どんぐり(女優)。 どんぐり (女優)

どんぐり(女優)が病気で怖いほど痩せすぎ?体重は何キロ?|コココム.com

どんぐり(女優)

どんぐり 女優 wikiプロフィール 年齢・大学 どんぐり 女優 wikiプロフィールです。 名前:どんぐり 本名:竹原 芳子 別名義:竹原芳子、西天満亭、どんぐり、葵樹泉 生年月日:1960年2月10日 年齢:58歳 出身地:大阪府 身長:150 cm 血液型:B型 職業:女優、お笑いタレント ジャンル、舞台・映画 活動期間 2010年代(お笑い) 2016年 - (女優) 事務所:映画24区 スポンサードリンク どんぐり 女優 カメラを止めるなの役や経歴は? どんぐり 女優 経歴です。 どんぐりは『カメラを止めるな! 』にて長編映画初出演を果たし、メインキャストの中でも登場シーンは少なめだったものの特徴的な見た目と耳に残る大阪弁で観客に強烈な印象を与え、これがブレイクのきっかけとなりました。 しかし、これまでの人生は結構波乱万丈です。 芸人人生は50代になった2010年に、ここから第二の人生だという気持ちで、約30年前に断念していたNSC大阪校に33期生として入所して始まりました。 どんぐりという芸名でピン芸人として活動しましたが、次第に芸人活動からは離れていき、落語家を志して落語教室を通っていたときの講師だった桂文華に弟子入りを志願するが、年齢を理由に断られるなど様々な挫折をして現在のブレイクになっています。 夢をあきらめなかったのはすごいですね。 必ずチャンスは来ますね。 それをものにしたどんぐりはすごいですね。 スポンサードリンク どんぐり 女優 竹原芳子からの改名理由は? 現在はどんぐり 女優 に改名していますが、カメラを止めるなでは竹原芳子として出演進しています。 なぜせっかく覚えてもらえた名前を改名したのでしょうか。 一つ目の理由は、2018年9月13日、8年間所属した吉本興業を離れ、映画24区に所属する事にあったからのようです。 そしてもう一つの理由は、「子供からお年寄りまで覚えてもらいやすい名前に」という本人の想いがあったようです。 確かにどんぐりは老若男女問わず覚えられそうですね。 改名にはそういう理由があるとは知りませんでした。 今後どんぐりで活躍して老若男女に覚えてもらえると良いですね。 スポンサードリンク どんぐり 女優 の前職は? 50代に入ってから芸人の活動を始めたどんぐりの前職が気になります。 短大卒業後から50代までは普通の社会人でした。 証券会社の営業職や、裁判所の臨時の事務官などに就き普通の社会人として仕事をしていたようです。 ちなみに、短期大学を卒業後の、1982年に創立したばかりの吉本総合芸能学院(NSC)大阪校1期生の募集を見て応募しようとしたが既に仕事も決まっていたことから周囲の反対があり断念した過去があります。 また裁判所勤務時代はアマチュア落語家として高座にも上がっています。 色々な経験をしていますね。 スポンサードリンク どんぐり 女優 結婚や子供は? は次のページへ.

次の

女優どんぐりの経歴は元吉本芸人!芸名の由来や女優になった理由は?|オトナ女子CHANNEL

どんぐり(女優)

