うな丼 と うな重 の 違い。 うな重とうな丼の違い

うな重とうな丼の違い。食べ方のマナーとは?奈良漬はなぜ付いてる?

うな丼 と うな重 の 違い

お重に入っていればうな重• どんぶりによそわれていればうな丼 シンプルでわかりやすい結論ですね。 では、「 うな重 = 高級」というイメージはどこから生まれたのでしょうか。 お重に入っている分だけ特別な食べ物というイメージが増し、高級感がよりいっそう際立つのかもしれません。 どんぶりというと手軽にかきこむイメージですからね。 高級素材のお重を使っているお店も多く、それに合わせてうな重の値段も多少高くなり、うな丼との差が生まれたと考えられます。 また、格式のある料理屋では、うな重には肝吸いなどのお吸い物がつきます。 うな丼は基本的に単品で出されることが多く、このあたりにも高級感の違いがうかがえます。 うなぎはもともと、庶民の食べ物でした。 当時はうな丼が主流で、比較的手ごろな値段で食べられるということで江戸庶民の間では人気があったのですが、そのうちに、 「 お重に入れたほうが高級そうじゃない?」 という流れになり、うな重が浸透していったのです。 ただ、うな丼のほうが必ずしも庶民的とはかぎりません。 お店によっては3000円を超える高級うな丼を出しているところもあり、 「うな丼 = 手軽」 とは 一概には言えないようです。 一般的にうな重は「お重に入ったうな丼」のことですが、「 うなぎを重ね合わせたもの」ととらえる地域もあるそうです。 その地域でうな重というと、うなぎを下敷きにご飯を乗せ、その上にまたうなぎを重ねたものを指すのだとか。 ご飯をうなぎでサンドイッチにするわけで、なんとも贅沢ですよね。

次の

「うな重」と「うな丼」の違いとは?

うな丼 と うな重 の 違い

うな丼とうな重は、どちらもごはんの上にうなぎの蒲焼をのせた料理だ。 どのような点が違うのだろうか。 大きな違いといえば、容器が異なるという点である。 うな丼は名前のとおり丼に入っており、うな重は重箱に入っている。 丼に入っているのか、重箱に入っているのかでまず名前が違うのである。 しかし、一般的にはうな丼よりもうな重のほうが値段は高い傾向にある。 この価格の差はどこから生まれるのだろうか。 うなぎの身は頭や尾に近い部分は身が薄かったり幅が狭かったりする。 容器の大きなうな重は、身の厚い胴体部分を使うことが多いため、価格が高くなる傾向にあるのだ。 また店によっては並、上、特上などうなぎにグレードを付けていることがある。 グレードが高いほど良質の部分のうなぎを多く使用している。 結論としては、うな丼でもうな重でも、ごはんとうなぎの蒲焼の組み合わせには変わりないが、より贅沢にうなぎを食べられるのがうな重ということになるだろう。 うな重は江戸や東京発祥の郷土料理である。 うなぎが食べ始められたころは、うな丼やうな重というものは存在していなかった。 そのうち、芝居小屋でうなぎが食べられるようになり、冷めないようにという理由でふたつきの丼が登場したのである。 さらに、より高級感を出すために漆器を使うようになったようだ。 重箱を使うことによって見ためがよくなり、特別な食べ物というアピールにもなるのだろう。 かつての食べ方では、まず重箱の中にごはんを入れてその上にうなぎの蒲焼をのせ、さらにごはんを重ねてうなぎをのせるのが基本であった。 うな重の重は、重箱の重だけではなく、ごはんとうなぎを重ねることからうな重と呼ばれていたのである。 現在ではうなぎは高級品として扱われているため、このように提供する店は少ない。 もし自宅でうな重を作る機会があれば、うなぎとごはんを重ねて贅沢に味わってみよう。

次の

うな重、うな丼の平均価格はいくら?違いは何なのか?

うな丼 と うな重 の 違い

スポンサーリンク どうして値段が違うの? あと、うな重とうな丼と器の違いなのに、 どうして値段が違うの?と思われた方、するどいです。 実際に頼んで食べてみれば分かりますが、うな重は、 うなぎの量が多いです。 明らかに、うな重のうなぎのほうが 量が多いんですね。 だから、うな重のほうが高いのです。 あと、使っているうなぎの部位に違いがあることもあります。 うな重は、柔らかくて肉厚な胴体部分を使う場合が多いのに対し、うな丼は身が少ない頭やしっぽに違い部分を使う場合があります。 店によっては、差をつけていないお店もあるようですが、明らかに値段が違いますからね。 やっぱり、うな重の方が高級で美味しいのが一般的ではないでしょうか。 あと、微妙な違いとしては、「 肝吸い」が付くか付かないかと言うのもあります。 肝吸いとは、うなぎの内臓の部分を添えたお吸い物のことです。 うな重には、肝吸いがつきますが、うな丼には肝吸いは付かない場合がほとんです。 スポンサーリンク まとめ やっぱり、お金に余裕があればうな重ですよね! なんとなく、お店の対応も違う気がしてきます(笑) そして、なんとなく大人の食べ物って感じがします。 うな丼は、大衆食品でそれはそれで需要があります。 安いと言っても、うなぎだから結構しますしね。 お弁当屋さんのうなぎも安いですが、ちょっとの切り身で6百円以上は余裕でしますしね。 そう言えば、お弁当屋さんのうなぎって、重箱に近いですよね。 うなぎサイト管理人の厳選です。 三河一色産 幻の青(アオテ)うなぎ 幻の最高級品です!.

次の