血液検査un。 【腎臓だけじゃない!】5分で分かる!UN検査:尿素窒素

血液検査でわかることは?検査項目・基準値項目一覧表!健康診断

血液検査un

血液検査 血液検査 検査の内容 血液を採取してさまざまな異常を調べます。 検査前日の注意 糖尿病といわれるのがいやで、検査数日前から食事量を減らしたり、運動したりする人がいますが、ヘモグロビンA1C値を調べるとにわか対策もわかりますので、普段どおりの状態で受けましょう。 中性脂肪、血糖など空腹でないと正しく評価できない検査項目があります。 受診する施設の注意に従ってください。 検査でわかること 血液検査からわかることは多く、主に 貧血、肝臓の異常、腎臓の異常、高脂血症、糖尿病などの病気が、わかります。 肝臓系検査 総タンパク 血液中の総たんぱくの量を表します。 数値が低い場合は 栄養障害、ネフローゼ症候群、がんなど、高い場合は 多発性骨髄腫、慢性炎症、脱水などが疑われます。 異常 要注意 基準範囲 要注意 異常 男性 血色素 12. 0以下 12. 1-13. 0 13. 1-16. 3 16. 4-18. 0 18. 1以上 女性 血色素 11. 0以下 11. 1-12. 0 12. 1-14. 5 14. 6-16. 0 16. 数値が低ければ 鉄欠乏性貧血などが疑われ、高ければ 多血症、脱水などが考えられます。 _ MCV・MCH・MCHC MCVは赤血球の体積を表します。 MCHは赤血球に含まれる血色素量を表します。 MCHC赤血球体積に対する血色素量の割合を示します。 MCVの数値が高いと、 ビタミンB12欠乏性貧血、葉酸欠乏性貧血、過剰飲酒が疑われます。 低いと、 鉄欠乏性貧血、慢性炎症にともなう貧血が疑われます。 _ 白血球(WBC) 白血球は細菌などから体を守る働きをしています。 数値が高い場合は 細菌感染症にかかっているか、 炎症、腫瘍の存在が疑われますが、どこの部位で発生しているかはわかりません。 たばこを吸っている人は高値となります。 少ない場合は、 ウィルス感染症、薬物アレルギー、再生不良性貧血などが疑われます。

