まいたけ くん。 【保護猫紹介】まいたけくん♂(子猫)

ゆぺくんの素顔や彼女は?炎上や年齢,身長,本名も調べてみた!

まいたけ くん

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2009年4月) 玉井 たけし 生誕 死没 2004-11-07 (44歳没) 国籍 職業 活動期間 - 代表作 『』 受賞 第9回(「おじゃまロボット・ニンポーマン」) 玉井 たけし(たまい たけし、 - )は、の。 主に『』、で活躍。 などの既存有名キャラクターやホビーを扱ったギャグ作品を多く執筆。 略歴 [ ]• 1960年9月20日、大阪府で生まれる。 (昭和54年)、「早朝マラソン大暴走! 」( 鹿児島名古屋(かごしま なごや)名義)で第10回佳作となる。 (昭和60年)、第9回を「おじゃまロボット・ニンポーマン」( 玉井 猛(たまい たけし)名義)で受賞。 同年、「リトルマックス」(月刊コロコロコミック)でデビュー。 2004年11月7日、急逝。 享年44。 長い間、特殊な内臓疾患を患っていた。 当時学年誌で担当していた読者ページはが後任を務めた。 関係者によって遺体が発見された時、机に向かい、ペンを持ったままの状態で倒れていたという。 主な作品リスト [ ]• (1986年1月号-5月号連載)• じゃん!! ケンポーくん(小学五年生 1986年4月号-1987年3月号連載)• ウルトラ屋のマン太くん(月刊コロコロコミック1986年7月号)• (月刊コロコロコミック連載1986年8月号-1988年5月号連載、別冊コロコロコミックスペシャル14号-16号連載・全2巻)• カットビ忍者もんじゃくん(小学五年生 1987年4月号-1988年1月号連載)• (1987年11月号-1990年11月号連載)• (月刊コロコロコミック1988年7月号)• (月刊コロコロコミック 1988年10月号-1993年4月号連載、別冊コロコロコミックスペシャル 24号(1988年10月)-42号(1991年10月)連載、コロコロコミック増刊号 1989年スーパー新年増刊号-1991年夏休み増刊号連載、小学二年生1990年11月号-1993年1月号連載、1991年5月号掲載、小学五年生1990年8月号-1991年3月号連載、2002年11月号-2004年11月号連載・全10巻)• ウルトラ怪獣4コマ大笑いショー(月刊コロコロコミック1989年3月号-11月号連載)• ウルトラ怪獣かっとび! グレート(月刊コロコロコミック1995年6月号-11月号連載、てれびくん1995年7月号-9月号連載)• ウルトラ怪獣かっとび! ウルトラ怪獣かっとび! ゼアス(てれびくん1996年2月号- 連載)• ウルトラ怪獣かっとび! コスモスくん(てれびくん2001年4月号-6月号、2001年11月号-2002年10月号連載)• ウルトラ怪獣かっとび! ランドDNA(ウルトラマンDNA 2004年連載)• (小学五年生 1989年5月号-1990年8月号連載)• (月刊コロコロコミック1989年12月号・1990年1月号連載)• うひょひょ〜突撃! ブンボーグ(小学五年生 1991年5月号-1992年3月号連載)• (原作:、1992年連載)• (原作:石ノ森章太郎、小学二年生1992年5月号-1993年3月号連載、小学三年生1992年4月号-1993年9月号連載、小学四年生1992年2月号-1994年1月号連載、小学五年生1992年4月号-1994年2月号連載)• (月刊コロコロコミック1992年12月号-1994年11月号連載・全3巻)• (小学一年生 1994年2月号 小学二年生1993年4月号-1994年6月号)• (小学五年生 1994年10月号-1995年10月号連載、小学六年生1993年11月号-1995年3月号連載・全1巻)• (月刊コロコロコミック1994年12月号-1995年2月号連載)• (月刊コロコロコミック1996年4月号-12月号連載)• 爆笑ミニ四レーサー怪走くん(小学五年生 1996年2月号-3月号連載、小学六年生 1996年1月号-1997年3月号連載)• (てれびくん1997年-1998年連載)• (原作: 1997年9月号-1998年8月号連載)• (月刊コロコロコミック1997年1月号-1998年6月号連載・全2巻)• (月刊コロコロコミック1998年8月号-1999年6月号連載・全1巻)• 桃太郎電鉄jr. 公式ガイドブック(1998年、小学館、掲載されているマンガを担当)• (月刊コロコロコミック1999年10月号-2001年5月号連載・全3巻)• (原作: 小学二年生 2001年4月号-2002年3月号連載)• (月刊コロコロコミック2002年1月号連載)• (月刊コロコロコミック2002年2月号-11月号連載)• (月刊コロコロコミック2003年4月号-11月号連載・全1巻)• (全2巻)• 脚注 [ ] [].

