扁桃 腺 手術 体験 談。 扁桃腺の摘出手術体験談【りよんの扁桃腺手術体験記】扁桃腺炎

扁桃腺手術による痛みや症状の経過レポ

扁桃 腺 手術 体験 談

扁桃腺が腫れやすい人にとって、扁桃腺切除というのは常に頭の中につきまとう問題です。 私も長年悩まされてきましたが、思い切って切除することにしました。 今回は入院や術後の体験について書いていきたいと思います。 扁桃腺切除を決意するまで 私は子供のころから扁桃腺が腫れやすく熱が出やすい体質でした。 年に数回は熱を出してしまい、いつも扁桃腺の腫れに悩まされていました。 社会人になってからも続き、年に数回熱を出してしまうことがあり、会社を休むことも心苦しいし、何より体調管理ができていないと思われてしまうのが非常に嫌でした。 切除する前は悪化をたどり、扁桃腺周囲腫瘍にまでなってしまい日ごろの生活にも影響が出始めてしまいました。 扁桃腺周囲腫瘍は再発することもあり、本当に死ぬほど辛かったのでもう二度と経験したくありませんでした。 その後も病院に通うことが多く、主治医から扁桃腺を切除してみては?と提案があり思い切って踏み切ることにしました。 扁桃腺切除で入院するまで 社会人にとって入院をするということは非常にハードルが高いです。 入院期間を空けてしまいますので職場に迷惑がかかってしまいます。 さらに扁桃腺切除の場合、入院に10日程度さらに術後の予後(出血があれば再入院)で1週間程度必要となりますので、その期間を空けられるように調整しなければなりません。 私の場合は入院から退院、出勤まで4週間程度かかりましたので、会社の人には迷惑をかけてしまうことになりました。 上司に現状を報告し、入院及び退院後の一定期間休ませてくださいということを陳情し 私の場合は幸いにも入院することに納得をいただきました。 当然家族にも了承を得なければなりません。 私の場合は病状を家族が良く知っていましたので、扁桃腺を切除したほうが良いという風に思ってくれていました。 そんなこんなで入院することが決まりましたので、決定した翌日に病院にて術前検査を行いました。 検査内容は血液検査、尿検査、心電図検査、レントゲン検査でしたが、数時間で終了しました。 扁桃腺切除での入院から手術まで 入院前の準備があるので会社は入院の前日から休みをいただくことにしました。 持ち物としては、下着、コップ、割箸、ティッシュ、PC、ポケットwifi、文庫本、携帯充電器などです。 結果的にPCはほとんど開きませんでした。 後述しますが本当にそれどころではなかったです。 荷物はそれほど多くは持っていかず、準備を万端にし当日に備えました。 それと大事なポイントですが入院前に説明を受けた健康保険の「限度額適用認定証」を持っていきました。 これがあると健康保険の限度額が退院後の支払い時に適用されるため自己負担の額が減ります。 限度額を持っていなくてもしばらくした後で戻ってくる仕組みなのですが、これがあると直近で支払う額が減るため、用意ができるタイミングであれば職場の担当者に用意してもらうことをおすすめします。 さて、入院当日の話ですが、入院前の説明では入院は手術の前日と言われてましたので、前日の指定された時間に病院へ行き入院しました。 はじめに入院治療計画書を渡され手術前の絶食の説明や術後の治療について詳細に説明を受けました。 自分の頭の中では術後のことよりも手術が不安でしかたがなかったです。 でも扁桃腺切除は手術後の方が大変だということは後々痛感することになります。 その後、翌日手術を行う手術室に行くように言われて麻酔科の医師、看護師と面談することになりました。 当日の手術はここでやりますよとか麻酔について不安なことがありますか、といったような内容でした。 前日に手術室を見せてもらうことや説明をたくさんしてもらうことは良いことかもしれません。 多少不安な気持ちが安らいだような気がしました。 その後病室に戻り手術のことを考えても仕方がないため、暇を潰しながら消灯時間後まもなく就寝し次の日の朝を迎えることになります。 この時が一番ゆったりした時間でしたが手術前日のため何とも言えない気持ちのまま過ごしこの日は何も手につきませんでした。 手術から手術後まで 手術の当日、朝目覚めボーっとしていると看護師さんがやってきて体温を測りました。 そして、手術する際は通常ストッキングを着用するようですが私の場合は手術の時間が短いため今回はストッキングの着用はなしという説明を受けました。 その後麻酔科の医師がやってきて、全身麻酔の説明を受けました。 下半身麻酔の経験はありましたが、全身麻酔ははじめてだったのでかなり不安でした。 どんな風にして麻酔が効いてくるのかも想像できないし、手術中はどうなってしまうのかさっぱりわからずただただ不安でした。 また、この日は手術前は飲み物も飲まず絶食です。 昨日まで日常を過ごしていたのでフワフワして全然現実感がない感じでした。 そうこうしていると手術の時間が近づいてきました。 術着に着替え手術の30分間になったくらいで、寝ているベッドがストレッチャーになり手術室まで連れていかれました。 不安はピークです。 手術室に入り麻酔をしますということになりました。 麻酔は点滴でした。 下半身麻酔をした時はでっかい注射だったような記憶があったので意外な気持ちでした。 麻酔をしてから少ししたら眠くなりますのでという話を受けました。 ほんとかよという気持ちでしたが、ほどなくして意識を失いました。 パッと目が覚めると(強制的に起こされたようです。 )手術が終わっていました。 この間は当然ですが全く記憶にありません。 看護師さんに「目が覚めましたか?手術は終わりました」と言われました。 当然ですが当事者は本当に一瞬の出来事ですのでこんなもんか、とすら思いました。 