ふう は や。 和風月名(わふうげつめい)

畑中フー

ふう は や

9月に出演する舞台劇団ZAPPA『 風 -ふう-』の正式なキャスト表になります。 今回は 新撰組ということで名を連ねる役名も有名どころばかり。 それぞれ思い入れのある隊士の役を演じるキャストは否が応にも気になるところだとは思います。 今回も、劇団ZAPPAではダブルキャストによる公演ということでその組み分け、役の振り分けには約1週間のキャストオーディションでじっくりと決定しました。 演出曰く、 今集まったキャストで最高の組み合わせだそうです。 初日の 嵐 あらし と楽日の 颯 はやて。 今回、作品ともに更にパワーアップしております。 日程は9日間の17ステージとなります。 ボク自身は 嵐組での本役出演になり、 土方歳三を演じます。 しかしながら、やはり裏役の 颯組でも殺陣のかかりや群衆など、アグレッシブに出演しておりますので、許すならば ぜひ両方見ていただきたい。 それもそのはず新撰組ということなので久しぶりに男性陣ばかりの稽古場になっております。 最近の劇団ZAPPAでは逆に珍しいかもしれません。 もちろん今回も 本キャス裏キャス総出演で殺陣も含めて大迫力のシーン作り、物語をお見せできます。 男女比は 男性28人に対して 女性8人。 先程も書いたとおり今回圧倒的に男性陣多いです。 ここ5年で一番多い水準です。 シングルキャストは座長の澤田さんとおなじみ瓦版屋、矢ヶ崎さん、そして宮部鼎蔵役と平山五郎役をそれぞれシングルで演じる大西さんと泰蔵くんの4名になります。 新撰組局長、近藤勇に次ぐ新撰組「 鬼の副長」と呼ばれた幕末の剣客です。 今回の物語の中でも試衛館メンバーは特に重要な役回り。 さらに、実は劇団ZAPPAの新撰組『風 -ふう-』は 今回で3回目の再演となりまして、 土方歳三という役は1回目は座長の 澤田さんが、2回目は看板役者であった 南さんが演じた役でもあり、この役を自分が演じることができるという事が とても嬉しい。 本当に、純粋に心の底から楽しみ。 今まで先人たちから 貰ってきたもの、 魅せつけられてきたものをこの舞台にぶつけたいと思います。 死に物狂いで生きる。 【関連記事】•

次の

アパートメントふう(アパートメントフウ )

ふう は や

9月に出演する舞台劇団ZAPPA『 風 -ふう-』の正式なキャスト表になります。 今回は 新撰組ということで名を連ねる役名も有名どころばかり。 それぞれ思い入れのある隊士の役を演じるキャストは否が応にも気になるところだとは思います。 今回も、劇団ZAPPAではダブルキャストによる公演ということでその組み分け、役の振り分けには約1週間のキャストオーディションでじっくりと決定しました。 演出曰く、 今集まったキャストで最高の組み合わせだそうです。 初日の 嵐 あらし と楽日の 颯 はやて。 今回、作品ともに更にパワーアップしております。 日程は9日間の17ステージとなります。 ボク自身は 嵐組での本役出演になり、 土方歳三を演じます。 しかしながら、やはり裏役の 颯組でも殺陣のかかりや群衆など、アグレッシブに出演しておりますので、許すならば ぜひ両方見ていただきたい。 それもそのはず新撰組ということなので久しぶりに男性陣ばかりの稽古場になっております。 最近の劇団ZAPPAでは逆に珍しいかもしれません。 もちろん今回も 本キャス裏キャス総出演で殺陣も含めて大迫力のシーン作り、物語をお見せできます。 男女比は 男性28人に対して 女性8人。 先程も書いたとおり今回圧倒的に男性陣多いです。 ここ5年で一番多い水準です。 シングルキャストは座長の澤田さんとおなじみ瓦版屋、矢ヶ崎さん、そして宮部鼎蔵役と平山五郎役をそれぞれシングルで演じる大西さんと泰蔵くんの4名になります。 新撰組局長、近藤勇に次ぐ新撰組「 鬼の副長」と呼ばれた幕末の剣客です。 今回の物語の中でも試衛館メンバーは特に重要な役回り。 さらに、実は劇団ZAPPAの新撰組『風 -ふう-』は 今回で3回目の再演となりまして、 土方歳三という役は1回目は座長の 澤田さんが、2回目は看板役者であった 南さんが演じた役でもあり、この役を自分が演じることができるという事が とても嬉しい。 本当に、純粋に心の底から楽しみ。 今まで先人たちから 貰ってきたもの、 魅せつけられてきたものをこの舞台にぶつけたいと思います。 死に物狂いで生きる。 【関連記事】•

次の

地域生活支援センター ふう | 小阪病院

ふう は や

和風月名(わふうげつめい) 旧暦では、和風月名(わふうげつめい)と呼ばれる月の和風の呼び名を使用していました。 和風月名は旧暦の季節や行事に合わせたもので、現在の暦でも使用されることがありますが、現在の季節感とは1~2ヶ月ほどのずれがあります。 和風月名の由来については諸説ありますが、代表的なものを紹介します。 和風月名 旧暦の月 和風月名 由来と解説 1月 睦月(むつき) 正月に親類一同が集まる、睦び(親しくする)の月。 2月 如月(きさらぎ) 衣更着(きさらぎ)とも言う。 まだ寒さが残っていて、衣を重ね着する(更に着る)月。 3月 弥生(やよい) 木草弥生い茂る(きくさいやおいしげる、草木が生い茂る)月。 4月 卯月(うづき) 卯の花の月。 5月 皐月(さつき) 早月(さつき)とも言う。 早苗(さなえ)を植える月。 6月 水無月 (みなづき、みなつき) 水の月(「無」は「の」を意味する)で、田に水を引く月の意と言われる。 7月 文月 (ふみづき、ふづき) 稲の穂が実る月(穂含月:ほふみづき) 8月 葉月 (はづき、はつき) 木々の葉落ち月(はおちづき)。 9月 長月 (ながつき、ながづき) 夜長月(よながづき)。 10月 神無月(かんなづき) 神の月(「無」は「の」を意味する)の意味。 全国の神々が出雲大社に集まり、各地の神々が留守になる月という説などもある。 11月 霜月(しもつき) 霜の降る月。 12月 師走(しわす) 師匠といえども趨走(すうそう、走り回る)する月。

次の