どんぐり 女優 の若い頃の経歴は? ベテラン女優の貫禄を持ちながらも、実は 50代から芸能活動を本格的に始めたどんぐりさん。 テレビなどでも見かける機会が多くなりましたが、 どのような人生を歩んできたのでしょうか? そんなどんぐりさんの簡単なプロフィールから紹介していきますね。 本名は竹原 芳子(たけはら よしこ)さんとおっしゃいます。 どんぐりさんは1960年2月10日生まれで大阪府の出身です。 身長は150㎝でかなり華奢な体格ですね。 そんなどんぐりさんですが、短大を卒業した後 にお笑い芸人を志しますが、周囲の反対により一般企業に勤務し、営業などを行っていました。 その後、裁判所の事務官試験に合格し、しばらくは裁判所で勤務することになります。 事務官の試験には、もちろん法律的な知識が要求され、誰にでもなれる職種ではありません。 どんぐりさんは法律系の短大を卒業し、その後も試験勉強に真面目に取り組んでいたのでしょうね。 裁判所と聞くと、お笑い芸人とは全くかけ離れた職種で、 かなりお堅い印象を受けます。 しかし、裁判所職員は特別職国家公務員であり、給料や福利厚生に関しては充実しており、採用試験の競争率はかなり高いようです。 このまま定年まで勤務していれば、老後の生活も悠々自適だったのではないでしょうか? その後、裁判所を退職しますが、将来的が不安にならない程度の貯えがあったのでしょうね。 オススメ記事: どんぐり 女優 のお笑いへの道 裁判所に勤務していた時のどんぐりさんは、仕事にも支障をきたすほどの話下手で、それをずっと コンプレックスとして持ち続けていました。 それを克服するために近所の話し方教室に通い始めます。 そのつながりで、2007年頃からはにNHK文化センターの落語教室にも通い始めるようになりました。 落語を習い始めてからは、 その楽しさに目覚め、アマチュア落語家として高座にも上がるようになります。 落語を始めた時の年齢はすでに47歳となっていましたが、その年齢から新たな楽しみを見つけるなんて、本当に素晴らしいことだと思います。 そこからがどんぐりさんの本当に凄い行動力が発揮されることになります。 50代を迎えたどんぐりさんは、若い頃に断念したお笑いの道へ進むために NSC大阪校の33期生として入学しました。 同期にはコロチキや霜降り明星などもいたそうですが、彼らにとっては、どんぐりさんは母親世代になります。 周囲の学生も 興味津々でどんぐりさんの動向を観察していたのでしょうね。 そこからピン芸人にんとして「どんぐり」という芸名で活動を始めました。 しかし、お笑いを始めたものの、落語の楽しさが忘れられなかったどんぐりさんは、プロの落語家を志すようになります。 ところが、そこには年 齢的な壁があり、落語家の弟子入りを断られてしまいました。 そこでアマチュアとして落語を続けていたどんぐりさんは次なる目標を探すことになります。 50代で全く新しい世界に挑戦するという、どんぐりさんのパワーが凄すぎですよね。 裁判所を退職したことで自分を追い込み、 背水の陣で第二の人生に賭ける意気込みは生半可なものでは無かったのでしょう。 Sponsored Link どんぐり 女優 の女優への道 落語家の弟子入りを断られたどんぐりさんは、今度は 芝居に興味を持つようになりました。 その時、55歳になっていたどんぐりさんは芝居の勉強を続け、2016年からは間寛平さんが座長を務める「劇団間座」に参加するようになります。 間寛平さんは、どんぐりさんのキャラクターに興味を抱き、 女優としての才能を見抜いたのでしょうね。 もちろん、どんぐりさんの芝居に対する熱意や覚悟も伝わっていたはずです。 そこからは、本格的に女優活動を開始し、多くの舞台で場数を踏んでいくことになります。 その演技やキャラクターが評価され、長編映画「 カメラを止めるな!」にて 映画初出演を果たしました。 