お盆 迎え火 いつ。 お盆の迎え火はいつ行うの?迎え火を行う日程や時間帯について解説|終活ねっとのお坊さん

お盆に『迎え火』と『送り火』をしますが、いつやるのですか?お盆の期間中...

お盆 迎え火 いつ

毎年8月中旬になると、ニュースなどで話題になる「お盆の帰省ラッシュ」。 でも、ふと疑問に思いませんか? 「お盆」って、いつからいつまで? 「お盆」には、親戚がたくさん集まってご飯食べたりするけど、何のための行事? 今回は、「お盆」について、調べてみましょう。 「お盆」の由来や意味とは?何のための行事? 「お盆」とは、 仏教の行事で、古く奈良時代から行われおり、仏教用語では 「盂蘭盆会 うらぼんえ 」とか 「盂蘭盆 うらぼん 」とも言われています。 その由来は、「お釈迦様の弟子の一人で、何もかも見通すことができる神通力を持っていた人物が、亡き母親の姿をみたところ、母親が地獄で餓鬼道に落ちていて苦しんでいたため、お釈迦様の言葉に従ってその母親を救うために、多くの僧を招いて一心に供養したところ、たちどころに救われた」ということが盂蘭盆経という経典の中に書かれています。 そのため、 亡くなった先祖が地獄に落ちたりしないよう、もし落ちていたら救われるように、始まったのが「お盆」という行事です。 日本では「この時期に、先祖の魂が里帰りをしてくる」とも言われています。 そのため、 家族や親族が集まって、先祖の魂と一緒にお寺や自宅でお坊さんにお経をあげてもらい、先祖への感謝の念と現世の人々の安寧を祈る行事として、定着しているのです。 ただ、最近では簡素化されてきていて、お坊さんを呼ばずに、お墓参りだけで済ませる家庭も増えてきています。 「お盆」の期間はいつからいつまで? 現在、日本で全国的に行われている行事の多くは、その地方によって旧暦で行われたり、新暦で行われたりしていますが、「お盆」もその例にもれません。 「お盆」は全国的には8月13日~8月16日、東京など関東圏の一部では7月13日~7月16日です。 それ以外に旧暦のお盆があります。 いずれにせよ、帰ってきた御先祖様を招き入れ、一緒に過ごし、見送るという趣旨は変わりません。 その地方で決まっているもののありますが、故人が好きだった物などを供えても大丈夫です。 多くの古いものは捨てられて、どんどん新しいものに変わっていく現代。 その中でも「お盆」がしっかりと根付いている日本は、ずばらしい国だと思います。 御先祖様だけでなく、何事にも感謝することは、とても大切な事ですね。 関連: 関連: - , ,.

次の

「お盆」2020年の期間はいつからいつまで?お盆の由来や意味とは?