次の

マイタケ

まいたけ くん

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2009年4月) 玉井 たけし 生誕 死没 2004-11-07 (44歳没) 国籍 職業 活動期間 - 代表作 『』 受賞 第9回(「おじゃまロボット・ニンポーマン」) 玉井 たけし(たまい たけし、 - )は、の。 主に『』、で活躍。 などの既存有名キャラクターやホビーを扱ったギャグ作品を多く執筆。 略歴 [ ]• 1960年9月20日、大阪府で生まれる。 (昭和54年)、「早朝マラソン大暴走! 」( 鹿児島名古屋(かごしま なごや)名義)で第10回佳作となる。 (昭和60年)、第9回を「おじゃまロボット・ニンポーマン」( 玉井 猛(たまい たけし)名義)で受賞。 同年、「リトルマックス」(月刊コロコロコミック)でデビュー。 2004年11月7日、急逝。 享年44。 長い間、特殊な内臓疾患を患っていた。 当時学年誌で担当していた読者ページはが後任を務めた。 関係者によって遺体が発見された時、机に向かい、ペンを持ったままの状態で倒れていたという。 主な作品リスト [ ]• (1986年1月号-5月号連載)• じゃん!! ケンポーくん(小学五年生 1986年4月号-1987年3月号連載)• ウルトラ屋のマン太くん(月刊コロコロコミック1986年7月号)• (月刊コロコロコミック連載1986年8月号-1988年5月号連載、別冊コロコロコミックスペシャル14号-16号連載・全2巻)• カットビ忍者もんじゃくん(小学五年生 1987年4月号-1988年1月号連載)• (1987年11月号-1990年11月号連載)• (月刊コロコロコミック1988年7月号)• (月刊コロコロコミック 1988年10月号-1993年4月号連載、別冊コロコロコミックスペシャル 24号(1988年10月)-42号(1991年10月)連載、コロコロコミック増刊号 1989年スーパー新年増刊号-1991年夏休み増刊号連載、小学二年生1990年11月号-1993年1月号連載、1991年5月号掲載、小学五年生1990年8月号-1991年3月号連載、2002年11月号-2004年11月号連載・全10巻)• ウルトラ怪獣4コマ大笑いショー(月刊コロコロコミック1989年3月号-11月号連載)• ウルトラ怪獣かっとび! グレート(月刊コロコロコミック1995年6月号-11月号連載、てれびくん1995年7月号-9月号連載)• ウルトラ怪獣かっとび! ウルトラ怪獣かっとび! ゼアス(てれびくん1996年2月号- 連載)• ウルトラ怪獣かっとび! コスモスくん(てれびくん2001年4月号-6月号、2001年11月号-2002年10月号連載)• ウルトラ怪獣かっとび! ランドDNA(ウルトラマンDNA 2004年連載)• (小学五年生 1989年5月号-1990年8月号連載)• (月刊コロコロコミック1989年12月号・1990年1月号連載)• うひょひょ〜突撃! ブンボーグ(小学五年生 1991年5月号-1992年3月号連載)• (原作:、1992年連載)• (原作:石ノ森章太郎、小学二年生1992年5月号-1993年3月号連載、小学三年生1992年4月号-1993年9月号連載、小学四年生1992年2月号-1994年1月号連載、小学五年生1992年4月号-1994年2月号連載)• (月刊コロコロコミック1992年12月号-1994年11月号連載・全3巻)• (小学一年生 1994年2月号 小学二年生1993年4月号-1994年6月号)• (小学五年生 1994年10月号-1995年10月号連載、小学六年生1993年11月号-1995年3月号連載・全1巻)• (月刊コロコロコミック1994年12月号-1995年2月号連載)• (月刊コロコロコミック1996年4月号-12月号連載)• 爆笑ミニ四レーサー怪走くん(小学五年生 1996年2月号-3月号連載、小学六年生 1996年1月号-1997年3月号連載)• (てれびくん1997年-1998年連載)• (原作: 1997年9月号-1998年8月号連載)• (月刊コロコロコミック1997年1月号-1998年6月号連載・全2巻)• (月刊コロコロコミック1998年8月号-1999年6月号連載・全1巻)• 桃太郎電鉄jr. 公式ガイドブック(1998年、小学館、掲載されているマンガを担当)• (月刊コロコロコミック1999年10月号-2001年5月号連載・全3巻)• (原作: 小学二年生 2001年4月号-2002年3月号連載)• (月刊コロコロコミック2002年1月号連載)• (月刊コロコロコミック2002年2月号-11月号連載)• (月刊コロコロコミック2003年4月号-11月号連載・全1巻)• (全2巻)• 脚注 [ ] [].

