動物関係の仕事 求人。 ~犬猫保護を仕事にできる~動物保護施設のスタッフ募集中です by 犬と猫のためのライフボート

ペット業界・動物病院の求人転職サイト アニマルジョブ

動物関係の仕事 求人

愛犬家の皆さんの中には、犬に限らず、動物全般が大好きな方も多いでしょう。 子供のから動物に関わる仕事に就くのが夢だった、これからペット関係の仕事に就く準備をしたい、という方もいるかもしれませんね。 就職するためには資格が必要なのか、資格を持っていなくても就職できるのか、とても気になりますよね。 今回は、動物やペットに関わる仕事について紹介します。 その仕事に向いている人や、仕事内容にも触れていきます。 ペット関係の仕事に就くには資格が必要? 「ペットは家族の一員」という考え方が広まった現代では、ペットに携わる仕事も増えてきています。 ペットや動物に関係する仕事といえば、どんな就職先にも専門的な資格が必要不可欠なのではないか?と想像しがちです。 しかし実は、ペットに関係する仕事の中で、国家資格を必要とするものは「獣医師」のみなのです。 ペット関係の資格の殆どは民間団体の資格で、資格がなければ就職できないという職種は少ないですが、その就職先・職種によって、民間団体の資格が役に立つ、就職や独立がしやすいというメリットもあります。 資格が必要なペット関係の仕事は? 資格を必要とする(持っていると役に立つ)就職先はどのようなものか、就職方法や仕事内容、向いているのはどんな人なのか、一例を紹介します。 その後、獣医師国家試験に合格し、獣医師免許の取得が必須となります。 実は動物病院で勤務する以外にも、獣医師資格を持つ人には沢山就職先があります。 地方自治体や、動物園、はたまた製薬メーカーで会社員をしている獣医師も少なくありません。 獣医師という職業は、実はかなりの狭き門。 では獣医師になるには、どんな大学に行き、何を学ぶのでしょうか? 仕事内容は、動物病院にて、犬・猫や小動物を対象とした診療・怪我や病気の治療を行うのが主です。 動物病院に努めるのが一般的ではありますが、産業動物獣医師として公務員になったり、臨床獣医師として水族館・動物園などに勤務することも可能です。 獣医師には、動物に対する愛情は勿論必要ですが、冷静に現実を受け止めて対処できる精神力も要します。 そして、幅広く専門的な知識が不可欠です。 常に研究熱心であること、動物の為に努力を惜しまないことが重要なのです。 更に、仕事をする上で体力も欠かせません。 急患があれば休みが取れないことも多いでしょう。 そして、相手は病状を言葉では伝えられない動物です。 些細な行動やサインを見逃さない洞察力や柔軟な対応ができる発想力も必要となるでしょう。 動物への愛情や努力を惜しまない姿勢を常に持てる人、動物を守ることに生きがいを感じられる人が向いているといえます。 ちなみにこの資格は民間資格ですが、2012年2月から動物看護士資格の統一認定試験がスタートしており、今後は動物看護士の資格が一本化されていくようです。 主な仕事は、動物病院などで獣医師のサポートをすることや、患者さんの受付・検査・入院中の看護・院内の清掃・手術補助・薬品の調剤などにあたることです。 更に、来院する飼い主さんに対して病状を分かりやすく説明する、という重要な仕事もあります。 患者のペットや動物に限らず、飼い主さんにも誠実な対応をできることが必要です。 動物看護士の場合、獣医師と共通する部分が多くあります。 まず、動物やペットが好きであることは重要な資質です。 加えて、精神的な強さ、体力に自信があることが必須条件といえるでしょう。 獣医師同様、動物の最期を看取る場面や、辛い治療を目の当たりにすることは多いので、精神力が強くなければ務まりません。 急患に対応する為の体力も必要です。 更に看護師の場合、コミュニケーション能力の高さも大切です。 飼い主さんへの応対も仕事の一つなので、不安を和らげるような会話力や、的確に病状を伝えられる能力が重要といえるでしょう。 専門学校などで学ぶことで、この知識を得ると共に資格を取得することができるので、トリマーの資格を取得してからペットショップ・サロンなどに就職するのが一般的でしょう。 しかし中には、通信講座で学んだ後にアルバイトをして、技術・知識力を磨く方もいるようです。 主な仕事内容は、ペットサロンなどで、シャンプー・カット・爪切り・耳掃除など、美容に関するケアを行うことです。 美容といっても、ペットにとっては健康維持にも繋がる大切なケアが殆どだといえるでしょう。 トリマーも動物が相手なので、ペットや動物が好きであることは大前提です。 そして、手先の器用さやセンスも重要な資質といえます。 大型犬を相手にトリミングをしたり、ペットが暴れる場合も珍しくないので、体力も必要です。 更に、飼い主さんの要求を汲み取る為、信頼関係を築く為のコミュニケーション能力も要します。 