アンティーク ギア フュージョン。 【無限起動・ブンボーグ新規!】アンティークギアのリンクの使い方の紹介【古代のリンクは救世主?】

【無限起動・ブンボーグ新規!】アンティークギアのリンクの使い方の紹介【古代のリンクは救世主?】

アンティーク ギア フュージョン

カード名 採用理由 このデッキのエース。 攻守3000なので、殴り返しを受けにくく、攻撃時に、相手のカード効果全ての発動を封じる。 またダメージステップ終了後には、場の魔法罠を1枚破壊するので、相手の攻撃反応系罠などにめっぽう強い。 召喚時に付与される魔力カウンターを取り除いて魔法罠カードを1枚破壊できる。 相手のカードを壊すことはもちろん、自分のカードを破壊してアンティークモンスターの特殊召喚に繋げる動きも強力。 召喚、特殊召喚時にアンティークカードをサーチ可能。 デッキのエンジンパーツとして非常に重要なカード。 またセット不可のデメリット効果も、先にカードをセットしてから召喚すれば問題なし。 破壊されると、デッキ墓地手札からアンティークを特殊召喚可能。 破壊ギミックと合わせて自壊すれば簡単にリアクタードラゴンの召喚に繋げられる。 バック干渉に優秀な魔法カード。 自分のセットカードを破壊してアンティークの特殊召喚に繋げれることも可能。 使用後も墓地で除外してさらなる破壊ができるので、自壊を利用するアンティークとの相性は抜群。 自分の魔法罠と相手の魔法罠を同時に破壊するカード。 こちらの歯車街や要塞を壊しつつ、相手の防御札を破壊できる動きは非常に強力。 自分のアンティークが召喚されたターンに効果の対象にならず、効果破壊されなくなる。 また、このカードも、破壊されると手札墓地からアンティークを召喚する効果を持っているので、自壊カードとの相性が良い。 戦闘で破壊できないモンスターなどに有効。 特にミラーマッチではお互いが守備3000のリアクターを突破できなくなるので、そういう場面で非常に役に立つ。 その他おすすめのカード カード名 おすすめ理由 機械族が主体のデッキなため、1枚で複数の攻撃を阻止できる防御札として採用をオススメする。 このデッキの最も基本的なコンボは、魔法罠を破壊するカードを使って自分のを破壊する。 そしてその効果で、デッキからを特殊召喚してビートダウンしていく動き。 1度召喚すればリアクタードラゴンは最高クラスの制圧力を持っているので、一気に試合の主導権を握ることができる。 連続展開もお手軽 やが手札に重複した場合、のダメージステップ終了時に魔法罠を1枚破壊する効果を利用して、さらに自壊する。 そうすることで1ターンにリアクタードラゴンを複数体並べることも可能だ。 アンティークギアデッキを使う上での注意点 歯車街がタイミングを逃す 歯車街は チェーン1で破壊されないと効果が発動しない。 例えば、こちらがギャラクシー・サイクロンなどで自分の歯車街を自壊する際に、相手になどをチェーンされてしまうと、歯車街はタイミングを逃す。 歯車街のカード発動そのものに、破壊カードをチェーンされてもタイミングを逃すので妨害を受けやすい。 飛竜を出す場合は先にセット デッキのメインパーツであるは召喚すると、その後、カードのセットができなくなる。 なので、ギャラクシー・サイクロンなどで自分のセットカードを壊すコンボをする際は事前にカードをセットしてから、飛竜を召喚しよう。

