ウーバーイーツ 注文確定 押せない。 Uber Eats(ウーバーイーツ)が鳴らない場合の詳細や対処法を徹底解説

Uber Eats 配達パートナー専用アプリ「Uber Driver」既知の不具合と解決方法まとめ

ウーバーイーツ 注文確定 押せない

ウーバーイーツでのLINE Payを解説【画面で選ぶだけです】 ウーバーイーツの基本的な注文の仕方はこちらの記事で解説しています。 クレジットカードの登録の仕方など支払いの基本はこちらの記事で詳しく書いています。 ウーバーイーツの支払いはLINE Payでも可能です=画面で選ぶだけ 2019年12月頃よりウーバーイーツの支払いがLINE Payでも可能になりました。 LINE Payを支払い方法の選択画面で選択して順に押していく流れです クレジットカード・現金・LINE Payなど並んでいる画面でLINE Payを選択し手順を進めます。 もし並んでいない場合は「支払い方法を追加する」で選べばOKです。 決済の際にスマホの画面がLINE Payに移るのでそこで支払うボタンを押すという手順です。 LINE Payのバーコードはウーバーイーツでは使いません=オンラインで完結 ・コード支払い ・オンライン支払い ・LINE Pay 請求書支払い など LINE Payは複数の決済方法があります。 ウーバーイーツやZOZOTOWNなどのネットサービスでは「オンライン支払い」の手段を使うのでQRコードは登場しません。 クレジットカードなどと同じようににネットで完結します。 ウーバーイーツのLINE Payのキャンペーンにも注目です=お得なクーポンコードをチェック ウーバーイーツではLINE Payで支払うとお得になるキャンペーンが定期的に行われています。 Twitterやアプリのバナーでキャンペーンの告知が行われるのでクーポンコード(プロモーションコード)を要チェックです。 特にシェア争いが激しい間はキャンペーンも多くなりそうな予感がします。 ・プロフィール情報(必須) ・友だち情報 ・グループ情報 僕は必須のプロフィール情報だけ許可にして他はチェックを外しました。 その後の注意事項に目を通して利用規約もよく読んで同意します。 パスワードに6桁の数字を求められます。 お金に関するパスワードなので生成ツールなどでランダムに慎重に決めるのが僕のおすすめです。 決めたら忘れないように注意です。 指紋認証のTouch ID使用をオン、ログインお支払い時の認証もオンにしました。 これらが済めばホーム画面へ移ります。 LINE Payはチャージの選択肢が豊富=セブンやファミマもOK 次はお金をチャージをしていけばOKです。 ・銀行口座を登録する ・セブン銀行ATMから現金チャージ ・Famiポート利用で現金チャージ ・LINE Pay カードを利用する などの方法があります。 ファミマでもチャージできるのは便利ですね。 ライバルのPayPayは現時点ではファミマではチャージできないです。 さらにもしLINE Pay カードを持っていれば実質的にローソンでも現金チャージできることになります。 LINE MOBILEの格安SIMの人はポイントもらう機会が多いです LINE MOBILEの格安SIMを使っている僕は毎月ポイントがもらえています。 加入時のキャンペーンでも大量にもらえたのでそれも気軽に使えるとなると便利ですね。 解約時の条件には注意 残高を放棄した場合は解約後に出金することはできない、他サービスに連携している時や取引未確定時などはすぐに解約ができないなど注意事項が書かれています。 一度は目を通しておきたいポイントです。 アプリを入れてから押せば移動してくれます。 ウーバーイーツでLINE Pay使用時のキャンセル LINE Payのヘルプには「注文内容のお取消しは、ご購入された店舗に直接お問い合わせください。 」と記載があります。 ウーバーイーツのキャンセルに関しては状況によっては請求が発生する場合があるので注意です。 ウーバーイーツはLINE Payのみではなく多数の支払い手段があります 最初にクレジットカードで登録したらその後はLINE Payのみで支払っていくというスタイルもよさそうですね。 LINE Payのアプリのダウンロードはこちら.

