高砂市 弁護士。 加古川 弁護士

姫路あおい法律事務所|神戸、明石、加古川、高砂、姫路を中心に活動する弁護士事務所

高砂市 弁護士

当事務所は神戸、明石、加古川、高砂、三木、小野、姫路を中心に活動する弁護士事務所です。 基本理念は「最高のサービスを良心的な価格で提供すること」です。 法律相談は初回30分無料ですのでお気軽にご相談下さい 「優秀な弁護士が、最高のサービスを、良心的な価格で提供すること」が当事務所の基本的な理念です。 当事務所では、相談者・依頼者のみなさまがかかえる問題に対して真摯に耳を傾け、十分なご説明をした上で適切な解決策をお示しいたします。 確かに、訴訟を提起することは問題解決にとって有効な手段です。 しかし、訴訟だけが問題解決の唯一の方法ではありません。 弁護士が交渉したり、調停や審判で話し合いをすることで解決することもあります。 みなさまの抱える問題に応じて最適な解決策を見いだせるように最善を尽くします。 また、たとえ問題の解決になったとしても、そのための費用があまりに高すぎては意味がありません。 当事務所では、あらかじめ弁護士報酬や裁判費用といった費用をご提示いたします。 そして、市民のみなさまが安心してご相談・ご依頼をしていただけるように、良心的な価格で法的サービスをご提供いたします。 法的な紛争は、一旦こじれてしまった場合には、その解決に多大な労力と時間がかかる上、当然費用もかさみます。 逆に、紛争になる前、または紛争の初期段階であれば、容易に解決でき、費用も安く抑えることが多いです。 何か問題点や疑問点がございましたら、お早めにご相談ください 法律相談は初回30分無料です。 相談者・依頼者がかかえる問題に対して真摯に耳を傾け、十分なご説明をした上で適切な解決策を提示します。 しかし、訴訟だけが問題解決の唯一の方法ではありません。 弁護士が交渉したり、調停や審判で話し合いをすることで解決することもあります。 みなさまの抱える問題に応じて最適な解決策を見いだせるように最善を尽くします。 そして、市民のみなさまが安心してご相談・ご依頼をしていただけるように、良心的な価格で法的サービスをご提供いたします。 このようなとき、感情的な問題と法的な離婚原因とを冷静に区別し、離婚するにしてもしないにしても、夫婦の行く末について法的なアドバイスする、いわば舵取り役が必要になります。 当事者同士の話し合いだけで解決できればいいのですが、感情的になって話がまとまらないことが多いです。 そのような場合、第三者的立場である弁護士に相談することで、調停・審判や訴訟になったときの見通しがつき、訴訟等になったときの時間的・経済的デメリットを当事者で把握することができます。 また、弁護士を入れて協議することで、より冷静に話し合いができ、紛争の早期解決を図ることができます。 法的な紛争は、一旦こじれてしまった場合には、その解決に多大な労力と時間がかかる上、当然費用もかさみます。 逆に、紛争になる前、または紛争の初期段階であれば、容易に解決でき、費用も安く抑えることが多いです。 何か問題点や疑問点がございましたら、お早めにご相談ください。 現状では無理だが、どうすれば将来離婚できるか分かったので、解決の道筋がついた。 」 「相手方から離婚を請求されたが、自分の行為が離婚事由に当たるか分からなかった。 弁護士に相談して離婚は不当だと分かり安心した。 」 「相手方との交渉が行き詰まっていたが、弁護士が入ることで打開できた」 「配偶者と離れて暮らしているが、配偶者の近くまで行って交渉してくれてありがたかった。 」 「裁判になるかと思ったが、弁護士を入れることで相手も安心してくれ、協議離婚がまとまった。 」 「不倫の相手方に対して慰謝料請求しても支払ってくれなかったが、弁護士が交渉することで支払われた。 」 「法外な慰謝料を請求されて途方に暮れていたが、弁護士に相談して妥当な慰謝料額を聞き、解決に目途がついた。 