行き倒れ も 出来 ない こんな 異 世界 じゃ。 第7話 魔力操作

おーい!(特殊設定 F/F1/4)

行き倒れ も 出来 ない こんな 異 世界 じゃ

[][] おーい! 特殊設定 F/F1/4 こんにちは、こんばんは、はたまたおはようさん。 ちょっとそこの兄ちゃんちょいっと俺の話を聞いてくれや、なに、悪い話じゃねぇよ。 あっ、メタな話になるが... ちょーっと特殊な設定になるんで一応サラッと見て無理そうなら回れ右してくれよ? お兄さん方は異世界の住人ってのを見たことはあるか? 俺はあるぜ、なんせ目の前に現れて行き倒れていたんだからな。 どうやらその異世界の住人ってのは別世界の戦士らしい。 第一世界とかとは別の光の戦士、もしくは悪役?ラスボスってやつ? まぁ、何人か行き倒れてたもんで暁のメンバーに頼んで宿屋に放り込んどいた俺はよく出来たヤツだろ?だけど先日その住人達に話し聞こうとしたら全員いない訳だ。 ちなみに俺の仲間達もどっか行ったらしい... おいおいおいおい!!全員どこいったよ!??... ってなわけで俺は異世界の住人探してる訳だがお兄さん方は知らねぇ?いや、俺はボッチじゃないからな! あぁ、俺が探してる仲間と異世界の住人はこんな奴らだ。 【条件】 ・異世界の住人ことF/Fシリーズのキャラかオリジナルキャラ側の光の戦士側の混合が許せる。 ・背後年齢成人済み女性。 GのつくDCにサブ、もしくはメインキャラがいる。 ・帯所持。 ・CWLSに入れる。 ・RPが出来る。 ・下ネタ、腐会話が大丈夫。 ・サブキャラOK ・キャラが男 キャラの性別が女でも男の娘ならOK ・オリジナル側は7人まで募集中 【今居るメンバー】 ・異世界の住人 F/Fシリーズキャラ側 面倒くさがり王子様 ノクティス が朝食の野菜に怯んでるところを見つけて確保。 ・光の戦士側 オリジナル側 オスラな俺!! 以上だ。 ちなみにキャラが男だけ 一部除く ってのは下ネタや衆道ネタなんかは女子には聞かせられないからな。 ちなみに相方が居ますって人も野郎同士だが相方です!入りたい!!って人も入ってくれても構わないが恋愛推奨してる訳ではないんで恋愛、恋人間での揉め事や悪口とかは処罰の対象にさせてもらうぜ。