次の

初心者配達パートナー必見、Uber Eats配達方法1から10まで

ウーバーイーツ 注文確定 押せない

配達の依頼を受けるまで オンライン状態にする前に まず、 持ち物の確認をしましょう。 スマートフォン• 配達用バッグ• おつり(現金配達をONにしている場合のみ) 最低限、上の3つがあれば配達をすることができますので必ず確認をしましょう。 嘘のような話ですが、私は一度だけ配達用バッグを家に忘れたままオンラインにしていたことがあります。 (すぐに気がついて取りに帰りました) オンラインにして注文が入るのを待つ 持ち物の確認が済んだら オンライン状態にします。 UberDriverアプリを開いて 出発ボタンをタップするだけです。 初めてオンラインにする瞬間は 緊張する場合もあるでしょうが、思い切ってUber Eatsの世界へ飛び込みましょう! 駅の周辺など、お店が多い場所の近くでオンラインにすると仕事が入って来やすいです。 1つだけオンラインにする際の 注意点があるのですが、 必ずUber Eats対応エリア内でオンラインにするようにしてください。 以前パートーナーセンターでスタッフの方から実際に聞いた話なのですが、Uber Eats対応エリア外でオンラインにすると アカウント停止対象となる場合があるそうです。 注文を受ける オンライン状態にしてしばらく待っていると、この様な表示がスマートフォンへ通知音と共に届きます。 カバンのアイコンを タップすると配達を受ける事ができます。 受けたくない時はこの画面の左上に表示されている 「拒否する」ボタンをタップしましょう。 その下の1. 2倍の収入) 実際にお店へ向かう お店の場所の確認 依頼を受けたら、UberDriverアプリ上部にお店の名前が表示されます。 慣れてくるとお店の名前だけで場所が分かるようになってくるのですが、最初は分からないと思いますので Googleマップを使い店へ向かいます。 お店へ向かう この様なボタンがあると思うので タップすると Googleマップが立ち上がります。 後は ナビに従い安全に気を遣いながらお店の前まで向かいます。 お店で料理を受け取る(ピックアップ) レストランからのお知らせを確認 まず店舗に到着したら、 レストランからのお知らせという欄を 確認しましょう。 この様にレストランからの指示が書いてありますので従いましょう。 上記の場合、 商品お渡し口へ向かいます。 チェーン店の場合この様に商品お渡し口へ取りに行くことが多いです。 また、大きな店舗以外の場合は 店の外にカバンを置いてから店へ入るといいでしょう。 (盗難には注意) 定員さんへ到着した事と注文番号を伝える そして店のスタッフへ 「Uber Eatsです」や 「Uberです」と伝えます。 (ハキハキした声で) すると注文番号を聞かれるか「しばらくお待ち下さい」と言われると思うので従いましょう。 お待ち下さいと言われた場合でも後で呼ばれた際に番号を伝えます。 注文者の名前の下に表示されている 5桁の数字とアルファベットの組み合わせが注文番号です。 お店の評価をBAD・GOODのいずれかをタップします。 (これは行わなくても問題ありません) チェックを付けたら 「配達を開始する」と表示されているボタンが緑色になりますので、右へ スワイプします。 タップしたまま右へ指をスライドする ここまでの操作はカバンへ料理を入れてから行っても大丈夫なので焦る必要はありません。 配達する料理を受け取ってから 連続して配達の依頼を受け取りたくない場合 初心者なので配達中に 連続して依頼が入ってきては困るという方や、 この依頼を終えたら配達を終了したいという場合は「 新規のリクエストを停止」をします。 新規のリクエストを停止のやり方 アプリ トップ画面より 右上の こちらの アイコンをタップしましょう。 そしてこちらの アイコンをタップすると、配達中に次の依頼が来ることはありません。 もう一度押せば停止を解除することもできます。 配達先の住所の確認(重要) 配達を開始すると アプリ上部へ 注文者の 住所が表示されます。 ここからが 重要なのですが、こちらに表示されている住所と実際に届ける先の 住所がズレている場合があります。 特に表示されている住所が番地まで表示されていない場合は Googleマップを起動しても 別の場所へ飛ばされます。 そこでアプリ下部のこちらの表示を 上へスワイプして 番地を確認します。 例えば「東京町1」と上部に表示されているのに注文者の詳細を確認すると番地の欄へ「1-2-3」といった風に書かれている場合があります。 この様な場合、 Googleマップへ 直接住所を打ち込む必要があります。 結構な頻度で住所がズレているといった自体に遭遇しますので注意しましょう。 注文者の指定した住所へ向かう 住所がズレていない場合は店へ料理を取りに行った時と同様に 「移動を開始」を タップすると Googleマップが起動します。 カバンの中の料理に気を遣いながら注文者の所へ向かいましょう。 (もちろん交通安全も) 注文者へ料理を渡す インターホンを押す前に 届ける先が一軒家の場合、表札の名前だけではどの家か判断できない場合があります。 また、マンションでも部屋番号を記入し忘れているというケースもあります。 その時は素直に注文者 へ連絡しましょう。 こちらの アイコンを タップするとお客さんへのメッセージ欄が表示されます。 しかし、PCから注文している場合などメッセージが表示されない場合もあるので 直接電話をかけてしまった方が 手っ取り早いです。 注文者としても、ずっとウロウロされているよりすぐに聞いてくれた方が気持ちが良いでしょう。 電話では必ず Uber Eatsであることを伝えてから内容を話しましょうね。 インターホンを押す インターホンを押し応答があったら、 「Uber Eatsです」と伝えます。 一軒家ならばそのまま待ち、マンションならば部屋まで向かいもう一度インターホンを押しましょう。 現金を受け取る(カード支払いの場合は不要) 現金配達であるかどうかの確認方法 こちらを上へ スワイプすると一番下に 「現金を受け取る」と表示されている場合は 現金をお客さんから 受け取る必要があります。 「配達済み」と表示されている時はカード等ですでにお支払いが済んでいますので、現金を受け取る必要はありません。 この表示を タップすると この様に 金額が表示されますので、こちらをお客さんから 受け取りましょう。 料理を渡してから現金を受け取っても良いのですが、注文者の手がふさがってしまうので個人的には先に現金を受け取ることをオススメします。 料理を渡す 注文者が出てきたら 料理を手渡しましょう。 この時、 「お待たせしました」や 「ありがとうございます」 、 「またお願いします」など伝えるとお互い気分良く受け渡しができるでしょう。 配達完了 報酬の確定 注文者へ料理を渡したら 配達済みを スワイプしましょう。 サーバーが混雑している時などは時間がかかる場合がありますが、気長に待ちましょう。 オフラインにする(配達を終える) 配達を終えたい時や休憩したい時は、 UberDriverアプリの トップ画面より こちらの表示を 上へスワイプし、 こちらの アイコンをタップすると オフライン状態になります。 配達お疲れ様でした! Uber Eats配達方法まとめ ここまでの内容でUber Eatsでの配達の仕事の流れを理解していただけたのではないでしょうか。 長くなりましたが、難しい内容ではないので 気軽に初めての配達を行ってみましょう! まだ Uber Eats配達パートナーになっていないという方はを確認いただけます。