資格のいらないペット関係の仕事は? 次は、一般的に特別な資格が必須でない就職先について、就職方法や仕事内容、向いているのはどんな人なのか、一例を紹介します。 アルバイトとしても関わりやすい就職先ともいえるでしょう。 主な仕事は、接客・店内清掃・販売するペットの世話・ペット用品の管理などです。 種類によってもそれぞれの知識を要します。 飼い方や体調管理の仕方、フードについても、顧客に対してアドバイスするのも重要な業務の一つです。 他にも、商品のポップ作りや、販売するペットの写真などで店内を装飾するなど、店舗によって幅広い業務を行うこととなるでしょう。 販売店員なので、コミュニケーション能力の高さは必要不可欠です。 顧客に対して、その動物の良さや飼い方のアドバイスを的確に伝える必要があるので、どんな質問にも返答できるように、その動物に対する知識があることも大切ですね。 いずれも個人経営である場合が多く、アルバイトの募集があれば資格不要で働くことができます。 但し開業するとなると、食品衛生責任者・動物取扱責任者などの資格や、様々な許可や登録が必要となります。 スタイルにもよりますが、接客・調理・衛生管理・経営などが主な仕事となるでしょう。 犬が接客をするタイプであれば、加えて店舗にいる犬の世話・健康管理なども重要な業務となります。 接客業なのでコミュニケーション能力は必要です。 犬と飼い主のどちらに対しても、感じ良く応対できることが成功への近道でしょう。 調理を担当するのであれば、犬好きであるのに加えて料理好きであることも大切ですね。 また、来客も様々でしょうから、店内の幅広い業務に対して臨機応変に対応できる器用さも必要かもしれません。 それぞれに特徴があるので、まずは企業研究をしましょう。 就職希望先に新卒採用があれば、挑戦することはできます。 中でも開発が希望職種であれば、畜産学科などで家畜飼養学や家畜栄養学を学ぶと良いでしょう。 製品の開発・製造・販売などが主な職種となり、直接的に動物と接する機会は少ないです。 外資系ペットフード会社であれば、外国産フードを国内に流通させるのが主な仕事で、求人は営業職や営業開発が中心となります。 就職希望先に新卒採用がなければ、同業他社に就職すると希望先に転職できる可能性が高まるでしょう。 ちなみに同業他社というのは、動物用医薬品メーカーや医療機器など、動物病院を顧客とする会社を指します。 部門によりますが、 営業であればやはりコミュニケーション能力の高さや、販売製品に対する知識が欠かせません。 開発側であれば、常に研究熱心でいられること、向上心の高さが大切でしょう。 いずれもペットや動物の健康に貢献したい、という方に向いている職種といえます。 難関大学を修了することが、就職に有利に働きます。 しかし、出版社によっては学歴よりも、企画案などの発想力や本が好きであることなどの資質、人間的な魅力に着目する場合もあります。 ペット系雑誌であれば、記事や書籍の編集を行う上で動物に関わることも多いでしょう。 ただし、大手出版社であれば、配属先は入社するまで不明なので、動物に関われる部署はごく一部です。 動物専門誌を扱う出版社を志望することが近道でしょう。 出版社の仕事は、本の作成とはいえ体力勝負です。 配属先の仕事内容にもよりますが、企画発案や記事の執筆、その為の取材など、文章力に加えて発想力やコミュニケーション能力も要するでしょう。 その他の動物関係の仕事は? 犬や猫など家庭で飼育するペットに関わる仕事の他にも、様々な動物関係の仕事があります。 各動物園の採用情報を、常にチェックしましょう。 主な仕事内容は、担当種の健康維持、来場者への生態などの教育機会提供、繁殖のための調査研究などですが、更に細かく幅広い業務を多岐に渡り行うこととなります。 動物への愛情は勿論、勉強・研究熱心であること、そして十分な体力も必要です。 就職する動物園や担当種によっては、来場者とのコミュニケーション能力を必要とする場合もあるでしょう。 酪農家の場合、法人ではなく個人経営しているところが多い為、個別に問い合わせが必要となります。 地域の役場が紹介できるケースもあるようです。 酪農家には、繁殖農家・酪農家・養豚農家・養鶏農家などがあり、牛・豚・鶏などを育てて出荷するまで、または加工するまでが主な仕事となります。 対象となるのはいわゆる家畜ですが、日々の世話をすることとなるのでそれらの動物とは毎日のように接することができます。 しかし酪農家には、朝から晩まで多忙な毎日が待っています。 根気と体力が最も重要といえるでしょう。 まとめ 今回紹介した仕事以外にも、動物を関わる仕事は沢山あります。 いずれもペットや動物に対する愛情がなくては、とても務まらない仕事ばかりだといえますね。 就職を希望する方は、必要な資格を見極めたり、募集先をチェックするなどして、是非挑戦してみてください。 — おすすめ記事 —.