次の

行き倒れもできないこんな異世界じゃ とくにポイズンしない日常編

行き倒れ も 出来 ない こんな 異 世界 じゃ

「やーっと見えてきたー。 ほら、向こうを見て? ハルト。 あの紫色で三角の屋根の家が『お婆ちゃん』のお家よ」 山の中の小川を後にして、山道を下り続けていた二人の目の前に魔女の家がようやく見えてきた。 全く疲れを感じさないアンの様子に驚くハルトは、今ばかりは自分の体力の無さを恨めしく思う。 綺麗な景色を撮るために、日課のジョギングを欠かしたことは無いのだが。 山歩きで疲れた足を引き摺るようにして歩くハルトに気付いたアンが、心配そうに駆け寄って来る。 「どうしたのハルト?」 「大丈夫。 もうちょっと体力を付けないと——と、春斗は心のメモ帳に日々の日課をそっと追加した。 魔女の家に着くとちょうどお日様も空の真上に昇りきる頃だった。 異世界とはいえ慣れ親しんだ太陽の光がこんなにも心安らぐものだったとは——と、今更ながら春斗はその有り難みに感謝する。 だが、陽光に照らされながらも、これから顔を拝むことになるであろうアンの『お婆ちゃん』に、自然と意識を向けざるを得ない。 後ろで膝をガクガクと震わせている春斗には気付かず、アンは木目が綺麗なドアを二回ノックした。 「おばあちゃーん!! いるー!?」 「開いてるよ。 入っておいで」 春斗が心の準備を終える暇も無く、アンはドアを開け放つと「ただいま〜」と言いながら魔女の家へと入ってしまった。 どうする?? と尚も家に足を踏み入れることを躊躇する春斗を嘲笑うように、紐で繋がれたラヴがフン! と鼻を鳴らす。 どうでも良いけど、何でこいつは僕にここまで辛辣なのだろう? と春斗はじとっとした視線を向けるがラヴはぷいっとそっぽを向いた。 邪魔者もいなくなり、ようやく一人になれたラヴは目を瞑りスヤスヤと寝息を立て始めるのであった。 魔女の家に入った春斗を出迎えたのは意外と清潔感のある内装であった。 童話やアニメで見るような天井は煤で汚れ、狭い家の中に所狭しと魔法の薬やしなびたカエルを始めとする薬の材料が並べられているような光景を想像していた春斗は、拍子抜けすると共に少しばかり安堵する。 本当にほんの少しばかりではあるが。 ここら辺はジェネレーションギャップならぬ、異世界ギャップとでも呼ぶのが適当かも知れない。 こっちよハルト、とアンに誘われ案内されたのはリビングに当たる部屋のようだ。 そこにはゆり椅子に座り、編み物に集中している長い白髪を三つ編みに結った初老の女性が、二人が来るのを今か今かと待ち構えていた。 「遅かったじゃないか、アン」 「今日はいっぱい寄り道しちゃった。 あ、紹介するわね。 隣にいるのがハルトよ。 女性はそんなハルトを一瞥すると編み物を中断し居住まいを正した。 「マギ・アルネだ。 気楽に『マギさん』とでも呼んでおくれ。 ふーむ?」 マギは安楽椅子から立ち上がると春斗の顔をまじまじと見つめる。 「あのー? マギさん?」 「失礼。 あんたから特徴的な魔力の波長を感じたんでね。 ——どうやら気のせいだったようだ」 「お婆ちゃん、ハルトを怖がらせるようなこと言わないでよ?」 「別に怖がらせてはいないのだけどねぇ。 アン、後でハルトの部屋を準備しておやり」 なし崩し的に魔女の家に泊まることになるとは思いも寄らないハルトだったが、どうやら逃れられそうも無い。 それに逆に好都合かも知れないと、判断した。 「そうだわ、お婆ちゃん。 ハルトに 魔力 ( マナ )の使い方を教えてあげたいの。 身体に精気は宿っているから多分出来ると思うんだけど」 「ああ、伝書鳩の手紙にもそんなことが書かれていたね。 マギさん」 「礼には及ばないさ。 ここで生きていくなら、いずれ使えるようにならなきゃいけないからね。 その代わりみっちり教えるから、途中で音を上げるんじゃないよ?」 マギから忠告めいたことを告げられた春斗は、気を引き締める。 「それじゃあ、私はお昼の準備をしてくるわね。 お婆ちゃんとハルトはここでゆっくりしてて」 「あ、ちょっと待ってアン?」 春斗が声をかけるが部屋の扉は閉められた後だった。 恐る恐る前を振り向いた春斗はマギと目が合うが、マギはニッコリ微笑んだままだ。 だが、何故かは知らないが全身を巡る何かが、がすぐにここを立ち去った方が良いと忠告しているような気がした。 「心配しなくても取って食いやしないよ。 狐憑きの坊や」 「え」 マギは笑みをそのままに薄く目を開けると、春斗を興味深そうに見つめるのだった。

次の

おーい!(特殊設定 F/F1/4)