次の

ゆぺくんの素顔や彼女は?炎上や年齢,身長,本名も調べてみた!

まいたけ くん

生態 [ ] マイタケは世界中の暖温帯から温帯北部にかけて分布し、類、類、類といった樹木の大木の根株でに寄生してを引き起こすである。 白色腐朽を起こした宿主心材にはオレンジ色の幅1-2mm幅の縞模様が生じる。 は塊を形成し成長する。 しばしば直径50cm以上、重さ10kg以上にも達する巨大なものも見られる。 では(9月下旬から10月上旬)頃に宿主樹木の根元に毎年ではないものの、幾年にも亘って繰り返し発生する。 子実体の形状は太い柄から何回にも亘って分枝し、その先端にへら状の小型の傘を群生するマイタケ型と呼ばれるタイプである。 傘の裏には白色の細かい管孔が群生し、その内面に非型のをつける。 食材としての利用 [ ] 旨みが強く、また歯切れも良く、基本的に生食以外ほとんどの調理法でおいしく食べられる。 ・・などによく利用される。 ただし、というを含むので、に生のまま用いると固まらなくなる。 従って、に入れる場合は、このを熱でさせるため、数分間加熱してから用いるとよい。 逆にこの性質を利用し、細かく刻んだ生のマイタケを肉にまぶしてから調理することで、固い肉も軟らかくなり旨みが増す。 ・やとじなどには、料理そのものの色に影響を与える(黒っぽい色になる)ことから、料理店では慎重に取り扱いが行われる。 また、少量のマイタケをごく少量の塩をまぶして炙り熱燗の日本酒に入れて、マイタケのエキスを引き出して飲む「マイタケ酒」なるものもある。 歴史 [ ] の塩焼き、 舞茸(左上)とにを添えて 今日の日本では非常になじみ深い食用キノコの一つとなっているが、人工栽培が盛んになる前は南関東の地帯以南では食習慣は一般的ではなかった。 帯では古くから貴重な食用菌であり、子実体発生木の希少性と食味の良さのみならず、一旦得られた時の収穫量の多さ、発生木さえ把握していれば時をおいて何年にも亘って確実に収穫できる性質が相まって、このキノコの価値を高めた。 周期的に子実体が発生するなどの大木は採集者によって秘密にされ、家族にもその場所を明かさなかったと言われる。 そのため北国の深山のキノコのイメージが強いが、暖地においてしかも都会の公園のシイの大木にも発生することが知られている。 名前の由来は、野生の大きく育った子実体の姿がまるで人々が集まって群舞しているようであるからだという説と、野生の子実体を発見した人々がその喜びのあまり舞いあがったからという説がある。 『』にキノコを食べて舞い踊った女性たちから、そのキノコを舞茸と呼んだとの記事が見られるが、これは今日言われるところのマイタケではなく、のやシロシビンを成分に持つのなどの幻覚性キノコであろうと考えられている。 『今昔物語集』においても「今日のマイタケではそういう事は起こらない」と記しており、物語中のマイタケと当時の今日のマイタケが混同されている。 「」も参照 岩手県の一地方では、山の神の祭事の折に収穫しその際に三度舞を舞って採るという慣わしがあった。 栄養価 [ ] 的には類や、に富み、特に、、を多く含む。 食物繊維を構成する、マイタケDフラクションの一部は身体の力を高めるなど、さまざまな効果があるとする研究もなされている。 このため、マイタケから抽出したエキスをもとにしたやも多数販売されている。 一部に「ストレス沈静作用」や「認知症に効果がある」などの話があるが、人間での科学的なデータは不足している。 注意点• 国立健康・栄養研究所によれば、「血糖値に影響を与える作用がある」との報告と、「低血圧のリスクがある人、あるいは降圧薬の服用をしている場合は注意が必要」 としている。 キノコによりを起こす場合がある。 加熱は必須で、生食により食中毒を起こす場合がある。 まいたけ 生 100 gあたりの栄養価 62 kJ 15 kcal• ヒトの患者での小規模実験では、マイタケがのような免疫系の細胞を刺激することが示されている。 の研究でも、マイタケが免疫系の細胞を刺激することが示されている。 実験では、マイタケがおよびの両方を刺激できることを示した。 