お盆 迎え火 いつ

お盆に行う迎え火と送り火とは? お盆とは正式名称を「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言い、釈迦の教えがインドから伝わった際に、元からあった祖霊信仰と結びついて生まれた、日本独自の文化となっています。 お盆になると、先祖や故人の霊があの世からこの世へと降りてくると言われていますが、迎え火はその時に先祖の霊が迷ってしまわないように、目印として焚く火のことを言います。 玄関や門口で火を焚くことで、そこを目指して先祖の霊が降りてくるというわけです。 一方の送り火は、お盆を共に過ごした先祖の霊が、あの世へと戻る際に焚く火のことを言います。 先祖の霊は送り火の煙に乗ってあの世に還ると言われており、お見送りのために迎え火を焚いた場所と同じところで火を焚きます。 迎え火、送り火はいつ行うの? 送り火は、一般的にはお盆の初日となる8月13日の夕方に焚くことが多いでしょう。 しかし、お盆の期間は必ずしも8月ではなく、地域によっては7月やそれ以外の日時もあります。 7月にお盆を行うのは、旧盆と言って、旧暦に沿ってお盆を行っているからです。 現在の新暦は明治5年に改暦となりましたが、旧暦の太陰太陽暦と新暦の太陽暦では30日ほど日付に差が生じるため、元は旧暦の7月15日に行われていたお盆が、今は30日遅れの8月15日となっています。 日本の多くの地域ではこの新暦に基づくお盆(新盆)となっているため、迎え火は盆の入りとなる8月13日に行いますが、旧盆の場合は7月13日に迎え火を焚きます。 これと同様に、送り火も新盆では盆の明けとなる8月16日の夕方に行いますが、旧盆では7月16日に行われます。 また、迎え火を8月13日ではなく8月12日に行うところや(旧盆の場合は7月12日)、送り火を8月16日ではなく8月15日に行うところ(旧盆の場合は7月15日)もあります。 違う地域から嫁いできた、引っ越してきたなど、現在住んでいる場所の文化や風習をまだよく知らないという場合は、事前に確認しておくのがよいでしょう。 迎え火や送り火のやり方や準備するもの 迎え火や送り火を行う場合に必要なものは、次の通りです。 ・おがら 苧殻と書き、麻の皮を剥いだ茎のことを指します。 原料となる麻は清浄な植物とされ、これを焚くことで周囲の空気を清め、先祖の霊を迎え入れる準備を行います。 おがらはお盆が近くなると、スーパーやホームセンター、花屋などで売っているので手軽に手に入りますが、おがらが手に入らない時は松や藁で代用できます。 ・焙烙(ほうろく) 素焼きの平皿のことを指し、この上におがらを乗せて迎え火を焚きます。 焙烙は仏具店で購入することができますが、焙烙がない場合は、耐熱の平皿でも構いません。 それもない時は大き目の灰皿を使ってもよいでしょう。 ・精霊馬 あの世からこの世へと先祖の霊がやってくる時に乗っているのが精霊馬、この世からあの世に戻る時に乗るのが精霊牛とされています。 行きが馬なのは、足の速い馬に乗ってすぐに家にやって来られるように、帰りが牛なのは歩みの遅い牛に乗ってゆっくりと景色を楽しみながら戻ってもらうためだと言われています。 どちらもお盆の期間中は精霊棚(盆棚)や玄関先などに飾っておきますが、送り火を焚く際に燃やします。 迎え火や送り火に合わせて行う風習は? 東京の一部の地域では、迎え火や送り火を焚いた灰を「またぐ」風習があるそうです。 これは、おがらに魔除けの効果があると言われているため、それをまたぐことで無病息災や家族の厄除けを願うものとされています。 家の玄関から外の方へ向かう形で、3回またぐのがよいと言われています。 また、別の地域では墓地からの道に、松明(松の木)に火をつけて灯りを灯すところもあるそうです。 この他に、迎え火や送り火を焚く際に、信仰している宗教のお経を唱えるなど、地域によっては他にはない独特の風習を受け継いでいる場合もあります。 なお、宗派の中でも浄土真宗では迎え火や送り火は行いません。 なぜなら、浄土真宗では仏様は自身の力で成仏し、極楽浄土にて生まれ変わるとされているため、お盆になっても霊としてこの世に降りてくることはないと考えられているからです。 地域によって風習が変わる? テレビのニュースなどで見たことがあるという方も多いと思いますが、毎年お盆の時期になると京都の山々で文字焼きが行われますが、中でも如意ケ嶽で行われる「大文字焼き」は全国的に名の知れた送り火の伝統行事です。 8月16日の夜8時に点火を始め、市街地を見下ろす山の側面がだんだんと「大」の文字を成していく様は、夏の風物詩として親しまれています。 また、長崎で行われる「精霊流し」も、全国的に有名ですよね。 精霊船と呼ばれる大きな山車に、初盆を迎えた故人の遺影や位牌や盆提灯、花などを乗せ、流し場まで流すもので、船が流れている間は爆竹を鳴らしたり、大きな声で掛け声をかけたりします。 厳かな雰囲気というよりは、かなり盛大に行うもので、こちらも夏に九州を訪れる観光客の一大イベントとなっているようです。 迎え火や送り火をマンションで行う場合 マンションやアパートなどの集合住宅では、玄関前で火を焚くことはできません。 最近はバルコニーなどでもできる迎え火や送り火のセットも販売されていますが、室外で火を使うことが禁じられている場合もありますよね。 そのような時は、迎え火、送り火ではなく、盆提灯を使って先祖をお迎え、お見送りします。 盆提灯の灯りが迎え火の代わり、先祖がやってくる際の目印になるというわけです。 なお、盆提灯を使った迎え火、送り火のやり方は次の通りになります。 ・迎え火の代わりに盆提灯を使う場合 盆提灯を灯し、手に持って玄関の前に立ちます。 先祖の霊をお迎えする気持ちで一礼し、黙とうをした後に、盆提灯の灯りを消します。 ・送り火の代わりに盆提灯を使う場合 盆提灯を灯し、手に持って玄関の前に立ちます。 先祖の霊をお見送りする気持ちで一礼し、黙とうした後、盆提灯の灯りを消します。 まとめ お盆に行う迎え火や送り火は、地域によって行う日に差はあるものの、一般的には8月13日の夕方に迎え火を、8月16日の夕方に送り火を焚きます。 迎え火、送り火は昔はどの家庭でも行っていたお盆の伝統行事でしたが、昨今の住宅事情などで一軒家に住んでいても、外で火を焚くのは難しくなっています。 そのような場合は、マンションで行う迎え火、送り火と同様に盆提灯を使って先祖の霊をお迎え、お見送りしてみてはいかがでしょうか。

次の

お盆に行う迎え火、送り火の意味は?いつ行えばいいの?

