火曜 ドラマ。 火曜ドラマゴールド

火曜ドラマゴールド

火曜 ドラマ

概要 [ ] これまで関西テレビは、からまで20年半に渡り、火曜22時台(通称『』)の枠でテレビドラマを放送していた。 しかし、視聴率の低迷(特に2000年代後半頃からは顕著になった)やスポンサー離れなどを受け、関西テレビがバラエティー枠に充てていた火曜21時台をドラマ枠に転換する形で開始することになった。 なお、これまでの『火10』枠は、関西テレビ制作のバラエティー枠に転換され(事実上の枠交換)、『』枠で放送されていた『』を時間拡大のうえで枠移動となった。 フジテレビ系列としては、火曜21時台でのドラマは(通称:火9)以来1年半ぶりとなる。 それに引き続き、本枠も「火9」と呼ばれることがある。 また、関西テレビ制作のドラマが火曜21時台に放送されるのは、 - 放送の単発30分ドラマ枠『』以来実に50年半ぶりで、「連続」及び「1時間」は史上初。 スポンサーについても体裁上22時台に移動したバラエティー枠と枠を交換しており、として のCMが、としてのCMが流れている。 この枠で放送される作品のジャンルは、やが多い。 一方で制作局・関西テレビのある関西地区では二桁に乗せることもあるため、西高東低が顕著である。 火9がドラマ枠になって以降も、改編期や年末年始にこの枠から2時間以上にわたる関西テレビ制作の特番 を組むことがある(正月3が日など一部の例を除く)。 『明日の約束』以降は、本編の放送終了後に「チェインストーリー」がにて配信されている。 また『まだ結婚できない男』以降は、これまでは単発作品のみで行っていた視覚障害者向けのステレオ2方式をレギュラー放送でも実施している。 複数シリーズ作品(いずれも火曜22時台から継続)• 草彅剛・復讐シリーズ(2015年・2017年 2シリーズ継続) 主演 - 脚本 -• (2006年・2019年 2シリーズ継続) 主演 - 脚本 -• シリーズ終了• 2019年10月現在、該当作なし• 2016年秋以降、上記を除く全作品 作品 [ ] 原則、関西テレビの自社完全制作のため、「制作著作 8 カンテレ」とクレジットされている。 [M] - (MMJ)との共同制作作品のため、「制作 8 カンテレ、MMJ」とクレジットされている。 該当作品はいずれも火10時代からMMJが参画しており 、火10時代と同じ体制を採ったことに起因する。 [K] - (共テレ)との共同制作作品のため、「制作 8 カンテレ、共テレ」とクレジットされている。 本枠で初めてこの体制を採った『後妻業』の時点で共同テレビのクレジットはフジサンケイグループ統一書体での「共同テレビ」から「共テレ」ロゴに移行していたため、本枠で「制作 8 カンテレ、共同テレビ」とクレジットされた作品は存在しない。 2010年代後半 [ ] 2016年 [ ] (1)『』 [M]• 放送期間:10月11日 - 12月13日• 放送回数:全10回• 主演:• 脚本:、• 演出:、、• 主題歌: 「」 2017年 [ ] (2)『』• 放送期間:1月10日 - 3月14日• 放送回数:全10回• 主演:• 脚本:• 演出:、、 (3)『』• 放送期間:4月11日 - 6月13日• 放送回数:全10回• 主演:• 原案:• 脚本:• 演出:、• 制作協力:• 主題歌: 「」 (4)『』• 放送期間:7月18日 - 9月19日• 放送回数:全10回• 主演:• 原作:・(刊)• 脚本:• 監督:、• 演出:• 制作協力:• 主題歌: 「」• オープニング:「」 (5)『』• 放送期間:10月17日 - 12月19日• 放送回数:全10回• 主演:• 脚本:• 演出:、• 制作協力:• 主題歌: 「」• 備考:本作よりチェインストーリー導入 2018年 [ ] (6)『』• 放送期間:1月9日 - 3月13日• 放送回数:全9回• 主演:• 脚本:• 演出:、• 主題歌: 「」 (7)『』• 放送期間:4月10日 - 6月12日• 