猫 保険。 猫のペット保険は必要?知っておきたい猫の保険のこと

猫の健康診断の費用ほどのくらい?ペット保険は使えるの?

猫 保険

私たちに癒しを与えてくれる 愛猫ですが、突然の病気やケガが 起きたらとても心配ですよね。 愛猫が元気になるのであれば、 治療費が高くなってもかまわない! という飼い主さんがほとんどだと 思いますが、実際に請求書を 見せられるとちょっとひるみますよね。 そう、 猫 や犬の治療費は全額自己負担。 さらに動物病院によって、 治療費は大きく異なります。 愛猫の万が一の時のために、 『お金の心配なく治療に 専念させてあげたい!』 そんな飼い主さんの要望に応えて くれるのが ペット保険です。 でも、多くの保険会社が ペット保険を宣伝しており、 どの保険が自分の愛猫に合うのか 分からずに迷っている人もいるのでは? 今回は、どのペット保険に 加入するか迷っている飼い主さん のために• ペット保険おすすめTOP5• 猫にペット保険は本当に必要?• 「補償割合、限度額」を確認して保険を選ぶ についてご紹介します。 愛猫にぴったり合うような 保険を見つけて、 万が一の ケガや病気に備えましょう。 もちろん突発的な事故やその他病気で手術をすることはありますが、ペットの医療費で一番かかるのは「高齢になったときの通院費(薬代等含む)」だと思います。 このペット保険は通院費用の保証がない点がダメだと思うのですが、その点指摘した口コミが採用されていないのがちょっと不思議です。 我が家はその点がダメだと思ったのでこの保険には入っていません。 通院費を保証しないなら、業界トップの保険料なのはある意味当然だと思います。 といったように、 手術補償のみにしか 対応できない保険に不満をもつ 口コミもいくつか見られました。 第2位 ペットメディカルサポートPS保険 出典: 「ペットメディカルサポートPS保険」 の特長は、 通院でお金がかかったので、保険請求したところ、免責金額というのが14000円とあり、Mプランだと通院なんかまったくといっていいほど無駄でした。 といったように、 免責金額の高さに対して 不満をもつ口コミが見られました。 猫のペット保険の必要性とは? 我が家の愛猫は元気だし、 今後もきっと元気で長生きするだろう と思い込んでいませんか? 若い時は、元気で活発な猫でも 年齢を重ねると様々な病気が出て きます。 特に猫は泌尿器系の病気にかかり やすい特徴があり、ひとたび泌尿器系 の病気にかかると 何日間か通院しなければ ならないですし、場合によっては手術が 必要なことも。 大事な愛猫の治療費は高額に なりますが、あなたはきちんと 支払えますか? ここでは、 ペット保険の必要性について まとめてみました。 動物病院でかかる費用はどのくらい?保険は適応されるの? 動物病院でかかる費用は治療内容に よって異なります。 ここでは、例として尿路結石に かかった場合の治療費を挙げて みました。 手術 の3種類に分けられます。 通院補償 下痢や皮膚炎、猫風邪など軽度の病気 やケガで動物病院を 通院した場合に かかった検査料や処置費用を補償。 入院補償 手術後に入院が必要になった場合、 その時にかかった 入院費や投薬費など の費用を補償。 手術補償 病気やケガで 手術をおこなったときに かかった費用のみを補償。 契約内容によっては、 日帰り手術は 補償されない場合もあるので注意が 必要です。 避妊手術にもペット保険は適応される? 