次の

動物園のバイト・アルバイト・パートの求人情報|【バイトル】で仕事探し

動物関係の仕事 求人

猫と一緒に仕事ができたら楽しいのに。 猫好きさんなら一度は誰でも思うことではないでしょうか? 猫と働ける仕事はいくつかありますが、実際にはどのような仕事があるのでしょう?また必要な資格は?その他気になる給料は?実際に見ていきましょう。 猫と一緒に働ける職業 まずは猫と関われる仕事はどんなものがあるのでしょうか?実際の仕事内容と給料を順番に見ていきましょう。 獣医師 猫と言うよりは動物全般に関われる仕事です。 動物病院でペットの診断、治療を行う人だというイメージが強いですが実際は動物病院以外にも、民間の水族館や動物園、競走馬の育成施設、民間企業の製薬会社、国家公務員、NPO法人の動物保護施設で働く獣医師も存在します。 猫と関われるという点ではやはり動物病院かNPO法人の猫の保護団体で働くのが一番関われるでしょう。 しかし獣医師になるためにはとても難しく、一説には人間の医者になるよりも困難だと言われています。 高収入や高待遇という印象がありまが、 正直勤務先により幅があるのが現状です。 また休む暇もないほどハードな職場もあります。 収入面は地域や職種によりますが初任給は23万前後が多く院長クラスで35万円ほどが目安となります。 動物病院で働かず各企業や国家公務員として働く場合は、また違ってまいります。 動物看護士 動物病院で獣医師のサポートを行う仕事で、受付、検査、入院動物の看護、診療補助を行います。 働く場所は動物病院の他、動物保護施設、などもあります。 動物看護士は専門学校、大学、短大などで動物看護学を履修し「動物看護師統一認定試験」に合格したものが動物看護士と名乗り働けるようになります。 ただし、動物看護士に国家資格は存在しませんので資格がなくとも働くことはできます。 しかし、今後「動物看護師統一認定試験」に合格したものが働くのが一般的になると言われています。 もし動物看護士を目指す場合は、専門学校などで看護学を履修し資格を取るようにしましょう。 収入面は平均300万~350万円と言われ大きな動物病院に就職できた場合、充実した福利厚生と24時間体制の病院だと夜勤手当ても支払われます。 現在動物病院は、ペットショップやペットホテルに併設されたものや、ホームセンターの中にある動物病院など様々な形に変化してきています。 それにともない獣医師、動物看護士の仕事も幅が広がりつつあります。 最近では猫専用の動物病院も存在するので、猫と一日中一緒に過ごしたいなら猫の診療に力を入れている病院などに就職するとよいでしょう。 トリマー 犬猫の美容師、トリマーも猫と多く関われる仕事です。 ペットサロンにて犬猫のシャンプー、カット、爪切りなどのお手入れをします。 必要資格は特に無いので、専門学校かペットサロンに就職し技術を学ぶことになります。 しかし、トリマーの技術は大変高度で就職するにしても未経験、無資格で働くにはハードルが高いです。 多くの人は専門学校を卒業しトリマーの検定資格を取得後、ペットショップやペットサロンに就職をします。 最近では猫専用のペットサロンもあります。 また、トリマーとして技術が上がれば猫専用サロンを自分で開業することもできます。 収入に関しては地域により差があるので、14万~20万ほどです。 年収は140万~250万円相当の程で、その他手当てやボーナスがつくと年収は300万~350万円程となります。 ペットショップ トリマーとしてペットショップで働く他に、 ショップ店員として働くという選択肢もあります。 ペットショップは、ペット用品販売、生体販売、ペットホテル、ペットサロンが併設されているペットショップもあります。 ペットショップで働くには正社員として就職するか、アルバイトで働くかのどちらかとなります。 ペットショップの店員は最初から正社員として働くのは難しい場合も多いので、 アルバイトから正社員を目指すパターンが多いです。 収入面はアルバイトの場合は地域にもよりますが、時給750円~1000円程度のところが多いようです。 正社員の場合、初任給は10万円前後で年収は200~400万円と正直あまり高収入とは言えません。 またペットショップによっては猫以外の取り扱いもあるため、爬虫類、小動物、熱帯魚などの部署担当になる可能性があります。 猫ちゃんの担当になれるように面接時に希望を伝えるか、猫の取り扱いを中心に行っているペットショップを選ぶようにしましょう。 猫カフェ 空前の猫ブームにともない日本各地で猫カフェが続々とオープンしています。 猫カフェの店員として働けば、多くの猫に囲まれて働くことができます。 ただ猫カフェ店員は正社員募集が少なく多くの場合がアルバイトからのスタートとなります。 