株式 会社 トリニティー キャリア マネジメント。 ビレッジハウス・マネジメント株式会社 求人情報(北海道/ビルマネジメント ※土日祝休/北海道/正社員)[80699828]|パソナキャリア

キャリアマネジメント株式会社

株式 会社 トリニティー キャリア マネジメント

2009年 平成21年 10月 株式会社損害保険ジャパンおよび日本興亜損害保険株式会社は、株式移転による共同持株会社の設立に関し、株式移転計画書を作成し、経営統合 に関する契約を締結 12月 株式会社損害保険ジャパンおよび日本興亜損害保険株式会社の臨時株主総会においてNKSJホールディングス株式会社の設立が承認可決 2010年 平成22年 4月 NKSJホールディングス株式会社設立 東京証券取引所(市場第一部)および大阪証券取引所(市場第一部)に上場 5月 Tenet Insurance Company Limited(後に「Tenet Capital Ltd. 」に商号変更)の全株式を取得し、同社を連結子会社化 10月 当社の連結子会社である損保ジャパン・アセットマネジメ ント株式会社と当社の子会社であるゼスト・アセットマネジメント株式会社が合併し、損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社(後に「SOMPOアセットマネジメント株式会社」に商号変更)に商号変更 11月 Fiba Sigorta Anonim Sirketi(後に「Sompo Sigorta Anonim Sirketi」に商号変更)の株式を取得し、同社を連結子会社化 2011年 平成23年 6月 当社の持分法適用関連会社であったBerjaya Sompo Insurance Berhadの株式を追加取得し、同社を連結子会社化 10月 いずれも当社の連結子会社である損保ジャパンひまわり生命保険株式会社と日本興亜生命保険株式会社が合併し、NKSJひまわり生命保険株式会社(後に「SOMPOひまわり生命保険株式会社」に商号変更)に商号変更 2012年 平成24年 4月 当社の子会社であった株式会社ジャパン保険サービス(後に「損保ジャパン日本興亜保険サービス株式会社」に商号変更)を連結子会社化 2013年 平成25年 1月 Sompo Japan Nipponkoa Holdings Americas Inc. ( 後に「Sompo America Holdings Inc. 」に商号変更 )を連結子会社化 7月 いずれも当社の連結子会社であるTenet Sompo Insurance Pte. Ltd. とTenet Capital Ltd. が合併し、Tenet Sompo Insurance Pte. Ltd. (後に「Sompo Insurance Singapore Pte. Ltd. 」に商号変更)に商号変更 2014年 平成26年 9月 商号を、NKSJホールディングス株式会社から損保ジャパン日本興亜ホールディングス株式会社に変更 いずれも当社の連結子会社である株式会社損害保険ジャパンと日本興亜損害保険株式会社が合併し、損害保険ジャパン日本興亜株式会社(後に「損害保険ジャパン株式会社」に商号変更)に商号変更 当社の連結子会社である損保ジャパン日本興亜保険サービス株式会社と当社の子会社であるエヌ・ケイ・プランニング株式会社が合併し、損保ジャパン日本興亜保険サービス株式会社(後に「損保ジャパンパートナーズ株式会社」に商号変更)に商号変更 10月 いずれも当社の連結子会社であるYasuda Seguros S. に商号変更 2015年 平成27年 12月 ワタミの介護株式会社の全株式を取得し連結子会社化するとともに、SOMPOケアネクスト株式会社に商号変更 2016年 平成28年 3月 株式会社メッセージ(後に「SOMPOケアメッセージ株式会社」に商号変更)の株式を取得し、同社および同社の子会社を連結子会社化 4月 当社の連結子会社である株式会社全国訪問健康指導協会と、当社の子会社である損保ジャパン日本興亜リスクマネジメント株式会社および損保ジャパン日本興亜ヘルスケアサービス株式会社は合併し、SOMPOリスケアマネジメント株式会社に商号変更 10月 商号を、損保ジャパン日本興亜ホールディングス株式会社からSOMPOホールディングス株式会社に変更 2017年 平成29年 1月 当社の連結子会社であるSOMPOケアメッセージ株式会社(後に「SOMPOケア株式会社」に商号変更)を完全子会社化し、同社は東京証券取引所(JASDAQ)において上場廃止 3月 Sompo International Holdings Ltd. を設立し、同社を連結子会社化 Endurance Specialty Holdings Ltd. (後に同社に代わり「Sompo International Holdings Ltd. 」が最上位持株会社となりEndurance Specialty Holdings Ltd. は清算)の全株式を取得し、同社および同社の子会社を連結子会社化 4月 PT Sompo Insurance Indonesiaを連結子会社化 12月 Sompo International Holdings Europe Limitedを設立し、同社を連結子会社化 いずれも当社の連結子会社であるEndurance U. Holdings Corp. とSompo America Holdings Inc. が合併し、商号をEndurance U. Holdings Corp. とした。 2018年 平成30年 1月 当社の連結子会社であるSompo International Holdings Ltd. は、ルクセンブルクにSI Insurance Europe SAを設立し、同社を連結子会社化 6月 Lexon Holding Company他9社の株式を取得し、同社を当社の連結子会社化 7月 いずれも当社の連結子会社であるSOMPOケア株式会社、SOMPOケアネクスト株式会社、株式会社ジャパンケアサービスおよび株式会社プランニングケアが合併し、SOMPOケア株式会社に商号変更 10月 当社の連結子会社であるSOMPOリスケアマネジメント株式会社は、ヘルスケア事業を分割し、SOMPOヘルスサポート株式会社を新設し、同社を当社の連結子会社とした。 これに伴い、SOMPOリスケアマネジメント株式会社は、SOMPOリスクマネジメント株式会社に商号変更 12月 いずれも当社の連結子会社であるEndurance U. Holdings Corp. とLexon Holding Company他4社が合併し商号をEndurance U. Holdings Corp. とした。 2019年 平成31年 1月 いずれも当社の連結子会社であるSI Insurance Europe , SAとSompo Japan Nipponkoa Insurance Company of Europe Limitedが合併し商号をSI Insurance Europe , SAとした。 4月 当社の子会社であったMysurance株式会社を当社のを連結子会社化 7月 いずれも当社の連結子会社であるセゾン自動車火災保険株式会社およびそんぽ24損害保険株式会社は、合併し、セゾン自動車火災保険株式会社に商号変更.