愛猫を長生きさせたり、不用意に子猫を 増やさないためにも、 避妊手術は飼い主の 義務です。 でも、ペット保険に入っていれば、 手術として適応できるんじゃないのと 思っている飼い主さんも多いのでは? 実は、避妊手術は残念ながら ペット保険の適応ができません。 理由は、避妊手術は 「予防を目的とした医療行為」だから。 保険が適応できるのは、 「治療を目的とした手術、入院、通院」 のみになっています。 ペット保険の賢い選び方とは? ペット保険の補償には、 手術、入院、通院の3種類の補償がある ことが分かりました。 3種類の補償の中でどの補償に一番 重点を置くかについては飼い主さんの 考えによってそれぞれ違うと思います。 ペット保険に入るのであれば、 コストが少なく、 補償がしっかり している保険に 入りたいものです。 では、ペット保険の賢い選び方は あるのでしょうか? 「補償割合」「補償限度額」を確認 ペット保険は、ペットが病気やけがをして 治療を受けた時に 治療費の一部を保険金と して受け取れるもの。 人間でいう 医療保険と同じですよね。 では、治療費の一部とは一体どのくらい の金額が保険金として入ってくるのか? それは、契約した「補償割合」によって 異なります。 ただ、 割合が高ければ高いほど月々の 保険料も高くなります。 補償限度額 補償割合を決めたらそれで ペット保険選びはOKだと思ったら 大間違い! 「補償限度額」も併せて確認しましょう。 ペットの治療費は高額になるので、 ほとんどの保険商品では、 「補償限度額」が決まっています。 補償限度額とは、ペットの治療で、 通院・入院・手術といった治療を した場合、 保険会社から支払われる 保険金の上限の額のことで、 「支払限度額」とも言われます。 支払限度額の定め方には、保険会社の商品に よって様々ですが、主に2パターンあります。 【パターンA】 入院・通院・手術などの 治療方法に合わせて、それぞれ 「限度日数・回数」が定められている 出典: 人間の医療保険でも 同じような表を見たことが ある人もいるのではないでしょうか? 【パターンB】 治療方法に限らず、 年間の支払保険金額 の合計が定められている 出典: パターンBの場合、限度日数や回数に 定めはありませんが、 年間の上限金額 を超えると保険金請求ができなくなり、 全額自己負担になるので注意が必要です。 「補償割合」、「補償限度額」を 確認せずに保険に加入すると、 実際に保険請求をしても想像して いた金額よりも少ない金額 しかもらえない場合があります。 愛猫の 緊急時にお金の心配をせず 治療に専念したいですよね。 そのためにも、保険を選ぶ際は この2つを確認して、賢く選びましょう。 まとめ 人気のペット保険の紹介と 保険の賢い選び方や補償内容について まとめましたが、いかがでしたでしょうか? ペット保険には、 愛猫の健康、心配ですよね? 実際に保険会社が調査した結果、 ペットが5歳になるまで手術費用を請求する 確率が80%というデータが出ています。 ・保険料が高くつきそう ・使わないともったいない ・どの保険が愛猫に合うのかわからない などの悩みありますよね? そんなあなたには、 ペット保険の資料一括請求がおすすめです。 ・かんたん入力で保険会社の違いが明確。 ・愛猫の健康状態に合ったプランが探せる。 ・複数の保険会社間のサービスを比較できる など、ネットで申し込むだけで、 愛猫にピッタリな保険がわかります。