次の

【遊戯王 高騰】《古代の機械融合》がアンティーク強化で在庫減の為値上がり中。実は結構高いシングルカードです。

アンティーク ギア フュージョン

2 :「古代の機械巨人」「古代の機械巨人-アルティメット・パウンド」の中から合計2体以上素材として融合召喚したこのカードは、その数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃できる。 3 :融合召喚した表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。 EXデッキから「古代の機械究極巨人」1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。 ご存知だとは思いますが、あくまで魔法・罠カードの発動ができないだけで、表側になっている 発動済みの 魔法・罠カードの効果発動を止められるものではないので要注意。 貫通効果が無いのが少し残念ですが、ダイレクトアタックも可能な連撃という事で、殺意の波動はかなり高いです。 ただ、地属性モンスターなので、《混沌巨人》の様にでponと出す事は出来ないので要注意です。 1 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードは魔法・罠カードの効果を受けず、相手はバトルフェイズ中にモンスターの効果を発動できない。 2 :このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃でき、守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。 素材指定の関係上、このモンスターと比較される事は間違いないでしょう。 また、4体素材を用意できずで妥協せざるを得ないってシーンも多々あったので、中間に位置する素材数である《古代の機械超巨人》は、それだけで貴重な存在です。 素材の混ぜ方次第では《混沌巨人》よりも強い場面もありますし、《混沌巨人》はモンスター効果という弱点 特にフリーチェーン もあるので、状況に応じて使い分ける事で今まで倒しきれなかった状況や劣勢を強いられていた状況を払拭する事が出来るかもしれませんね。 1 :このカードが攻撃する場合、 相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。 2 :このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。 効果云々よりも「古代の機械巨人」と「古代の機械巨人-アルティメット・パウンド」を混ぜる事に意味を持たせたという点を管理人は高く評価します。 こう言っては何ですが、ストラク産やアークファイブ産のカードによって大幅に強化された「古代の機械」デッキではありますが、強化されればされる程「古代の機械巨人」本体のカラーみたいなものが徐々に薄まっていたような印象があったので、ここにきて「古代の機械巨人」本体をデッキに混ぜる事に意味を持たせてくれたのは個人的に嬉しいです。 相手に600ダメージを与える。 2 :このカードが攻撃する場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。 3 :1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。 自分の手札・フィールドから、 「アンティーク・ギア」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。 今や、「古代の機械」デッキの顔である《古代の機械猟犬》は勿論。 、等各種サポートとの兼ね合いも良く全体的にデッキパワーが底上げされた印象を受けます。 《魔神》と《混沌巨人》の間に一体追加されただけでここまで印象が変わるのか…。 やっぱりストラクを貰っているかどうかって大きいなぁ~と実感します。

次の

【古代の機械超巨人(アンティーク・ギア・メガトン・ゴーレム)効果考察】混沌巨人が出せない状況下で輝く一枚!

アンティーク ギア フュージョン

サーチ手段が非常に豊富なデッキ融合カードという時点でおなかいっぱい。 正直、古代の機械融合モンスターは癖はあるけど強力ってだけで種類が少なすぎだし、別にデッキ融合の条件つけなくてもよかったんじゃ?とは思います。 歯車街射出機のコンボで簡単にデッキ融合条件を整えられるので、条件満たすのはさほど苦ではないので気にするほどでもないですね。 プリズマーで名前コピーも手なので、一丁そっちのほうでもやってみてもいいかも。 猟犬で出してもこのカードを使ってでも出せるようになり、より殺意増し増しとなったのはありがたい。 ひとつ不満を言うなら、もうちょっとパワーのある融合を増やしてくださるとうれしいんですけどねぇ。 新規が出るだけでうれしいのではありますが。 ついに用意されたアンティーク・ギアのための融合魔法。 範囲は通常の融合だが、場の巨人またはパウンドを素材とした場合はデッキからも融合を行うことができる追加効果を持つ。 飛竜や素体でサーチすることが可能であり、猟犬と違い召喚権を使う必要もない。 猟犬以外にもサーチできる融合カードが増えたことにより、融合路線への舵が加速していくであろう。 場に巨人またはパウンドを用意する手段としては、やはり射出機が筆頭候補。 射出機で巨人またはパウンドを呼び出し、破壊したカードが歯車街ならば飛竜や素体でこのカードをサーチすればデッキ融合の準備が整う。 デッキ融合が可能なら3回攻撃の超巨人や究極巨人、混沌巨人も自由自在。 極めて強力な融合サポート。 古代の機械のテーマ融合。 割ととんでもないカードの気がする。 飛竜でサーチできるのが大きく、古代の機械魔神の存在もあってサーチは相当に容易。 プリズマーにも対応し、召喚権で頭を悩ませていた古代の機械が非常に動けるようになった。 真価の条件となる古代の機械巨人は確かに重いのだが、緩い融合モンスターやサーチ手段、召喚条件を無視といった手段の豊富な今の古代の機械ではあまり気にならないでしょう。 トレードインも使えるが、メインデッキのエースの片割れであるリアクターがレベル9なので、最上級はバランスを考える必要があるか。 古代の機械の融合モンスターは例外なく強力なモンスターが揃っているのでそのまま殴っても良いし、墓地肥やしからのオーバーロードフュージョンもかなり狙いやすくなるため、相当なパワーを秘めていると思います。 ついに古代の機械にも来た専用融合、古代の機械の課題だった消費の多さをデッキ融合という理想的な方法で解決してくれる待望の1枚。 デッキ融合するための、場に特殊召喚不可な巨人かパウンドが存在しないといけないという条件は一見なかなか厳しい、しかし射出機で出せる他プリズマーという抜け道もあるので実際そこまで厳しくはない、条件を満たせさえすれば3連打超巨人や混沌巨人が一瞬にして沸いてくるので一気にゲームエンドに持ち込める可能性も高い、猟犬より消費は増えるが正規の融合としても使えるので状況次第ではデッキ融合は諦めて普通に融合するのもあり。 そして古代の機械の名を冠しているためワイバーンでのサーチも可能と至れりつくせり、このカードとセット前提のプリズマーや事故要因の巨人を多く投入しないといけないという問題はあるが、それを差し引いても古代の機械には嬉しすぎるカードである。

次の