放送回数:全10回• 主演:• 原作:韓国ドラマ『』• 脚本:• 演出:、• 主題歌: 「」 (8)『』• 放送期間:7月17日 - 9月18日• 放送回数:全10回• 主演:• 原作:(掲載)• 脚本:、• 演出:、、• 制作協力:• 主題歌:「」• オープニング:「」 (9)『』• 放送期間:10月9日 - 12月11日• 放送回数:全10回• 主演:• 脚本:• 演出:、• 制作協力:• 主題歌: 「」• オープニング:「」 2019年 [ ] (10)『』[K]• 放送期間:1月22日 - 3月19日• 放送回数:全9回• 主演:• 原作:• 脚本:、• 演出:、、• 主題歌:「」 (11)『』• 放送期間:4月16日 - 6月25日• 放送回数:全10回• 主演:• 原作:(掲載)• 脚本:• 演出:、• 主題歌:「」 (12)『』• 放送期間:7月16日 - 9月17日• 放送回数:全10回• 主演:• 原作:韓国ドラマ『』• 脚本:• 演出:、• 主題歌:「」 (13)『』 [M]• 放送期間:10月8日 - 12月10日• 放送回数:全10回• 主演:• 脚本:• 演出:、、• 主題歌:「」• 備考:本作より解説放送導入 2020年代前半 [ ] 2020年 [ ] (14)『』• 放送期間:1月14日 - 3月17日• 放送回数:全10回• 主演:• 脚本:• 演出:、、• 主題歌:「」• オープニング: 「」 (15)『』• 放送期間:6月16日 - 7月14日• 放送回数:全5回• 主演:• 原作:• 脚本:• 演出:• 制作協力:• 主題歌:吉川晃司「焚き火」• オープニング:吉川晃司「Brave Arrow」 (16)『』[K]• 放送期間:7月28日 -• 放送回数:未定• 主演:、• 原作:• 脚本:• 演出:、、• 主題歌:「umbrella」 ネット局 [ ] 『関西テレビ制作・火9ドラマ』ネット局 放送対象地域 放送局 系列 放送日時 ネット形態 備考 (KTV) 火曜 21:00 - 21:54 制作局 (UHB) 同時ネット (mit) (OX) (AKT) (SAY) (FTV) (CX) (NST) (NBS) (SUT) (BBT) (ITC) (ftb) (THK) ・ (TSK) (OHK) (TSS) (EBC) (KSS) (TNC) (STS) (KTN) (TKU) (TOS) フジテレビ系列 (UMK) フジテレビ系列 (KTS) フジテレビ系列 (OTV) (ATV) 主に平日午後 遅れネット (UTY) (TYS) インターネット配信 [ ] 最新話見逃し配信は関西テレビの放送日時基準のため、地上波放送の終了時刻が繰り下がった場合は、終了次第配信。 遅れネット局は動画配信が先行する。 過去分はドラマ毎に配信元が異なるため、各記事を参照。 配信元 更新日時 配信期間 備考 火曜 22:00 更新 7日 同時ネット局の最新話限定で無料配信 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2010年3月まで番組前半のであり、同年4月から2016年9月まで複数社の1社として提供していた『』から移動。 この場合、テレビ宮崎では同種のジャンルの作品が2時間立て続けに放送される形となる。 (詳細は後述)• 2020年3月31日には2時間スペシャルドラマ『』が放送された。 『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』は『』のスタッフ、『まだ結婚できない男』は『結婚できない男』の続編。 2019年9月までは新潟総合テレビ。 は、の『』を放送しているため、不定期で遅れネットによる番販での放送をしたケースがあったが、22時台から21時台に繰り上がったため同時ネットで放送するようになり、また21時台になってからは全国ネットのスポンサーが付くようになった。 は、(RAB)が土曜正午から放送していた。 出典 [ ].

