リゼロ 天井。 リゼロの天井狙い。ゼロかラッシュ入れたら勝ちジャグね!

スロット リゼロ 天井までいくら? ゼロからっしゅ1回 3万~

リゼロ 天井

【リゼロ】ハイエナでの狙い目と期待値は? ハイエナで狙い目というのはシンプルに一つで、G数天井狙いのハイエナですね。 「200G〜」・「500G〜」というゾーンらしき振り分けが存在しますが、ゾーンをピンポイントで狙う必要はありません。 200G〜250Gまで回したのなら、天井まで打ち切った方が断然効率が良いです。 そして具体的な期待値の取れる狙い目G数としては、等価交換なら「150G〜」、5. 6枚現金なら「200G〜」なら天井まで全ツッパで良いでしょう。 なぜなら、0〜200Gでの初当りを明らかに削っている機種のため、 初当りを期待できるゲーム数だけ回せるというイメージですね。 それを繰り返していくことによって、天井も低くコイン持ちが良いので投資額は少なくなり、期待値が取れるという計算です。 まだ断定はできませんが、おそらく 期待値は1台あたり+1000円〜2000円ぐらい?になるのではないかと予想しています。 導入直後は(まだ導入直後ですが)、等価交換なら180Gほどから狙っても期待値が取れるという予想でした。 しかし、フタを開けてみたら150Gからでも十分な期待値が取れるという、超絶なハイエナ機種でありました。 6枚 (持ち玉) 160G〜 約1900円 5. 6枚 (現金) 250G〜 約1797円 等価 (積極派) 130G〜 約1515円 これだけ「ハマリ」と「スピード感のある出玉」の両極端な仕様である理由としては、6号機の規制が大きく関係しています。 スピード感の出玉を実現したからこそ、連続して初当たりが引けないようにしないと、出玉規制(6号機検定の試験)に引っかかるからですね。 故に、 0G〜200Gまでの区間は初当たりがほぼ引けず(自力当選もほぼ無い仕様にし)、 深いハマりに対しては初当たりの期待獲得枚数にも若干期待できる仕様にしたのでしょう。 ただし、 以下のような条件の際には即ヤメは厳禁ですね。 (コンビニステージ=非有利区間) コンビニステージからは必ず「温泉ステージ」または「ひざまくらステージ」へと移行します。 温泉ステージなら即ヤメでOK、ひざまくらステージなら出てくるキャラを確認しましょう。 また、有利区間のままでコンビニステージへ移行しなかった場合には、早いG数での当選(天国or鬼天国)の可能性があります。 ですので 「ATまたは白鯨攻略戦」終了後コンビニステージへ移行しない場合は、実戦上から分析しても高モードの可能性が高い為、次回の初当り(またはコンビニステージに移行する)まで打ち続けるのもアリだと思います。 その分天井までのゲーム数が浅めに設定されているというのが唯一の救いではありますが、一度打ち始めたら天井まで到達することは覚悟しなければならないですね。 もちろん当選する可能性はわずかにでもありますが、どう考えても「201G〜」のデータと比較しても当りづらい区間です。 ハイエナする上では、 白鯨攻略戦(またはAT)終了後はいかに即ヤメができるかが重要となってきます。 