宮古島 停電。 宮古島の停電しやすいエリアはどこ?復旧までの時間は?

宮古島の貸別荘・コンドミニアム・古民家

宮古島 停電

なぜ停電するのか 停電は沖縄電力の電線が切れることによって発生します。 電線が切れると、沖縄電力の火力発電所から各世帯への電力供給が遮断されます。 沖縄電力の電線は複雑に張り巡らされていて、発電所から各世帯へは何通りもの電力供給ルートがあります。 1つのルートが遮断されても、別ルートから電力が供給されるのですぐには停電になりません。 宮古島では台風が近づくと、一瞬電気が消え、すぐに復旧することがあります。 これは、別ルートからの電力供給に切り替わったことを意味します。 全てのルートが遮断されると停電します。 停電しやすい地域 宮古島では郊外(田舎)ほど停電しやすく、市街地エリアほど停電しにくいです。 市街地エリアには電線が複雑に張り巡らされています。 電力の供給ルートが複数あるので簡単には停電しません。 郊外は電力供給のルートが限られるので、市街地に比べ停電しやすいです。 来間島、池間島、伊良部島などの離島はすぐに停電します。 島の全域が停電することも珍しくありません。 台風で暴風警報が発表されると、池間大橋、来間大橋、伊良部大橋は通行止めとなります。 3つの離島は孤立状態となります。 島の東側、旧城辺町の保良、吉野、新城、友利、砂川、長間、長北。 島の南側、旧上野村の新里、宮国。 旧下地町の与那覇、洲鎌、上地。 島の北側、狩俣、島尻も停電しやすい地域です。 旧平良市の市街地エリアは郊外に比べると停電しにくいですが、場所によってすぐ停電する場所もあれば、なかなか停電しない場所もあります。 腰原エリアはすぐに停電することで有名です。 最後まで停電しないのは宮古島市役所周辺と、宮古病院周辺。 台風時の避難場所になっている宮古島市役所、電力が切れると患者の命のリスクがある宮古病院には、最後まで電力が供給され続けます。 市街地エリアでも郊外エリアでも、局地的に停電が発生することがあります。 道の向こう側は電気がついているのに、自宅はずっと停電していることがあります。 復旧までの時間 台風の強さによって復旧までの時間は変わります。 局地的な停電であれば数時間で復旧しますが、宮古島の全2万5千世帯のうち、1万世帯以上が停電するような強い台風だと、丸1日以上停電が続くことがあります。 2003年の台風14号では、電柱200本が暴風で倒れ、1週間以上停電が続きました。 停電は、沖縄電力の復旧班が電線の復旧工事を行うことで回復します。 風が強い間は復旧班が作業できないので、一度停電になると風が弱まるまで停電は復旧しません。 沖縄電力ではホームページ上で停電情報を公開しています。 停電世帯数、停電しているエリアが公開されますが、復旧見込みの表示はありません。 電話での問い合わせにも対応していません。 停電の復旧は市街地エリアほど早く、郊外ほど遅いです。 停電時の注意点 都会に暮らしていると停電を経験することはほとんどありません。 宮古島移住前の私は人生で1度か2度しか停電を経験していませんでしたが、今では毎年自宅が停電します。 慣れていないと、停電は想像以上に大変です。 電気がつかないので冷蔵庫が稼働しません。 冷蔵庫の中のものが腐っていきます。 冷凍庫は特に悲惨です。 台風シーズンは暑いです。 暴風で窓を閉め切るので部屋の中が暑いです。 暑くてもエアコンも扇風機も使えません。 夜は真っ暗になります。 家の中も、家の外も真っ暗です。 ろうそく、懐中電灯がないとかなり心細いです。 停電するとインターネットも使えなくなります。 最近ではリモートワークが盛んで宮古島に複数のIT企業が進出してきていますが、停電時は仕事になりません。 海がきれいな郊外エリアにオフィスを構えると、復旧までの時間がかかって悲惨です。 停電が復旧してもインターネットが復旧するまでにはさらに時間がかかります。 停電すると信号機も消えます。 暴風警報が解除されれば警察官が手旗信号で対応します。 警察官がいない交差点もあります。 走行にはかなり注意が必要です。 電気とガスが連動しているとお湯が出ません。 停電時にはお風呂にも入れません。 停電が原因で断水することもあります。 停電に慣れていない都会暮らしの人は、停電すると最初の5分ぐらいは楽しいですが、だんだん気持ちが滅入ってきます。 停電と暴風のダブルパンチで心が折れそうになります。 一人暮らしだとかなり心細いです。 自家発電設備がある大きいホテルは、停電でも電気がつきますが、自家発電のないホテルはロビーも客室も真っ暗になります。 宮古島旅行と台風が重なり、真っ暗なホテルで過ごすことを余儀なくされる人もいます。 ただただ耐えるしかありません。 自家発電があり、停電に強い宮古島のホテルはこちらの記事にまとめました。 台風シーズン 宮古島の台風シーズンは7月~9月です。 5月、6月、10月にも季節外れの台風が来ることがありますが、大半は7月~9月に集中しています。 7月~9月には毎月必ず1回は台風が接近します。 2週続けて台風が接近することもあります。 台風は停電だけでなく、航空機の欠航、農作物への被害をもたらします。 島の人たちは台風に慣れていますが、都会から来た移住者や観光客は台風にあたふたします。 台風通過翌日の宮古空港には人が溢れます。 キャンセル待ちの長蛇の列ができます。 まとめ 宮古島には毎年猛烈な台風がいくつも接近します。 宮古島では市街地エリアほど停電しにくく、郊外ほど停電しやすいです。 来間島、池間島、伊良部島などの離島は台風のたびに停電します。 台風の強さによって復旧までの時間が変わります。 強い台風だと丸1日以上停電が続くこともあります。 市街地ほど復旧が早く、郊外ほど遅いです。 宮古島は台風のリスクと常に隣り合わせです。 宮古島に移住するなら長時間の停電に耐える忍耐強さが必要です。