次の

関西テレビ制作火曜夜9時枠の連続ドラマ

火曜 ドラマ

なお、放送枠が終了した現在でも、一部の地上波局 や有料などでかなり後年になってのまたはが行われている。 概要 [ ] 原則として21:00 - 22:54 ( に毎週1話完結(極稀に前後編形式の作品もある)のサスペンスドラマを放送していた番組タイトルの通り、サスペンスドラマ専門の放送枠である。 また初期にはホラー系の作品も放送していた。 一部の放送回ではサスペンス・ミステリー・ホラーであるやも放送した。 第1回放送は、主演の「」(原作)。 日本テレビにとっては、に放映の始まった制作の『』に次ぐ2時間ドラマ枠であり、からはさらに『』を設けるなど、日本テレビ系列では2時間ドラマ枠が多くなったが、『火曜サスペンス劇場』はその中核であり、最も息の長い枠となった。 以降は、主に50歳代から60歳代の女性を視聴者に絞り定番シリーズを放送する安定路線が敷かれた [ ]。 特に、1990年代は、日本テレビの視聴率が、全国的に好調になっていた年代でもあり、日本テレビのドラマ枠としては、最も高い視聴率を、殆どの回で記録し続けて、なおかつ、ドラマ視聴率ランキングの上位にもしばしば食い込んでいた。 この番組の開始によって、『木曜ゴールデンドラマ』が、毎回、読売テレビの制作に変更された(それまでは、日本テレビと読売テレビが交互に制作していた)。 また、、、、ら劇場映画で名声を博している旬の監督たちを起用して演出家主導の意欲作を撮らせる試みもしばしば行われた。 その結果、難解なストーリーや前衛的演出も辞さず、2時間ドラマのみならずテレビドラマの枠をも破るような作品群が少数ながら生まれている。 最終回の放送内容は火サス最多出演俳優の主演の『事件記者・三上雄太III 逃走援助』で、放送時刻はにより通常より1時間遅い22時00分 - 23時54分であった。 後継番組枠は『』(2005年11月1日 - 2006年10月17日)のちに『』(2006年10月31日 - 2007年3月27日)。 これらの番組枠を含め『火曜サスペンス劇場』より継続してによる(作品によりの場合もある)とも行われた。 放送終了から5年を迎える2010年9月27日、『』の「きょうは何の日」のコーナーで、「『火曜サスペンス劇場』が終了した日」として、本放送枠が取り上げられ、のインタビューや、最多出演俳優(1位は)・女優(1位は)、犯人役として出演した最多俳優(女優)()などを放送した。 放送時間の変遷 [ ] 放送期間 放送時間() 1981年9月 - 1986年3月 火曜 21:02 - 22:54(112分) 1986年4月 - 1988年3月 火曜 21:02 - 22:51(109分) 1988年4月 - 1989年3月 火曜 21:02 - 22:52(110分) 1989年4月 - 1993年9月 火曜 21:03 - 22:52(109分) 1993年10月 - 1994年3月 火曜 21:03 - 22:54(111分) 1994年4月 - 1994年9月 火曜 21:03 - 22:55(112分) 1994年10月 - 2005年3月 火曜 21:03 - 22:54(111分) 2005年4月 - 2005年9月 火曜 21:00 - 22:54(114分) 音楽 [ ] オープニングテーマ [ ] オープニングテーマは番組冒頭で使用され、オープニングテーマの最後の部分は各期の主題歌のサビ部分に接続されていた。 ただし、2005年の放送(8代目オープニング)からは番組冒頭ではオープニングテーマのみとなり主題歌のサビ部分へは接続しなくなった。 次回予告用のアレンジが異なるバージョンも制作されている。 「夢のセレナードミッドナイトクライシス」(1981年9月29日 - 1983年4月26日) - 副題「火曜サスペンス劇場オープニングテーマ'81」• 作曲: 、編曲: 米映画『』のBGMが原曲。 