相談者・依頼者がかかえる問題に対して真摯に耳を傾け、十分なご説明をした上で適切な解決策を提示します。 しかし、訴訟だけが問題解決の唯一の方法ではありません。 弁護士が交渉したり、調停や審判で話し合いをすることで解決することもあります。 みなさまの抱える問題に応じて最適な解決策を見いだせるように最善を尽くします。 そして、市民のみなさまが安心してご相談・ご依頼をしていただけるように、良心的な価格で法的サービスをご提供いたします。 当事者間では感情的になってしまう場合でも、第三者である弁護士が仲介人として交渉したり、協議に加わることで、より円滑に解決する場合もあります。 紛争の早期解決、紛争の長期化・複雑化の防止のため、お気軽にご相談ください。 相続手続は、遺言書の作成・執行だけではありません。 遺言書がない場合はもちろん、遺言書がある場合でも、その成立や内容をめぐって、親族間で紛争になることは珍しくありません。 その場合には、遺産分割手続が必要になります。 そして、遺産分割においては、相続財産の確認・評価、相続人の確定、相続人の寄与分の評価 生前の介護や生活支援、家業の手伝いなど 、遺産分割協議書の作成、遺産分割の執行など複雑な手続をする必要があります。 当事務所では、弁護士がご相談者様が抱える問題に応じてどの手続がふさわしいかを判断し、最適な解決策を提示致します。 身近な弁護士に相談できて良かった。 」 「高齢なので近くの弁護士が良かった。 家まで来てくれてありがたかった。 」 「一部の相続人が相続財産を独り占めしようとしていたが、迅速に交渉して解決してくれた。 相談者・依頼者がかかえる問題に対して真摯に耳を傾け、十分なご説明をした上で適切な解決策を提示します。 しかし、訴訟だけが問題解決の唯一の方法ではありません。 弁護士が交渉したり、調停や審判で話し合いをすることで解決することもあります。 みなさまの抱える問題に応じて最適な解決策を見いだせるように最善を尽くします。 そして、市民のみなさまが安心してご相談・ご依頼をしていただけるように、良心的な価格で法的サービスをご提供いたします。 しかも、事故後に後遺症が残ることもあり、治療や後遺症のために休職したり、仕事内容の変更を余儀なくされて給料が減少することもあります。 また、不幸にも被害者がお亡くなりになった場合には、将来得ることができた給料等を失います。 その結果、家族や両親を養うことができず、遺族の方々の生活に多大な影響を与えることになります。 そして、自動車が損壊・廃車となった場合には、その時価相当額や修理費、評価損、代車費用等がかかります。 以上のような損害について、加害者や保険会社が治療費等や修理費等を支払ってくれればよいのですが、被害者にも過失があったと主張して、損害額を争うことがあります 過失割合の問題。 この場合、被害者は、病院等から治療費等を請求される上、加害者や保険会社が治療費等を支払わないので、困難な状況に陥ってしまいます。 私は、被害者の方々が受けた精神的・肉体的な損害、そして経済的な損害をできる限り回復できるように、損害項目ごとに適切な証拠を収集し、加害者や保険会社と粘り強く交渉致します。 不運にも交通事故にあわれた上、その後の交渉等で不利益を受けることは、断じて許せません。 弁護士に依頼したことで交渉等を全て任せることができたし、示談金も大幅に増加したので、弁護士費用を差し引いても十分に納得いく金額だったし、得だった。 弁護士に依頼して良かった。 」 「交通事故にあったが、事故や過失についてどのように証拠収集すればよいか分からなかった。 しかし、事故当日に弁護士に相談して、その日のうちに現場に行って写真等をとってくれて、その後の交渉や手続を有利に進められた。 」 「保険会社が自分の後遺障害を低く認定して、損害賠償額が不当に安くされている。 しかし、弁護士に相談して、当初の診断書が余りに適当なものであったことが明らかになり、裁判でも求めていた後遺障害等級が認められ、損害賠償金額は大幅に増加された。