出演した映画では、登場シーンこそ少なかったのですが、その強烈なキャラクターでインパクトを与え、どんぐりさんの存在感を遺憾なく発揮することとなります。 それをきっかけに、テレビドラマやバラエティ番組にも出演する機会を与えられました。 そこでもどんぐりさんは 着実に爪痕を残し、徐々にメディアで活躍する機会が増えていきます。 女優としてのキャリアはまだまだ少ないものの、それまでのどんぐりさんの人生そのものが生かされた結果ですね。 何歳になってからも夢を持ち、それを追い続けるということの大切さを学ばされました。 オススメ記事: どんぐり 女優 は何歳で結婚? 50代を境に、新たな人生を歩み出したどんぐりさん。 自由奔放とも思える生き方ですが、そんなどんぐりさんの家族はどのように感じているのでしょうか。 そこで、どんぐりさんの 家族構成を調べてみましたが、家族に関する情報は一切見つかっていません。 まだまだこれからの人なので、今後多くの情報が出てくると思います。 新しい情報が分かり次第、 追記させて頂きたいと思います。 そこで、私なりのどんぐりさんの家族について仮説を立ててみました。 1つ目の仮説 どんぐりさんは短大を卒業後、最終的に裁判所勤務となっています。 結婚は20代前半でしており、子供も生まれますが、育児休暇などを利用して子育てを行い、子供が成人し、社会人として自立してからどんぐりさんの第二の人生を始めます。 年齢的にも、 ちょうど符号しますよね。 もう少し遅い結婚や出産であったとしても、問題なさそうです。 しかし、子供が出来ると色々と費用がかさみ、自分のための貯蓄が出来ません。 2つ目の仮説 どんぐりさんは結婚せずに、仕事に邁進し、将来のために貯蓄を蓄えていました。 少し寂しいようですが、自己実現のために好きな人がいても、 結婚を我慢していたのかもしれません。 その我慢こそが、新しい人生へのモチベーションになっているのかもしれません。 仮に結婚していたとしても、旦那さんの経済力や子供の数によって、どんぐりさんの人生も大きく左右されたはずです。 家庭と自己実現を両立するというのが一番カッコイイ生きざまなのだとは思いますが、いずれにしましても、50代からのどんぐりさんの人間的なエネルギーの凄さは、 十分に尊敬に値するものだと思います。 Sponsored Link どんぐり 女優 の顔が怖い画像は? どんぐりさんは非常に華奢な体型で、顔も小さいですよね。 そして、その表情によってはしわくちゃになり(失礼ながら)、 怖いという印象を与えます。 普段は小動物のようにかわいい笑顔を見せていますが、その ギャップがより一層怖いといった噂に繋がっているのかもしれません。 こうして画像を比較しても、それほど怖いといった印象はありませんよね。 どんぐりさんの役どころや、その 迫力のある演技があるからこその意見だと思います。 改めて画像を拝見すると、本当に良い感じで年齢を重ねられ、女優として満喫されていることが伝わってきます。 50代への境目というのは、多くの人が人生の終焉へ向けて、 何らかの意識をする年齢だと思います。 どんぐりさんもそれを強く意識し、残りの人生を自分のやりたいことに本気で取り組もうと考えたのでしょうね。 考えはするけど、実際に行動を起こせる人は ごく少数だと思います。 様々な環境や家族などがいると、特に男性は新たな行動を起こすことが難しいのかもしれません。 とはいえ、それも言い訳であって、実際に行動を起こす人はそれまでに綿密な計画を立て、下準備も万全に行っています。 どんぐりさんの場合も、 40代後半から下準備を行い、50代に入ってから本格的に動きだしました。 裁判所での勤務経験というのも大きな下地となっていますよね。 そんなどんぐりさんだったからこそ成しえたことであり、特別な存在なのかもしれません。 今後もどんぐりさんには、残りの人生も女優として突っ走ってもらい、人生を満喫してもらいたいと思います。