このため編曲者の木森敏之が共同作曲者としてクレジットされることもある。 「火曜サスペンス劇場フラッシュバックテーマ」(1983年5月3日 - 1989年5月30日)• 作曲・編曲:木森敏之• 「火曜サスペンス劇場フラッシュバックテーマ」(1989年6月6日 - 2005年9月27日) - 二代目のアレンジ• 作曲:木森敏之 一部の音色を変えるなど、少し不思議なオープニングテーマになっている。 音調はホ短調である。 一般的に、オープニングテーマは、こちらの方がよく知られている。 主題歌 [ ] 主題歌(テーマ曲)はオープニング及びエンディングで使用され、オープニングではオープニングテーマの最後の部分にサビ部分を接続する形で用いられていたが、2005年の放送(8代目オープニング)からは番組冒頭ではオープニングテーマのみとなり主題歌のサビ部分へは接続しなくなった。 2時間ドラマでは最初に歌手を使ったテーマ曲を作った事でも知られている。 最初の主題歌「」は、番組のエンディング だけで使用する目的で制作され1コーラス分の長さしか録音されておらず、レコード化の予定もなかった。 だが視聴者の要望が多く番組内で使用されているマスターテープを元にカセットに録音した物を制作し、一般応募による視聴者抽選プレゼントにしたところ、 200本のプレゼントに35万通の応募はがきが殺到した。 [ ]それを受け、に歌唱者のが当時所属していたビクター音楽産業(現:)から正式なレコードとして発売され大ヒット。 同年のを受賞した。 その後も岩崎は主題歌を通算6曲歌い(初婚時の「益田宏美」名義含む)、1986年10月21日に当枠で放送された『誰かが見ている』でドラマ初出演(主演)もしている。 1998年11月には主題歌15曲を収録したアルバムがビクターから発売された。 中盤の提供交換・制作だより・後提供及びエンドカード用のアレンジ版が別途制作されている。 歴代主題歌 [ ] 歌手 主題歌 期間 作詞者 作曲者 編曲者 レコードレーベル 1 1981年9月29日 - 1983年4月26日 木森敏之 2 1983年5月3日 - 1984年6月26日 木森敏之 3 1984年7月3日 - 1985年6月25日 4 1985年7月2日 - 1986年9月30日 5 1986年10月7日 - 1987年11月24日 6 1987年12月1日 - 1988年12月20日 杉山清貴 7 1988年12月27日 - 1989年5月30日 筒美京平 武部聡志 8 1989年6月6日 - 1990年9月18日 竹内まりや 9 1990年9月25日 - 1991年10月1日 10 1991年10月8日 - 1992年9月22日 11 1992年10月13日 - 1993年9月28日 ビクターレコード 12 1993年10月12日 - 1994年3月29日 VAP 13 1994年4月12日 - 1995年1月31日 白井貴子 白井貴子 14 1995年2月7日 - 1996年3月26日 沢田知可子 (ストリングス・アレンジ) 15 1996年4月2日 - 1997年5月27日 高橋真梨子 十川知司 16 1997年6月3日 - 1998年4月7日 ジョー・リノイエ、 with ジョー・リノイエ (ストリングス・アレンジ) 17 1998年4月14日 - 9月22日 十川知司 ビクターエンタテインメント 18 1998年10月13日 - 1999年4月27日 (ストリングス・アレンジ) VAP 19 1999年5月4日 - 2000年3月14日 十川知司 20 高橋真梨子 2000年4月4日 - 9月26日 高橋真梨子 ビクターエンタテインメント 21 2000年10月3日 - 2001年10月16日 YOSHIKI 22 2001年10月23日 - 2002年5月28日 ANRI 23 2002年6月4日 - 2003年12月9日 玉置浩二 安全地帯 24 2004年1月6日 - 12月14日 一青窈 武部聡志 25 中村雅俊 2005年1月11日 - 5月31日 26 2005年6月7日 - 9月27日 森山直太朗 事前ミニ番組 [ ] 火曜サスペンスクイズ [ ] 1998年10月から2005年3月まで、番組開始直前の21:00 - 21:03の3分間は、事前番組として作品のごく一部にあたるに正解すると、抽選で3万円分の商品券が当たるという『火曜サスペンスクイズ』が放送されていた(ナレーションは。 