シャープマスク 当選倍率。 【大河原克行の「パソコン業界、東奔西走」】シャープ、応募者850万人超のマスク抽選で初の倍率100倍切り。販売実績と経緯をまとめた ~マスク以外のヘルスケア商品にも着手

シャープマスク当選倍率予想は常に100倍超確定!2回目3回目の確率や当選者の声まとめ

シャープマスク 当選倍率

シャープは28日、自社製マスクの抽選販売に約120倍の応募があったと明らかにした。 用意した4万箱に対して470万人超が申し込んだ。 初回は3万箱を販売する予定だったが、増産して1万箱を追加した。 当選者は29日までに電子メールで連絡する。 外れた人は次回以降の抽選に自動的に申し込まれ、再応募は必要ないという。 今後の抽選スケジュールは専用サイトで近く発表する。 マスクは1箱50枚入りで、税込み3278円。 送料は全国一律660円。 支払いはクレジットカードのみ。 当初は先着順で販売したが、アクセスが殺到しサイトにつながらない状態になったため、抽選に変更した。 27日に1回目の応募を受け付けた。 同社の広報担当者は「高倍率で驚いた。 それだけ需要が強いということなので、増産に努める」と話す。 同社の戴正呉会長兼社長も28日に出した社員向けメッセージで「2回目以降の抽選では販売数量のさらなる増加を予定し、増産体制も既に整いつつある。 引き続き供給量拡大に取り組むとともに、健康関連商品の拡大も図る」としている。

次の

倍率117倍! あの「シャープのマスク」が当選3日後に届くまで

シャープマスク 当選倍率

このところマスクの供給不足が問題となっていたが、近ごろは見かける機会も増えてきた。 それにともなって値段も下がってきて、ようやくマスク不足が解消されつつあるようだ。 そのマスクの中でも特に関心を集めているのが、あのシャープが3月下旬から生産しているマスク「MA-1050」だ。 4月から抽選販売が行われているが、信頼性の高いシャープ製ということもあってか、あるいはシャープが作ったマスクという物珍しさからか、求めるユーザーは後を絶たず、依然として100倍以上の倍率となっている。 今回、5月20日抽選の第4回販売分で運良く当選し、念願のシャープ製マスクを手に入れることに成功した。 残りのマスクも少なくなってきたので、嬉しさもひとしおだ。 すでにインターネット上では購入報告を多数見かけるが、せっかくなのでインプレッションをお届けしたい。 一昔前のマスクの価格から考えると、送料込みで4,000円は高く感じるかもしれないが、ゼロからマスク製造を始めたことでコストもかかっていることだろう。 何より製品自体を使ってみると、しっかりとした作りに好印象を受けた。 もちろん「シャープ製」という信頼性もあるし、今後、市中のマスク相場が下がったとしても、割高感は感じない。 毎年花粉症に苦しむ記者としては、この禍乱が収まっても、定番商品として残してほしいと思う。 倍率は高いものの、一度応募しておけば何度でも抽選に参加できる。 早い段階から申し込めば、その分多く抽選に参加できることになる。 気になっている方は早めに登録しておくと、当選のチャンスも増えることだろう。