次の

経理マネージャー

株式 会社 トリニティー キャリア マネジメント

募集要項 Requirements 職種名 経理マネージャー 経営コンサルティング会社での経理職 仕事内容 グループ会社(本社は名古屋)の経理マネジメント全般をお任せします。 ホールディングス企業の経理経験者優遇 経理総務の経験や組織での管理職経験を求めます。 今後の事業拡大のための増員です。 遠隔地でも業務遂行ができる高い処理スキルを求めます 40歳までで本気で将来を考えている覚悟ある方に限ります。 メリット 経験者歓迎 新卒・第二新卒歓迎 学歴不問 髪型自由 社会保険完備 交通費支給 研修制度あり 賞与あり 昇給あり 高収入 40代活躍中 30代活躍中 月給30万円以上 20代活躍中 在宅ワークOK その他 組織構成上の理由で今回は40歳までの募集となります。 男女問わず能力主義。 実務経験がある方歓迎! ・一般事務、営業事務、人事、総務の経験のある方 ・データ入力などのオフィスワークの経験のある方 ・経理事務などの経験ある主婦 主夫 歓迎 ・アルバイト・パートから正社員の経理事務を目指している方 ・経理や簿記の資格を活かして働きたい方 ハローワークでは取り扱っていない優良求人になります 勤務形態等相談に応じます。 応募方法 人気の案件につき、期間限定で募集致します。 下記「簡単!30秒応募フォーム」からご応募お急ぎ下さい。 こちらからお電話で確認の上、履歴書などを送付頂きます。

