ま いわし ブログ。 いわしののんびり遊泳 vol.2

【いわしダイエット】いわしには脂肪を燃焼して血糖値を下げるダイエット効果があった!?

ま いわし ブログ

毎日、暑い日が続きますよね。 食欲も落ち気味、でも食べないと体力が持たない。 そんな時に、魚屋がオススメする料理がこれ、「いわしの梅煮」。 夏~秋にかけて旬のいわしは栄養素が豊富で、多くのビタミン類に鉄分やカルシウム、そして青魚が多く持つDHAに、血液をサラサラにする効果があるEPAも。 とくに夏は血液がドロドロになりやすいからね……。 それから、たんぱく質も豊富なので体力をつけるためにも積極的に食べてほしい魚です。 一緒に煮る梅干し、これもミネラルやクエン酸などが多く含まれ夏バテ解消に大活躍! おいしく食べて夏バテを乗り切りましょう。 いわしは、頭と内臓を取り除いたものを買ってくると作りやすいですよ。 魚屋三代目の「いわしの梅煮」 【材料】2人前• いわし(真鰯) 中4尾(頭と内臓を取り除いたもの)• 梅干し(種を取り除く) 2個• しょうがスライス 3~4枚• 大葉 お好みで• ミョウガの千切り お好みで• 醤油 大さじ4• みりん、砂糖 各大さじ3• 酒(日本酒) 大さじ2• 水(またはお湯) 100ml 作り方 1. いわしが入る大きさの鍋に醤油、みりん、酒、砂糖を加えてよく混ぜ、水を加えて一煮立ちさせます。 1にしょうがスライスを入れ、 いわしを並べて梅干しも加えます。 アルミホイルなどで落としぶたをし、 さらに鍋のふたをして 6~7分中火で煮ていきます。 鍋のふたと落としぶたを外し、煮汁の様子を見てお好みの濃さに仕上げます。 基本はこちらの記事にて。 煮汁の量が心配でしたら、途中様子を見て、あまりにも煮汁が少ないようならお湯を足してください。 この時におたまなどで煮汁をかけてあげると仕上がりにツヤが出ます。 器にいわしを盛り付け、お好みで大葉とミョウガを添えます。 山椒の実や赤唐辛子を加えてもおいしい! 甘酸っぱくてご飯がすすむ「いわしの梅煮」。 圧力鍋で煮るように中骨までホロホロに、とはなりませんが、煮魚は身離れがいいので食べづらくはなく(小骨も細くそこまで気になりません)、家にある鍋でサクッとできますし、酒の肴にももってこい! 最初に骨を外してから食べたいという人は、半身に開いて尻尾を持ち、頭のあったほうにやさしく引いていくとキレイに外れやすいです。 食べきれない分は冷蔵庫で2~3日は日持ちします。 冷たいまま食べてもいけますよ~。 一緒に煮た梅干しは、いわしと共に食べてもおいしいのですが、ご飯にのっけて食べるとこれまたウマし。 それから、山椒の実(乾燥タイプがスーパーで売られています)や赤唐辛子(輪切りや種を取って一本丸々)を加えて煮てもおいしいです。 いわしの他にアジやブリの切り身、サワラや太刀魚(タチウオ)などの魚もオススメ。 煮魚、煮付けって以外と簡単なのですよ!.

