コロナウィルス 名前由来。 コロナウイルスの名前の由来は何?症状と対策とは

【コロナビール】コロナウイルスの名前の由来と風評被害に遭わせる世間の意見

コロナウィルス 名前由来

スポンサーリンク コロナウイルスの名前の由来の意味は何? コロナウイルスの名前の由来を調べてみました。 まずはコロナウイルスの画像を見てみましょう。 引用元: 「コロナウイルス」は 丸っこくて周りがボヤボヤしていますね。 ところでこの形何かに似てませんか? 次に別の画像を見てみましょう。 引用元: そうです皆さんご存じである「太陽」です。 これは太陽の「 コロナ」の画像です。 ちなみにコロナとは簡単に言うと「太陽のガスの層」ですね。 この太陽のコロナの形にウイルスが似ていることから 「 コロナウイルス」 と呼ばれているみたいです! 結構名前の由来って安直なような気がしますね! 黄色ブドウ球菌(黄色くてブドウみたいな形)などいい例かと思います。 他には ウイルスに生えている形が王冠に見えるところからスペイン語で王冠という意味の「コロナ」を取っている という説もありますが・・・僕は太陽のコロナの方が信憑性がありますね。 何故なら太陽ってどこでも見れますし、最初に中国で発見されましたからね! スポンサーリンク コロナウイルスの対策とマスクについて 中国の現状をTwitterから抜粋 日本の皆さん コロナウイルス、バイオテロだ、マスクをしましょう、と言われていますが一部のマスクはマスクをしても意味がありません。 有効なのはサージカルマスクかN95マスク。 N95のマスクなんて大げさだって思うかもしれませんが中国ではもう売り切れています。 大げさではありません。 治療法もない。 — インヴェスドクター Invesdoctor コロナウイルスの特徴と中国の現状 ・発熱や咳、下痢など ・重症だと肺炎、腎不全 最悪の場合、死亡 ・現在ワクチンや治療薬なし ・ウイルス感染者は500人超 ・死者大半は60歳以上、致死率は3%と低め ・病床が足りず、ショベルカー100台以上の動員 ・武漢はほぼゴーストタウン化 — おでんくん ビジネス出汁に浸ってる oden19990710 恐ろしすぎる・・・ 他にも感染源として疑われているネズミやコウモリなどの細菌だらけの動物を食べている動画も見つけたのですがここでは貼り付けませんね。 気になる方は調べてみるといいでしょう・・・ マスクについて ツイートに出てきたサージカルマスクとN95マスクの違いを説明していきます。 サージカルマスク 着けている人から排出される微生物など含む大気が広がらないよう防ぐのに使われているもの N95マスク 外気からの微生物などから体を守るためのもの 新型インフルエンザや結核菌の対策の指定品にN95マスクはなっているみたいですね。 感染してしまった人はサージカルマスクを 予防にはN95マスクをと僕は捉えましたね。 もし日本で流行ってきたらマスクは果たして足りるのかどうか・・ 症状 新型肺炎の症状は 発熱やせき、それに息苦しさや、呼吸困難といった呼吸器の異常からくる肺炎 腎臓の機能が低下 と言われています。 これらが 重症化すると死に至るみたいです。 あとこの新型肺炎に感染すると突然倒れたりするみたいでその時に怪我をする可能性もあると思います。 今のところ 死亡者は平均が75歳らしく高血圧や糖尿病を抱えてる人みたいですが健康な人も注意するに越したことはありませんね。 対策について 次に予防方法ですが 手洗いと外出した時や咳をした後に口や鼻に触れる前に手を洗う 咳やくしゃみをする場合には口と鼻をティッシュや手で覆う があげられるみたいです。 普段行っている 風邪の予防方法と同じみたいですね。 しかしコロナウイルスのワクチンがない今より念入りにする方が得策かなと思います。

