ロング ニット カーディガン コーデ。 カーディガンの着こなし29選【2019】レディースおすすめコーデ

ニットカーディガンコーデ13選【冬】

ロング ニット カーディガン コーデ

カーディガンって男性の皆さん一着は持っていますよね?カーディガンは使い勝手がよくて、年中使えるのでとっても便利なアイテムです。 スポンサードリンク しかし通常のカーディガンは「ファッション性」がそこまで高くありません。 シンプルで普通のコーデになりやすいですね。 そんな時にオススメしたいのが「ロングカーディガン」です。 ロング丈のカーデなので、シンプルなメンズの着こなしでもオシャレな雰囲気が出ます。 意外とコーデも簡単なので、春や秋には是非取り入れて欲しいオシャレアイテムです!それでは今回はメンズのロングカーディガンについてご紹介していきます。 rakuten. 無地や柄物、派手なカラーなども見かけますね。 スタイリッシュで長めの着丈がメンズレディース問わず人気が高く、オシャレなアイテムとしてコーデに取り入れられていることが多いです。 シンプルなコーデでも大人っぽさやオシャレさを出すことが出来て、とても使い勝手がいいアイテムです。 春や秋にはカットソーなどとラフにコーデしてもオシャレですね。 pinterest. それではオススメの着こなしを見ていきましょう。 ロングのカーディガンはシルエットに意識を持ってくると、オシャレな着こなしができます。 pinterest. モノトーンなどでまとめると、大人っぽさが増してオシャレなメンズの着こなしになります。 pinterest. しかしインナーもロング丈であわせると今季らしいオシャレなファッションコーデが出来るのでオススメです。 「トップスにロング&ロングでボリュームを持たせて、パンツのシルエットを絞ってやる」これだけでもかなりオシャレなコーデになります。 pinterest. 春や秋には通常の綿素材や、薄手のニット系。 夏にはサマーニットや、半袖のロングカーディガンなどもオシャレですね。 秋~冬にかけてはコーディガンなども人気が高いです。 コーディガンとはコートとカーディガンが足された造語で、今注目の高いアウターです。 スポンサードリンク 3,ロングカーディガンを使ったメンズコーディネート特集 ハットとシャツでオシャレに 画像アイテムはコチラ ロング丈のカーディガンにネイビーのシャツ、キャメルのハットを使ったメンズコーデです。 ロングカーデとどのアイテムもマッチしており、オシャレなコーデに仕上がっています。 ハットやシャツにカラーは取り入れていますが、どちらも落ち着いたカラーなので大人っぽさが強く出ていますね。 ブレスレットやネックレスなどの小物もコーデの雰囲気に合っており、とてもオシャレです。 ネイティブ柄で派手に ネイティブ柄を使ったロング丈カーディガンのメンズコーデです。 柄を使っていますが、白、黒、グレーのモノトーン系なので落ち着きもあってオシャレですね。 パンツやハットを黒でまとめて、カラーバランスを引き締めています。 黒スキニーをロールアップして足首を出すと、スッキリした印象になりスタイリッシュな着こなしになりますね。 インナーにはVネックのカットソーを使ってラフにまとめています。 コーディガンで冬らしく コーディガンにスキニーデニム、白のハイカットスニーカーでコーデしています。 黒のスキニーデニムでシルエットを絞っています。 白のハイカットスニーカーがカジュアルで清潔感のある着こなしにしてくれています。 NIKEのスニーカーがスポーツ感をプラスしており、カジュアルテイストが強まってオシャレですね。 ボーダーを入れるとコーデ全体が華やかになり、春らしさのある着こなしになります。 足元には白のスニーカーで清潔感がある着こなしになっていますね。 デニムでも濃いデニム、例えばインディゴデニムやブラックデニムはカジュアルよりフォーマル要素が強いので、コーデの際には注意しましょう。 ハットとカラーを合わせてオシャレな着こなしになっています。 足元には白のスニーカーを使って、パンツをロールアップさせています。 スッキリしたシルエットになって、コーデ全体がスタイリッシュにまとまっていますね。 柄カーデを使ったコーディネート オルテガ柄がプリントされたロングカーディガンを使ったメンズコーデです。 インナーにはボーダー柄のトップスを使って春らしさがUP。 オルテガ柄はトレンドの柄で、コーデに取り入れるだけでもオシャレな印象になります。 上下白でまとめることでカラーバランスが明るくなり、清潔感がある着こなしになっています。 足元にはローファーを使って大人っぽさやラグジュアリーさをプラスしてます。 透け感がある素材だと、とても涼しげで夏らしい着こなしになりますね。 足元にはスポーツサンダルを使って、トレンド感のある雰囲気に。 パンツは黒スキニーでスッキリスタイリッシュにまとめており、大人っぽさの中に遊び心のあるオシャレなコーデになっていますね。 pinterest. ロングカーディガンとの相性がとてもよく、ラフな感じがかっこいいですね。 ワインのロングカーディガンとの相性もよく、モード感のある着こなしになっています。 ややゆったり目のパンツをチョイスしていますが、足元は細身でアンクル丈がバランスよくオシャレですね。 クラッチバッグやベレー帽などの小物使いも、コーデの雰囲気にマッチしており、まとまった着こなしに仕上がっています。 pinterest. ニット素材を使うと、秋や冬らしさが高まります。 インナーにはシンプルに白のカットソー、足元にはグレーのハイカットスニーカーでスポーツ感をMIX。 コーデ全体をモノトーンでまとめることで、大人っぽさのある着こなしになっていますね。 以上です。 ロングカーディガンのメンズ着こなし&コーディネート特集はいがでしたか?ロングカーデはコーデに取り入れるだけでオシャレで、大人っぽさを出すことができます。

