千羽鶴 の 折り 方。 千羽鶴の折り方と作り方、つなげ方と束ねるコツを徹底解説

【20件】千羽鶴|おすすめの画像

千羽鶴 の 折り 方

鶴 折り鶴を綺麗に折るのは難しいと思われがちですが、 きちんと手順に丁寧に折ると誰でも綺麗な鶴を折ることが出来ます。 作るのにかかる時間も5分程度です。 今回は折り鶴を折る手順を丁寧に説明していきますので、 是非参考にして下さい。 折り鶴を折る手順 1. 縦横に折り目をつけます。 斜めに折ります。 半分に折って折り目を付けます。 内側を広げて押しつぶすように折ります。 裏返します。 こちら側も同様に内側を押し広げて折ります。 点線部に折り目を入れます。 上の三角の部分も折り目を入れます。 一枚だけ広げて、折り目の通りに押し広げます。 裏返します。 こちらの面も同様に折り目を付けて一枚だけめくって押し広げます。 中心にそって折ります。 裏側も同様に折ります。 手前と奥それぞれめくります。 上が羽、下が顔としっぽになります。 点線の部分を折り返します。 裏側も折り返して顔の部分を折ります。 羽の部分を引っ張りながら、尻尾と顔の位置を調整したり、胴体に程よく空気を入れて形を整えれば完成です。 あとがき 以上、折り鶴の作り方についてでした。 綺麗な鶴に仕上げるためのポイントは、 顔やしっぽ、羽の先端を丁寧に折ることです。 工程で言うと、9~13で白い部分を残さず、 きちんと角に沿って折るのを意識しましょう。 それだけでも出来上がりの出来栄えがだいぶ違ってくるはずです。 ちなみに千羽鶴を作る場合は工程16で止めて、 膨らませません。 16の状態の鶴の胴体を針で通して糸でつなげます。 ちなみに尻尾を一工夫したら下のように足の生えた鶴になります。 >><< 参考になったなら幸いです。 何かありましたらコメント頂けると助かります。 >><<.

次の

お見舞い用の千羽鶴は首を折らないのはなぜ?注意点や色についても調査

千羽鶴 の 折り 方

千羽鶴など折り紙文化の起源や由来として確かな記録があるわけではないのですが、日本が開国した当時ヨーロッパで独自に発達していた折り紙の伝統と日本独自の折り紙手法が合わさり、現代の日本における折り紙文化ができあがったといわれています。 日本で最初に「折り紙」という言葉が現れたのは、平安時代です。 しかし、その当時の折り紙は現代の折り紙文化に程遠く、横長の紙を横に折って手紙や目録を書くために使用されていました。 折り紙が文化として現在の形になったのは、昭和に入ってからとされています。 千羽鶴が病気平癒祈願のシンボルとなったのは、広島原爆投下で被爆し急性白血病になった「佐々木貞子」さんが由来といわれています。 当時12歳であった佐々木貞子さんは、「千羽の鶴を折ると病気が治る」と信じて病気と闘いながらベッドの上で鶴を折り続けましたが、9カ月後に亡くなりました。 そしてそれ以降、病気平癒を願って見舞い客が千羽鶴を持参するようになり、多くの病室で見かけるようになったのです。 千羽鶴の大きさや長さは、受け取る側がどう扱うかを考えて決めると良いです。 一般的には7. 千羽鶴で準備するものは、大きさをそろえて折られた千羽の鶴と150センチの木綿糸25本、針は長い縫い針がおすすめです。 千羽鶴の上手なまとめ方を、順追ってご紹介します。 最初に1センチ位のボタンやビーズに木綿糸を2本取りした針を通し、鶴が抜けるのを防ぎます。 鶴の空気穴から鶴の背中(頂上)へ糸を通し、下から上へと隙間なく重ねていきます。 口ばしの向きは揃えてください。 羽は広げません。 鶴を40羽重ねたら、鶴が抜けないようにその上にボタンやビーズを重ね最後にしっかりと結びます。 残った糸は切りません。 同じ方法で40羽重ねた鶴を25本作ります。 次に5本分ずつ鶴の高さをそろえて鶴に近いところで結び、5セット準備ができたら5セットをまとめて結びましょう。 続いて、25本の糸を2つに分けさらに何度も結びます。 最後にリングを外れないように取り付けて、残りの糸を切ったら千羽鶴の出来上がりです。 結び目が解けるのを避けるため、ボタンやビーズの結び目やリングの結び目のなど解ける可能性があるところに接着剤をつけておくと安心です。 千羽鶴をお見舞いでいただき退院した後は、心のこもった贈り物なので部屋に飾っておくのが良いです。 しかし、病気やけがを思い出したくない人や千羽鶴を部屋に飾ることに抵抗がある人は、千羽鶴を写真に撮ってから焼却すると良いです。 自分で焼却することに抵抗がある人は、神社やお寺でお炊き上げを頼む方法もあります。 いずれにしても、周囲の力が病気回復につながったという感謝の気持を持っていれば、どのような形の処分であっても問題はないと考えられます。 千羽鶴は作った人の願いと苦労が詰まった暖かい作品なので、処分する前に写真に残しておくことをおすすめします。 その千羽鶴の写真を贈ってくれた方に感謝の言葉を添えてお渡しすると、より一層の感謝の気持が相手に伝わります。