また猫カフェで働きたい人は多く、求人は少ないのでライバルが多いのも難点です。 猫カフェ店員として働く場合は、猫好きだということはもちろん接客も多くしないといけません。 また猫に関するなんらかの資格を持っていれば採用される確率は多少はあがります。 収入面はアルバイトの場合は、時給750~1000円程です。 正社員募集はほぼなく、猫カフェに就職するというよりは猫カフェを自営でオープンする選択肢をとる人が多いです。 その際の収入は300万~800万と幅が広く、経営者としての才能が収入を左右します。 キャットブリーダー 子猫が好き、愛してやまない猫種がいるという場合なら猫のブリーダーになるのはいかがでしょうか? 猫のブリーダーとは、子猫を繁殖させてペットショップや個人に生体販売をする仕事です。 本格的に生計をたてている人から猫好きがこうじて趣味の延長として始める人も様々です。 猫のブリーダーと聞けば何か特別な資格や特別な場所が必要なのかと思われがちですがそんなことはなく、マンションの一室でできますしキャットクラブに登録するだけで始めることができます。 しかし、 ブリーダーとしてある一定の成功を納めるためにはそれなりの資格と知識が必要になってきます。 現在ペット市場は拡大し続けているため、多くの資格講座や専門学校が誕生しています。 もちろんその中にはブリーダーを養成する学科もありますので、ブリーダーになりたい方はそれらの資格講座や専門学校で知識を得るようにしましょう。 収入面は年間140万~1000万と幅が広いですが、あくまでも商材は生体なので病気や死産、出産時の事故などにより子猫が死んでしまうことはもちろん、母猫も命を落とす可能性もあります。 そのため、経営を安定させるのが難しいのはもちろん子猫の生死を多く見なければいけない仕事でもあります。 ただ猫が好きという気持ちだけでは難しい仕事かもしれません。 キャットシッター キャットシッターとは飼い主が留守にするときに、飼い主の代わりに猫の世話をする仕事です。 ペットホテルやペットサロンに預ける飼い主も多いですが、猫は家になつくと言われるように 急な環境変化を好まない子が多く、自宅に訪問して世話をしてくれるキャットシッターの需要は徐々に高まってきています。 キャットシッターは特別な資格や免許が必要な仕事ではなく、企業で働いている人、独立開業している人も様々です。 仕事内容は多岐にわたりご飯のお世話、トイレの掃除、健康チェック、飼い主の代わりに遊んであげる他、体調を崩した場合は動物病院に代理で連れていく必要もあります。 また猫によっては人見知りを極端にする子もいますので、その猫ちゃんの性格に合わせて対応してあげる必要があります。 資格や免許は必要ないとは言っても、やはり最低限の知識は身につける必要はあります。 また民間の猫に関する資格を取得することで知識や技術を身に着けると安心です。 収入は社員の場合は15万~25万円、アルバイトで自給900円~1500円程と開きがあります。 またお客様次第の仕事ではありますので、仕事が入るのも不定期なところもありますし時間もお客様に合わせないといけないことがあります。 独立開業する場合はどれだけ顧客をつけられるかにかかっているので、個人の営業力が問われます。 ただ副業として働く人も多いので、猫と関わる仕事をしたいという方は副業からキャットシッターをはじめてみてはいかがでしょうか? アニマルセラピスト アニマルセラピストとは動物と触れ合うことで、その人のストレス、不安を軽減させることにより精神的に癒す福祉活動従事者の事です。 実際に病人や高齢者が動物と触れ合うことで心が癒され健康を取り戻したという事例は多く、中には癌患者がアニマルセラピーを受けたことにより癌が消えたという、信じられないような話もあります。 本当にアニマルセラピーにより得た効果はわかりませんが、少なくとも動物と触れ合うことで心が癒されストレスや不安が軽減されたというのは事実のようです。 アニマルセラピストの主な仕事は、病院や老人ホームを訪問し子供や高齢者、精神病患者などの病気に苦しむ人々と猫や犬などの動物と触れ合う場を提供するのが主な活動となっています。 また在宅医療、訪問介護などに伴い最近は個人宅に訪問する機会も徐々に増えてきています。 アニマルセラピストは資格がなくても働くことは可能ですが、「NPO法人日本アニマルセラピー協会」によるアニマルセラピスト資格を取るのがいいとされています。 福祉事業に興味のある猫好きさんは猫専門のアニマルセラピストを目指すのが良いでしょう。 ただし、猫は多くの人と接するのが苦手、移動が苦手だという子も多いです。 そのあたりに配慮するようにしましょう。 収入面は正直良くはありません。 就職先というものはほとんどなく、個人経営をするのがほとんどです。 年収は200万円台~多くても300万円台となります。 