In vitro研究では、マイタケは種々の癌細胞株ならびに癌細胞の様々なタイプの増殖を阻害するを誘導できることが示されている。 ヒト癌患者での小規模研究は、マイタケD-fractionとしても知られているマイタケの成分が抗癌活性を有することを明らかにした。 In vitro研究では、が潜在的な抗特性を示している。 マイタケが降下作用を有し、管理のために有益であり得ることを研究は示している。 マイタケが血糖値を低下させる理由は、キノコが自然にの成分が含まれているためである。 マイタケにはが含まれ、を部分的に酵素阻害し得る成分が含まれている。 実験では、マイタケ抽出物が(VEGF)の阻害を介してを阻害することが示された。 はマイタケで見つかった特異なである。 Lys-Nは、そのタンパク質の切断特異性のために実験に使用される。 栽培と流通 [ ] 現在市場に出回っているものはほとんどが人工栽培のもので、野生のものはごく少量である。 現在でも野生のものは、その希少性から高価で「幻のキノコ」と言われ、と同等かそれ以上に珍重されている。 やなどと比較し、マイタケは害菌に対する抵抗性が低く、原木に直接種菌を接種しても菌が蔓延せず人工栽培は容易ではなかった。 しかし、1970年代半ば頃に子実体を形成しやすい系統の選抜と原木殺菌後の育成方法の研究が日本各地で行われた結果、人工栽培方法が確立された。 最初に栽培が行われた頃は、 短木殺菌栽培法 で生産されたが、1990年代頃から方法が普及し安価な菌床栽培によるものが広く流通している。 菌糸はpH4. 4-4. 9 で良好な成長を示す。 オガクズの粒径、育成および発生段階の二酸化炭素濃度、湿度、光量、光の波長は発生量と品質に影響する重要な要素である。 マイタケは他の栽培キノコと異なり、培養温度と原基形成温度帯が重なっているため、菌床 ほだ木 毎の成長度合いは不均一になる。 酸素要求性が高く、二酸化炭素濃度の上昇を避ける必要があり、とくに原基形成以降は二酸化炭素濃度が 2,000ppm 以上になると、収量、形状に著しく影響する。 2010年(平成22年)に日本では43,446トン、326億円が生産された。 原木栽培 [ ] 原木はで、主に、のほか、、、が利用される。 シイタケの原木栽培方法とは異なり、原木を 10-30cm に切断しポリ袋などに入れ加熱殺菌 滅菌 した後、冷却し種菌を接種する方法が用いられる。 暗く湿度を高くした育成室で十分に育成し、菌が蔓延した木を直射日光を避け「水はけの良い林間」や「日除けをした畑」に埋め込む。 埋め込みは発生させようとする1ヶ月前までに行うのが良いとされ、天然の周期にあわせ子実体を発生し梅雨期や秋に収穫を行う。 埋め込みを行い、万一害菌感染をしてしまった場合は、直ちに該当するほだ木を取り除きを蒔く。 一方、地中への埋め込みをせず、空調管理された室内で発生させる方法もある。 菌床栽培 [ ] 「袋栽培」「ビン栽培」各々に適した品種がある。 広葉樹のを原料とするが、菌糸伸長阻害物質を除去するため、加水堆積を施してから使用する場合もある。 シイタケ廃ホダ木のオガコ、、のしぼり粕など食品副産物も利用する。 栄養源は、コーンブラン(のを取り除いた後に残った部分)、、乾燥、しぼり滓、などが配合される。 栽培は滅菌及び空調管理されたで行われる。 冷却後に清浄度が保たれた環境で種菌を接種。 この際、呼吸による培地温度や二酸化炭素濃度の変化に注意し管理する。 35-40日が経過して菌糸体の蔓延後、点灯により原基形成を促す。 育成環境に関する多くの項目は、使用原料、生育者、菌株により異なり特許や実用新案が成立している。 流通 [ ] 一般に市場に多く出回っている菌床栽培品は天然採集品と比べると歯切れや風味に乏しいが、原木栽培品の食味は天然採集品に匹敵する。 菌床栽培でも菌糸の蔓延した菌床を森林土壌に埋設して栽培するとかなりの品質の向上が認められるが、天然採集品と同時期のみの子実体発生となり温度管理等による周年の計画的出荷が不可能になるため生産方法としては一般的ではない。 しかし、こうした高品質栽培品を観光客に採集させる季節的イベント開催によって高収益を目指すキノコ栽培業者もある。 