次の

千羽鶴の作り方【簡単・きれいにつなげるコツ】

千羽鶴 の 折り 方

お見舞いの定番の品物と言えば何でしょうか?果物の籠盛り?お菓子の詰め合わせ? こうした品物を購入して送るのも良いですが、手間暇かけて千羽鶴を送るひとも沢山います。 広島の平和記念公園や長崎の平和公園などには千羽鶴を奉納することが修学旅行の定番になっています。 あなたは千羽鶴を作ったことはありますか?あるなら学生の頃にクラスで作ったんでしょうか?それとも知り合いのお見舞い用に家族で? 私自身、教師時代に修学旅行の引率のためにクラス総動員で千羽鶴を作った経験があります。 クラスで作ると上手い生徒と下手な生徒がいてバラバラの千羽鶴になってしまいました。 今回、そんな千羽鶴の作り方のコツを大紹介してきたいと思います! 合わせてあれこれと言われている千羽鶴のマナーについても調べてみましたので、ぜひ最後前お付き合い下さいね。 千羽鶴のきれいな折り方のコツ 千羽鶴の折り方のコツには大きく分けて2つの要素が関係してきます。 それは次のようなものですね。 折り鶴そのものをきれいに折る方法• 折った鶴を糸に通す方法 このどちらかが大雑把になるときれいな千羽鶴にならず、送られた方としても微妙な感想を持ってしまうかもしれません。 送られた方が素直に喜び、また送った側の思いやりが伝わるきれいな折り鶴にしたいですね。 その為に、それぞれの方法について解説していきます。 まずは折り鶴をきれいに作る方法から御覧ください。 折り鶴をきれいに折る方法 折り鶴をきれいに作るには以下の2つに気をつけるといいですよ。 最初にきっちりと折り目を作る• 折るときに紙を上から押さえる(引っ張らない)• 所々、折り目の手前で折る 丁寧に作ったはずなのに、最終的にできた折り鶴の折り目がずれていたり紙の端が逆に折り曲がっていたりした経験はないでしょうか? 折り目を作らずに紙を折ろうとすると、知らず知らずズレができてきます。 その少しのズレが最後には大きな歪みになってしまいます。 また、紙を折るときに指で摘んで引っ張るようにすると僅かですが紙が伸び、やはりズレを生じる原因になります。 さらに紙には厚みがあるため、それを考慮しないでキッチリとしすぎても逆に紙の端に重なりを作ってしまったりします。 こうした理由で、上記3点を抑えた上で折り鶴を作るのが需要なんですね。 それではポイントになる部分を写真で解説していきますので参考にしてくださいね。 鶴の折り方大図解 まずは縦横斜めに折り目をつけます。 前述の通り、引っ張らないで押しつぶすようにするのがコツ。 続いては折り目を下の図のように折り返します。 斜めのうち一箇所を谷折りに。 折り込んで下図のような正方形を作ります。 さらに下のように折り目を付けます。 下から上へと開いていきます。 下のように菱形になります。 裏側も同じように開いて折り返します。 赤線の部分を中心線に向かってさらに半分に織り込みます。 中心をピタリと合わせずに、1~2mm程度の間隔を開けておくのがポイント。 裏面も同様に、中心に間隔を開けて折り込みます。 片側を開き、下の細いパーツを上へと折り込みます。 反対側も同様に折り込みます。 上に折り込んだ細いパーツが頭と尻尾になります。 片方を下へと折り込むと頭になります。 これで完成。 一羽だけ飾るのなら翼を開くとテーブルなどに置くことができます。 千羽鶴の場合は翼を開くとかさばるので、通常はこの形で糸を通していきます。 折り鶴に糸を通す 折り鶴に糸を通すには次のようなものが必要になります。 天辺の1羽だけ金色や銀色にするなど工夫ができそうですね。 10色の場合と15色の場合では次のような順番にするときれいなグラデーションになりますよ。 スポンサーリンク 千羽鶴のマナーの真偽 千羽鶴には様々なマナーが存在すると言われています。 有名なのは以下のものです。 