コロナ ウイルス ワクチン いつ。 新型コロナウイルスの大流行はいつ終わる? 生活はもとに戻るのか?

新型コロナウイルスのワクチンができるのはいつ?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座(サライ.jp)

コロナ ウイルス ワクチン いつ

3月に会見した大阪大学の森下竜一教授とアンジェスの山田英社長、タカラバイオの峰野純一取締役(左から) 大阪大学発のバイオ企業であるアンジェスは5月25日、大阪大などと共同開発している新型コロナウイルスに対するDNA(デオキシリボ核酸)ワクチンについて、3月26日から行っている動物へのワクチン投与で、抗体価上昇が確認できたと発表した。 今後、毒性試験結果を確認した上で、速やかな臨床試験への移行を進めるとしている。 今回、アンジェスが確認したのは、マウスとラットへの投与で抗体価が上昇したということのみ。 試験方法や具体的な数値などの情報については「まだ途中の段階なので開示できない」(広報担当者)とした。 中和抗体かどうかを確認できているのかについても、「現段階では伝えるのを控える」とした。 逆にその段階でリリースを出した理由については、「動物実験で結果が出ないと、臨床試験には入れない。 動物で抗体ができることが大きなベンチマークだった」と説明した。 なお、今後のスケジュールについては、7月にも大阪大学医学部付属病院と大阪市立大学医学部付属病院の2施設で数十人程度を対象に行う計画だ。 その後、大規模な臨床研究を経て、「承認については我々が決められることではないが、年内にも使えるようにしたい」(同社広報)とのことだ。 なお、ワクチンの製造についてはタカラバイオが協力しており、タカラバイオはAGC子会社のAGC BiologicsにDNAワクチン中間体の分担製造を委託、Cytiva社には精製用資材の優先的な供給という協力体制を構築したことを発表している。 これにより、「年内に20万人分の供給ができる体制を確保できた」(タカラバイオ広報)としている。 なお、ワクチンに関しては中国CanSino Biologics社が5月22日に英Lancet誌に、108人を対象に実施した第1相試験の結果を報告した。 それによると、アデノウイルスベクターを用いたスパイク蛋白質遺伝子のワクチン接種により、ワクチン接種後14日目から特異的なT細胞の応答が認められ、28日目にピークに達したとしている。 免疫原性の高さは用量依存的に認められ、高用量群の一部で、重度の発熱、疲労、呼吸困難、筋肉痛、関節痛が報告されたとしている。 新型コロナウイルスに対するワクチンの開発では米Moderna社が第1相臨床試験の中間解析結果を発表した他、米INOVIO Pharmaceuticals社もNature Communications誌に前臨床のデータなどを発表している。 ワクチンの開発競争が加速してきた状況だ。

次の

「早く、大量生産できる」新型コロナ国産ワクチン、年内供給を目指す。開発者に最新状況を聞いた

コロナ ウイルス ワクチン いつ

世界中で新型コロナウイルスが猛威をふるっています。 その中で「ワクチンはいつできるのか?」ということも話題になっています。 すでに国内外、数社が新型コロナウイルス(COVID-19)のワクチンを開発中です。 しかし、完成するのは「最短で6か月」と報道されています。 ここでワクチンとは何か、基本をおさらいしておきましょう。 人間の体は日々、ウイルスや細菌といった病原体にさらされています。 病原体に感染することでさまざまな症状が発症し、最悪の場合、死に至るわけです。 あらかじめその病原体のワクチンを接種すると、体の中に病原体への抗体ができます。 ワクチンは体にとって異物だからです。 そして、次に外から本物の病原体が入って来た時に、その抗体が病原体をやっつけるわけです。 ワクチンには「生ワクチン」「不活性ワクチン」「トキソイド」の3種類があります。 「生ワクチン」は、病原体は生きていますが、病原体のウイルスや細菌が持っている病原性を弱めたものです。 病原性を弱くしたウイルスや細菌が身体の中で徐々に増えるので、接種後1~3週間に自然にかかったのと同じような軽い症状が出ることがあります。 「不活化ワクチン」に比べて接種後、体内での増殖力が強いため、接種回数は少ないという特徴があります。 「不活化ワクチン」は病原性を無くした細菌やウイルスの一部を使ってつくられたワクチンです。 接種しても、その病気になることはありませんが、1回の接種では免疫が充分にはできません。 ワクチンによって決められた回数の接種が必要です。 「トキソイド」は、細菌の産生する毒素(トキシン)を取り出し、免疫をつくる働きは維持しながらその毒性をなくしたものです。 不活化ワクチンとして分類されることもあります。 SARS、MERSもコロナウイルスの仲間 では、コロナウイルスについてみていきましょう。 国立感染症センターの説明によると、人が日常的に感染する4種類のコロナウイルスがあり、「風邪の10~15%(流行期35%)はこれら4種のコロナウイルスを原因とする。 冬季に流行のピークが見られ、ほとんどの子供は6歳までに感染を経験する。 多くの感染者は軽症だが、高熱を引き起こすこともある」というものです。 2002~2003年シーズンに流行ったSARS、2012年にサウジアラビアで発見されたMERSも、コロナウイルスの仲間です。 今回は今まで報告されていた6種類とは異なる型のコロナウイルスが発見されたということです。 今回の新型コロナCOVID-19のワクチンですが、先述したとおり、製薬会社では「早くて半年」で開発できると言っています。 ただウイルスの特性からして、インフルエンザウイルスもそうであるように半年後には微妙に型が変化している可能性もあります。

次の

新型コロナ、ワクチンはいつできるのか?