次の

姫路あおい法律事務所|神戸、明石、加古川、高砂、姫路を中心に活動する弁護士事務所

高砂市 弁護士

地元出身の親しみやすい弁護士 遺産相続に関する相談に真摯に向き合う 「優秀な弁護士が、最高のサービスを、良心的な価格で提供すること」が、当事務所の基本的な理念です。 当事務所は高砂市にある弁護士事務所です。 地元出身の弁護士植田浩平が、遺産相続に関するご相談に真摯に耳を傾け、十分なご説明をした上で適切な解決策をお示しします。 遺産相続の分野は専門的な法的解釈が必要な事柄も多く、弁護士が協議や調停、審判をサポートしなければ解決が難しいケースが多くあります。 そして法的な紛争は、いったんこじれてしまった場合には、その解決に多大な労力と時間がかかる上に当然費用もかさみます。 逆に紛争になる前、または紛争の初期段階であれば、解決にもそれほど時間がかからず、費用も安く抑えることが可能になるのです。 遺産相続に直面される方は、争いがあってもなくても、まずは一度弁護士にご相談いただくことをおすすめします。 当事務所は高砂市にある弁護士事務所です。 市民の皆さまが安心してご相談・ご依頼をしていただけるよう、最高のサービスを良心的な価格でご提供致します。 法律相談は初回30分無料でお受けしますのでお気軽にご相談ください。 まずは財産と相続人を確定させる 相続人に代わって複雑な手続を代理で行います 遺産相続においては、「相続人の確定」「相続財産の確認・評価」「具体的な遺産の分割」「遺産分割の執行」など、複雑な手続きを行う必要があります。 単に相続発生後の手続きについて相談・依頼をいただくケースや、財産よりも負債のほうが多い場合には「相続放棄」の手続きを任されることもあります。 具体的には、まず、相続人の調査を行い、相続人を確定します。 相続人の確定手続きは、被相続人が生まれてから亡くなるまでの全ての戸籍と、相続人全員の戸籍の付票または住民票を取り寄せなければなりません。 そして、相続人の調査と並行して、財産調査によってどのような相続財産があるのかを確定し、遺産の目録を作成します。 当事務所では、相続人の方に代わってこれらの手続きを行います。 財産に不動産が含まれる場合には、公示価格、路線価、固定資産評価をもとに、適切な評価を行います。 遺産の評価は専門的な知識を要しますが、相続人全員の納得を重視する観点から、できるかぎり時価にそった価格で評価することをおすすめします。 また、当事者間で合意ができない場合には、費用は高額となりますが、不動産鑑定士による鑑定が必要なケースもあります。 紛争の代理人となれるのは弁護士だけ 遺産分割協議がスムーズに進まないときには… 相続財産と相続人が確定したら、相続人全員によって「遺産分割協議」を行い、遺産分割内容の合意をはかります。 紛争なく協議がまとまれば、遺産分割協議書を作成して遺産分割は終了となります。 ただ、「遺産がもっとあったはずだ」「預金が無断で引き出されている」「不動産の評価額が納得できない」「遺産の分け方に納得いかない」「遺言書は正当なものか」など、相続人間でさまざまな主張や疑義が生じて遺産分割がスムーズに進まないことは少なくありませんから、そうした時には早めに弁護士にご相談ください。 協議で合意に至らなければ調停・審判へ 遺産分割協議が合意に至らなかった場合には、「遺産分割調停」を申立てます。 遺産分割調停では、調停員を介して当事者間で話し合いが行われ、調停員や裁判所といった第三者の客観的な判断を加えながら、合意に向けて調整をはかることとなります。 そして、調停が不成立に終わった場合には審判手続に移行。 遺産分割審判では、調停と異なり、審判官(裁判官)によって、より訴訟に近い形で判断が行われます。 訴訟手続と同様、適切に法的主張を行い、法的主張を裏付ける各証拠の提出を求められますので、適切な法的主張や証拠の収集・提出ができなければ、ご本人の主張に沿わない結果となる可能性があります。 こうしたプロセスにおいて、依頼者様の代理人としてサポートできるのは弁護士だけです。 当事務所では、依頼者様が直面する様々な問題に応じて最適な解決策を見いだせるように最善を尽くします。 遺産分割で紛争化しがちな例は? 同居の相続人が財産を使い込んでいる…? 相続において紛争化しやすい例として、被相続人と同居していた相続人に対して、財産の使い込みが疑われるケースがあります。 そして遺産の私的流用があった場合には、遺産分割訴訟とは別に、不当利得返還請求の民事訴訟が必要になることもあり得ます。 ただし親族間でのトラブルですから、該当の相続人に弁護士が面会し、事を荒だてることなく、使ったものを遺産に戻して再分割するよう調整をはかるほうが得策ともいえるでしょう。 依頼者の方の意向に沿って、弁護士としてあらゆる手段での解決方法をアドバイスいたします。 こうした争いが深刻化しないよう、あらかじめ被相続人に財産内容を明確にしてもらい、相続人間で疑念が生じないようスッキリさせておくのも弁護士の役割の一つといえます。 相続前の段階から相談いただき、遺産相続をトータルで見据える調整役として、弁護士を上手にご活用いただければ幸いです。 紛争化を防ぐには遺言書の作成が必須 正しい遺言書の作成は当事務所にお任せを 相続前の対策として、遺言書の作成は相続人間の紛争を未然に防止できる効果があります。 遺言書は被相続人の意思に基づいて相続財産を分配するものであり、遺産分割の問題の多くは、「遺言書があればこんなに紛争化することはなかったのに…」と感じることは多いのです。 遺言書は「公正証書遺言」によって作ることが望ましいでしょう。 公正証書遺言は、2人以上の証人の立ち会いのもとで、遺言者が遺言の内容を口授し、公証人がこれを筆記し、遺言者らが署名・押印することで成立するものです。 紛失や偽造の心配がなく、公証人が遺言作成に立ち会いますから、遺言書の効力について後に紛争になることが少ないという利点もあります。 遺言書がある時でも、相続人が書いたものではないと疑われる場合や、認知症などで遺言者の意思能力がない状態で作成された遺言は無効となってしまいます。 その結果、遺言無効確認の訴えを提起されることとなり、せっかく遺言書を作っても相続トラブルを生むもとになってしまいます。 正しい遺言書の作成については当事務所にお任せください。 姫路あおい法律事務所からのアドバイス 不動産会社を介した不動産の売却相談にも対応 不動産が遺産に含まれる場合には、不動産会社を介しての売却などのご相談にも対応することができます。 相続登記も司法書士の先生に依頼するなどして、よりスムーズに行うこともできます。 被相続人が亡くなったあと、相続人同士で遺産分割を行う局面となった時には、まずは財産調査が重要になります。 その段階からご相談いただき、遺産の中身を早期に明確にすることが円滑な遺産分割にもつながります。 遺産分割が必要な際にはお早めに当事務所にご相談ください。 料金体系 着手金 成功報酬 遺産分割協議・調停 20万円(消費税別) 経済的利益(回収できた金額)の10%(消費税別) 審判・訴訟 30万円(消費税別) 遺言書作成 10万円(消費税別) 遺言執行 遺産総額の2%から5%程度(消費税別) 相続放棄 手数料 3万円から7万円程度(消費税別) 限定承認 手数料 15万円から20万円(消費税別).