次の

シャープマスク応募総数470万超え 当選確率1%未満「永遠に当たらない気が」: J

シャープマスク 当選倍率

家電メーカーのSHARPが製造・販売している不織布マスク(MA-1050)が当選したので買ってみました! 今回の記事では、シャープマスクの当選方法や一枚あたりの値段、付け心地などの感想を紹介します。 抽選から購入までの手順 まずシャープ製のマスクを購入する手順を紹介します。 ちなみに上記画像は、当選者のみがアクセスできる販売ページのスクリーンショット。 専用サイトから抽選に応募 シャープマスクの抽選は、以下のサイトから応募ができます。 上記サイトにアクセスし、メールアドレスと名前、電話番号を入力すると、マスクの抽選に応募ができます。 登録したメールアドレスと名前、電話番号は、当選した時に必要なので、3つの組み合わせを忘れないようにしましょう。 応募期間と抽選日 シャープマスクの抽選期間はメンテンス期間を除いて、ほぼ毎日応募ができます。 一度応募すると、自動的に今後の抽選販売の対象となるので、抽選に外れても何度も応募する必要はなし。 抽選日は水曜日で、混雑防止の為、数回に分けて当選メールを発送。 水曜日から木曜日までに当選メールが来る。 私が当選メールを受け取ったのは、第3回目の抽選で、木曜日の午後8時にメールが来ました。 購入期間はメール受け取り後から日曜日の午後5時までで、約3日間弱。 シャープマスクの購入方法 シャープマスクの当選メールには、当選番号が書いてあり、それを抽選時に登録をしたメールアドレスと名前、電話番号と併せて入力することで、販売サイトに繋がります。 当選メールには販売サイトのURL記載はなく、抽選応募と同じサイトURLの「当選者専用サイト」にアクセスします。 本当は当選したメール画像を見せたいところですが、なりすましメールを防ぐため、メール内容の記載はNGとのこと。 メールの発信元は、「 cocorostore-info sharp. jp」。 購入日から到着日 購入日は当選メールが着た2020年5月14日木曜日で、注文完了メールが2020年5月15日金曜日の午前5時。 商品の発送メールは2020年5月16日土曜日の午前6時。 配送会社は佐川急便。 シャープマスクが家に到着したのが、2020年5月17日日曜日。 シャープマスクの当選倍率• 第2回目の応募総数は6,807,310人で、当選数は6万箱。 当選倍率は114倍。 第3回目の応募総数は7,466,896人で、当選数は7万箱。 当選倍率は106倍。 私が当選したのは第3回目なので、 当選倍率は106倍でした。 シャープマスクの値段は高い シャープマスクの値段は、 税抜き2,980円。 消費税を入れると、 価格は3,278円となります。 税込み5,000円以上のお買い物をすると送料が無料になりますが、今回はマスクだけの購入のため、送料が別途660円かかります。 そのため、シャープマスクを購入するのにかかる費用は最低でも 合計3,938円かかります。 50枚入りで3,938円なので、 1枚あたり約78円。 本体だけの価格(3,278円)だと、 1枚あたり約65円。 コンビニやスーパー、ドラッグストアでは、最近マスクが手に入りやすくなってきているので、正直言ってこの価格は高いなと思いました。 ただし、日本製+SHARPブランドの安心安全という付加価値があるので、安い!とも言えるでしょう。 【購入レビュー】シャープマスクの感想 それでは実際に届いたシャープ製マスクの感想を紹介していきます。 シャープマスクの素材 シャープマスクの素材は以下の通り。 本体及びフィルター(不織布:ポリプロピレン)• 耳ひも部(ポリウレタン、ポリエステル)• ノーズフィッター(ポリエチレン) 日本衛生材料工業連合会自主基準による表示 製造はシャープ株式会社で、Made in Japanの日本製。 ウイルス対象は? 使用用途は、 かぜ・花粉・ホコリなど。 箱のパッケージには「マスクは感染(侵入)を完全に防ぐものではありません。 」書かれています。 新型コロナウィルスへの記載はもちろんありませんが、やはりマスクをしていた方が感染拡大防止に役立つと個人的には考えています。 フィルター性能評価 フィルター捕集効率試験による性能評価• 1つの包装には25枚のマスクが入っており、それが2つあるので合計50枚。 残念ながら個包装ではないので、持ち運びには別途ジップロックなどの袋が必要です。 使用方法・付け方• シャープマスクの表面下部には、アルファベットで「SHARP」の印字があり、正しく読める側を外側にして、ひもを耳にかけます。 ノーズフィッター(鼻あて)を鼻の形に合わせて、隙間を少なくします。 マスクの下部を下に大きく広げ、プリーツを伸ばしてあごまで覆います。 付け心地は? 実際にシャープ製のマスクを口に付けてみると、不織布が硬い印象があります。 白元アースの快適ガードやユニ・チャームの超立体マスクは柔らかい不織布で作られていますが、シャープマスクの不織布はパリッとしていて、柔らかさがほとんどありません。 サイズは縦が約95mmで、横が175mm。 プリーツ加工なので、縦に1. 5倍ほど伸びます。 匂いは普通で、不織布特有の紙のような布のような匂いがします。 耳ひも部分はポリウレタンとポリエステルの素材で作られており、それを細いひも状にしています。 私はマスクを付けていて耳が痛くなったことがないのでわかりませんが、他のマスクと比較すると耳が痛くなりそうな感じはあります。 ひも部分が細く、少し凹凸があるため。 マスクには「SHARP」のロゴが印字されていますが、しっかりとあごまで覆うと、ロゴが見えなくなるので、シャープ製品だとアピールができません。 【動画】シャープマスク MA-1050 シャープマスクの開封動画は、以下のYouTubeでご覧いただけます。 フィルターや耳ひも部の素材感は、写真よりも動画の方がわかりやすいと思います。 シャープマスク 評価まとめ 個人的にシャープマスクの評価をまとめると以下のようになります。 (5点満点で採点)• 短期間で畑違いのマスクを製造・販売する姿勢は評価できますが、シャープマスクは全体的に作りがちょっとチープだと感じました。 値段はもう少し安くして欲しいのが正直なところで、送料(660円)が入ると高く思えてしまう。 また最近ではマスクが手に入りやすくなっている状況を見ると、日本製マスクといっても合計で1箱約4,000円はやはり高い。 評価は厳しくなってしまいましたが、日本人としてシャープにはこれからも良い製品を多く作ってもらいたいので、値段は高くてもシャープのマスクを購入できて良かったと思っています!.

次の