次の

キャリアマネジメント株式会社

株式 会社 トリニティー キャリア マネジメント

アセットマネジメント業界とは? アセットマネジメント業務とは、個人投資家・機関投資家からのお金を預かり、預ったお金を様々な資産(金融商品)に投資し、投資家の資産の運用・管理を代行する業務のことを指しています。 伝統的には、国債・社債といった債券並び株式への投資を主に行っていましたが、REITや各種デリヴァティブ商品をはじめ、様々な金融商品が登場するつれ、その投資先も多様化しています。 アセットマネジメント会社は様々な投資スタイルのファンドを企画・提供しており、我々がネット証券等でも購入できる「投資信託」のように個人投資家から幅広く資金を募り運用するファンドのみならず、機関投資家を中心にクローズドで資金を集め運用しているファンドも組成しています。 主に、大手アセットマネジメント会社では個人向け、機関投資家向け双方のファンドを組成している一方、独立系ファンドは機関投資家向けのファンドのみを組成しているアセットマネジメント会社が多いですが、中にはさわかみ投資や鎌倉投信のように、個人向けのファンドに特化した 独立系運用会社もございます。 運用業務(ファンドマネージャー・アナリスト・エコノミスト等) 運用業務においては、1つのファンドの運用責任者として、ファンドの運用全般を管掌するファンドマネージャーと、ファンドマネージャーが投資の意思決定をする判断材料を提供するアナリストのポジションがあります。 例えば、株式ファンドであれば、ファンドマネージャーはアナリストが個別企業を分析したレポートの内容を見て最終的な投資判断を行い、債券ファンドであれば、個別企業のクレジットリスクのみならず、エコノミストのマクロ経済全体に関する分析も参考にします。 また、数理モデルを駆使した運用を行うファンドであれば、クオンツアナリストの金融工学にも基づく分析も重要な投資判断材料となるため、ファンドの性質・投資方針により、ファンドマネージャーの下にどのようなタイプのアナリストが着くかが変わってきます。 一般的なキャリアパスとしては、まずはアナリストとしてキャリアをスタートし、特定分野(企業業績・経済・数理分析等)にて数年以上の分析経験を積んだ後、ファンドマネージャーとしてファンドの運用の責を担うことが多いです。 アナリスト・ファンドマネージャー共、自身の分析・投資判断の正誤が数字としてはっきり表れる職業のため、やりがいもある一方非常にプレッシャーもかかる仕事であり、パフォーマンスがマイナスに沈んでいる間は夜も眠れない…という声も耳にします。 営業・マーケティング・商品企画業務 アセットマネジメント業界の営業・マーケティング業務は、個人投資家向けの投資信託と機関投資家向けのファンドとで、大きく異なります。 個人投資家向けの投資信託は、主に証券会社・銀行を通じて個人投資家に販売する形になるため、証券会社・銀行に対して営業・ファンドの特徴をアピールする形となり、またマーケティングや新ファンドの商品企画も、マスを意識した形で行われます。 他方で、機関投資家向けの営業については、証券会社の機関投資家向けセールスポジションのように、自身のファンドの特性・リターンの厳選や取っているリスクをしっかりと説明し、各機関投資家の運用方針・ニーズを踏まえた上でそちらに刺さるよう、提案することが重要になってきます。 ミドル・バック業務 アセットマネジメント業務においては、非常に多種多様なオペレーション業務が発生し、ミドル・バック部門では、ファンドマネージャーの投資判断に基づき、実際の売買手続きや資金決済、ファンドの管理等を幅広く行っています。 例えば、ファンドの管理業務においては ・内外規制対応(売買管理、デリバティブ規制、信用リスク分散規制等) ・運用ガイドライン遵守状況のチェック実施、リスク量の測定 ・パフォーマンス評価(パフォーマンス計測、要因分析) 等を逐次行う必要があり、投資家に対するディスクロージャー(開示)を担当する部門では ・月次報告書および運用報告書の作成 ・投信法に基づく約款作成 ・金融商品取引法に基づく有価証券届出書・有価証券報告書等の作成・届出業務、 目論見書等の作成・届出業務 等の業務を遂行しています。 