トーマツ 健保。 人間ドック

有限責任監査法人トーマツ|コーポレート:会社案内|デロイト トーマツ グループ|Deloitte

トーマツ 健保

とりわけ、地域医療における、持続的な質の高い医療を目指した、医療機関の機能再編(それに付随する施設整備・建替)、医療従事者の働き方・勤務環境は、重要性の高い課題として認識されています。 有限責任監査法人トーマツを中心とするデロイトトーマツヘルスケアでは、これまでも、政府、自治体、医療機関、民間企業に対して、様々な医療経営/医療政策に関連するアドバイザリーサービスを数多く提供してきましたが、上記のように複雑化する医療・健康分野の社会課題に取り組み、社会にポジティブな影響を与えるリーダーを支えることを通じて社会に貢献するためには、従来のサービス体系から一歩進んだ、新しい視点でのサービスの提供ならびに体制の強化が必要であると考えていました。 ) グローカル 世界中には多くの素晴らしい取組事例、工夫事例があります。 テクノロジーにおいても、業務のあり方においても、病院を建てるアプローチにおいても。 当然、日本の医療制度は他国の医療制度と異なるため、そのまま直接に当てはめることはできません。 ただ、それだからと言って、全く参考にしないというのは、勿体ない話だと考えます。 デロイト トーマツ ヘルスケアでは、国内での豊富な実績を礎に、医療領域において世界的にも強いデロイト グループの主要メンバーの一員として、表面的ではない、しっかりとしたネットワークをフルに活かして、「世界の事例と日本の地域医療現場の知見をかけ合わせた独自で日本の医療機関や政府自治体にとって有益な視点」からサービスを提供します。 多業界の知見の融合 これまでの医療機関へのコンサルティングサービスは、「医療業界の当たり前」のほとんどを所与として提供していました。 医療産業は特殊な産業であり、その特殊な環境を十分に理解した上でのサービスの提供が必須であることは言うまでもありません。 しかしながら、他業種では常識となっている多くのことが医療業界においても展開可能であるケースというのは多々あります。 例えば、支払プロセスのあり方、院内スタッフ間のICTコミュニケーションのあり方、投資における意思決定プロセスのあり方、多くのことについて、他業界で行われている知見を医療機関の経営/運営に合わせることで、質の高い医療サービス提供に繋がっていくケースもあると考えます。 「他業界の先進検討事例を踏まえた新しい解決アプローチ」を理解した上で、個々の医療業界にあった解決策を検討します。 詳細は をご覧ください。 DTTLおよびDTTLの各メンバーファームならびに関係法人は、自らの作為および不作為についてのみ責任を負い、互いに他のファームまたは関係法人の作為および不作為について責任を負うものではありません。 DTTLはクライアントへのサービス提供を行いません。 詳細は をご覧ください。

次の

有限責任監査法人トーマツ|コーポレート:会社案内|デロイト トーマツ グループ|Deloitte

トーマツ 健保

多様性の尊重 介護に関する制度概要 介護クーポンの利用 訪問介護、通所介護、入浴、福祉用具レンタル、デイサービスなどの介護サービスを利用したときに、健保組合のカフェテリアプランの積立ポイントを支払いにあてることができます。 介護カウンセリング 家族も含めた全ての社員・職員が利用できる外部相談窓口を設置。 相談内容に制限はなく、専門のカウンセラーが守秘義務を厳守して応じます。 Hello! トーマツ 一年に一度、社員・職員のお子さんを事務所に招き、保護者の仕事内容やトーマツについて理解を深めることを目的に実施しています。 Hello! Baby 東京・大阪事務所では、産休・育休者向けの交流イベント「Hello! Baby」を年1回開催。 可愛い赤ちゃんとともに賑やかな時間を過ごしています。 ランチ座談会 おおむね四半期ごとに働き方やライフイベントに関するテーマを掲げ、従業員誰もが参加できるランチ座談会を開催しています。 カフェテリアプラン トーマツの健康保険組合では、健康・レジャー・生活支援などの様々な福利厚生サービスを必要に応じて選択して利用できる選択式福利厚生制度(カフェテリアプラン)を導入しています。 人間ドックなど健康診断については、原則、本人負担はなく、その他のメニューは個別のポイントを自由に使って利用可能です。 クラブ・サークル活動 30以上の部活動やサークルがあります。 仕事を離れて仲間と楽しみながら、ネットワークも広がります。 他部署・OB・他法人など、様々な人と交流できます。 For information, contact Deloitte Touche Tohmatsu LLC. 著作権ならびにその他の利用規定については、をご覧ください。 DTTLおよび各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。 Deloitteのメンバーファームによるグローバルネットワークの詳細は「」をご覧ください。