次の

雨の日の配達も安心 スマートフォン用防水ケース「OWL

ウーバーイーツ 注文確定 押せない

もちろん外国籍の人でも、日本国内で就労が可能なら配達員になれます。 ウーバーイーツの配達員になるには、サイト上でアカウントを作成し、必要書類を提出した後、各都市のパートナーセンターでの説明会に参加します。 これだけで、ウーバーイーツの配達員として登録は完了します。 そこでここでは実際にウーバーイーツの配達の流れについて見てみましょう。 出発ボタンを押してオンライン状態になっていることを確認して待機しましょう。 配達リクエストが届くまでが待機時間となり、エリアにもよりますが、ランチタイムやディナータイム、土日祝日、悪天候などであれば比較的短時間で配達リクエストが届きます。 所要時間の上に円があり、白い線が一周する前にタップするとリクエストを受け付けることができます。 もちろんこの時に行きたくないお店だったり、今は疲れていたりなどで、リクエストを受け付けたくないという場合は 拒否するというボタンを押せば拒否することができます。 ただし、頻繁に拒否をしていると 配達応答率に響いてくるので注意が必要です。 土地勘のないエリアであればウーバードライブアプリを経由してグーグルマップを利用することができます。 マップを利用してもお店の場所がわからないという場合は、アプリを経由して直接お店に電話もできます。 お店によっては配達バッグを店内に持ち込まない、正面玄関ではなく裏口から入るなどのルールを設けているところもあるため、 事前にアプリでレストランからの注意事項を確認しておきます。 商品を受取る際は、お店の詳細画面にある注文品を集荷のところにあり注文番号を伝えます。 商品を受け取り配達バッグに入れたら、アプリで配達を開始するを選択しましょう。 そんな時は アプリを経由してユーザーに電話をしましょう。 万が一、ユーザーに電話が繋がらない場合はアプリ上でカウントダウンタイマーが表示され、同時にユーザーに通知が送られます。 10分経過してもユーザーから連絡がない場合、注文はキャンセルになりますが、報酬はしっかり発生しますし、商品は各自で処分することになります。 その後、 評価を行って終了です。 ウーバーイーツはお店、配達員、ユーザーが相互に評価ができるようになっており、もちろん配達員目線でお店とユーザーを評価することができます。 評価が著しく低い場合は仕事があまり回ってこなくなるという可能性もあるため、配達時間はもちろんですが、お店やユーザーへの接し方などもある程度注意する必要があります。

次の