ページと26ページに別々に掲載した断片は本来一つの物だ」と語りその由来を説明し始めた。 それによればクリガルズ王による勅命に従い、像の耳飾りを創るために、円筒を3つに切り分け、それぞれが元の文の一部を含む3つのリングに分割した。 うち2つはヒルプレヒトが持つリングで、最後の1対はまだ見つかっていない、という。 夢から覚めたヒルプレヒトは、ニップルの刻文をもう一度調べ直した。 すると2つのリングに刻み込まれた文字が1つに繋がることに気付いた。 文字は以下のように解読できた。 「主であるベルの息子に、ベルの大神官たるクリガルズがこれを奉納した。 」 その後、ヒルプレヒトがこの夢について同僚に話した際、の博物館にある2つののリングの色が何故か互いに異なっている、という話を聞かされた。 イスタンブールに旅したヒルプレヒトは、博物館の2つのリングを重ね合わせ、元が同じ円筒であったことを確認した。 ヒルプレヒトは「夢」を見たことにより、数百マイル離れたところにあって現物を見たこともない出土品を結びつけることができた。 フィクションの作品 [ ] サイコメトリーを備えた人間を一般的にはサイコメトリストと呼称するが、『』では語呂のよさから「サイコメトラー」という造語を使用している。 よって、SF漫画『』などにみられるようにサイコメトリストを用いるのが本来的であるが、『サイコメトラーEIJI』の影響により、サイコメトラーという単語も日本では一般に浸透している。 脚注 [ ] []• 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる。

次の

Be Mellow フィトテラピー オンライン スクール & リーディング ご説明&規約

サイコ リーディング

みんなで作っていくドラマであってほしいです。 」という応援の言葉で士気を高めました。 本格的に台本リーディングに入ると、キャラクターと一つになった俳優たちの熱演が続きました。 反社会的人格性向の人気児童文学作家を演じるソ・イェジは、キャラクターが持つ、うら寂しい雰囲気と変化に富んだ姿を自由自在に表現して没入しました。 続いて オ・ジョンセは、ムン・ガンテの実兄であり自閉スペクトル ASD 障害を持つムン・ジョンテに変身、演技のトーンと発声を異にし、人物の特性を生き生きと生かしました。 中堅俳優や若者俳優らのエネルギーも目立ちました。 「サイコだけど大丈夫」の関係者は「独特なキャラクターたちの魅力を十分に生かした俳優たちの好演で、コミカルな笑いと、ときめく緊張感を感じることができた台本リーディング現場でした。 」 「すべての俳優とスタッフが一生懸命撮影しているので多くの期待をお願いします。 」と伝えました。 tvNの新しい土日ドラマ「サイコだけど大丈夫」は「花様年華」の後続として、6月に初放送される予定です。 ひとこと 待ちに待った嬉しいニュース&写真が公開されました。 coからお借りしました。

次の