次の

『宮古島と、台風と、まもる君の夏』宮古島(沖縄県)の旅行記・ブログ by ベラージオさん【フォートラベル】

宮古島 停電

田舎は、、二日電気なしとか余裕 冷蔵庫のものは徹底的に開けないor腐る前に食べちゃえですね 暑さは半そで半ズボンで窓際で腹出して寝れば死にはしません 肉類は冷凍庫なら水分が多いので保冷剤っても考えられますが 腐った時は目も当てられないですね、丸ごと捨てるとかね P. S 後は、ろうそくとライターは常備で、友人と一緒なら回復まで花火やっててもいいかも 一体真っ暗なのでいつもより楽しいかもですよ ロングステイ… という事は、ご自身で自炊をなさるという事ですよね。 私が石垣島と沖縄本島に仕事で住んでいた時に、ひどい台風に遭遇しました。 石垣島では 約3日間の停電、それに断水… 正直、台風の間はおとなしくしているしかありません。 台風が来るからと、前もって食材や水を買い出ししたりして、でもなるべく、生物は買わないようにしました。 ローソクや懐中電灯はもちろん、安くランタンを手に入れて、準備していました。 バスタブに、いっぱい水をはっておいたりもしましたね。 台風の時期、冷蔵庫・冷凍庫はパンパンにしない、と心がけていました。 面倒でも、ちょこちょこ買物してました。 大量に捨てるハメになるのは勘弁…っと思っていたので。 それと、冷凍庫には ビニール袋でいくつか氷を作って入れっぱなしでした。 それが保冷剤代わりになりますし、氷としても使えます。 製氷機の氷は、小さくてすぐに溶けますから。 あとは、停電の間はできるだけ冷蔵庫や冷凍庫は開けない、それに限ります!!! それでも、どうしても捨てるハメになる物もありますが、必要以上にストックをしない事で、無駄を最小限におさえられたかな!っと思います。 沖縄は、本土とは暑さが違います。 どう違うか… 確かに、日差しは強烈で、日が当たると暑いのですが、日陰や木陰、室内はそうでもないんですよ。 風も心地よいです… 本土は、風も熱風で、室内でも暑く、熱中症になる危険がありますよね。 気持ちの良い暑さと、気持ちが悪い暑さ…とでも言えばイイかな。 沖縄は、日差しにさえ気をつければ、本土より快適だと思います! いろいろ、ご不安もあると思いますが… 実際、私もそうでした。 でも、沖縄の人は台風に慣れているというか、すごいな…っと思いました。 慣れていくしかないな…っと、つくづく感じた次第です。 関東などより沖縄は余程涼しいので、台風時は更に涼しく、暑さの心配など考えたこともありません。 日焼けした内地の観光客が狂ったようにエアコンを使うので、車も窓を開ければ涼しく乗れるのに勿体無いなと思うくらいです。 その間お金があるのであれば、自家発電のあるリゾートで快適な一時を過ごせば何の心配もありません。 9年前の台風14号時、宮古島や伊良部島では一週間電気が止まったと伺います。 最近ではそれが最高で、あとは土砂崩れなど社会インフラそのものが崩壊したら其処にいられないわけですから、九州だろうと関東だろうとそのリスクは変わらない気がします。 何処にロングステイするかによるのですが、そんなに心配なら台風のない冬場は沖縄で、基本夏場は北海道にロングステイされたらと思うのですが?梅雨もないですし。 食い物は美味いし、旭川大学の出身ですが夏の北海道は最高です。 筑紫哲也さんは復帰前の沖縄に朝日の駐在員として勤務経験があり沖縄に相思の深い方でした。 彼曰く『避暑に行くなら北海道か沖縄』だそうで、事実そうだと思います。 夏の天気予報気温を拝見されれば一目瞭然です。