次の

【腎臓だけじゃない!】5分で分かる!UN検査:尿素窒素

血液検査un

UN、Creの基準範囲• Cre:男性0. 65-1. 46-0. 腎機能の低下が疑われるとき• 腎機能の評価がしたいとき 〈目次〉• 腎臓の役割とUN、Cre検査の意義 皆さんは腎機能が悪くなったと聞いて、どんな病態を思い浮かべますか?その答えを出すために、の役割を知らなければなりません。 腎臓の役割とは、体にとって不要なものを体外に尿として捨てることです()。 腎機能が悪くなったということは、体にとって不要なものを体外に捨てることができない状態を指すことになります。 図1腎臓の役割とUN、Cre検査の意義 一般的に、腎機能の評価は「一定の時間にからどれくらいの尿を作ることができるか」で行います。 これを数字で表したものが(glomerular filtration rate、GFR)です。 GFRは1分間に糸球体でどれくらいの量の血液の濾過が行われたかを表すため、GFRが低下するということは、体にとって不要なものを尿として排泄できない状態と言えます。 ルーチン検査()の結果からGFRを知るには、のように血中の不要物質の濃度を測定する方法が取られます。 ただし、直接GFRを測定しているわけではないため、この際に測定する検査項目にはいくつかの条件が必要になります。 その条件は、次の2つです。 (手順1)まずCreを見て、腎機能の変動をつかむ Creをみて、eGFRを計算する 実際に腎機能を検討する際にはCreを指標にします。 Creは筋収縮のエネルギー源であるクレアチンの終末産物であるため、骨格筋量に比例します。 各個人の骨格筋量は急激に変化しないため、Creの変動を見ることで腎機能の変動を間接的に見ることができます。 入院中の経過でCre値が上昇すれば腎機能の悪化を、低下すれば腎機能の改善を意味します。 またCreは腎臓糸球体ですべて濾過され、尿細管での再吸収や分泌がほとんどないため、腎機能の評価に有用です。 なお、Creの数値から推定されるを(estimated glomerular filtration rate、eGFR)と呼び、年齢・性別・Cre値から計算されます。 腎機能が改善しているのか、悪化しているのかといった変動を評価するのであればCre値の変動を追えば十分です。 しかし、腎機能の絶対的評価をするためには、年齢などを考慮したeGFRを計算する必要があります。 例えば腎排泄される薬剤の投与量を決定する際には、eGFRを参考にします。 腎機能の評価だけであればCre値だけで十分かもしれませんが、UNと総合的に評価することで腎機能低下の原因を推察したり、そのほかの病態の有無を評価したりすることが可能となります。 腎機能低下の原因は、大きく「腎前性」「腎性」「腎後性」に分けることができます()。 また、特定の薬剤により腎機能障害が起こることがあります。 抗菌薬や造影剤は急性尿細管壊死を起こし、NSAIDs(非性抗炎症薬)は腎血流低下により腎前性腎不全を起こします。 よってCreの上昇があった場合には薬剤によるものなのか、それ以外に原因があるのか、追加の検査をする必要があります。 2 UNが腎機能以外の原因で増加していないか探る 以下のような原因でUNの増加が起こります。 組織タンパクの異化亢進 主に外傷、手術、重症、悪性腫瘍など体に侵襲が加わった際にエネルギー消費を補う必要がある病態で起こります。 これらの病態ではALB値が低下したり、やCRPなどの炎症反応が増加したりします。 タンパク摂取量の増加 食事量や食事の種類の影響を受けます。 患者の食事量がもっとも参考になりますが、検査値としては急激な変化を起こさないことが特徴です。 消化管出血 消化管出血により、腸管内にや由来のタンパクが増加します。 そのタンパク由来のアミノ酸から腸内細菌がアンモニアを合成します。 合成されたアンモニアは腸管から吸収され、肝臓でUNに代謝されます。 Creの上昇を伴わないUN上昇があれば、この病態を疑って、の進行がないかをHbの変化で確認し、身体所見として腹部症状の有無、便の色や性状などをあわせて確認するようにしましょう。 細胞外液の減少 細胞外液の減少(、、胸の貯留など)の際には、腎血流量の低下の影響だけでなく、尿細管での再吸収の増加の影響が見られるため、UNはより増加します。 細胞外液の減少を疑った場合には、舌や腋窩の乾燥がないか確認することが必要です。 検査値ではHbの上昇やの上昇が見られます。 (手順3)他の検査を併用して、腎機能や病態を把握する 尿検査、シスタチンCを併用する 腎機能や病態を把握するうえで、実際に尿を見る尿検査は重要です。 尿中にタンパクや潜血がある場合には糸球体障害を疑います。 清潔に採取された尿中に細菌の増加や、多数のが見られた場合には、尿路感染症を疑うきっかけになります。 また尿沈渣で円柱が見られた際には糸球体、尿細管を含め、腎実質の障害を疑うため、尿化学検査など追加します。 値もGFRを反映するとされていますが、食事による影響を受けやすい欠点があります。 近年では血清タンパクの1つであるシスタチンCが、GFRの推定に用いられます。 シスタチンCは年齢、性別、量などの影響を受けにくく、小児・老人・妊婦などでも同じ基準で検査ができると考えられています。