次の

猫のペット保険

猫 保険

もくじ• ペットの家族化が進み、 最近注目を集めている猫のペット保険。 可愛い猫の為にペット保険に 加入をしたいけれど 多すぎてどこを選んでいいのかわからない! 病気やケガなどをしても 保険に加入していれば、 半分以上の医療費が抑えられます。 人間と違って猫ちゃんの医療費は 100%負担しないといけません。 もしもの時に備えて入っておきたいペット保険。 管理人たむ子が思うペット保険の選び方の ポイントの紹介と、 代表的なペット保険会社10社を 紹介したいと思います。 なぜ那安いのか? それは病気になるリスクが 比較的低いからです。 保険料が高くなり始めるのは シニアと呼ばれるようになる 9歳頃からです。 1回の治療費が少額でも補償されています。 歯の治療も補償対象なのも珍しいです。 ペットセレモニー特約があるのが とても魅力を感じました。 保険料は他の保険会社と 比べると少し高めですが、 補償内容でカバーされていると思います。 まずは通院入院手術を補償してくれる 『プラチナプラン』から。 プラチナプラン補償割合 90% 70% 50% 保険料猫0歳 2,680円 2,090円 1,490円 通院の支払限度額・日数 なし 入院の支払限度額・日数 なし 手術の支払限度額・日数 なし 年間補償限度額 90万円 70万円 50万円 保険料の上がり具合 谷型保険料体型で1歳から徐々に保険料が下がる。 そして6歳以降ゆるやかに上昇 免責金額 なし オプション特約 賠償責任特約あり 生涯保険料 0~20歳まで 1,076,440円 837,120円 600,090円 通院を重視した保険 『ゴールドプラン』を 紹介します。 ゴールドプラン補償割合 90% 70% 50% 保険料猫0歳 2,680円 2,090円 1,490円 通院の支払限度額・日数 なし 年間補償限度額 90万円 70万円 50万円 保険料の上がり具合 谷型保険料体型で1歳から徐々に保険料が下がる。 そして6歳以降ゆるやかに上昇 免責金額 なし オプション特約 賠償責任特約あり 生涯保険料 0~20歳まで 656,160円 510,310円 364,590円 通院や入院などにかかった費用から、 単純に加入したプランのパーセンテージを 差し引いた額が補償されるので非常に 計算しやすい保険です。 保険料が右肩上がりではなく、 病気のリスクの少ない年齢は保険料が 安くなるがその後上がり続けます。 20歳までしか継続できないので、 悩むところです。 歯の治療は補償対象外です。 が! 14歳~終身まで一切の値上がりがなし。 これは珍しいです。 長い目で見れば総保険料は 比較的安めだと思います。 獣医師さんによる相談窓口も あるので、初めて猫を飼われる方も 高齢の猫を飼われている方も 心強いかと思います。 通院や入院、手術の限度額や日数制限が ないのも特徴のひとつです。 年間最大補償額以内の治療費であれば 保険金を受け取る事が出来ます。 プリズムコールペット保険 ・補償割合が80%のプランのみ ・通院や入院、手術の回数制限なし ・1日の限度額なし ・全国の動物病院対応 ・生後50日から16歳11ヵ月まで新規加入可能 ・猫白血病や腹膜炎、免疫不全ウイルスの 治療中の猫は加入できない ・8歳以上の新規加入は健康診断が必要 病気やけがに備えてしっかり備える 補償内容が充実した 『ファーストプラン』と お手軽価格で病気やケガに備える 『ベーシックプラン』の2種類の 保険のプランがあります。 どちらのプランも保険料の 上昇幅が本当に少ないです。 大幅に保険料が上昇しない代わりに 免責金額の負担があります。 全身麻酔を伴う歯の手術でも、 歯科の治療は保険適応外になります。 特定の病気やケガは 5,000円から20,000円の補償しか ないので注意が必要です。 ペッツベストの最大魅力は 高齢になった猫ちゃんでも 保険料が安く、高度な治療や 高額な医療費が補償される事です。 