行き倒れ も 出来 ない こんな 異 世界 じゃ

「やーっと見えてきたー。 ほら、向こうを見て? ハルト。 あの紫色で三角の屋根の家が『お婆ちゃん』のお家よ」 山の中の小川を後にして、山道を下り続けていた二人の目の前に魔女の家がようやく見えてきた。 全く疲れを感じさないアンの様子に驚くハルトは、今ばかりは自分の体力の無さを恨めしく思う。 綺麗な景色を撮るために、日課のジョギングを欠かしたことは無いのだが。 山歩きで疲れた足を引き摺るようにして歩くハルトに気付いたアンが、心配そうに駆け寄って来る。 「どうしたのハルト?」 「大丈夫。 もうちょっと体力を付けないと——と、春斗は心のメモ帳に日々の日課をそっと追加した。 魔女の家に着くとちょうどお日様も空の真上に昇りきる頃だった。 異世界とはいえ慣れ親しんだ太陽の光がこんなにも心安らぐものだったとは——と、今更ながら春斗はその有り難みに感謝する。 だが、陽光に照らされながらも、これから顔を拝むことになるであろうアンの『お婆ちゃん』に、自然と意識を向けざるを得ない。 後ろで膝をガクガクと震わせている春斗には気付かず、アンは木目が綺麗なドアを二回ノックした。 「おばあちゃーん!! いるー!?」 「開いてるよ。 入っておいで」 春斗が心の準備を終える暇も無く、アンはドアを開け放つと「ただいま〜」と言いながら魔女の家へと入ってしまった。 どうする?? と尚も家に足を踏み入れることを躊躇する春斗を嘲笑うように、紐で繋がれたラヴがフン! と鼻を鳴らす。 どうでも良いけど、何でこいつは僕にここまで辛辣なのだろう? と春斗はじとっとした視線を向けるがラヴはぷいっとそっぽを向いた。 邪魔者もいなくなり、ようやく一人になれたラヴは目を瞑りスヤスヤと寝息を立て始めるのであった。 魔女の家に入った春斗を出迎えたのは意外と清潔感のある内装であった。 童話やアニメで見るような天井は煤で汚れ、狭い家の中に所狭しと魔法の薬やしなびたカエルを始めとする薬の材料が並べられているような光景を想像していた春斗は、拍子抜けすると共に少しばかり安堵する。 本当にほんの少しばかりではあるが。 ここら辺はジェネレーションギャップならぬ、異世界ギャップとでも呼ぶのが適当かも知れない。 こっちよハルト、とアンに誘われ案内されたのはリビングに当たる部屋のようだ。 そこにはゆり椅子に座り、編み物に集中している長い白髪を三つ編みに結った初老の女性が、二人が来るのを今か今かと待ち構えていた。 「遅かったじゃないか、アン」 「今日はいっぱい寄り道しちゃった。 あ、紹介するわね。 隣にいるのがハルトよ。 女性はそんなハルトを一瞥すると編み物を中断し居住まいを正した。 「マギ・アルネだ。 気楽に『マギさん』とでも呼んでおくれ。 ふーむ?」 マギは安楽椅子から立ち上がると春斗の顔をまじまじと見つめる。 「あのー? マギさん?」 「失礼。 あんたから特徴的な魔力の波長を感じたんでね。 ——どうやら気のせいだったようだ」 「お婆ちゃん、ハルトを怖がらせるようなこと言わないでよ?」 「別に怖がらせてはいないのだけどねぇ。 アン、後でハルトの部屋を準備しておやり」 なし崩し的に魔女の家に泊まることになるとは思いも寄らないハルトだったが、どうやら逃れられそうも無い。 それに逆に好都合かも知れないと、判断した。 「そうだわ、お婆ちゃん。 ハルトに 魔力 ( マナ )の使い方を教えてあげたいの。 身体に精気は宿っているから多分出来ると思うんだけど」 「ああ、伝書鳩の手紙にもそんなことが書かれていたね。 マギさん」 「礼には及ばないさ。 ここで生きていくなら、いずれ使えるようにならなきゃいけないからね。 その代わりみっちり教えるから、途中で音を上げるんじゃないよ?」 マギから忠告めいたことを告げられた春斗は、気を引き締める。 「それじゃあ、私はお昼の準備をしてくるわね。 お婆ちゃんとハルトはここでゆっくりしてて」 「あ、ちょっと待ってアン?」 春斗が声をかけるが部屋の扉は閉められた後だった。 恐る恐る前を振り向いた春斗はマギと目が合うが、マギはニッコリ微笑んだままだ。 だが、何故かは知らないが全身を巡る何かが、がすぐにここを立ち去った方が良いと忠告しているような気がした。 「心配しなくても取って食いやしないよ。 狐憑きの坊や」 「え」 マギは笑みをそのままに薄く目を開けると、春斗を興味深そうに見つめるのだった。

次の