近縁のキノコ [ ] シロマイタケ(菌床栽培品) マイタケと同属の菌に日本固有種でマイタケより発生時期が10日ほど早く、色が白または黄白色の Imaz. が知られている。 肉質がマイタケよりももろく、歯切れはよくない。 またかつては同じ Grifola属とされていたが今日は別属に分類されている菌に、次の2種が知られている。 Meripilus giganteus Pers. : Fr. Karst. はミズナラなどのナラ類に多いマイタケに対してに寄生することが多い。 子実体はマイタケ型ではあるが半円形の大型の傘を広げる。 成熟するにつれて硬くなる傾向があるが、では乾燥した成菌をのとしてよく利用する。 はブナ林、ミズナラ林或いはこれらの伐採跡地の地下10cm程の所に宿主の根に沿って固いを形成し、ここから、あるいは宿主から直接マイタケ型の子実体を生じる。 この菌核は 猪苓と呼ばれ日本薬局方に収録されている生薬である。 また、これらと近縁ではないがトンビマイタケによく似た子実体を形成する菌に に属しの材につく Fr. Bond. et Sing. との材につく Quel. Sing. がある。 これらは成熟して硬くなる前の幼菌の時期に食用になる。 脚注 [ ]• 2014年11月2日閲覧。 木元幸一、林あつみ、草間正夫、菅原龍幸、青柳康夫、」『日本栄養・食糧学会誌』 47巻 1号 1994年 p. 43-48, 日本栄養・食糧学会, :• きのこのじかん 2013年11月27日. 2014年5月14日閲覧。 - 「健康食品」の安全性・有効性情報()• 「」『食品衛生学雑誌』 51巻 6号 2010年 p. 319-324, :• Journal of Cancer Research and Clinical Oncology 135 9 : 1215-21. September 2009. Journal of Medicinal Food 6 4 : 371-7. 2003. December 2002. Oncology Reports 13 3 : 497-502. March 2005. Journal of Medicinal Food 7 2 : 141-5. 2004. Journal of the Society for Integrative Oncology 7 2 : 66-72. 2009. Alternative Medicine Review 7 3 : 236-9. June 2002. の2011年7月28日時点におけるアーカイブ。 Annals of the New York Academy of Sciences 833 1 Cancer : 204-7. December 1997. June 2008. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 66 7 : 1576-8. July 2002. Journal of Agricultural and Food Chemistry 50 26 : 7581-5. December 2002. Journal of Medicinal Food 11 4 : 643-51. December 2008. Nonaka, T; Y Hashimoto; K Takio July 1998. Journal of Biochemistry 124 1 : 157-162. Taouatas, Nadia; Madalina M Drugan; Albert J R Heck; Shabaz Mohammed May 2008. Nat Meth 5 5 : 405-407. 林野庁「」、2011年。 2013年1月閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - マイタケ生産最大手• 外部リンク [ ] 食材、栄養成分• - 「健康食品」の安全性・有効性情報()• 群馬産業技術センター 栽培関連• 特許庁• 北海道立林産試験場• 岐阜県 森林科学研究所.

次の