とは、同様の内容で独自のクイズを出題していた時期がある)。 クイズの問題は、ドラマ中のシーンに関するもので、犯人、事件の手掛かり、地名などを当てさせるものだった。 どの場面に関するものか分からないため、正解しようとすると、必然的に最初から最後まで見ることになるため、番組の最後に出演者が「答えはこの後すぐ」のコールを行っていた。 ここでも副音声では、応募のあて先を読み上げるなど違う音声が流れていたが、インターネットのウェブサイトでの応募も可能だった。 今夜のサスペンス [ ] 1998年9月以前は、スタジオからが内容のさわりを紹介する『今夜のサスペンス』が放送されていた。 なお、一部のでは、ニュースや気象情報などに差し替えていた。 シリーズ作品 [ ] 「」および「」を参照 以下、五十音順• (主演:、近代映画協会制作、全4作) 「浅見光彦ミステリー」の後継作品としてに放映開始。 「浅見光彦ミステリー」とほぼ同じキャスト・スタッフで4作放映された。 (主演:水谷豊、近代映画協会制作、全8作) 9月から水谷主演で浅見光彦シリーズを放映。 映画でシリーズ化する計画があったため 、7月をもって火サスでの放送を一旦 「浅見光彦ミステリー」はバップからビデオ・DVD化されているが、版権の問題から全作品のエンディングがの「」にされており、尺が合わない作品がある。 なお、その後、火曜サスペンス劇場では2月にが主演の浅見光彦を演じる『』が放映された(制作)。 このときは光彦の兄を実兄の、母を実母のが演じている。 (主演:、全3作)• (主演:、製作、全3作)• (主演:、全7作)• (主演:、原案・脚本、東映製作)• シリーズ最多作品となった人気作品。 リニューアル後の『』ので、このシリーズの完結篇を放送した。 あわせて全37作。 (主演:、J. プロデュース製作、全1作)• (主演:、全3作)• (主演:〔1988年 - 1993年〕全9作・〔1994年 - 1995年〕全6作、松竹・製作、計15作)• (主演:、全8作)• (主演:、製作、全10作)• (主演:、製作、全3作)• (主演:、原作、製作、全11作)• (主演:、原作、国際放映製作、全18作)• (主演:、制作、全19作) 2作目までは「 警視庁鑑識課」として放送し、には「」として連続ドラマ化された。 火サスから連続ドラマ化された唯一の作品である。 (主演:、・原作、製作、全21作)• 検事・霞夕子• (主演:(1994年 - )・(2003年 - )、夏樹静子原作、ユニオン映画製作、全25作)• (主演:、原作、製作、全7作)• (主演:、全3作)• (主演:、全5作)• (主演:・、・原作、製作、全5作)• (主演:、全4作)• (主演:水谷豊、製作、全3作)• (主演:、制作、全4作)• (主演:、大映テレビ製作、全30作)• (主演:、全3作)• (主演:、製作、全12作) 主役の勝野を始め、身辺警護班のメンバーはエンドロールでは役名が「身辺警護班 班長」「身辺警護官」などと肩書きで表記されていた。 ただし、解説放送では「もちづきしろう、勝野洋」など、名前で紹介されている。 (主演:〔2000年 - 2001年〕、〔2001年 - 〕、全8作)• (主演:、全4作)• (主演:、全3作)• (主演:坂口良子、原作、制作、全8作)• (主演:、原作、のち製作、全19作)• (主演:、原作、スタッフアズバーズ・鈍牛倶楽部製作、全12作) 1982年に第1作が放送されており,本枠で一番最初にシリーズ化された作品である。 (主演:、全4作)• (主演:、東映制作、全4作)• (後にに改題)(主演:・、製作、全9作) 9月頃から。 当時、JRのキャンペーンであるとタイアップしてこのシリーズが製作された。 原作は1・2作はの作品を製作したが、3作目以降は内田氏多忙の為、急遽脚本家であるへ変更、作者変更により主人公夫妻の登場人物名も変わった。 最終作近くになる頃フルムーンキャンペーンのイメージキャラクターが二谷・白川夫妻から・夫妻に変更になったため、急遽シリーズ名も「四季旅情ミステリー」へ変更することになった。 (主演:、原作、製作、全23作)• (主演:、・原作、東映製作、全34作)• (主演:高橋英樹、東映製作、全9作)• (主演:古谷一行、ユニオン映画製作、全13作)• このシリーズはに開始(第1作はが主演を務めた)され、毎年6月が「」といわれ、この時期に結婚する人達は幸せな家庭生活を送る事ができるという言い伝えから、それに因んで番組開始当初から毎年6月に結婚に絡むサスペンス作品を必ず収録・放映し、主演女優の着用する華やかなも注目されるシリーズとされている。 ラストは、ヒロインが結婚式を挙げるシーンで終わるのが定番となっていた。 を最後に一旦中断したが、に主演の『6月の花嫁 偽りのドレス』で9年ぶりに復活した。 翌に「6月の花嫁2005」として計4作を放送した。 (主演:坂口良子、全3作)• パチンコ・パチスロ [ ] パチンコ• CR火曜サスペンス劇場(2013年、)• CR火曜サスペンス劇場 真相の扉〜22の過ち〜(2016年、タイヨーエレック) パチスロ• パチスロ火曜サスペンス劇場(2016年、タイヨーエレック) いずれも内容は『』がモチーフとなっており、片平なぎさや船越英一郎などが登場。 CD [ ] 火曜サスペンス劇場 主題歌集 DX 2枚組 2003年3月21日 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 日本テレビ系列の置局がある地域であっても、同系列外局で日本テレビでのが切れた作品をもしくはしていることもある。 最終回時点における通常編成時のもの。 番組開始当初は21:02 - 22:54だったが、2005年4月に21:00からの本放送枠関連ミニ番組枠の終了時刻繰り下げ・後の廃枠による開始時刻の変更。 また、1986年4月以降の後続のスポーツニュース(1994年4月以降は『』)の開始時刻の変動による終了時刻の変更がそれぞれ幾度となく行われた。 木森逝去後に製作されたため編曲者は不詳。 当時のオープニングでは、この曲の一部をアレンジしたメロディーのみのバージョンが使われていた。 主人公の服装(特に白いエナメル靴)が原作とあまりに懸け離れている事に原作者から抗議を受けたという話があるが、白いエナメル靴事件は、足音の効果音によって誤解を招いただけで、実際には白いスニーカーを履いていたというのが真相。 また、DVD化にあたって原作者自身が、水谷豊は作者の持つ浅見光彦のイメージとは違っていたとハッキリコメントしているが、このミスマッチが成功の要因だろうとも述べている。 1984年から1986年及び1991年は放映されていない。 青森放送ではであった1991年9月までは、当該時間帯で『』と『』を放送していた関係で、土曜日の12:02 - 13:51に『 土曜サスペンス劇場』として放送されていた(注:青森放送では番組開始当初火曜日21:00と土曜日13:00から1時間の前・後編の分割放送(タイトルは前者が「火サス」、後者が「土サス」)で、後に途中前述の土曜日2時間放送に統合後、日本テレビ系列のとなった1991年10月より同時ネットに移行された。 