次の

意外と知らない「コロナウイルス」の名前の由来|浜川ゆきお(浜川友希)|note

コロナウィルス 名前由来

「コロナ」の名を聞かない日はないほど、連日ニュースに取り上げられている。 コロナウイルスの感染者が増えている。 中には感染経路が分からない人もいるため、いつどこで感染するか分からない。 企業は在宅勤務を推奨するようになり、旅行を自粛する人も多くなっている。 たいていは重症化しないとはいえ、不穏な雰囲気が続いている。 コロナウイルスによって多くの企業が影響を受けている。 そんな中でも、「コロナ」という名称を使っている企業は複雑な気持ちだろう。 コロナ温泉やコロナの湯、コロナワールド、コロナシネマなど……「コロナ」を使う場所は意外とある。 コロナと名前に入ってるからと言って、誰もコロナウイルスと関係するとは思わない。 それでも毎日のようにニュースを見ていれば、「あ、ここコロナって言うんだ……」と感じてしまう。 そもそも「コロナ」とは何なのか?調べてみると、最初に出てくる意味は 太陽大気の最外層だ。 理科の授業でも出てくる単語で、100万度の激熱の大気だ。 もともと「コロナ」はラテン語で「王冠」(ギリシャ語ではコロネ)を意味する。 そのため太陽の最外層の名前にもなっているし、企業の名前にも使用されている。

次の

コロナウイルスの名前の由来とは?ギリシア語とラテン語の語源と太陽のコロナやノルウェーの通貨との関係

コロナウィルス 名前由来

【10月15日 AFP】一見して悪名だという病名がある。 しかし、それがナチス()の医師を称えるものだろうが、差別に由来するものだろうが、一度定着してしまった病気の通称を変えることは難しい。 病状やウイルス、時には奇妙な性格まで、さまざまな病名は場所や有名な運動選手、発見した医師、文豪などにちなんで名づけられてきた。 2009年に世界的に流行した新型インフルエンザH1N1は最初、「豚インフルエンザ」と呼ばれていた。 また肥満低換気症候群(OHS)の別名「ピックウィック症候群」は、英文豪チャールズ・ディケンズ()の小説の太った登場人物にちなんでいる。 最近では昨年以来、130人が感染し58人が死亡している中東呼吸器症候群コロナウイルス()は当初「サウジアラビア」の名を冠していた。 エジプトの科学者が最初に確認した患者が、サウジアラビア人だったからだ。 しかし、サウジ政府関係者が不快感を示したため、ウイルスの分析を行ったオランダ・エラスムス医学センター()にちなむ名に変更された。 しかしサウジの政治家たちはこれにも満足せず、研究者らが討論を重ねた結果、現在の「MERS-CoV」に落ち着いた。 世界保健機関()は今年5月にこの病名を承認した際、「WHOは概して、最初に確認された地域や場所の名をウイルス名としないことを望む」との見解を示している。 「意見が一致しなければ、混乱しかねない」と米国立医学図書館(、)の専門家ステファニー・モリソン()氏はいう。 不適切な名前が即座に姿を消した例もある。 また1982年に採用された「グリッド」(、ゲイ関連免疫不全)という呼称はすぐに聞かれなくなった。 常に発見者の名にちなむことはなくなっているが、今でもそうした命名は根強く、ドイツの精神科医にちなんだアルツハイマー病や、フランスの神経科医にちなんだトゥレット症候群などがある。 ナチスの医師が最初に症例を報告した「ハラーホルデン・スパッツ()病」という通称がその1例だ。 徐々に歩行と発話の能力を失い、3歳でこの病気と診断されたキンビさん(27)を娘に持つパティ・ウッドさんは「この病気と彼ら(ナチス)に何のつながりもあってほしくない」と憤る。 ナチスの医師だったユリウス・ハラーホルデン()とその上官ヒューゴ・スパッツ()が、虐殺した子どもたちの脳について研究していたことを知ったウッドさんは、自分が立ち上げた支援団体の名称を「脳内鉄沈着を伴う神経変性()疾患協会」と変え、医師らにも通称を改めるよう要求した。 10年前のことだ。 それでもまだ古い通称で診断を下す医師が米国国外にはいると、ウッドさんはいう。 昨年の調査によれば、「ハラーホルデン・スパッツ病」という病名の使用は90年代以降、半減している。 カナダ・マギル大学()の研究者マイケル・シェベル()氏はこの動きについて「『正しいことをしよう』という、神経学会の集合的無意識による決定」だと述べている。

次の