次の

台風が強烈な時、沖縄本島・宮古島・石垣島では停電になる時はありますで...

宮古島 停電

田舎は、、二日電気なしとか余裕 冷蔵庫のものは徹底的に開けないor腐る前に食べちゃえですね 暑さは半そで半ズボンで窓際で腹出して寝れば死にはしません 肉類は冷凍庫なら水分が多いので保冷剤っても考えられますが 腐った時は目も当てられないですね、丸ごと捨てるとかね P. S 後は、ろうそくとライターは常備で、友人と一緒なら回復まで花火やっててもいいかも 一体真っ暗なのでいつもより楽しいかもですよ ロングステイ… という事は、ご自身で自炊をなさるという事ですよね。 私が石垣島と沖縄本島に仕事で住んでいた時に、ひどい台風に遭遇しました。 石垣島では 約3日間の停電、それに断水… 正直、台風の間はおとなしくしているしかありません。 台風が来るからと、前もって食材や水を買い出ししたりして、でもなるべく、生物は買わないようにしました。 ローソクや懐中電灯はもちろん、安くランタンを手に入れて、準備していました。 バスタブに、いっぱい水をはっておいたりもしましたね。 台風の時期、冷蔵庫・冷凍庫はパンパンにしない、と心がけていました。 面倒でも、ちょこちょこ買物してました。 大量に捨てるハメになるのは勘弁…っと思っていたので。 それと、冷凍庫には ビニール袋でいくつか氷を作って入れっぱなしでした。 それが保冷剤代わりになりますし、氷としても使えます。 製氷機の氷は、小さくてすぐに溶けますから。 あとは、停電の間はできるだけ冷蔵庫や冷凍庫は開けない、それに限ります!!! それでも、どうしても捨てるハメになる物もありますが、必要以上にストックをしない事で、無駄を最小限におさえられたかな!っと思います。 沖縄は、本土とは暑さが違います。 どう違うか… 確かに、日差しは強烈で、日が当たると暑いのですが、日陰や木陰、室内はそうでもないんですよ。 風も心地よいです… 本土は、風も熱風で、室内でも暑く、熱中症になる危険がありますよね。 気持ちの良い暑さと、気持ちが悪い暑さ…とでも言えばイイかな。 沖縄は、日差しにさえ気をつければ、本土より快適だと思います! いろいろ、ご不安もあると思いますが… 実際、私もそうでした。 でも、沖縄の人は台風に慣れているというか、すごいな…っと思いました。 慣れていくしかないな…っと、つくづく感じた次第です。 関東などより沖縄は余程涼しいので、台風時は更に涼しく、暑さの心配など考えたこともありません。 日焼けした内地の観光客が狂ったようにエアコンを使うので、車も窓を開ければ涼しく乗れるのに勿体無いなと思うくらいです。 その間お金があるのであれば、自家発電のあるリゾートで快適な一時を過ごせば何の心配もありません。 9年前の台風14号時、宮古島や伊良部島では一週間電気が止まったと伺います。 最近ではそれが最高で、あとは土砂崩れなど社会インフラそのものが崩壊したら其処にいられないわけですから、九州だろうと関東だろうとそのリスクは変わらない気がします。 何処にロングステイするかによるのですが、そんなに心配なら台風のない冬場は沖縄で、基本夏場は北海道にロングステイされたらと思うのですが?梅雨もないですし。 食い物は美味いし、旭川大学の出身ですが夏の北海道は最高です。 筑紫哲也さんは復帰前の沖縄に朝日の駐在員として勤務経験があり沖縄に相思の深い方でした。 彼曰く『避暑に行くなら北海道か沖縄』だそうで、事実そうだと思います。 夏の天気予報気温を拝見されれば一目瞭然です。

次の