副音声の解説放送は1990年10月開始で、東北地方の当番組ネット局では1番副音声の解説放送の開始が出遅れた。 なお、「土サス」枠は、ABA開局後に「サスペンス傑作劇場」 「火サス」の再放送 と変えてしばらく継続した。 山形放送では1985年10月から1993年3月までのクロスネット局時代に土曜日の12:00 - 13:55に『 土曜サスペンス劇場』として放送されていた(注:山形放送はにテレビ朝日の番組を同時、もしくは遅れネットしていることから事実上同時ネット不可能であったことによるもので、遅れネットだった)。 その後、日本テレビ系列フルネット局となった1993年4月より同時ネットに移行された。 当初は木・金曜日の深夜帯に当初編成されており、『 木曜サスペンス劇場』『 金曜サスペンス劇場』というタイトルで、共に『』の後で放送されていた。 なお、土曜日に当時はデーゲームだった、日本シリーズ中継で放送できない場合は『MRO劇場』というタイトルで、休止した日から2 - 6日後の16:00から放送した。 その後『MROサタデー劇場』自体は遅れネット元を本枠から『』枠(・週替わり制作・テレビ朝日系列)に変更の上継続し、開局直前(1991年9月)まで放送継続した。 山口放送ではクロスネット局であった1993年9月までは、当該枠でテレビ朝日系列の遅れネット番組(1993年9月の時点では『』と『』)を放送していた関係で、土曜日の13:00 - 15:00に放送された(注:番組開始当初の半年間は、火曜21:00から1時間の前・後編の分割放送(タイトルもそのまま火曜サスペンス劇場)だったが、1982年4月から上記の時間帯に移動した)。 日本テレビ系列フルネット局となった1993年10月より、同時ネットに移行された。 なお、フルネット化後も土曜日に「土曜サスペンス劇場」の名で再放送枠を設置していた。 南海放送では放送時間こそキー局と同一であったが、1992年9月22日放送分までは約半数の提供スポンサーを地元企業に差し替え、オープニング/クロージングタイトルと提供クレジット・CMを自局送出としていた。 そのためもあり、音声多重放送開始当初の1990年7月24日から1992年9月22日までの期間は、オープニング部分のみ副音声解説がなかった。 その後、頃に4日遅れ(一時期11日遅れ)で土曜13:00(この時点でタイトルを土曜サスペンス劇場に改題)に枠移動となり、2時間フルバージョンの放送になった。 そして半ば頃には1時間繰り上がって土曜正午からの放送された。 フジテレビ系のフルネットに移行した後も、長崎国際テレビの開局直前まで放送 なお、特別編成などで土曜日に放送できない場合は『 サスペンス劇場』というタイトルで他の曜日に放送した。 開局直後、日曜日へ移動し、『 日曜サスペンス劇場』(1982年10月3日 - 1985年3月31日放送・21:00 - 22:54)として、の終了枠に番組が移動、ここまでは、提供スポンサーもそのままネットされた(スポンサーのCMも日本テレビと同じものが流れていた)。 その後、1985年4月から1990年3月までの5年間は放送休止。 1990年4月6日から金曜深夜に移動の上、放送を再開。 『 金曜サスペンス劇場』というタイトルにて1992年3月27日まで放送。 テレビ大分ではタイトルを『 土曜サスペンス劇場』に差し替えて放送していた。 テレビ大分は火曜サスペンス劇場終了をもって日本テレビの2時間ドラマ枠のネットを打ち切ったため、『』と『』を放送しなかった。 のちにテレビ宮崎に移動。 テレビ宮崎では土曜深夜に『 UMKサスペンス劇場』というタイトルで放送されていた。 また、テレビ大分同様、火曜サスペンス劇場終了をもって日本テレビの2時間ドラマ枠のネットを打ち切ったため『DRAMA COMPLEX -ドラマ・コンプレックス-』と『火曜ドラマゴールド』を放送しなかった。 沖縄テレビ放送ではタイトルを『 土曜サスペンス劇場』に差し替えて放送していた。 