次の

加古川 弁護士

高砂市 弁護士

取扱い業務 「民事」事件の種類• 訴訟、示談交渉、調停、仮差押・仮処分・差押など• 交通事故 、医療事故、労災事故、学校事故など損害賠償全般• 貸金、売掛金、賃料など債権回収全般• 不動産明渡し、借地・借家・マンション紛争、建築紛争など不動産問題全般• 境界・騒音などの近隣問題、環境・公害紛争• 賃金・残業代、退職金、解雇、セクハラ・パワハラなど労働問題全般• ストーカー・児童虐待など女性と子どもの権利擁護、高齢者と障害者の権利擁護• 差別問題、個人情報、プライバシー侵害、名誉毀損、インターネット被害など• 民事介入暴力への対応、行政対象暴力への対応• 証券・先物取引被害、訪問販売などの特定商取引被害、詐欺商法など消費者問題全般• 特許法、商標法、著作権法など知的財産権 「家事」事件の種類• 協議、調停、審判、訴訟など• 離婚、親権、養育費・婚姻費用、面会交流、財産分与、慰謝料請求など夫婦関係全般• 相続、遺産分割、遺言、遺言執行、相続放棄、遺留分、相続財産管理人など相続全般• 成年後見(後見・保佐・補助)など高齢者・障害者の財産管理• 養子・特別養子縁組、養子縁組解消、親権変更、親権停止・喪失など親子関係全般 「商事」事件の種類• 企業顧問、契約書等の作成補助、訴訟、和解交渉、債権保全、売掛金回収など• 株主総会、役員に対する損害賠償請求、役員解任請求など会社法全般• 合併、会社分割、事業承継などM&A・企業再編• 独占禁止法、不正競争防止法、金融商品取引法など経済特別法• 手形・小切手など商取引全般 「債務整理」事件の種類• サラ金・多重債務問題(任意整理・過払金返還、個人再生、破産など)• 法人倒産(破産、会社更生、民事再生、特別清算)• 経営者保証に関するガイドラインに基づく保証債務整理 「刑事」事件の種類• 告訴・告発など被害者の支援• 捜査段階の弁護、起訴後の弁護、裁判員裁判、少年審判(少年付添人)• 心神喪失者等医療観察法に基づく付添人 「行政」事件の種類• 行政・自治体法務、行政事件(行政不服審査・行政訴訟など)• 税務訴訟、公的年金・生活保護.

次の