次の

血液検査のCK(CPK)が高い場合と低い場合について基準値もチェック。

血液検査un

UN、Creの基準範囲• Cre:男性0. 65-1. 46-0. 腎機能の低下が疑われるとき• 腎機能の評価がしたいとき 〈目次〉• 腎臓の役割とUN、Cre検査の意義 皆さんは腎機能が悪くなったと聞いて、どんな病態を思い浮かべますか?その答えを出すために、の役割を知らなければなりません。 腎臓の役割とは、体にとって不要なものを体外に尿として捨てることです()。 腎機能が悪くなったということは、体にとって不要なものを体外に捨てることができない状態を指すことになります。 図1腎臓の役割とUN、Cre検査の意義 一般的に、腎機能の評価は「一定の時間にからどれくらいの尿を作ることができるか」で行います。 これを数字で表したものが(glomerular filtration rate、GFR)です。 GFRは1分間に糸球体でどれくらいの量の血液の濾過が行われたかを表すため、GFRが低下するということは、体にとって不要なものを尿として排泄できない状態と言えます。 ルーチン検査()の結果からGFRを知るには、のように血中の不要物質の濃度を測定する方法が取られます。 ただし、直接GFRを測定しているわけではないため、この際に測定する検査項目にはいくつかの条件が必要になります。 その条件は、次の2つです。 (手順1)まずCreを見て、腎機能の変動をつかむ Creをみて、eGFRを計算する 実際に腎機能を検討する際にはCreを指標にします。 Creは筋収縮のエネルギー源であるクレアチンの終末産物であるため、骨格筋量に比例します。 各個人の骨格筋量は急激に変化しないため、Creの変動を見ることで腎機能の変動を間接的に見ることができます。 入院中の経過でCre値が上昇すれば腎機能の悪化を、低下すれば腎機能の改善を意味します。 またCreは腎臓糸球体ですべて濾過され、尿細管での再吸収や分泌がほとんどないため、腎機能の評価に有用です。 なお、Creの数値から推定されるを(estimated glomerular filtration rate、eGFR)と呼び、年齢・性別・Cre値から計算されます。 腎機能が改善しているのか、悪化しているのかといった変動を評価するのであればCre値の変動を追えば十分です。 しかし、腎機能の絶対的評価をするためには、年齢などを考慮したeGFRを計算する必要があります。 例えば腎排泄される薬剤の投与量を決定する際には、eGFRを参考にします。 腎機能の評価だけであればCre値だけで十分かもしれませんが、UNと総合的に評価することで腎機能低下の原因を推察したり、そのほかの病態の有無を評価したりすることが可能となります。 腎機能低下の原因は、大きく「腎前性」「腎性」「腎後性」に分けることができます()。 また、特定の薬剤により腎機能障害が起こることがあります。 抗菌薬や造影剤は急性尿細管壊死を起こし、NSAIDs(非性抗炎症薬)は腎血流低下により腎前性腎不全を起こします。 よってCreの上昇があった場合には薬剤によるものなのか、それ以外に原因があるのか、追加の検査をする必要があります。 2 UNが腎機能以外の原因で増加していないか探る 以下のような原因でUNの増加が起こります。 組織タンパクの異化亢進 主に外傷、手術、重症、悪性腫瘍など体に侵襲が加わった際にエネルギー消費を補う必要がある病態で起こります。 これらの病態ではALB値が低下したり、やCRPなどの炎症反応が増加したりします。 タンパク摂取量の増加 食事量や食事の種類の影響を受けます。 患者の食事量がもっとも参考になりますが、検査値としては急激な変化を起こさないことが特徴です。 消化管出血 消化管出血により、腸管内にや由来のタンパクが増加します。 そのタンパク由来のアミノ酸から腸内細菌がアンモニアを合成します。 合成されたアンモニアは腸管から吸収され、肝臓でUNに代謝されます。 Creの上昇を伴わないUN上昇があれば、この病態を疑って、の進行がないかをHbの変化で確認し、身体所見として腹部症状の有無、便の色や性状などをあわせて確認するようにしましょう。 細胞外液の減少 細胞外液の減少(、、胸の貯留など)の際には、腎血流量の低下の影響だけでなく、尿細管での再吸収の増加の影響が見られるため、UNはより増加します。 細胞外液の減少を疑った場合には、舌や腋窩の乾燥がないか確認することが必要です。 検査値ではHbの上昇やの上昇が見られます。 (手順3)他の検査を併用して、腎機能や病態を把握する 尿検査、シスタチンCを併用する 腎機能や病態を把握するうえで、実際に尿を見る尿検査は重要です。 尿中にタンパクや潜血がある場合には糸球体障害を疑います。 清潔に採取された尿中に細菌の増加や、多数のが見られた場合には、尿路感染症を疑うきっかけになります。 また尿沈渣で円柱が見られた際には糸球体、尿細管を含め、腎実質の障害を疑うため、尿化学検査など追加します。 値もGFRを反映するとされていますが、食事による影響を受けやすい欠点があります。 近年では血清タンパクの1つであるシスタチンCが、GFRの推定に用いられます。 シスタチンCは年齢、性別、量などの影響を受けにくく、小児・老人・妊婦などでも同じ基準で検査ができると考えられています。

次の