次の

デロイト トーマツ グループのヘルスケアサービス|インダストリー:ライフサイエンス・ヘルスケア/ヘルスケア|デロイト トーマツ グループ|Deloitte

トーマツ 健保

個人情報保護の取り組みについて デロイト トーマツ グループ各法人は、個人情報の保護に関する法律(以下、「個人情報保護法」または「法」と いいます。 )における個人情報取扱事業者として、個人情報保護の必要性および重要性を認識しておりま す。 デロイト トーマツ グループ各法人は、以下のとおり個人情報保護に関する基本方針を定め、すべての従業者に 周知徹底するとともに、当該方針を遵守し、個人情報保護を徹底いたします。 *は、日本におけるデロイト アジア パシフィック リミテッドおよびデロイトネットワークのメンバーであるデロイト トーマツ合同会社並びにそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人、DT弁護士法人およびデロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社を含む)の総称です。 デロイト トーマツ グループ各法人の一覧については をご覧ください。 1.基本方針 1.デロイト トーマツ グループ各法人は、個人情報保護法および関連官庁ガイドラインその他個人情報の適 正な取扱いに関連する法令を遵守します。 2.デロイト トーマツ グループ各法人は、個人情報を取得する場合は適正に行うものとし、法令の定める 場合のほかは、あらかじめ公表した、あるいは取得の際に通知または明示した個人情報の利用目的範囲内において使用します。 3.デロイト トーマツ グループ各法人は、個人情報の紛失、改ざん、漏えい等を防止するため、情報セキ ュリティを含めた個人情報の取扱いに関する安全管理を適切に実行します。 4.デロイト トーマツ グループ各法人は、個人情報保護のための管理体制および取り組みを定期的に見直し 、継続的な改善に努めます。 2.個人情報の取扱いについて デロイト トーマツ グループ各法人は、本ポリシーを当Webサイトに掲載することにより、個人情報 の利用目的、共同利用等についてあらかじめ公表いたします。 個人情報の利用目的 1 会計監査・証明業務、リスク・アドバイザリー、ファイナンシャル・アドバイザリーサービス、コンサルティング・サービス、税務サービス、法務、その他、デロイト トーマツ グループ各法人におい て提供される各種サービスのご案内およびご提供(独立性、コンフリクト等の確認手続を含みます)。 2 デロイト トーマツ グループ各法人の出版物(ニューズレター等、webサイトや電子メール等によるも のを含みます。 )による情報提供およびその販売・購読のご案内。 3 各種セミナーや勉強会の開催のご案内およびそれらの運営。 4 社員・職員等(役員、その他、名称等の如何によらずデロイト トーマツ グループ内で業務に従事す る従業者を含みます。 )の採用選考および採用後の人事管理。 5 デロイト トーマツ グループ各法人の提供するサービスに関連する提言・統計・調査等および公的機関等 の諮問に応じるなどの社会貢献活動。 6 みなさまからの各種お問い合わせへの回答。 7 法令遵守・品質管理等の必要性に基づく総合的なリスク管理。 共同利用 A.デロイト トーマツ グループ各法人の共同利用 デロイト トーマツ グループ各法人は、取得した個人情報を、本ポリシー「 2 共同利用する者の範囲」に記載されている者の間で、共同利用することがあります。 1 共同利用することのある項目: 〔外部情報〕 ・氏名(氏名を特定する勤務先・所属・肩書等を含みます)、住所、電話番号、ファックス番号、メ ールアドレス、ご要望事項等 ・お問い合わせに関する事項 ・サービス提供に関する事項 〔内部情報(従業者情報)〕 ・氏名その他の雇用・評価管理情報 2 共同利用する者の範囲: ・デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(以下、「DTTL」といいます。 )及びその関係法人(詳しくは) ・DTTLのメンバーファーム及びそれらの関係法人(一覧については) ・デロイト トーマツ グループ(一覧については) ・(従業者情報について)トーマツ健康保険組合 3 共同利用の目的: ・本ポリシー「 個人情報の利用目的」の範囲内において、必要な場合に限り共同利用することがあります。 4 共同利用管理責任者:デロイト トーマツ合同会社 B.不動産鑑定士協会会員法人固有の共同利用 デロイト トーマツ グループ各法人のうち、社団法人日本不動産鑑定士協会または都道府県不動産鑑定士協会の会員 となっている法人がある場合、当該法人については、前項Aの共同利用とは別に、当該法人のみの事項 として、上記不動産鑑定士協会の定めに基づき、不動産鑑定評価等業務に関する次の共同利用を行うことがあります。 1 共同利用することのある項目:物件所在地、価額、面積、面積、取引当事者の氏名、面する道路の幅員などの個別的な、ある いは公法上の制限、所在する地域の特徴などの地域的な価格形成要因のデータ項目 2 共同利用する者の範囲:社団法人日本不動産鑑定協会およびその会員、ならびに都道府県不動産鑑定士協会およびその会員 3 共同利用の目的:地価公示、地価調査他の公的評価および不動産の鑑定評価に関する法律第3条に定める鑑定評価等業務 4 共同利用管理責任者:社団法人日本不動産鑑定協会 第三者提供 デロイト トーマツ グループ各法人は、みなさまの個人データを、原則として、法令等に定める場合および法令等の趣旨に基づきご本人の同意があると認められる場合を除き、第三者提供いたしません。 外国にある第三者への提供 デロイト トーマツ グループ各法人は、みなさまの個人データを、外国(以下、「本邦の域外にある国または地域」をいいます。 )にある第三者に提供する場合には、個人情報保護委員会規則で定める基準に適合する体制を整備している第三者へ提供するか、または、あらかじめ外国にある第三者への提供を認める旨の本人の同意を得た上で提供します。 3.個人情報の管理について 1 デロイト トーマツ グループ各法人は、利用目的の達成に必要な範囲内において、個人データを正確かつ最新の内容に保つよう努めます。 2 デロイト トーマツ グループ各法人は、個人情報を安全に管理し、個人情報の紛失、破壊、改ざんおよび漏えいを防止するため、不正アクセス、コンピュータウィルス等に対する適正な情報セキュリティ対策を講じます。 3 デロイト トーマツ グループ各法人は、個人情報管理責任者を任命し、個人情報の適正な管理を実施します。 社員・職員その他の従業者に対しては、個人情報の保護および適正な管理方法等について研修を行い、日常業務における個人情報の適正な取扱いを徹底します。 4 デロイト トーマツ グループ各法人は、個人情報の取扱いについて、従業者および委託先を適切に監督いたします。 4.保有個人データの開示・訂正等の求めに応じる手続 デロイト トーマツ グループ各法人は、その保有個人データについて、個人情報保護法に基づく開示・訂正等、利用停止等を求められる場合には、法令にのっとり適切に対応いたします。 1 手続:下記受付窓口あてにお問い合わせください。 具体的な方法について個別にご案内申し上げます。 2 デロイト トーマツ グループ各法人の受付窓口: をご覧ください。 5.苦情・お問い合わせ デロイト トーマツ グループ各法人の個人情報の取扱いについて苦情のお申し出やご意見・ご質問がありましたら、までご連絡をお願いいたします。 *なお、共同利用の場合を除いては、個人情報の管理はデロイト トーマツ グループ各法人が各々その責任において 行うものであり、デロイト トーマツ グループを構成する法人またはDTTLのメンバーファームもしくはそれらの関係法人に対して、個別具体的事情なく責任を連帯させるものではありません。 6.本ポリシーの改訂 デロイト トーマツ グループ各法人は、必要に応じて、本ポリシーの内容の全部または一部を改訂することがあります。 改訂した場合には、当ホームページに掲載等することにより公表します。

次の