次の

いわしののんびり遊泳 vol.2

ま いわし ブログ

今年はお花の良い時季に体調を崩してしまい、ようやく桜を見に お出掛けする事が出来ました^^; ただ、世間はコロナウイルスでお出掛け自粛ムード・・・ 2日前までは岐阜にある桜とチューリップの人気スポットへお出掛け 予定をしていましたが、私も今の時期は人出の多い場所は避けようと、 急遽場所を変更しました。 いろいろ思案した結果、渥美半島の田原市にある、 滝頭公園の桜、サンテパルクたはらのチューリップを見に行く事に。 お出掛けしたのは、4月5日 日)です。 ・滝頭公園の場所はで、詳細は、 ・サンテパルクたはらの場所はで、詳細はです。 滝頭公園とサンテパルクたはらは、車で15分ほどの距離なので、 お花の見頃が合えば一緒にお出掛けすると良いと思います。 先ずは、滝頭公園へ。 こちらは、初訪問の場所です。 現地には7時頃に到着しましたが、既に数組の方が写真を撮りに 来られていました。 渥美半島では桜の人気スポットのようですね。 こちらの公園には3000本の桜が植わっているそうです。 約3週間ぶりの更新です。 それにして、今回の頭痛は長く酷かったです。 頭痛薬の有難味を強く感じた2週間でした^^; その頭痛が続く中、頭痛薬で痛みを散らしながらもお出掛けは していましたが・・・ 3月21日に愛知県豊田市にある香嵐渓へカタクリのお花を見に 行って来ました。 足助観光協会のHPで開花情報を見ると、既に見頃は過ぎてしまって いるようです。 詳細や開花情報は、です。

次の

【いわしダイエット】いわしには脂肪を燃焼して血糖値を下げるダイエット効果があった!?

ま いわし ブログ

毎日、暑い日が続きますよね。 食欲も落ち気味、でも食べないと体力が持たない。 そんな時に、魚屋がオススメする料理がこれ、「いわしの梅煮」。 夏~秋にかけて旬のいわしは栄養素が豊富で、多くのビタミン類に鉄分やカルシウム、そして青魚が多く持つDHAに、血液をサラサラにする効果があるEPAも。 とくに夏は血液がドロドロになりやすいからね……。 それから、たんぱく質も豊富なので体力をつけるためにも積極的に食べてほしい魚です。 一緒に煮る梅干し、これもミネラルやクエン酸などが多く含まれ夏バテ解消に大活躍! おいしく食べて夏バテを乗り切りましょう。 いわしは、頭と内臓を取り除いたものを買ってくると作りやすいですよ。 魚屋三代目の「いわしの梅煮」 【材料】2人前• いわし(真鰯) 中4尾(頭と内臓を取り除いたもの)• 梅干し(種を取り除く) 2個• しょうがスライス 3~4枚• 大葉 お好みで• ミョウガの千切り お好みで• 醤油 大さじ4• みりん、砂糖 各大さじ3• 酒(日本酒) 大さじ2• 水(またはお湯) 100ml 作り方 1. いわしが入る大きさの鍋に醤油、みりん、酒、砂糖を加えてよく混ぜ、水を加えて一煮立ちさせます。 1にしょうがスライスを入れ、 いわしを並べて梅干しも加えます。 アルミホイルなどで落としぶたをし、 さらに鍋のふたをして 6~7分中火で煮ていきます。 鍋のふたと落としぶたを外し、煮汁の様子を見てお好みの濃さに仕上げます。 基本はこちらの記事にて。 煮汁の量が心配でしたら、途中様子を見て、あまりにも煮汁が少ないようならお湯を足してください。 この時におたまなどで煮汁をかけてあげると仕上がりにツヤが出ます。 器にいわしを盛り付け、お好みで大葉とミョウガを添えます。 山椒の実や赤唐辛子を加えてもおいしい! 甘酸っぱくてご飯がすすむ「いわしの梅煮」。 圧力鍋で煮るように中骨までホロホロに、とはなりませんが、煮魚は身離れがいいので食べづらくはなく(小骨も細くそこまで気になりません)、家にある鍋でサクッとできますし、酒の肴にももってこい! 最初に骨を外してから食べたいという人は、半身に開いて尻尾を持ち、頭のあったほうにやさしく引いていくとキレイに外れやすいです。 食べきれない分は冷蔵庫で2~3日は日持ちします。 冷たいまま食べてもいけますよ~。 一緒に煮た梅干しは、いわしと共に食べてもおいしいのですが、ご飯にのっけて食べるとこれまたウマし。 それから、山椒の実(乾燥タイプがスーパーで売られています)や赤唐辛子(輪切りや種を取って一本丸々)を加えて煮てもおいしいです。 いわしの他にアジやブリの切り身、サワラや太刀魚(タチウオ)などの魚もオススメ。 煮魚、煮付けって以外と簡単なのですよ!.

次の