アニコム損保ペット保険『どうぶつ健保』 ・どうぶつ健保対応病院なら 窓口で保険金の手続きが出来る ・lineでも簡単に請求できる ・7歳11カ月まで新規加入可能 ・しつけ・健康相談窓口あり ・迷子検索サポートあり ・どうぶつ健保ふぁみりぃプランのみ 多頭割・健康割引制度あり どうぶつ健保には通院・入院・手術が補償の 『どうぶつ健保ふぁみりぃ』と 入院・手術のみ補償の『どうぶつ健保ぷち』の 2種類のプランがあります。 0歳で1,090円~、 7歳の猫ちゃんでも月額1,270円 なので多頭飼いの方にもおすすめです。 どうぶつ健保ふぁみりぃのみ 保険証を発行する事が出来るのですが、 保険証を対象病院に提出すると その場で保険金が精算が出来るので 楽です。 他社と比べると保険料は高めです。 しかし通院入院手術合わせると 年間補償限度額が840,000円 70%プラン と 補償額が高めなので、ここもポイントです。 1日につき3,000円以下の治療費は 保険金が出ない事が分かります。 でも月々の保険料が安いのが魅力的です。 10歳以降の高齢猫の保険料も 2,090円です。 通院や入院の支払限度額・日数に 制限がないので、日数のかかる病気に なった場合も年間限度額以内であれば 安心して治療が受けられる。 ・加入前の健康診断不要です。 ・ネット申し込み割引あり ・多頭割引もある 割引率2% ・1年間無事故なら無事故継続割引がある 5% ・24時間電話相談窓口がある アイペット対応病院のみ保険が使えます。 このようなステッカーが出入り口や 受付に貼ってあります。 アイペット保険は2種類の保険プランが あります。 8万円 122. 4万円 保険料の上がり具合 ゆるやかに上昇だが、12歳までの保険料しか記載されていない。 免責金額 保険を使う際にいる自己負担額 無し オプション特約 ペット賠償責任特約あり 生涯保険料 0~12歳 13歳以降は非公開 516,520円 667,290円 月々の保険料が0歳の時から高めの設定ですが、 年間補償限度額が他の保険と比べると 高額です。 オプション特約 ペット賠償責任特約有り 生涯保険料 0~12歳 176,200円 最低支払対象治療費 3万円 こちらの保険は 手術のみ補償。 保険料は猫0歳780円~からで とてもお手頃です。 手術+入院 合わせて10日まで 費用90%補償。 手術+入院がセットになって初めて保険金が 支払われる保険です。 入院だけでは保険金は支払われません。 12歳の高齢の猫ちゃんも新規加入できるのが 魅力ですね。 ネット割りや多頭割引、 無事故割引などサービスも充実。 ただ13歳以降の保険料が非公開なのが 少し不安ですね。 あんしんペット保険 ・SプランやMプランは保険料が安いので 気軽に加入できる。 お守りがわりに加入してみても いいかもしれません。 手厚い補償を求めるならLプランを おすすめします。 あんしんペット保険は終身ではなく、 20歳までしか継続できませんが、 その分保険料が少し 安めだと思います。 保険料は13歳以降上がらないのも魅力です。 たむ子のつぶやき 簡単にですが、各保険会社の特徴と 紹介保険料の紹介させてもらいました。 少しでも参考にして頂ければ、 こんなに嬉しい事はありません。 ほとんどの保険会社が 高齢になるにつれて 右肩上がりに保険料が 上がっていくので 生涯かかる保険料の計算を してみて慎重に選びたいですね。 免責金額の支払いを無しのプランだと 月々の保険料が若干高くなります。 免責金額支払うプランは安めです。 通院や入院の日数の制限がある保険会社も あれば、日数制限の無い保険会社もあります。 しっかり読んで可愛い猫ちゃんの為に 合った保険プランを選びたいです。 猫の年齢とか関係なく、 思い立った時が 加入する時だと思います。 資料請求して実際比較してみても いいかもしれませんね。 無料なので是非一度取り寄せてみては いかがでしょうか。