折り鶴の頭を折ってはいけない• 黒、白、金、銀などは使ってはいけない• 被災地に千羽鶴を送るのは迷惑なので送ってはいけない よく耳にするこれらのマナーですが、本当のところはどうなんでしょうか?一つ一つについて見ていきましょう。 頭を折らないのは本当? 千羽鶴の頭を折らないというマナーは存在しません。 むしろ頭を折らないと鶴にならないため、未完成の千羽鶴ということになり却って失礼にあたるという解釈もあります。 これについては日本折紙協会がHPの中で、以下のように明確に否定しています。 頭を折ると縁起が悪い?と聞かれることがございますが、まったくそんなことはございません。 折らないと頭ができないので、折ってください。 どうやら「鶴の頭を折る」=「首を折る」といった連想から縁起が悪いと考えた人がいるようです。 それが口コミで噂になって広まった結果、「千羽鶴の頭を折ってはいけない」となってきたと考えられます。 実際、お見舞いや献納の千羽鶴で頭が折られていないものを目にすることがあります。 まだ多くの人がこうした「マナー」を信じているのが現状のようですね。 使ってはいけない色は? 千羽鶴に使ってはいけない色はありません。 原則的にはすべての色を使ってOKなのです。 ただ、送る相手への配慮として、黒、白、金、銀などを避けるのはごく普通に行われています。 一般的に黒や白は葬式を連想させるため、縁起が悪いと考えてお見舞いの千羽鶴には使わない人もたくさんいます。 また金や銀などはグラデーションを作るときに使い所が難しいため、やはりあまり使われない傾向が強いです。 逆に、千羽鶴は使ってはいけない色もない代わりに必ず使う色というのもありません。 被災地に千羽鶴を送るのは迷惑? 実は、 被災地に千羽鶴を送って迷惑になったという声が被災者からあがっているという事実は確認されていません。 そのような事実はないと考えるのが妥当なようです。 ただし、千羽鶴を含めて個人から物資を送ること自体が被災地では迷惑となります。 被災地支援のためには募金をするのが最上の手段と言えます。 ニュースサイト「ねとらぼ」の取材に対し、2016年の熊本地震の際の状況について熊本市復興室の室長は次のように答えています。 千羽鶴や色紙は、震災からしばらくたって現場が落ち着いてからでしたね。 届いた千羽鶴の廃棄に困っているという話は聞いたことがなく、報告書としてもあがってきたこともありません。 同室長はさらに、困ったのはむしろ個人から届いた支援物資だったと言っています。 処置に困ったのは折り鶴や色紙よりも、避難者が少なくなった後でも日本全国から個人の支援物資が大量に届いてしまったことです。 そして、折り鶴を含め個人からの支援物資を送ること自体が迷惑であると言っています。 まず話にあるような千羽鶴や色紙を現時点で送るのは、先方が困られるので控えた方がいいと思います。 というよりも、 個人からの支援物資を送ること自体をやめた方がいいでしょう。 なるほど、やはり個人が被災地を支援するには物資を送るよりも募金をしたほうが良さそうです。 この問題についてはこちらの記事により詳しく書きました。 合わせて御覧くださいね。 まとめ• 千羽鶴の折り方のコツには、鶴そのものをきれいに折ることと折り鶴をつなげる方法があります。 鶴をきれいに折るには、折り目を付けること、折るときに引っ張らないこと、部分的に折り目の手前で折ること、などがあります。 折り鶴に糸を通す方法をご紹介しました。 美しいグラデーションを作る方法をご紹介しました。 千羽鶴の頭を折ってはいけないというマナーに根拠はありません。 千羽鶴に使ってはいけないいろはありません。 千羽鶴を含め、被災地に個人から物資を送るのは控えましょう。 同じ千羽鶴を作るなら、コツを押さえて丁寧に作り、美しく仕上げて喜んでもらいたいものですね。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。

次の