番組開始から1年半の間は火曜22:00から1時間の前・後編の分割放送(タイトルもそのまま火曜サスペンス劇場)だったが、1983年4月から上記の時間帯に移動した。 なお、特別編成などで土曜日に放送できない場合は『 サスペンス劇場』というタイトルで他の曜日(主に日曜午後)に放送した。 現在はフジテレビ系列に統一。 現在はフジテレビ系列に統一。 1982年9月まではテレビ朝日系列にも加盟。 出典 [ ]• 『スポーツニッポン』1998年11月17日付22面。 2016年1月12日閲覧。 2016年1月12日閲覧。 2016年1月12日閲覧。 2016年1月12日閲覧。 2016年1月12日閲覧。 「DVD-BOX I」のサービストラックより。 関連項目 [ ]• - 冬の。 北沢家で発生した緊迫した場面に遭遇した時にOPテーマ曲やアイキャッチのBGMが流れる。 パロディコント、アイキャッチの使用• - 本番組にも出演した主演の「 火サス気取り」を放送。 - 主演のコント「 人気者サスペンス劇場」を放送。 - 「 ひとり火曜サスペンス劇場」をネタや当番組の4代目タイトルバックをネタに使用。 - 当番組のアイキャッチのBGMをギャグに使用。 - 当番組のアイキャッチのBGMを時代にキャッチフレーズに使用。 同時期に放送されていた他系列のサスペンスドラマ枠• - からまで放送された、系列の2時間ドラマ枠。 - 後半から前半に系列他で放送された枠 外部リンク [ ]• - 但し、日テレプラス 一部番組のみ 及びBS日テレと地上波での再放送分のみ。 - 日本テレビ主要プロデューサー 火曜21:00 - 21:02枠(1981. 29 - 2005. 27) 前番組 番組名 次番組.

次の

火曜ナイトドラマ|朝日放送テレビ

火曜 ドラマ

『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)より 今期の連続ドラマで高視聴率を獲得した『恋はつづくよどこまでも』によって、TBSの「火曜ドラマ枠」が業界関係者間で注目を集めている。 いまや地上波の連ドラは、「医療モノ」「事件モノ」で埋め尽くされつつある状況だが、ラブコメのヒット作が出ることは、他局からしても喜ばしいことなのだという。 「今期の連ドラトップは、TBS日曜劇場『テセウスの船』で、全話平均13. 4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、『恋つづ』はそれに続く平均11. 6%という結果でした。 下馬評では、天海祐希主演の『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』(日本テレビ系)が今期の有力ドラマと目されていたものの、こちらは平均11. 3%と、わずかながら『恋つづ』には及びませんでした」(芸能ライター) ここ数年、「恋愛モノは数字が取れない」と言われていた連ドラ業界。 それでも『恋つづ』は放送序盤から話題を集めだし、最終回には15. 4%を記録するに至っている。 当然、大コケする作品もありますが、時々今回のようなスマッシュヒット作も誕生しています。 2016年の新垣結衣&星野源出演の『逃げるは恥だが役に立つ』はその好例で、主題歌『恋』に合わせて踊る『恋ダンス』も大ブームになりました」(テレビ局関係者) 同枠では、4月期に多部未華子主演の『私の家政夫ナギサさん』を放送予定。 さらに7月期には、またしても恋愛ドラマが控えているという。 「主演は松岡茉優、相手役は三浦春馬で、ラブコメ作品になるようです。 現状、東京五輪開催期間中の放送であるため、全7話に短縮されると聞いています。 この企画の話が業界内に広まり始めた当初は、そこまで期待値が高いわけではなかったものの、現在では『「恋つづ」に続くか!? 新たなヒット作に期待したい。

次の