次の

猫の保険のおすすめ!10歳以上のシニア猫でも入れるペット保険とは?

猫 保険

このシステムの場合は、業界に参入するには免許が必要となり、扱える商品は限定されません。 少額短期保証会社は、飼い主が支払う保険金が、損害保険会社と比較をすると安いのが特徴で、人間側の負担が少ないのです。 業界に参入するのは登録制で、免許が必要な場合よりも比較的簡単なのですが、扱える商品が短期、掛け捨て、少額に限定されます。 猫の保険には、あとで保険料を請求して保証してもらう方法と、病院の窓口で、保険では負担されない自己負担額だけ支払う方法があります。 窓口で負担額だけ支払う方法のほうが、面倒がなくて良いと言われてます。 の保険比較サイトで、我が家の黒猫モモ3歳の、種類と年齢を入れて保険料を試算してみたら、一番保険料が安かったのは、ガーデンの50%の治療費保証割合で、月々820円でしたが、ここは多頭飼い割引をしていて、一頭につき900円の割引をしてくれるようですが、いろいろと調べていくと、猫の条件によっていろいろとプランがあり、かなり面倒な感じは否めません(汗)。 そして、2006年4月までは、いわゆるペット共済というシステムは、運営を監督する官庁がなかったので、規制する法律もありませんでした! そのため、まがいのお金の集め方をしていたので、トラブルが急増していたのですが、2006年4月に法律が改正され、最初に書いたとおり、精度が出来たので、共済などもの監督下に置かれています。 猫の保険の仕組みは?対象動物は? そもそも、ペット保険などの仕組みはどうなっているのでしょうか? 基本的には助け合いの精神が根本にあります! みんなが少しずつお金を出し合って、保険会社がその資金をプールし、病気をしたり、怪我をしたりした動物がいると、そこから保険金として動物病院でかかる費用を負担してくれます。 そして、猫の保険は加入後待機期間という、その間に病院で病気を発症した場合、保険金が下りない期間が設けられていて、これは各会社によって期間は違います。 例えば一般的には加入後の待機期間は30日、がんなどの病気なら120日となっていて、審査がおりて契約を開始しても、この期間は補償されません。 理由は、実は兆候が事前にあったのに、保険に加入して、その後病院に連れて行くといったずるをする人がいるからです。 保険会社も商売ですから、こういった待機期間を設けて防衛しなければなりません。 加入対象も、各会社によって違いがありますし、になっている場合加入できないところもあります。 猫の保険に加入するときに健康診断を行うかどうかも、各会社によって違います。 そもそも猫には公的な健康保険がありませんし、治療費もかなり高いので、もし仮に大きな病気を発症した場合、治療費に悩まされることになりますから、日本でも年々猫の保険を必要だと判断して入るべきか悩んだ後、結果的に加入する人はどんどん増えているようです! 猫の保険に入るべきかどうかは、まさに一緒に暮らす人間の判断に委ねられるという話になります。 外に出ていく猫がいる場合、いつ事故にあったり怪我をするかわかりませんし、室内飼いの猫だからといって、怪我をしないとは言い切れません。 心配しはじめたらキリがないのですが、愛猫のために保険に入るべきかどうか悩むところですね! しかも、保険に入ったところでプランによっては100%の保険料が保証されているわけでないので、ここも入るべきかどうかという判断材料になり、必要かどうかと問われると、必要ないとは言い切れないと答えるしか無いのかなというのが現状でもあるようです。 それでは、猫が保険に入ったときのメリットとデメリットをご紹介しておきます。 猫の保険安いものはあるの? 猫の保険は、条件やプランなどによって安いものもありますが、どんな内容の保険をつけるかによって金額なども変わってきます! そして、安い保険料のものは、補償金額が100%でないものも多いので、よくプランを比較して、これならばというものをご自身で見つけていくしかなさそうです。 猫の保険に関して個人的見解! 黒猫モモを拾ったときから、猫の保険は必要なのかな、入るべきかと考え続けて気づけば3年! もし入るべきと思うのなら、そろそろ考えて決めてしまわないとどんどん年齢を重ねていってしまうので悩みどころですが、獣医の見解だと、6歳の健康診断をパスしたら、加入をしたほうがいいかもということです。 理由は、猫は7歳を過ぎた頃からぐっと病気を発症しやすくなるからだという話のようです。 個人的には、毎月数千円を掛け捨てにするのなら、それを、もしものときのために猫用貯金として積み立てておくほうがいいのかなとかいろいろと考えてしまいます。 北区赤羽で税理士をされている方の見解を読んで、個人的にやはりまずは積立貯金からがいいのかなとも考えてしまいました。 記事はこちらになりますので、参考にされてください。 うーん、悩みどころですが、現在ペット共済へ資料請求をしていますので、資料が届いたら、またいろいろと考えたいと思います。 基本的に猫も人間と同じ哺乳類ですから、食事の内容に注意して、ストレスを与えないようにしたりすれば、黒猫のモモの場合、以外は花丸マーク付きの健康優良児と言われたばかりですし、ダイエットは順調に進み、ここもクリア出来ますから、病気の発症の心配はないと、個人的に国から難病指定をされている疾患を自力で治してきた経験からも、そう思っているのですが、人生は何が起きるか分からない面も多々あります、もう一度じっくりと検討しながら、どうするか決めていきたいと思います。 ペット共済の資料などが届いたら、また追記をしていきます! 届きました~ゆっくり目を通して検証しますね あなたは猫の保険に関しては必要で、入るべきだと思いますか、要らない派? もしよろしかったら、などをお寄せくださると参考になります。 ~追記~ 共済の資料などを見て検討していきましたが、結局どちらでもいいなというのが個人的見解になりました! 毎月掛け捨てで安心感を得るか、その分猫用の医療費として貯金をしておくかは、人それぞれだと思います。 ナナ(2017年9月現在1歳)が来年2歳の誕生日前に健康診断を受けさせて、その結果を見て決めていこうと思います。

次の