上記以外にも多種多様な業務がございますが、総論として、運用ポジションと比べると比較的定められた手順を確実にこなしていく業務が多く、特に業務知識と正確性が求められます。 尚、日系大手のアセットマネジメント会社では、新卒社員や若手社員をローテーションで育成し、ミドル・バック業務を経験させた後運用部門に配属するという育成方針を取っている企業もございますが、外資系のアセットマネジメント会社や独立系のアセットマネジメント会社では、原則ローテーションや部門異動は無く、1つの分野で専門性を発揮していくことを期待されるケースが多いです。 資産運用業界 アセットマネジメント への転職 アセットマネジメント業界のポジションは絶対的なポジション数が少ないこともあり、一般的には全く関連分野のご経験が無い方が転職するのはかなりハードルが高い業界になります。 しかしながら、関連分野での経験を一定程度積むことで、未経験の方にも門戸が開かれており、 特に、運用系のポジションをご志向される方は、 ・証券会社や格付機関等でのアナリスト業務 ・生命保険会社・大手金融機関の運用部門での運用業務 ・コンサルティングファームでの経営コンサルティング業務 ・その他、投資・財務分析等を行う業務 等を通じて企業の事業・財務面の分析経験を積むことで、門戸が開かれてきます。 また、大手アセットマネジメント会社では極稀に幅広い人材をポテンシャル採用するケースもあり、こういった募集は千載一遇のチャンスになりますので、ぜひ狙っていただくと良いかと思います。 業務内容 投資先の選定・投資判断、ポートフォリオマネジメント、並びに投資後の企業価値向上支援業務全般。 業界動向分析。 格付け機関等からの情報収集。 企業の収益、キャッシュフロー、バランスシート予想。 財務比率分析。 信用力(格付け)予想、バリュエーション判断。 ・投資推奨 プレゼンテーション資料の作成。 委員会を通じたプレゼンテーションの実施。 想定年収 600万円 - 800万円 【備考】• 求める人材 【必要なスキル・経験】 1 アナリストとして2〜3年後には平均レベルのアウトプット(業績予想、推奨)を出すことができると期待される人材(入社1〜2年後に独り立ち)。 2 将来的に海外において海外銘柄のアナリスト業務ができることが期待される人材。 3 一緒になってチーム目標(パフォーマンス追及、残高拡大)を目指せる人材。 <具体的要件> ・ 財務分析(審査、融資、IR、財務部門等も含む)の業務経験2〜3年程度以上。 ・ 入社後5〜10年間はアナリスト業務に向き合う可能性があることを受け入れるキャリアビジョンを持っている。 (リサーチ腰掛けで将来的に運用はNG) ・ 英語力を高める意欲、将来的に海外勤務が可能であることは必須。 既に高い英語力があれば尚可。 ・ 自身の意見を積極的に発言できる高いコミュニケーション能力。 フラットな組織への融和性。 業務内容 再生可能エネルギー投資(主に太陽光発電事業)にかかるアセットマネジメント業務 ・開発から設備運転期間にわたるマネジメントをお願いします。 開発期間:進捗管理、資金調達にかかる業務など 設備運転期間:予実管理、ウォーターフォール、DSCR等コベナンツ管理といった、投資パフォーマンス管理および財務制限条項のモニタリングなど ご担当いただく業務は、ご経験に応じて、調整します。 未経験者は現メンバー(全員経験者)指導のもと、定例的な業務、その他サポート業務からスタートしていただき、プロジェクトファイナンス、投資マネジメント等の習熟度に応じて、アセットマネージャーとして活躍していただきます。 想定年収 360万円 - 440万円 【備考】 現収を考慮の上決定• コツコツと業務を遂行できる方を求めています。 【尚可】 ・金融機関等での資産管理、投資管理の実務経験(ミドル、バックオフィスの経験でも可) ・再生可能エネルギー発電事業の経験 ・英語でのコミュニケーション力(会話・読み・書き)がある方(実務能力重視であり、TOEIC、TOEFL等のスコアは不問)•

次の