ミサイル 艇 はやぶさ。 犬鷲型哨戒艇type

しらたか (ミサイル艇)

ミサイル 艇 はやぶさ

しらたか 基本情報 建造所 運用者 艦種 級名 建造費 94億円 母港 所属 佐世保警備隊 第3ミサイル艇隊 艦歴 計画 平成13年度計画 発注 起工 進水 就役 要目 基準 200 満載 240トン 50. 1 最大幅 8. 4m 深さ 4. 2m 1. の6番艇。 艇名は「」に由来する。 「」、(急設網艦)「」に次いで日本の艦艇としては3代目である。 艦歴 [ ] 「しらたか」は、平成13年度計画ミサイル艇829号艇として、で2002年10月4日に起工され、2003年8月8日に進水、2004年3月24日に就役し、隷下の佐世保警備隊第3ミサイル艇隊に編入された。 から、沖漁船転覆事故による行方不明者捜索に参加。 その後を南下してに入っている。 午後7時頃、上対馬北西15kmを北北東に航行する「荊州」、「揚州」、「千島湖」を発見、監視した。 その後対馬海峡を北上している。 その後対馬海峡を南下した。 その後対馬海峡を南下してに入っている。 同年、上対馬北東100kmを南南西に航行する「アドミラル・トリブツ」、ソブレメンヌイ級ミサイル駆逐艦「ビストリイ」、ボリス・チリキン級補給艦「ボリス・ブトマ」、イングル級曳船「アラタウ」を発見、監視した。 その後対馬海峡を南下してから東シナ海に入っている。 午後6時頃、下対馬南西200kmを北に航行するウダロイ級ミサイル駆逐艦「アドミラル・トリブツ」、ボリス・チリキン級補給艦「ボリス・ブトマ」を発見、監視した。 、南方海空域においてと不審船対処に係る共同訓練を実施した。 海保からは「」、巡視船「」及び巡視船「」が参加した。 脚注 [ ].

次の

海上自衛隊 ミサイル艇「はやぶさ」見学記録 ①

ミサイル 艇 はやぶさ

ミサイル護衛艦「しまかぜ」 ミサイル艇「はやぶさ」来港 平成22年8月1日 ミサイル護衛艦「しまかぜ」 DDG-172 平成22年7月31日~8月2日に伏木港万葉埠頭にミサイル護衛艦「しまかぜ」とミサイル艇「はやぶさ」が来港し、艦内が一般公開されました。 ミサイル護衛艦「しまかぜ」DDG-172は、「はたかぜ」型ミサイル護衛艦の2番艦として第1護衛隊群第1護衛隊に所属しています。 母港は佐世保港です。 海上自衛隊のミサイル護衛艦は、本型が第三世代となりますが、装備面は第2世代の「たちかぜ」型とほぼ同様ですが、主機はDDGとしては初めてガスタービンエンジンを搭載し、巡航用と高速用を併用するCOGAG方式が採用されています。 高速用のTM3Bガスタービンエンジンと巡航用のSM1Aガスタービンエンジンをそれぞれ2基ずつ搭載していて、航続距離と高速性能を両立させるようになっています。 この「はたかぜ」型ミサイル護衛艦は、次世代型の「こんごう」型ミサイル護衛艦がアメリカ海軍のアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦をモデルとして建造されていてイージスシステムを搭載している準同型艦であるのに対し、本型は基本設計が日本独自のものであるのが売りでしょうか。 もっともミサイルシステムは、スタンダードSM-1MRですので、今となっては時代遅れの感は否めませんが・・・。 特にこのタイプのミサイル誘導はイージスシステムとは違い、イルミネーターの数で同時に管制できるミサイルの数が決まるのですが、このタイプは2基しか持っていないので同時に管制できるミサイルは2発ということになります。 実際にはイルミネーターの数を増やすのは、コスト的な問題、艦のスペースの問題などなかなか容易ではないのです。 これよりもさらに大型艦になれば可能でしょうが、コストは莫大なものになります。 ミサイル艇「はやぶさ」 PG-824 さらにハープーン3連装発射筒2基、主砲としては73式54口径5インチ単装速射砲を前部甲板室上と後甲板上に1基ずつ搭載、近接防御用としては高性能20mm機関砲(CIWS)2基、対潜兵器としては74式アスロック・ランチャーとまた68式3連装短魚雷発射管を2基搭載していて、対空・対艦、対潜攻撃力に隙がありません。 ずばり、イージスシステムが登場する前のミサイル護衛艦としては頂点に立つ性能を持っているクラスだと評価できます。 もう一隻のミサイル艇「はやぶさ」PG-824は、はやぶさ型ミサイル艇の1番艇であり、第2ミサイル艇隊に所属しています。 この「はやぶさ」型ミサイル艇は、基準排水量200トンと従来のミサイル艇の4倍に大型化しています。 武装は、62口径76mm単装速射砲1基と90式艦対艦誘導弾を連装2基搭載しています。 ・・・と言いたいのですが、この日見た対艦ミサイルの発射管のうち右舷側のものは単装でしたので、実際には3本しかミサイルを搭載していなかったのです。 また両舷に12. 7mm重機関銃を取り付ける銃架もあり、不審船対策のようです。 チャフロケットランチャーも搭載していますが、ASWは搭載していません。 このミサイル艇は、主機がガスタービン5400馬力が3基でスクリューではなくウォータージェットで航行します。 最大速力は44ノットと極めて高速で、しかも従来のミサイル艇に比べてはるかに安定しています。 なにしろ最初に建造されたミサイル艇は、水中翼船タイプのものでしたが、何しろ実用性に乏しいものでしたし、中速での運用が不可能だったために3隻で建造が打ち切られ、この「はやぶさ」型が建造されたわけです。 「はやぶさ」型ミサイル艇は、高速と護衛艦並みの対艦攻撃力を誇る海上自衛隊期待の星といえましょう。 だいたい全休のミサイル艇「1号艇」と違って、個別の艦名がつけられているのはその証拠でしょう。 しまかぜに搭載されている73式54口径5インチ単装砲 はやぶさに搭載されている62口径76mm単装速射砲 しまかぜに搭載されているハープーン艦対艦ミサイル はやぶさに搭載されている90式艦対艦誘導弾 しまかぜに搭載されている74式アスロックSUM はやぶさに搭載されているチャフロケットランチャー しまかぜに搭載されているMk13 mod 3 ミサイル単装発射機 スーパーバード衛星通信用アンテナ 73式54口径5インチ単装砲 複合型作業艇 しまかぜに搭載されているイルミネーター 複合型作業艇 しまかぜの艦橋を後部から はやぶさの艦橋内部 しまかぜ全景を後部から はやぶさの12. 7mm機銃の銃座とチャフ しまかぜの艦橋 はやぶさの艦橋 護衛艦「しまかぜ」型 性能諸元 排水量 基準:4650トン 満載:5950トン 全長 150m 全幅 16. 4m 吃水 4. 8m 機関出力 70,000PS 機関 ロールス・ロイス オリンパスTM3BCOGAG 2基 ロールス・ロイス スペイSM1A 2基 2基 速力 最大30ノット 定員 260名 武装 Mk. 137チャフ発射機 4基 ミサイル艇「はやぶさ」型 性能諸元 排水量 基準:200トン 満載:240トン 全長 50. 1m 全幅 8. 4m 深さ 4. 2m 吃水 1. 7m 機関 LM500-G07ガスタービンエンジン (5,400PS) 3基 ウォータージェットポンプ 3基 機関出力 16,200ps 速力 最大44ノット 定員 21名 武装 90式 SSM連装発射筒 2基 62口径76ミリ単装速射砲 1基 12. 7mm単装機銃M2 2基 C4I MOFシステム 海軍戦術情報システム OYQ-8B + リンク 11 レーダー FCS-2-31C 砲FCS 1基 OPS-18-3対水上レーダー 1基 OPS-20航海レーダー 1基 電子戦 NOLR-9 ESM 暗視装置 OAX-2 赤外線暗視装置 スライドショー スライドショーの使い方 3つのボタンで画像を移動できます。 最初・・・最初の画面に戻ります。 戻る・・・一つ前の画像に戻ります。 次へ・・・次の画像に移動します。 拡大・・・拡大画像を表示します。 伏木港 ミサイル護衛艦「しまかぜ」・ミサイル艇「はやぶさ」マップ.