次の

ロングカーディガンで大人のメンズファションコーデ!!

ロング ニット カーディガン コーデ

ワイドデニムを合わせて休日の縦長シルエットを描いて。 ベージュのグラデーションでパンツを優しく受け止めて、ウエストマークでスタイルアップ! ロングカーデのエアリーな素材感も、余裕漂う大人の女性らしさを後押しするポイント。 リネン素材のパンツやリブのロングカーディガンのカジュアルさを、自然とON仕様に導いて。 艶ブラウスやロングカーディガンのエアリーな素材感も、余裕漂う大人の女性らしさを後押しするポイント。 ざっくりカーデにラップワンピースを合わせて、フレンチな香りのするレトロな着こなしで今っぽく。 ゆるっとまとめたヘアで、こなれ感を出すのも古見えしないポイントに。 あえてメンズっぽさを取り入れることで、逆に大人の女性の色香が高まります。 ベージュのワイドパンツと上品な小物を合わせてきれいめスタイルの完成。 オンにもオフにも使える万能コーデに。 リラックス感あるロングニットカーディガンは休日スタイルにぴったり。 小物をニュアンスカラーでまとめれば、休日のデニムコーデがこなれた印象に。 カーディガンのドロップショルダーと袖の八分丈でリラックス感あるスタイリングに。 ロングニットカーディガンと足元の白で抜け感を出すのがポイント。 ベージュのワイドパンツと合わせて知的で品のいいスタイリングに。 色をそろえることで、ただのカジュアルに終わらせない女っぽい着こなしに。 〝PRADA〟のロゴとメタルストラップが効いたウォレットバッグで、キレとアクセントをプラスして。 優しい色合いのピンクパンツで親しみやすい女性らしさをプラス。 スカートはシワになりにくいシャリ感素材なのでオフィスワークの日にもぴったり。 甘くなりすぎないよう、ライトグレーのニットカーディガンの肩掛けとサッシュベルトでスパイスを加えて、大人っぽく。 合わせたグレーのロングニットカーディガンは白ボトムの汚れ防止にもひと役買ってくれる優秀アイテム。 ロング丈のニットカーディガンは着こなしに緩急をつけてくれたり、これからの季節のクーラー対策に大活躍間違いなし。 カーディガンの一枚着でこなれた印象のスタイリングに。 肩や足首を見せると涼しげにまとまります。 シンプルだけど華がある、大人のおしゃれのお手本に。 黒のニットカーディガンの肩掛けでこなれ感を演出。 シンプルコーデにはボリューム小物をプラスしてポイントに。 ポイントにしたベルトと色を合わせた黒のニットカーディガンを肩掛けしてすっきりまとめるのがGOOD。 とろみ素材のレイヤードが、〝上品リッチ系〟を演出。 シックなモノトーンコーデには小物でカラーを加えてポイントに。 ベーシックカラーでつくるきれいめオフィススタイルのできあがり。