次の

女優・どんぐりが老けてて怖い?若い頃の画像や異色の経歴をご紹介!

どんぐり(女優)

経歴 [編集 ] 卒業後の 20歳のときにに入社。 21歳のときにに創立したばかりの(NSC)大阪校1期生の募集を見て応募しようとしたが周囲の反対があって会社を辞められずに断念。 証券会社では営業職として働いたのち、40歳のときからはの臨時の事務官として働いて人生を送った。 裁判所勤務時に自分の話が相手にうまく伝わっていないことがあったことから話し方教室に通い 、そのつながりで2007年頃にの教室にも通い始める。 落語を習ったことをきっかけに表現することの楽しさに目覚め 、裁判所勤務のままアマチュア落語家として高座に上がるようになる。 50代になったに、「ここから第二の人生だと思ってやりたかったことをもう1回やろう」という動機で 、約30年前に断念していたNSC大阪校に33期生として入所 (同期は、など )。 どんぐりという芸名でとして活動。 しかし、次第に芸人活動からは離れていき、落語家を志して落語教室を通っていたときの講師だったに弟子入りを志願するが、年齢を理由に断られる。 55歳になった頃に芝居の勉強をしたいと考えワークショップに通い始め 、からはが座長を務める「」の公演に参加し、女優活動を開始。 ここでは 葵樹泉の名義を使用し、旗上げ公演『恋の虫』に出演。 以降、同劇団の『発明王』『クリスマスコメディ』に出演。 、のシネマプロジェクト第6弾で製作された『』の舞台挨拶を観たことをきっかけに、本名の 竹原芳子名義で同プロジェクト第7弾に参加。 そこで制作された『』にて長編映画初出演を果たし、メインキャストの中でも登場シーンは少なめだったものの特徴的な見た目と耳に残るで観客に強い印象を与える。 9月13日、8年間所属したを離れ、に所属する。 映画24区所属を機に、「子供からお年寄りまで覚えてもらいやすい名前に」という理由で 芸名を再び どんぐりに戻している。 50代になってから芸能活動を始めて活躍を見せたことから注目を集め、6月8日には、かつて自身も受講していたNHK文化センター梅田教室にて講演会「どんぐりの挑戦 〜落語から始まった、遅咲きの人生〜」を開催。 同年6月5日発売ののデビュー曲『愛のカタチ』でに初出演かつ初主演。 の女性という難しい役柄を好演し、海蔵からも「どんぐりさんの演技が、より物語に深みを与えて下さった」と評された。 更に2019年7月期の『』()で、主人公の祖母・三雲マツ役にて初のレギュラー出演を果たす。 レギュラー出演が決まったときは「ではないかと思った」という。 そんな発言があったからか、8月24日放送の『』では、『ルパンの娘』共演の、とともに、目の前に(アパ社長)が突然現れる「アパドッキリ」を仕掛けられた。 契約満了のため、同年9月12日をもって所属していた映画24区を退所。 人物・エピソード [編集 ] 趣味は山歩き、巡り。 特技は、の、、、舌鼓といった特徴的なものを挙げている。 よしもと所属後もアマチュア落語家としての活動を続け、3月15日開催「神戸おこし亭アマチュア落語コンテスト THE落語女王2015」では「」を披露し審査員特別賞を受賞した。 食べ物の好みは、大の好き、好き。 身長が低かったり、が小さかったりが広かったりする容姿や、を操る個性的な声が特徴。 これらの特徴はどんぐりにとってはコンプレックスだったが、落語を習ったことでそれが持ち味となり、のちのお笑い活動や女優活動に活かされている。 特にお笑い活動時は小動物的な動きとして身長の低さを活かしたり、額を特徴としたネタを披露したりしていた。 また、そのインパクトのある見た目とは対照的に、役者としては安定した人間味のある芝居をこなすと映画24区所属時のプロフィールで紹介されていた。 映画『カメラを止めるな! 』では他のメインキャストに比べどんぐりの出番はやや少なめだったが、映画を観た人からは「インパクトがすごかった」「どこから連れて来たんだ」とよく言われたと監督のは語っている。 同映画を取り上げたテレビ番組では竹原について、は「ぐらいにしか出てこないキャラ」、は「だと思った」と感想を述べた。 シネマプロジェクトのオーディションに応募する際、履歴書ではなくそのチラシの裏に名前を書いてで送信した。 また、オーディション参加の時点には、劇団間座でのの役しか演じたことがなく、オーディションの場では思い切り蛾を披露してみせた。 ブレーキのない、底抜けに明るい点が監督の上田に気に入られ採用となった。 「」での経験が活きたことから座長のには感謝の気持ちを持っている。 