また、看護師さんから「目が覚めてから病室に戻るまで覚えてない方もいらっしゃいますよ」といったようなニュアンスのことを言われたのだけは覚えていて、その後その言葉のとおり病室まで記憶が飛びました。 扁桃腺を切除したばかりで腫れていて当然声が出ないのですが、その時は麻酔のおかげで術後の痛みもそれほどありませんでした。 なんだこんなもんかと再び思ったのですが、これから数週間痛みに耐える日々が続くとは思わなかったです。 手術後から退院まで 手術が終わり、手術をしてくださった担当医師から今後の説明を受けました。 麻酔が切れてくるぐらいで痛みが出てきますということと、出血がかなりありますのでティッシュでふき取ってくださいということでした。 食事も翌日から出ますが様子をみてはじめましょう。 ということでした。 先生の説明通り麻酔が切れてきてから痛みが始まりました。 チリチリとした喉を焼くような痛みです。 実際に切ったので当然ですよね。 検温したら熱も38度くらいあって辛かったです。 当然声もでません。 点滴で鎮痛剤と抗生剤を売ってもらっていたのですが、纏わりついてくるような痛みに耐えるのが必死でした。 看護師さんから痛み止めの薬を貰い一日6時間以上空けて3回までという説明を受けました。 この痛み止めがなければ全然過ごせないようなひどい痛みです。 また、術後のため出血もあり頻繁にティッシュでふき取っていました。 入院前にティッシュを何箱か持ってきて正解でした。 手術当日は痛みのため全然寝れませんでした。 痛み止めで何とかごまかして少し寝れたような気がします。 それからはいつ痛みが引くのかなと思っていたのですが、入院中は全然引きませんでした。 翌日には声も少し出ましたがもごもご状態です。 食事が始まっても痛みのせいでなかなか食べ進みません。 なので痛み止めを飲んだ後に食事をとるようにしました。 そうしないと全然食べられなかったです。 シャワーに入れたのは術後5日目でした。 シャワーに入れた喜びもありましたが喉が痛いと何をしても心ここにあらずの状態でした。 持って行ったPCで少し仕事をしようと思ったのですが、痛みのため全く手につきませんでした。 長い時間体を起こすことがつらかったです。 なので、ひたすら寝ながらスマホで動画を見たりして時間をつぶしていました。 その後は痛みをずーっと伴っていましたが、治療も順調に経過し、結局合計で10日ほどの入院となりました。 退院から術後1週間~職場復帰まで 退院当日もやはり痛みは残ったままでした。 退院日の午前中に清算し、限度額適用認定証のおかげもあり払った金額は9万円程度でした。 私の場合は後日になりますが加入していた生命保険から入院準備金プラス入院日額1日8000円が払われましたので結局ほぼ負担はありませんでした。 入っててよかった生命保険。 退院後は食事制限などはありませんでしたが、出血したら困るので固いものはできるだけ食べないようにと注意がありました。 痛み止めも大量にもらい家に戻ることになります。 退院後は体力の低下と残った痛みに耐える生活です。 さすがに術後10日も経てば痛みは弱くなってきていますが、痛み止め無しだと辛いレベルです。 声も出しにくいですが、何とか出るようなレベルまで回復してきました。 これは術後にも少し休みを取るように言っておいて正解だったなと思いました。 職場にいても声があまり出ないし、痛みで仕事が手につかなかったと思われます。 しばらくは家で安静にしていることにしました。 そして医師から言われたら出血があったらすぐに病院に来てくださいという言葉が非常に怖かったです。 扁桃腺切除の場合、退院後に出血があるとかなりの高確率で再入院となるそうです。 もう入院はしたくなかったので非常にそれが嫌でした。 しかし、退院して4,5日経過したときに少し出血がありました。 入院中にティッシュでふき取っていたことを思い出すような感じでとても嫌な予感がしました。 念のために病院へ行って先生に診てもらいましたが、再入院の必要はなしという判定が出て心底ほっとしました。 退院から2週間ほどして痛みも少なくなり、ようやく職場へ復帰できることとなりました。 この間迷惑をかけた同僚には頭が上がりません。 職場復帰からその後 痛みが完全に引くまでは手術後4週間くらいかかったと思います。 痛みが引いてくるころには声も完全に出るようになります。 声は切除した部分がなくなったため通るようになったと思います。 (自分ではそう思うような感じですが、周りからは実際あまり変わっていないというようでした。 ) 扁桃腺切除後すぐ効果(?)があったのは、睡眠時に無呼吸になることがなくなりました。 以前はお酒を飲んだ時や寝る体勢によっては無呼吸であることがあったらしいのですが、手術後はそれがなくなりました。 本来の目的以外でよいことがあったので微妙な感情もありましたが、結果的にうれしかったです。 また、肝心の扁桃腺による発熱がなくなりましたので、術後は熱を出すことが極端に減りました。 これは本当に切除してよかったです。 慢性的な扁桃腺のはれに悩まされることがなくなりました。 短期的に見て上記のようなメリットを享受しましたが、長期的に言われているデメリット免疫の低下による感染症の感染などのリスクが言われていますが、現在のところ全く問題はありません。 まとめ 扁桃腺の切除はメリットとデメリットがありますが、扁桃腺の腫れが慢性的で悩んでいる人は切除する価値は十分にあると思います。 切除後の痛みは相当なもので、長く続きますが、回復した今となってはその後のメリットを考えれば比較しても十分にあると思います。 働かれている人は職場との相談を十分に行い入院計画を立ててみましょう。