そこから諸経費、人件費を引きますので手取りは微々たるものです。 しかし、やりがいはとてもあるので興味のある方は是非チャレンジしてほしい職種でもあります。 もし、文章を書くのがすきだというかたは猫専門のライターになってみてはいかがでしょうか? 副業から始められ本業の合間にライティングすることも可能です。 また猫専門のライターとなれば取材ということで猫カフェに行ったりペットショップで猫を見たり、愛猫と一日中一緒にいたりと猫で埋め尽くされた日常を送ることができます。 また猫の知識も自然と身につく猫好きさん必見のお仕事です。 働く場所は問わずパソコンかスマホがあればどこでもかけるというのも魅力の一つです。 また猫専門雑誌の編集者というのも、猫好きが集まる職場の中で猫のことを一日中考えて働けるのでとてもおすすめの職場です。 ただ猫専門雑誌は非常に少なく、就職するには狭き門となっています。 収入面はフリーライターの場合は完全出来高制の為、スキマ時間に副業でライティングするのか一日中記事を書くのかで違いが出てきます。 その為月収は1万~30万円と幅広くなっています。 しかし、生活スタイルに合わせて猫と関われる仕事ができるというのはやはり魅力的ですよね。 猫と働ける夢の職場が全国には存在する 猫とはまったく関係ない仕事なのに、職場に猫がいる、愛猫を連れてきても可能、スタッフの猫が職場を普通に歩いている、そんな夢のような職場が全国には存在しています。 私が過去に見た求人は、不動産会社の求人で経営者の猫が3匹オフィスを我が物顔で歩いている職場でした。 仕事以外のことで記載されていた応募条件がとても印象的でした。 猫に仕事の邪魔をされても怒らない方• 猫に大事な書類を汚されても怒らない方• 猫がかまって攻撃をされても怒らず遊んであげられる方• 猫が大好きすぎてたまらない方大歓迎です いや、不動産関係ないじゃん。 と思わず一人突っ込みを入れてしまいました。 しかしとてもうらやましい応募条件ですよね。 このように全国には猫が職場のスタッフとして働く職場が多数存在しています。 もし猫と働きたいとお考えの方は、根気よく探せば猫がいる職場を見つけることができるかもしれませんよ? 猫と関われる仕事にあったら便利な資格 猫と働ける仕事をご紹介しましたが、どの仕事を選ぶにしてもやはり猫と関わる仕事はとても人気が高く採用枠1人の求人に対して数十人が応募するなんてこともザラにあります。 また独立開業をするにしても、 それなりの資格と知識があってこそお客様は信頼してくれて仕事を任せてくれます。 確かな資格と知識は身に着けていて損はありません。 猫と関わる仕事をしたいと思うなら是非なんらかの資格を取得することを検討しましょう。 動物看護師資格 動物看護師は現在統一化するために動物看護認定統一試験というものを実施しています。 動物看護士を目指す場合はもちろん、猫に関わる仕事をする場合にも動物看護学を学ぶことはとても大切なことです。 知識を得るということに関してもとてもいい資格です。 ただし動物看護師認定統一試験は大学、短大、専門学校にて所定の動物看護学を学ぶ必要があります。 キャットケアスペシャリスト 日本ペット技能検定協会認定の資格で、猫の飼育管理、ペット社会学、猫学、動物看護学、動物介護学などを学ぶことができる資格です。 キャットケアスペシャリストを持つことで猫に関する知識を得られるのと同時に、顧客に対する信頼度も増すので是非取得したい資格です。 取得方法は各会社が実施する資格講座で履修し認定試験に合格する必要があります。 ただ資格を取って損はないので是非検討してください。 キャットシッター 民間資格ではありますがキャットシッター資格も存在します。 言葉通りキャットシッターのスペシャリストをめざす講座で、キャットシッターを目指す人はもちろん猫と関わる仕事をするなら損はない資格です。 ヒューマンアカデミー「キャットスペシャリスト」ならキャットシッター資格も同時に取得可能なのでおすすめです。 また日本ペット技能検定協会でも取得可能です。 この他にも猫に関する資格は各民間団体に多数存在しています。 是非ご自身がつきたい職にあった資格を取得してみましょう。 猫と関われる仕事はたくさんある 猫と関わる仕事は探せばたくさんあります。 本業で働くもよし、副業として働くのもよし、趣味の延長として働くもよし、猫と関わる仕事をしようと思えばいつでも出来ます。 あとは貴方が本当はどうしたいか?それだけなのです。 猫に関する仕事は残念ながら収入面には恵まれておらず、正社員として働こうと思っても狭き門であるため自営業で働くこととなる場合が多いです。 しかし、猫と関わる仕事をすることで生活の豊かさは手にはいるかもしれません。 是非愛猫家の皆様は猫と関われる仕事を検討してみてはいかがでしょうか?.