期待値を稼ぐのに大事なことは、無駄なコインロスを避けるということですね。 こちらの参考データ以外の情報でも同じような当選分布となっていたため、この辺りに間違いないと思います。 もともとゾーン狙いよりも天井狙いの方が効果的な機種なのですが、一応覚えておくと良いと思います。 「恐らくハマリモードによる恩恵なのではないか」と言われていますが、ここがまた天井狙いでの美味しいポイントとなります。 もちろん半数以上はCZ(白鯨攻略戦)のみで終了となるパターンとなるので、AT突入に対する過度な期待は禁物ですね。 「天井が低い+AT中の出玉スピードの速さ」で時間もあまり掛からないため、素早く台数をこなせそうです。 ハイエナでプラスにするためには数をこなして、しっかりとヤメ時を守るというのが鉄則ですね。 【リゼロ】朝イチ・リセット時の挙動 リセット(設定変更後)に関しては、非有利区間からスタートとなります。 要するにAT・白鯨攻略戦終了後と同じ状態になります。 メダルを投入すればコンビニステージからスタートとなりますが、メダルを入れなくても 「有利区間ランプ」が点灯していなければ「非有利区間」となるため外見での判別が可能です。 リセット後の対策(数G回すなど)をしていないホールであれば、朝イチなどの狙い台を絞る際に活用しましょう。 クレジット表示左の下ランプが点灯している場合は有利区間中なので据え置きの朝イチなら可能性大です。 ホール側の対策をされていなければ、レムの部屋から始まった場合には、設定据え置きとなります。 リゼロの前日ヤメG数はデータロボサイトセブンで見れる リゼロ(Re:ゼロから始める異世界生活)はハイエナするのにはぴったりの機種ですよね? データロボサイトセブンでは前日の「大当たり履歴データ」から最終G数を確認することができるため、朝イチに狙えることあります。 また、ホールで打っている際にも他の台データを閲覧することまでできるので、ハイエナや設定狙いでも大活躍します。 データロボサイトセブンから抽出した、「リゼロの大当たり履歴データ」を一部お見せします。 ホールで打ちながらも現在のハマりゲーム数なども、小まめにチェックしたりできるため、ハイエナだけでなく設定狙いでも使えるツールです。 データロボサイトセブンはたったの月額500円(税抜)で、いくつもの優良店が分かるのなら 「元を取れるどころか得した気分にしかならない」ですね。 (メダル約28枚分) 入会後は期間に縛りはなく解約はいつでも可能となっていますので、まだ利用したことがない方は勝率UPに向けて試してみて下さい。 今回のまとめ 今回はリゼロのハイエナ期待値についてお伝えいたしました。 これだけ初当たりが重くて、待獲得枚数が高めの機種というのは、だいたいハイエナが効く仕様ですよね。 こんなにボーダーが低いと設定狙いをする人は「未練打ち」ができないですし、基本的に皆さん即ヤメをするでしょう。 期待値のある台数がこなせる様だったら、設定狙いよりもハイエナの方が効率が良さそうです。 リゼロは良い意味であまりにもぶっ飛び過ぎた仕様なので、今後の動向に期待ですね。