次の

海上自衛隊の装備品一覧

ミサイル 艇 はやぶさ

はやぶさ型ミサイル艇 — Wikipedia このページ読めばわかりますが、ミサイル艇は敵の対潜ヘリがウヨウヨしている所を強襲する為の船ではありません。 警備艇的な物で、いわゆる不審船などの高速な工作船を追跡する為に開発されました。 対艦ミサイル(90式艦対艦誘導弾:SSM-1B)を積んでいますが、これは運悪く敵のマトモな軍艦に出あってしまった時の自衛用・威嚇用でしょうね。 海自や米海軍の水上艦に搭載された艦対艦ミサイルは、どの艦でも万が一に備えた兵装としか思えんのですよ。 海自の護衛艦の中には、搭載できるが後日搭載予定で予定は未定と言う艦すらありますから。 後継の艦は現在開発中の3,900t型フリゲートになるようですね。 日本の海は沿岸と言えども荒れますので、やはりはやぶさ型(200t)では使いづらいのでしょう。 フィリピンが譲って欲しいリストにはやぶさ型を挙げているようですね。 ガスタービンなど結構高度な技術が使われているので運用できるか今一つ不安ですが、運用できれば島嶼部が多いフィリピンにとっては良い艦だと思いますよ。 対空監視は殆ど出来ません。 低空域を飛行している航空機相手であれば低空警戒レーダーも兼ねる対水上レーダーのOPS-18で探知・監視出来ますが、基本的には本艦の小型性とステルス性を武器にして目視で敵航空機を把握して回避する事で、敵機のESMからの逆探知を防ぐようにしますので、敵の航空機が常時飛んでいるような敵の艦隊まで接近しての攻撃はさせません。 ゆえに敵艦に対しては艦隊より前に出る事は殆どありません。 ミサイル艇最大の仕事は敵の艦隊が接近してくるのをキルゾーンで待ち伏せしてミサイルを斉射したら、一気に速力と機動性を駆使して後退するヒット&アウェー戦法がメインです。 自身のOPS-18で探知して攻撃をする事も可能ですが基本的には海上作戦部隊指揮管制支援システムMOFでの衛星情報や他の護衛艦や哨戒機からの座標データをリンク11で受け取る事でレーダーに捕捉せずとも遠距離の目標に対して座標データを入力して対艦ミサイル攻撃を出来るようにしています。

次の