50歳になったとき「ここから第二の人生だ」と思ったきっかけは、の『』で、演ずるが「人間50年…」と言って炎の中で死ぬシーンが脳内に焼き付いていたことから。 「私、織田信長だったら死んどるで」「ここから第二の人生やん」と思って、一度は断念していたお笑いの世界に飛び込むこととなった。 「どんぐり」という芸名をアドバイスしたのは、NSCの同期生だった芸人のである。 何かインパクトのある芸名が必要という相談になった時に「っぽくないですか」と言われたことがきっかけだった(堀川の談による)。 出演 [編集 ] 映画 [編集 ]• クレイジーアイランド 奈緒美の愛と青春と狂気の爆走ロード(2019年3月23日公開 、監督:辻凪子・阪元裕吾) - 島の長老 金さん 役• (2019年9月6日公開、、監督) - 使用人 役• (2019年10月11日公開、、監督:) - 患者 役• (2019年11月1日公開、、監督:) 短編映画 [編集 ]• (2020年、監督:上田慎一郎) - 笹原芳子 役 テレビドラマ [編集 ]• 第8話(2018年12月6日、) - 丸山珠美 役• 最終夜(2018年12月9日、・テレビ朝日) - 掃除のおばちゃん 役• 第2話(2019年5月3日、) - 大葉雅代 役• (2019年7月11日 - 9月26日、) - 三雲マツ 役• 第3話(2019年7月19日、)• 第二夜(2020年6月7日、) - 桐谷重子 役• (2020年6月16日 - 7月14日、関西テレビ・フジテレビ系) - 波田聡美 役 ウェブドラマ [編集 ]• くちびるWANTED(2018年12月16日、) - 大池スミレ都知事 役• プロローグドラマ「ひと口、あなたに。 」(2019年1月8日、)• カメラを止めるな! スピンオフ (2019年3月2日、AbemaTV ) - 笹原芳子 役• 第4話(2020年5月3日、) - 桐谷重子(和宏の母) 役 テレビ番組 [編集 ]• (2010年7月14日、)• 第167回(2011年8月9日、)• 第136回・第139回・第142回・第145回・第149回「ショートショートスカッと」(2018年8月13日 ・9月3日・10月15日・11月5日・12月3日)• 第174回「迷惑な若者が大反省2連発」(2019年7月29日)• 第177回「意外な展開スカッと」(2019年8月19日)• 知ったら戻れないセカイ(2018年11月17日、フジテレビ)• 『カメラを止めるな! 』世界を席巻!? 映画祭アツアツ珍道中inインドネシア(2018年12月25日、TOKYO MX)• ワガババ修学旅行〜澤部先生VSデヴィ夫人ら9人の淑女! 自由すぎる富士山旅〜(2019年1月4日、フジテレビ)• 2019年2月26日、日本テレビ• (2019年3月21日、日本テレビ)「萌え断! グルメ百景」VTRゲスト• 暮らしのレシピ(2019年3月2日 - 30日、TBS)• (2019年5月30日、日本テレビ)• (2019年8月24日、フジテレビ)• 15周年記念! 50周年のとコラボSP(2019年11月23日、フジテレビ)• (2019年12月8日、)• 凸ちゃん凹ちゃん(2020年1月5日、)MC インターネットテレビ [編集 ]• 田中圭24時間テレビ(2018年12月15日 - 16日、) - 「くちびるWANTED」大池スミレ都知事 役 舞台 [編集 ]• NGK30周年記念公演「間寛平クリスマスコメディ feat. 『FAITH-フェイス』「2つの正義篇」(2018年) - 店員 役• 「わたしの見たい『LOVE激白会 映画・ネイチャー』」篇・「わたしの見たい『LOVE激白会 スポーツ・旅・紀行』」篇(2018年) - 司会 役• 「愛のカタチ」(2019年) - 認知症の女性 役 脚注 [編集 ] [] 注釈 [編集 ]• 2018年10月13日閲覧。 映画24区. 2019年3月2日時点のよりアーカイブ。 2018年9月19日閲覧。 どんぐりの今日のデコ板. 2013年2月18日時点のよりアーカイブ。 2018年9月18日閲覧。 YES-fm 2010年7月12日. 2018年9月18日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2018年9月18日閲覧。 映画『カメラを止めるな!』公式サイト. ENBUゼミナール. 2018年9月18日閲覧。 MANTAN. 2019年5月30日. 2019年5月30日閲覧。 2019年5月30日. 2019年5月30日閲覧。 com. テレビ紹介情報. 2018年9月18日閲覧。 インタビュアー:土井大輔. DANRO. 2018年10月13日閲覧。 