次の

扁桃腺の摘出手術体験談【りよんの扁桃腺手術体験記】扁桃腺炎

扁桃 腺 手術 体験 談

扁桃腺手術の退院後2か月間の記録 扁桃腺の手術 退院後1~3日目 退院後3日間は、舌のろれつが回らず、声をはって話すことはできませんでした。 舌を動かすこともままならず、左右にはほとんど動かせません。 食事は、入院中の食事を参考に柔らかいものを作りました。 3日目に生野菜に挑戦しましたが、まだ、その時点では痛みがあり、二口程度であきらめました。 スポンサードリンク 退院後1日目の食事(夕食) MENU ・タマネギと鶏ひき肉の柔らか煮 ・味噌汁(お麩・玉ねぎ) ・お粥 (お粥の基本的な作り方) 退院後2日目の食事(夕食) MENU ・ニラ卵炒め ・大根と油揚げの煮物 ・味噌汁(お麩・玉ねぎ) ・お粥 (お粥の基本的な作り方) 退院後3日目の食事(夕食) MENU ・肉じゃが ・豆腐サラダ(豆腐・レタス・きゅうり) ・味噌汁(お麩・玉ねぎ) ・お粥 (お粥の基本的な作り方) 【感想】 生野菜はまだ無理・・・。 扁桃腺の手術 退院後4日目 4日目から、恐々、声をはって話すようにしてみましたが、少しの痛みを伴いました。 また、後から、じわじわ痛みが出てくるような感じでした。 退院後4日目の食事(夕食) MENU ・豆腐とほうれん草の炒め物 ・白菜と鶏ひき肉のスープ ・かなり柔らかく炊いた炊き込みご飯 扁桃腺の手術 退院後5日目 5日目になると、ほぼ痛みを感じずに、普通に話せるようになりました。 舌が左右にだいぶ動かせるようになりましたが、まだ、舌先が奥歯までは届きません。 退院後5日目の食事(夕食) MENU ・おでん ・豆腐とほうれん草の炒め物(残りもの) ・軟らかめに炊いたご飯 退院後6日目の食事(夕食) MENU ・クリームシチュー ・豆腐サラダ(豆腐) 扁桃腺の手術 退院後7日目 1週間目に、ようやく、舌先が奥歯に届きました。 でも、まだ痛みを伴います。 この頃、のどは痛いというより、違和感があるという感じです。 手術したことを忘れて、咳払いしそうになりました。 まだ、咳払いは危ない気がします。 退院後7日目の食事(夕食) MENU ・豆腐ハンバーグ ・味噌汁(お麩・玉ねぎ) ・柔らかめに炊いたご飯 扁桃腺の手術 退院後8日目 舌がだいぶ動くようになったこともあり、チョコレートに挑戦してみました。 ゆっくりなら、舌を動かしてもあまり痛くありません。 おいしくいただけました。 食事も、普通に炊いたピラフに挑戦してみました。 これは、まだ、よく噛まないと痛いです。 また、食べ終わった後も、少し痛みが出ました。 退院後8日目の食事(夕食) MENU ・野菜スープ ・普通に炊いたピラフ 【感想】 普通に炊いたピラフはよく噛まないとまだ痛い・・・。 扁桃腺の手術 退院後9日目 もう、だいぶ、普通に話せるようになりました。 でも、ずっと話していると、のどがやられている感じがして、痛くなりそうなので、話し続けるのはまだ無理な気がします。 話しをしていない間ですが、まだのどに違和感があります。 舌先は、奥歯に近づける際、右にやるときだけ、まだ痛みを感じます。 扁桃腺の手術 退院後10日目 普通に炊いたご飯に再度挑戦です。 ご飯がのどを通る際、違和感はありますが、痛みはありません。 カレーを食べました。 でも、ちょっと、いつもの味が違うような・・・?