次の

動物関係の仕事・求人 《採用情報》

動物関係の仕事 求人

ページコンテンツ• 動物に関するお仕事は年々増加!資格がなくても働ける職種が多いってほんと? 獣医師などの資格以外はほとんどが民間資格 動物の診断・治療などを行う獣医師の仕事に関しては、「獣医師国家試験」に合格した人だけが行えるものです。 しかし、実は民法上では動物は「動産(不動産以外の全ての財産)」として扱われており、そこに命が宿っていても、 国家資格が求められる仕事は少ないのです。 実際、動物に関わる仕事の中で、 国家資格が求められるのは獣医師のみであり、あとは ほとんどが民間資格となっています。 つまり、資格があれば待遇面で優遇されたり、採用されやすくなることはあっても、基本的に 資格がなければ働けない仕事はないということです。 このように表現されると、「動物はモノではないのに…」と悲しい気持ちになる人もいるかもしれませんが、考え方を変えて、 「資格がなくても動物に関わる仕事ができる」ととらえた方がよいでしょう。 動物に関わるお仕事一覧 職種名 仕事内容 獣医師 動物病院で来院した 動物の診断・治療を行う他にも、民間経営の動物園や水族館にいる 動物たちの健康管理等も行います。 トリマー ペットショップや動物病院等の施設において、生体の体毛を顧客が求めるデザインに カットするほか、 爪切り、シャンプーなども行います。 動物看護士 獣医師のサポート業務が主な仕事内容です。 診察だけではなく、手術に立ち会うこともあり、他にも受付業務や、預かっている生体の世話をするなどの仕事も行います。 ドッグトレーナー 顧客の犬を一定期間預かり、 基本的なしつけから、コンテストに出場可能な範囲の高レベルなしつけまでを行います。 ブリーダー 動物を繁殖させたり、必要に応じて改良を行う仕事です。 一度に複数の生体を飼わなければならないため、初期費用がかかるとともに、生体が売れるまで世話をするのも仕事となっています。 酪農家 乳牛を育てて、搾乳し(近年はミルカーという機械で行います)、それをチーズやバターなどの 乳製品に加工します。 レンジャー(自然保護官) 国立公園内などで 自然保護活動を行いますが、その一環として野生動物の保護も行います。 動物飼育係 自然動物公園や、動物園で飼育されている生体の飼育、育成などを行います。 日々の体調管理や、種の保存のための繁殖のサポートも行うため、日ごろから担当した動物と密に関わることも仕事のうちです。 ドルフィン・トレーナー 水族館などで飼育されているイルカが、ショーを行えるように 訓練・指導します。 ショー本番に備え、ほぼ毎日体調管理をしたり、世話をするのも仕事です。 ペットシッター 飼い主が仕事や旅行などの事情で、ペットの世話ができないという時に、 飼い主の自宅でペットを預かるのが主な仕事です。 乗馬インストラクター ライセンス取得後、 馬の調教や世話、顧客に対する騎乗技術向上のための 指導を行います。 馬具を手入れしたり、馬房の清潔を保つことも仕事となっています。 毎日動物と触れ合える!国家資格なしでOKのおすすめ求人9選 民間資格のみ、あるいは民家資格を取得した方が有利なお仕事 トリマー トリマーは資格がなくても働ける動物関連の仕事であり、実際に店舗でトリマーとして働いている有資格者たちは すべて民間の資格保有者です。 専門学校に通うお金もなく、すぐに働きたいなどの理由で時間もない人がトリマーになりたいと思ったら、ペ ットショップ等にアルバイトなどで働き、実際に現場で経験を少しずつ積みながら、カットなどのスキルを身に着けていくという方法がおすすめです。 近年では トリマーになるための専門学校もあり、専門学校で実際の生体を扱い、授業内でカットやシャンプーなどのスキルを身につけてから、ペットショップ等に就職していくケースが増えています。 資格はないよりもあったほうが、お店に出て働く際にも 「きちんと生体について学んできた」ことの証にもあるため、 民間資格であっても有資格者の方が有利に働けるでしょう。 動物看護師 動物看護士の仕事は、獣医師のサポート業務ではあるものの、 獣医師のような国家資格は必要ありません。 