MotionGallery. 2018年9月18日閲覧。 SANSPO. COM. 2020年6月11日. 2020年6月11日閲覧。 trendnews. yahoo. 2018年9月30日閲覧。 サンケイスポーツ. 2018年8月30日. 2018年9月18日閲覧。 Lmaga. 2018年10月16日. 2018年10月17日閲覧。 com 2018年9月18日. 2018年9月18日閲覧。 お笑いナタリー. 2018年12月8日. 2018年12月9日閲覧。 NHKカルチャー. 2019年4月26日閲覧。 SPICE. 2019年5月30日. 2019年5月30日閲覧。 2019年6月1日. 2019年6月1日閲覧。 ツイート. より 2019年8月21日閲覧。 どんぐり(竹原良子) [ YoshikoTakehar1] 2019年9月15日. ツイート. より 2019年9月15日閲覧。 落語女王2015 本選会ご案内. 三ノ宮南 まちづくり協議会. 2018年9月24日閲覧。 中島慶子 2019年5月17日. 2018年9月24日閲覧。 asobist. com. シネマピア. コダマコーポレーション 2018年4月25日. 2018年9月24日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年9月6日. 2018年9月24日閲覧。 ゆりちゃん 2010年12月28日. ネタ-ウォーズ~~. 2018年9月24日閲覧。 映画ナタリー. 2018年8月31日. 2018年9月24日閲覧。 Techinsight. 2018年8月20日. 2018年9月24日閲覧。 チーム『カメ止め! 』感染者(編)、2018、「愛すべき全キャストインタビュー」、『映画『カメラを止めるな! 』アツアツファンブック 『カメラを止めるな! 』を止めるな! 熱狂のポンデミック』、 p. 2020年7月1日. 2020年7月3日閲覧。 どんぐり(竹原良子) [ YoshikoTakehar1] 2019年9月8日. ツイート. より 2019年9月15日閲覧。 ムビハイ 18. 映画学校のニューシネマワークショップ(NCW). 2018年9月19日閲覧。 東京新聞. 2020年4月30日. 2020年6月1日閲覧。 2018年12月6日. 2018年12月6日閲覧。 ツイート. より 2018年12月9日閲覧。 テレビ東京. 2019年5月4日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年6月1日. 2019年6月1日閲覧。 ツイート. より 2019年7月19日閲覧。 MANTANWEB(まんたんウェブ). 2020年5月23日閲覧。 GAOVARA ガオバラ 2010年7月11日. 2018年9月14日閲覧。 2018年8月14日. 2018年8月15日閲覧。 フジテレビ. 2018年12月19日閲覧。 映画『カメラを止めるな!』公式サイト. ENBUゼミナール 2018年12月20日. 2018年12月20日閲覧。 2019年5月30日閲覧。 2019年5月30日. 2019年5月28日閲覧。 ツイート. より 2019年11月18日閲覧。 Lmaga. 2020年1月4日. 2020年5月24日閲覧。 AbemaTIMES. 2018年12月12日. 2018年12月12日閲覧。 BIGLOBEニュース. 2018年12月16日. 2018年12月17日閲覧。 よしもとニュースセンター. 吉本興業 2016年12月26日. 2018年9月24日閲覧。 ステージナタリー. 2020年2月27日閲覧。 miyabi 2018年11月22日. 2018年11月27日閲覧。 プレスリリース , 株式会社ジュピターテレコム, 2018年11月15日 , 2018年11月16日閲覧。 プレスリリース , 株式会社カオナビ, 2018年11月26日 , 2018年11月26日閲覧。 音楽ナタリー ナターシャ. 2019年5月30日. 2019年5月30日閲覧。 外部リンク [編集 ]• - (2019年3月2日アーカイブ分)• - (2018年9月24日アーカイブ分)• donguri. lucky -• YoshikoTakehar1 - (2018年2月13日 - )• dongurikonn - (2011年1月12日 - 2012年8月13日)• - (現在は不使用)• - (2019年11月1日アーカイブ分) - Yahoo! ブログ(2012年4月1日 - 2014年1月6日).

次の