あくびをすると(大きな口を開けると)、痛みを感じます。 まだ、思い切りあくびはできません。 食後も、問題ありません。 ただ、食べ物がのどを通る際に違和感はまだあります。 今日は、再診の予約をとっていましたので、病院に行きました。 医師には、かさぶたはほとんど剥がれていますが、粘膜がまだついていないところがあるから、痛いでしょう?」と言われました。 その通りでした。 でも、1週間後から、揚げ物、衣がついたものを食べてもよいそうです。 また、運動も少しずつ始めてよいと言われました。 フロリードゲルにお世話になった舌は、キレイになったので、もう薬はいらないとのこと。 よかったです。 ただ・・・。 病院から帰宅後、お昼に久しぶりに大好きなカップラーメンを食べたのですが、おいしいけど、どうも、味が変なんです。 その時、急に思い出しました。 病院で、「味覚は戻ってきましたか?」との質問に、元気よく「はい」と答えたことを。 自分では、味覚障害は出ていないと思っていましたが、どうやら味覚が変わったらしいと、このとき、はっとしたのです。 今まで、自分が作ってきた料理で味がおかしいと思ったことはありませんでしたが、それは、自分の味つけのさじ加減次第。 昨日のカレーと言い、今日のカップラーメンと言い、味が到底変わるはずのないものが、自分の記憶と違う味になっているのです。 味覚が変わってしまった・・・と、衝撃を受けました。 スポンサードリンク 扁桃腺の手術 退院後17日目 医師の言うとおり、前回の診察から1週間たちましたので、久しぶりの揚げ物を食べました。 食事をするときの違和感は、かなり小さくなってきています。 少し気になっているのが、ここ数日、時々ひどい咳が出ることです。 寝ている時でも、起きている時でもおかまいなしに、突然出ます。 こんなに咳だけが出るということは、今までの人生で初めてのことなので、かなり戸惑っています。 扁桃腺の手術 退院後24日目 食事をする時に、何の違和感も感じなくなりました。 咳も止まり、ほっとしています。 舌も自由に動きますし、思い切りあくびもできるようになりました。 味覚についてですが、時々、「これは、記憶している味と違う・・・」というものに出会います。 大好きだったスナック菓子などです。 でも、食事をしていて、おいしいと感じることができないとか、そういうことはないので、元に戻るのを長い目で待ってみようと思っています。 味覚が戻るのに長い人では、半年かかる人もいるそうなので。 2週間後に最後の診察に行くことになっています。 きっと、問題ないはずです。 扁桃腺の手術 退院後38日目 本日、最後の診察となります。 傷口はきれいに治ったとのことでした。 食べ物に気を遣う必要もありませんし、運動もどんどんして構いません。 ただし、口蓋扁桃を摘出したからと言って風邪を引かなくなるというわけではありませんので、今後も帰宅後はうがいをするように念を押されました。 扁桃腺の手術 退院後54日目 そういえば、最近、味覚障害の自覚がなくなりました。 記憶している味と違う・・・ということが全くありません。 これでようやく落ち着いたと言ってよいでしょう。 が、しかし、主人がここ数週間ひどい咳をしていたかと思いきや、どうやらその風邪をうつされてしまったらしく、咽頭痛が発生してしまいました。 スポンサードリンク.