次の

【リゼロ】天井恩恵の最新解析【Re:ゼロから始める異世界生活】|パチなう!パチスロ・スロット新台解析

リゼロ 天井

それぞれの特徴として• Nは通常Aが選択されやすい• Rは256G以内当選率が少し優遇• SR、SSRは通常Bと256G以内当選が選択されやすい• SSSRは256以内当選率が激高。 鬼天国の可能性大。 などが判明しました。 サンプルが少なく確率に偏りがあると思いますが、大まかな特徴だと思います。 設定6の実践データなので、設定によって確率が変わってくるかもしれません。 SSSRに関しては通常Aに移行した噂も聞くので、「 256G以内当選率がかなり高い」ぐらいに思った方が良さそうです。 有利区間継続で、通常B以上のチャンスなので、なかなか強力な恩恵ですね。 SSR、SSSRまとめ SSR• 256以内の当選率が6割を超える• コンビニ非経由率72. コンビニ非経由率75. コラム 仕事帰りに一勝負と、よく座るのはRe:ゼロから始める異世界生活。 5号機の撤去も相次いで最近はジャグラーやアクロスなどのAタイプばかりになってしまいがちで退屈だったので、なんとなく座ってみたのがコンテンツも人気な6号機のRe:ゼロから始める異世界生活、通称リゼロでした。 いつものように仕事帰りで20時くらいに自宅周辺のパチンコ店へ。 リゼロのいいところは5号機と違って天井が浅くボーダーが1000円当たり50Gと投資も少なく遊べますし、有利区間が存在し2400枚までしか出ないという欠点はありますが、ATに入れば純増8枚という驚異的な速さなので仕事帰りや時間がないときの一勝負にはもってこいなのです。 0Gから打ち始めて、投資6000円で250G前兆に入りCZである白鯨攻略戦へ。 弱いキャラクターばかりが選ばれてしまい一戦目で敗北してしまい残念ながら通らずAT獲得ならず。 有利区間は継続のコンビニステージ非経由。 次回のCZ当選が早い可能性が高いので、打ち続けてみることに。 そうするとなんと2Gで魚群のようにレムが流れてきて、激アツの文字が出てきました。 おそらく復活演出の一種だと思います。 白鯨攻略戦に突入し上乗せは70Gと少し物足りないもののまずまずの上乗せでした。 AT中にも上乗せ20G程度とれて、仕事帰りには悪くない勝ちだと思っていると終了画面 AT最終ゲーム でなんと強チェリーで30Gの上乗せ。 結果的1100枚ほど獲得し有利区間しだいでやめようと思ったところ、またしても有利区間継続のコンビニステージ非経由。 あまり時間がないものの継続してみることに。 30Gほど回すとモードの示唆になるカードがあるのですが、SRでした。 SRは6割が通常Aでの白鯨攻略戦ですが、引き戻しゾーン 256G以内の白鯨攻略戦 は10パーセント、鬼天国 256G以内にAT突入 が30パーセントとそれなりにチャンスであるし、通常Aであってもなんとか間に合いそうと思いながらも、引き戻し、鬼天国を願いながらも続行することに。 すると220GでCZ抽選の煽りが。 そして250Gで無事白鯨攻略戦へ。 なんとか40パーセントを取れていたようですね。 この時点で75%の確率で鬼天国のためかなりの確率でAT突入。 さらに普通の白鯨攻略戦で突破する可能性もありますので、アイコンは黄色と白のみですが安心しきっていました。 期待度は62パーセントと表示されていましたが、モードなどを知っていれば心の持ちようもかなり変わるので知識は改めて大切だと痛感しましたね! やはり62パーセントとはいえ、ミミ、白鯨討伐隊、白鯨などの一番弱いキャラは一度も選ばれることなく明らかな出来レースともいえる挙動でATを獲得。 初期上乗せゲーム数は70Gとまたしてもまずまずでした。 しかも、上乗せやビックボーナスなどもなく消化ゲーム数は70Gのままでした。 獲得枚数は500枚ちょっと。 時間は21時を少し過ぎたところ。 次がA天井なら間に合わないかも?と思いながらもまたしても有利区間継続のコンビニステージ非経由。 カードしだいでやめるのも悪くないと思っているとなんとSSSRのカードが出てきました。 SSSRは通常A、Bが21パーセント程度、通常Cが14パーセント程度、ですが引き戻し、天国、鬼天国で合わせて65パーセントもあるので不安はあるものの打ち続けてみることに。 150Gで煽りが発生したもののスルー。 この時点で天国はないことが確定してしまいました。 しかしまた220GくらいでまたしてもCZの煽りが。 240GのCZ中にAT直撃の演出が。 この時点で完全に鬼天国だったようです。 上乗せゲームは50Gと残念な結果に。 しかしAT開始直後からビックボーナスや上乗せ演出が明らかに増え、なにか出来レースのような怪しい挙動で合計60Gを上乗せが確定したところでなんと完走確定のゼロからっしゅMAXを獲得することができました。 ここから2400枚かと思ったのですが有利区間が継続しているので今までの獲得枚数も含めたうえでの2400枚のようです。 ただ通常時の分で使ったメダルの分は差し引きしてくれているようなので2400枚が手元に残るようです。 有利区間を無事完走し有利区間リセットのコンビニステージへ移行しました。 30Gほど回しカードのほうもNだったうえに、時刻は22時をこえていたため、時間的にもここがやめ時と考えやめることに。 会社帰りにコンパクトに2400枚程度を出せて6号機らしい遊び方ができたいい遊戯だったと感じました。 6号機も楽しめる台はたくさんありますね。 投資は6000円の300枚で回収は2414枚で2114枚のプラスでした。 おそらく設定も入っていたのもありますが、いいモードがつかめれば快適に遊ぶことができます。 ただ一日中打ち続けてみるには通常時があまりにも退屈かもしれませんね。