コロナ ウイルス ワクチン いつ

sponsorlink 新型コロナウイルス終息の条件 新型コロナウイルスの「終息」とは、感染患者が1人もいない状態のことである。 過去にもコロナウイルスが猛威を振るったが、「終息宣言」が出ている。 過去のコロナウイルス感染症の「終息宣言」 SARS(重症急性呼吸器症候群) SARSは2002年11月に、中国広東省仏山 フォーシャン 市で流行が始まる。 2003年7月5日にWHOより「終息宣言」が出された。 MERS MERSの韓国での感染拡大では、2015年5月中旬から感染した患者が出た。 韓国政府は2015年12月24日をもって終息宣言を発表。 新型インフルエンザ 2009年の新型インフルエンザの感染拡大では、4月にアメリカやメキシコで、ブタ由来のウイルスが、人から人に感染する例が複数確認された。 8月10日、WHOは世界的な大流行は終結したとして、パンデミックを解除した。 この潜伏期間を前提として、SARSやMERSと同じ基準によれば、 28日間、新たなウイルス患者が出ないことが終息宣言の条件になると考えられる。 但し、これは北半球の話。 『 北半球の気候が温暖になりウイルスの広がりがいったん収束しても、これから冬を迎える南半球で感染拡大が続けば、北半球に再度ウイルスが移り、「感染のサイクル」が作られる恐れがある。 新型コロナウイルスの場合、人口の7~8割が感染する必要があり、現実的ではない(=封じ込めと真逆)。 となるとワクチンの接種となるが、ワクチンの開発は始まったばかり。 東京医大の浜田篤郎教授(渡航医学)は「最終的にはワクチンができるまで流行を繰り返すのではないか」とした上で、 終息まで「二年程度はかかる」と予想する。 新型コロナウイルス終息時期は予測できない SARSウイルスと新型コロナウイルスの遺伝子は、90%近く同じであるという。 であれば、夏ごろに終息する可能性がある。 しかし、事はそう単純ではない。 それは夏(季節性)だから終息したのか、封じ込めが効果を発揮したのが夏だったからなのかに明確な答えが出ていない為だ。 また、新型コロナウイルスの封じ込めがどこまでうまくいくかによっても変わって来る。 新型コロナウイルス終息時期がいつになるかは、新型コロナウイルスが季節的かそうでないかによって異なる。 新型コロナウイルスが季節的なものである場合 新型コロナウイルスの封じ込めが上手くいき、新型コロナウイルスが季節的なものであれば、夏ごろに終息する可能性がある。 但し、それは北半球の話。 今度は南半球で感染が拡大し、その感染が北半球に及ぶ可能性があるので、安心はできない。 新型コロナウイルスが季節的なものでない場合 新型コロナウイルスが季節的なものでなければ、終息はワクチンの開発を待つしかない。 これには2年程度かかる見込み。 この場合、新型コロナウイルスの終息宣言は来年以降になる。 新型コロナウイルスはどうすれば終息するのか? 新型コロナウイルスを終息させるには以下の方法が考えられる。 封じ込めには限界がある。 集団免疫 集団免疫には人工の7~8割程度が新型コロナウイルスに感染する必要があり、現実的でない。 季節(高温多湿) 「インフルエンザウイルスなど一部のウイルスは、気温が低く空気が乾燥していると感染が拡大しやすい」とされているが、新型コロナウイルスもそうなのかについては分かっていない。 免疫力を高める 新型コロナウイルスに感染した人が全て重症化する訳ではない。 その差は「免疫力」にある。 いかに「免疫力」を高めるかが今後の課題となる。 ワクチン 新型コロナウイルスに最も有効なのがワクチン接種だ。 しかし、ワクチンの開発は始まったばかり。 ワクチンが出来るまで1年~2年程度かかる。 我々が今取るべき新型コロナウイルス対策は? 個人レベルで出来ることは限られる。 感染を拡大しない まず、感染を拡大しないことだ。 マスク着用、アルコール消毒の徹底、密閉した空間、人と至近距離での接触は避ける。 しかし、このことについて触れた記事やニュースは見当たらない。 免疫力を高めるのは何かをしてすぐ効果を発揮するものではないが、健康と免疫力は切っても切れない関係なので、これを機に免疫力を高める生活習慣を意識することが大事だ。

次の