次の

ニットカーディガンコーデ13選【冬】

ロング ニット カーディガン コーデ

きちんと働く日の「シャツ&パン」コーデも、ライナー代わりのロングカーデと実はあったかなパンツ合わせで寒さ知らず。 シャツの襟にシワをつけ空気を含ませる。 シャツこそ着方に工夫を。 手で襟にくしゅっとシワをつけ、自然なこなれ感を加味。 定番レーススカートに新しい表情を加えて。 Domani読者には今や鉄板化したレーススカートも、ざっくりニットとのコントラストで、進化した着こなしに。 濡れたような光沢のエナメルパンプスと贅沢なラムファークラッチ。 存在感のある小物使いで、のっペり見えず、メリハリをつけるポイントに。 フェミニンなプリーツスカートととんがりトウのファーを、淡いグレーでリンクさせまろやかに。 全体的にボリューミーなシルエットも、 バッグがかっちりしていることでシャープな表情が加味。 [Domani1月号 79ページ] デニム¥26,000(モールド〈チノ〉) バッグ¥360,000(ヴァレクストラ・ジャパン〈ヴァレクストラ〉) カーディガン¥17,000(ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店〈ジャーナル スタンダード レリューム〉) キャミソール¥22,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク〈エーピー ストゥディオ〉) ピアス¥16,000(アルアバイル〈ラダ〉) ネックレス¥75,000(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) リング¥23,000(H. ふんわりしたキャメルのロングカーディガンを働く女が着るなら、シャープさが決め手!そこで、白いVネックニットと、シャツ感覚ではおれる薄手の白ジャケットをインに着て、メリハリをつくって。 さらに、ボトムはテラコッタブラウンのタイトスカート、足元はキャメルのショートブーツで、グラデーションをつければ完璧。 白のプルオーバーブラウスは、カフス部分をリボンでキュッと結ぶデザイン。 キャメルのニットカーディガンのそでからリボンとカフスをのぞかせると、コーディネート全体に躍動感とキャッチーさが生まれる。 ノースリーブワンピースにゆるりとはおるルーズな着こなしには、大ぶりアクセで女らしいテンションをひと盛り。 すっきりとスタイリッシュに決めて。 コーデュロイ素材のタイトスカートは、チアフルなオレンジ。 チョコレートブラウンのモヘアカーディガンやココアブラウンのカットソーなど、丸みのあるブラウンと合わせて、包容力のある着こなしに。 レースアップシャツでマリンテイストをさりげなく演出して。 キャメルのまろやかな色味が、シルエットのメンズ感を中和して。 トップスは、上半身がコンパクトに見える腰丈を選ぶか、パンツにINしてメリハリを。 [Domani10月号 101ページ] パンツ¥49,000(ショールーム セッション〈SAYAKA DAVIS〉) カーディガン¥16,000(TOMORROWLAND〈MACPHEE〉) Tシャツ¥8,000(ロンハーマン〈ヤング&オルセン ザ ドライグッズ ストア〉) メガネ¥43,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉) 時計¥18,000(ダニエル・ウェリントン 原宿〈ダニエル・ウェリントン〉) バッグ¥154,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥5,800(コンバースインフォメーションセンター〈コンバース〉).

次の