次の

【扁桃摘出手術体験談】扁桃腺摘出の手術と術後

扁桃 腺 手術 体験 談

【手術に至るまでの経緯】 昔から体が弱いのはまさに扁桃腺のせい、と言い切れるくらい扁桃炎にかかる頻度が高く、平熱35度台に対して39度台の熱が年に数回出ていました。 一時良くなったかと思った時期もあったのですが、近年また熱が出る頻度が高くなり、疲れがたまると熱が出るを繰り返す、といった状況でした。 それでもやはり手術に踏み切れずにいたところ、扁桃周囲膿瘍になってしまい、緊急入院となってしまいました。 この扁桃周囲膿瘍の痛みと処置の痛みが壮絶で、元々全く唾を飲み込めないところまで痛みが酷くなっていたところを、なんとその痛すぎる喉に針を刺されたのです。 しかも合計して5. この時の詳細ブログはこちら。 【手術前外来】 まず病院の決定。 扁桃周囲膿瘍で緊急入院したところとは別の病院にしました。 理由は簡単。 どうせならキレイで立派な病院に入院したい。 これに尽きました。 難しい手術ではないので、設備重視で選びました。 以前外来で通っていた事もあり、手術についてもとても親身になって説明してくれた記憶があったので。 あとは交通の便の良さもあり、広尾の日赤医療センターにしました。 久しぶりに日赤に行ってみたところ、以前の担当医が退職していて別の先生が担当になりました。 30代くらいの男の先生です。 日赤は手術日が毎週火曜と金曜で、狙っていた長期休暇期間は既にいっぱい。 しかし相談に行った日からちょうど2週間後に空きがあったので、そこで決定しました。 【手術前検査】 手術の約1週間前に手術前検査があります。 費用はだいたい¥5,000くらいでした。 麻酔の資料を頂きました。 不安な事とかあれば何でも質問できます。 で、最後に入院手続きをして完了です。 全身麻酔の手術はネイルとまつげエクステは取らないといけないと言われ、慌てて取りに行きました。 悲しい。 【入院初日】手術前日 手術前日の朝10時に入院です。 順調にいけば、入院期間は9日間予定。 部屋は悩んだ挙句、4人部屋の、差額ベッド代(1日¥2,160 が発生する窓際にしました。 かなり広く、綺麗で快適です。 病室毎にトイレと洗面スペースが付いているのが何よりも素晴らしい。 窓からの見晴らしもとても良いです。 荷物を整理して着替えると、看護師さんからひと通り病棟の案内と今後の流れの説明があります。 病室まで案内してくれた事務の方もとても親切でした。 病棟はとても綺麗で、整然とし過ぎていて迷子になりそうな感じです。 ラウンジも広くて綺麗。 夜は夜景が綺麗でした。 私の病棟は7階7Bでした。 この7Aと7Bが対照の造りになっていて、同じようにナースセンターがあり、ラウンジからの帰り道がいつもどっちだかわからなくなりました。 通話以外病室でのネット、メール、パソコン持ち込み等自由ですが、インターネットスペースもあります。 こちらのインターネットと、TV、冷蔵庫、洗濯機、乾燥機が全てテレビカードで支払い可能でした。 テレビカードというよりもはや日赤電子マネーですね。 その他設備としては、1階にタリーズがあり、朝は先生方で混雑しています(笑) 入口付近にあるので、院内に入るとコーヒーの香りが立ち込めているのが病院らしからぬ感じで気に入っています。 コンビニ風の売店(なんでも揃います)が23時まで営業していてとても便利でした。 あと本屋さん、お花屋さん、レストランに加え、患者専用の図書室が1階にあり、図書室で借りた本は病棟毎のラウンジに設置してある返却ボックスで返却可能でした。 12:30 お昼ごはん。 この日はもちろん普通食。 午後一で診察があり、扁桃腺が腫れていないか最終チェックです。 (腫れていると出血がひどくなる為、避けた方が良いそうです。 ) この日の為にかなり気をつけていたので、無事診察クリアです。 18:30 夜ごはん。 白いごはんにはしばらくお目にかかれないので、味わっていただきます。 21:00絶食開始 手術が翌日の2番め(1番めは9時から)だったので、絶食後から翌日の8時までに経口補水液を400m飲みなさいとのお達しがありました。 これを2本です。 ちなみにこれと一緒にこんなものを置かれました。 なんか、餌を与えないで下さい的な感じ。。 長くなってしまったので、続きます。 続きはこちら.

次の