次の

リゼロ【スロット】天井・設定判別・フリーズ・解析攻略まとめ

リゼロ 天井

【リゼロ】ハイエナでの狙い目と期待値は? ハイエナで狙い目というのはシンプルに一つで、G数天井狙いのハイエナですね。 「200G〜」・「500G〜」というゾーンらしき振り分けが存在しますが、ゾーンをピンポイントで狙う必要はありません。 200G〜250Gまで回したのなら、天井まで打ち切った方が断然効率が良いです。 そして具体的な期待値の取れる狙い目G数としては、等価交換なら「150G〜」、5. 6枚現金なら「200G〜」なら天井まで全ツッパで良いでしょう。 なぜなら、0〜200Gでの初当りを明らかに削っている機種のため、 初当りを期待できるゲーム数だけ回せるというイメージですね。 それを繰り返していくことによって、天井も低くコイン持ちが良いので投資額は少なくなり、期待値が取れるという計算です。 まだ断定はできませんが、おそらく 期待値は1台あたり+1000円〜2000円ぐらい?になるのではないかと予想しています。 導入直後は(まだ導入直後ですが)、等価交換なら180Gほどから狙っても期待値が取れるという予想でした。 しかし、フタを開けてみたら150Gからでも十分な期待値が取れるという、超絶なハイエナ機種でありました。 6枚 (持ち玉) 160G〜 約1900円 5. 6枚 (現金) 250G〜 約1797円 等価 (積極派) 130G〜 約1515円 これだけ「ハマリ」と「スピード感のある出玉」の両極端な仕様である理由としては、6号機の規制が大きく関係しています。 スピード感の出玉を実現したからこそ、連続して初当たりが引けないようにしないと、出玉規制(6号機検定の試験)に引っかかるからですね。 故に、 0G〜200Gまでの区間は初当たりがほぼ引けず(自力当選もほぼ無い仕様にし)、 深いハマりに対しては初当たりの期待獲得枚数にも若干期待できる仕様にしたのでしょう。 ただし、 以下のような条件の際には即ヤメは厳禁ですね。 (コンビニステージ=非有利区間) コンビニステージからは必ず「温泉ステージ」または「ひざまくらステージ」へと移行します。 温泉ステージなら即ヤメでOK、ひざまくらステージなら出てくるキャラを確認しましょう。 また、有利区間のままでコンビニステージへ移行しなかった場合には、早いG数での当選(天国or鬼天国)の可能性があります。 ですので 「ATまたは白鯨攻略戦」終了後コンビニステージへ移行しない場合は、実戦上から分析しても高モードの可能性が高い為、次回の初当り(またはコンビニステージに移行する)まで打ち続けるのもアリだと思います。 その分天井までのゲーム数が浅めに設定されているというのが唯一の救いではありますが、一度打ち始めたら天井まで到達することは覚悟しなければならないですね。 もちろん当選する可能性はわずかにでもありますが、どう考えても「201G〜」のデータと比較しても当りづらい区間です。 ハイエナする上では、 白鯨攻略戦(またはAT)終了後はいかに即ヤメができるかが重要となってきます。 期待値を稼ぐのに大事なことは、無駄なコインロスを避けるということですね。 こちらの参考データ以外の情報でも同じような当選分布となっていたため、この辺りに間違いないと思います。 もともとゾーン狙いよりも天井狙いの方が効果的な機種なのですが、一応覚えておくと良いと思います。 「恐らくハマリモードによる恩恵なのではないか」と言われていますが、ここがまた天井狙いでの美味しいポイントとなります。 もちろん半数以上はCZ(白鯨攻略戦)のみで終了となるパターンとなるので、AT突入に対する過度な期待は禁物ですね。 「天井が低い+AT中の出玉スピードの速さ」で時間もあまり掛からないため、素早く台数をこなせそうです。 ハイエナでプラスにするためには数をこなして、しっかりとヤメ時を守るというのが鉄則ですね。 【リゼロ】朝イチ・リセット時の挙動 リセット(設定変更後)に関しては、非有利区間からスタートとなります。 要するにAT・白鯨攻略戦終了後と同じ状態になります。 メダルを投入すればコンビニステージからスタートとなりますが、メダルを入れなくても 「有利区間ランプ」が点灯していなければ「非有利区間」となるため外見での判別が可能です。 リセット後の対策(数G回すなど)をしていないホールであれば、朝イチなどの狙い台を絞る際に活用しましょう。 クレジット表示左の下ランプが点灯している場合は有利区間中なので据え置きの朝イチなら可能性大です。 ホール側の対策をされていなければ、レムの部屋から始まった場合には、設定据え置きとなります。 リゼロの前日ヤメG数はデータロボサイトセブンで見れる リゼロ(Re:ゼロから始める異世界生活)はハイエナするのにはぴったりの機種ですよね? データロボサイトセブンでは前日の「大当たり履歴データ」から最終G数を確認することができるため、朝イチに狙えることあります。 また、ホールで打っている際にも他の台データを閲覧することまでできるので、ハイエナや設定狙いでも大活躍します。 データロボサイトセブンから抽出した、「リゼロの大当たり履歴データ」を一部お見せします。 ホールで打ちながらも現在のハマりゲーム数なども、小まめにチェックしたりできるため、ハイエナだけでなく設定狙いでも使えるツールです。 データロボサイトセブンはたったの月額500円(税抜)で、いくつもの優良店が分かるのなら 「元を取れるどころか得した気分にしかならない」ですね。 (メダル約28枚分) 入会後は期間に縛りはなく解約はいつでも可能となっていますので、まだ利用したことがない方は勝率UPに向けて試してみて下さい。 今回のまとめ 今回はリゼロのハイエナ期待値についてお伝えいたしました。 これだけ初当たりが重くて、待獲得枚数が高めの機種というのは、だいたいハイエナが効く仕様ですよね。 こんなにボーダーが低いと設定狙いをする人は「未練打ち」ができないですし、基本的に皆さん即ヤメをするでしょう。 期待値のある台数がこなせる様だったら、設定狙いよりもハイエナの方が効率が良さそうです。 リゼロは良い意味であまりにもぶっ飛び過ぎた仕様なので、今後の動向に期待ですね。

次の