5団体が1つの資格のためにまとまったことにより、認定動物看護師の需要・信頼性は高まり、 現場で働く人の中には、働いてからこちらの資格を取る人もいます。 ただ、認定動物看護師の資格がなくても、求人に応募できるものも多くあります。 また、認定動物看護師を取得するとしても、 筆記試験のみで取得可能ですから、働きながら勉強して取得することも可能です。 動物介護士 人間も高齢化や身体の不自由によって介護福祉士に介護を依頼することがあるように、ペットもまた高齢化等に伴い、介護が必要となります。 動物介護士は、このような介護が必要とまった動物を対象に、 年齢や状態に応じた適切な介護を提供します。 民間資格であるため、資格取得後は自分が飼っている動物を自宅で看取りたいという理由で取得する人もいますが、 ペットシッターとして働くことを考えている人にもおすすめです。 高齢の動物をわけあって自宅で看病することができない人に代わって、適切な介護を提供することができるようになります。 実際にドッグトレーナーライセンスがなくても、ドッグトレーナーになることはできますが、 民間資格であっても有資格者の方が仕事の依頼を受けやすいでしょう。 昔から「噛まれた」「逃げられた」などのご近所同士のペットトラブルになることも多いことから、なるべく大きくなる前に 基本的なしつけを済ませておきたい人は多く、ドッグトレーナーの需要は高まっています。 資格がなくてもできるお仕事 ペットショップスタッフ フランチャイズで展開されている大型のペットショップや、個人経営のペットショップなどのスタッフとして働けば、 毎日動物と関わりながら仕事をすることができます。 直接生体の世話をする前に、ペットショップで販売している エサや小物の商品情報を暗記したり、 ポップを作成して販売促進をするといったように、生体周辺の仕事を任されることが多いものです。 しかし、経験を積むことによって生体への餌やり、散歩など、 生体に直接関わる仕事も任せてもらえるようになります。 これら すべての業務に特に資格は必要ありませんので、初心者でも働ける間口の広い勤務先だといえます。 酪農家 酪農家は、昔は世襲制で仕事が引き継がれてきたため、酪農家の家に生まれたら、その次の代も酪農家になる場合が多かったものです。 しかし、家長制度、世襲制の文化も薄れてきた今、特に資格がなく、酪農家に生まれなくとも、酪農家として働くことができます。 最初は 乳牛を飼育できる環境を整えた後、何頭かの 乳牛を買い付けて、その乳牛から搾乳した 牛乳をもとにチーズやバターなどの乳製品に加工します。 技術自体は、農業系の高校・大学を出ている人は学生時代に学ぶことができますし、そうでなくとも酪農家にアルバイトなどで雇ってもらい、 勉強した後に独立する人もいます。 ブリーダー ブリーダーになるために 必要な資格・条件は特になく、年齢も学歴も無制限となっています。 ただし、ブリーダーとして収入を得るためには、 繁殖させた生体を販売しなければいけません。 この「販売」行為を行うに当たっては、 保健所に「動物取扱業の届出」を提出しなければいけないのです。 もちろん、保健所への届出をするための資格は特に必要ないため、 手続きだけきちんとすれば、ブリーダーとして働くことができます。 ペットホテル従業員 ペットショップとペットホテルを併設しているところもありますが、ペットホテルもまた、無資格でも働くことができる仕事です。 ペットホテルでは、旅行や仕事などの都合により、自宅でペットの世話ができない飼い主に変わり、 ホテル内で短期間に限り自宅同様のお世話を行います。 ペットによっては好むエサ、散歩の時間や場所等が異なるため、 預かったペットの好みに合わせたお世話を提供します。 動物保護団体職員 NPOやNGO団体の中に、動物保護を目的とした団体があり、そこで 保健所等で殺処分になる予定の動物を保護する団体職員になるという選択肢もあります。 団体職員になるための資格は特にありませんが、書類選考や面接試験などがあり、 正規雇用ではなく契約社員などの雇用形態が多くなっています。 しかしながら、命を落とす運命にある動物を救うことができるというやりがいのある仕事もあるため、 動物の生と死に向き合うことができる覚悟のある人にはおすすめの仕事です。 間接的に動物をサポート!動物関連ビジネスのおすすめ求人4選 ペットフード関連企業 動物好きな人なら、 動物が日々口にするペットフードに携わる仕事に転職するという方法もあります。 イヌ、ネコなど人気の高いペットの他に、爬虫類、猛禽類のペットフードを扱っている企業もあり、 成分にこだわって開発職になっても、 パッケージデザインや広告にこだわって広報になっても、 より多くの店舗で扱ってもらえるように動く営業になっても、 最終的に動物の口に入る商品に関わることができます。 また、このような企業の場合は 一般的なペットショップよりも好待遇であることが多く、継続して働きたいという気持ちがある場合は、福利厚生の充実の面からいってもおすすめの仕事です。 動物用医療機器の製造 主に動物病院で用いられる 動物用医療機器の製造業に転職するという選択肢もあります。 病気やけがなどでこの世を去っていく動物たちの命を救う役目を果たす医療機器の製造は、動物好きな人にとってはやりがいのある仕事になるでしょう。 検査の際に使われる検査機器や、採血用の針、コンテナーなどの製造には 無資格で携わることができるため、早すぎる動物の死を救いたいという人におすすめの仕事です。 また、このような製造業には必ずマニュアルや研修期間があるため、これまで他の職種・業種で仕事をしてきたという 異業種転職の人でも、安心して転職することができます。 ペット保険取り扱い保険会社 ペットが度重なる病気やけがをすると、保険のきかない動物病院では治療費がかさみ、場合によっては治療を諦めざるを得ないという飼い主もいます。 お金の問題で大切なペットの命を縮めることがないように、 ペット専用の保険を取り扱っている会社に転職することによって、 1匹・1頭でも多くの動物の命を結果的に救うことができるのです。 ペット保険取り扱い会社では、 保険の営業が主な業務ですが、自分よりもペットの方が大事と考えている人は多いため、 人間のための保険よりもむしろ営業をかけやすいという特徴があります。 自分の成績・収入が増えるたびに、どこかで命を救われている動物がいると思うと、働く意欲もわいてくるでしょう。 リクルートエージェント 日本最大級の転職エージェントで、 求人数No. 1、転職成功実績No. 1の最大手リクルートエージェントです。 拠点も全国主要都市に16箇所あり、地方の求人も豊富です。 対応できる業種・職種が幅広く、質の高い求人を数多く保有しています。 各業界事情に精通した470名以上のキャリアアドバイザーが、丁寧なキャリアカウンセリングであなたの経歴・スキル・実績を把握し、希望に沿った動物に関わる求人を紹介してくれます。 また適切な年収額を提示して、可能な限り年収アップを図ってくれます。 キャリアアドバイザーの履歴書や職務経歴書のまとめ方など、 採用情報を加味した応募書類の添削や面接対策アドバイスも実践的で、面接力向上セミナーなど無料セミナーも充実しています。 転職先で活躍できることを目標に、またその後のキャリア形成も考えてのサポートしているので、 転職後の退職率がわずか4%以下は特筆すべき点です。 転職サポートの流れもスピーディーなので、今すぐ転職したい人も頼りになります。 土日の相談が可能なのも有難いですね。 おすすめの転職サイトについてまとめています。 どの転職サイトに登録すればいいのか悩んでいる人のために、年齢ごとのおすすめ転職サイト、女性向けや既卒向け、特定の職種に特化した転職サイトなどを紹介しているので、参考にしてみてください。 まとめ 動物が好きだけど、特に資格がないから転職できるか不安…という人は、獣医師以外の仕事なら、 ほとんどの場合において無資格でも経験を積めば転職できるということを覚えておきましょう。 中には トリマーや動物看護師など、 民間資格があった方が採用されやすかったり、資格手当等で収入に反映されるものもあるため、時間とお金に少し余裕のある人は、勉強して資格を取ってから転職することをおすすめします。 また、 動物に間接的に関わるペットフード関連企業、動物用医療機器製造などの仕事は、雇用形態が正社員で収入も安定していることから、 趣味と実益を兼ねた仕事になるでしょう。

次の