お盆 迎え火 いつ

もくじ• お盆の迎え火と送り火はいつ?7月 新盆 と8月 旧盆 の両方を時間と併せて紹介 お盆の始め頃、四国は仁淀川町へ行った際、ちょうど迎え火を焚き始めた時間帯に通りかかって非常に「日本の夏」を感ぜられた。 ヒグラシと清流の流れだけが響く夕暮れだった。 「もう少し遅めにくればもっと面白いものが見られるから来年また来なさい」と言われたけど、今年は12日が夏コミ本番…ぐぬぬ。 迎え火はいつ?意味と 日にち、時間帯を紹介! お盆の時期にご先祖様が現世に戻る時に、迷わないように目印にするものが「迎え火」と呼ばれています。 迎え火は、玄関先や門中で、 お盆初日 7月13日、8月13日 の午後から夕方にかけて火を焚きます。 玄関先で灯した火を提灯(ちょうちん)にうつして家の中へ入り、精霊棚のロウソクに火をともし、お線香を供えてお参りをします。 送り火は いつ?意味と 日にち、時間帯を紹介! お迎えしたご先祖様の霊はお盆が終わればあの世に帰る必要があります。 一緒にお盆を過ごしたご先祖様の霊が無事に帰れるように、迎え火と同じ場所で焚くお見送りの火が「送り火」です。 一般的には 盆明け 7月16日、8月16日 の午前中に行われます。 送り火を焚くときに、精霊馬(キュウリやナスで作った馬の形をしたお供え物)も一緒に燃やす地域は多いようです。 ご先祖様の霊は、精霊馬を燃やした煙にまたがって、天に帰っていくと信じられています。 7月 新盆 と8月 旧盆 について 明治時代に太陰暦から太陽暦へ変更されたことに伴い、お盆が一か月も早まりました。 しかし都市部では新盆を採用するも、農村では繁忙期なので旧盆のまま行っているところもあります。 旧盆・・おおむね全国的 7月13日(土曜日) 迎え火(盆の入り) 7月16日(火曜日) 送り火(盆明け) 次に具体的なやり方を見ていきます。 スポンサーリンク お盆の迎え火、送り火はいつ?~やり方編~ 昨日は数軒、新盆見舞いに伺いました。 その道中で、迎え火を焚く姿をそこかしこに見かけました。 祖父母、両親、子ども達…皆で玄関先に集まり迎え火を囲む様子に、お盆らしい情緒を感じました。 やはり、いい風情です。 — 太田屋お仏壇 butsudankuyou 迎え火と送り火のやり方は地方によって少しずつ異なりますが、一般的な作法を説明します。 まず準備するものは、 焙烙 ほうらく とおがらです。 焙烙(ほうらく)とは素焼きの土鍋の一種で、平皿のことです。 おがらとはヘンプの茎を繊維部と空洞の間を乾燥させたもののことです。 おがらは白川郷の合掌造りの茅葺屋根の下地としても使用されています。 この2つが準備できたら、焙烙 ほうらく の上におがらを載せて火を焚きます。 焙烙がない場合には、耐熱の平皿で代用しても構いません。 材料は仏壇屋さんが近くにあればそこで購入するか、最近ではインターネットでも手軽に購入できるので、発送期間も考えてなるべく早めに注文し、準備しましょう。 祖先を清らかな空間に向かい入れたり、送り出す準備をする意味が込められているのでしょう。 かつてはお墓に直接行き、祖先のお墓に明かりを灯し、その火をちょうちんに移して運びましたが、現在は住宅地とお墓に距離があり、このような方法は減少しています。 現代社会ではほとんどの場合、 自宅の玄関先で火を焚くことが多い模様。 迎え火や送り火は、日本の伝統的風習で、仏教であれ神道であれ、火を焚く習慣があります。 ただし、浄土真宗はご先祖様の霊を迎えるという考えや慣習がないので、迎え火や送り火を行いません。 その代わりに、盆提灯を飾りご先祖様に感謝の気持ちを伝える方法をとります。 次に迎え火、送り火のイベントを紹介します。 スポンサーリンク お盆の迎え火、送り火はいつ?~イベント編~ 自宅で迎え火を行わない場合でも、実際にイベントに参加することでこの風習を体感できます。 有名なイベントを2つ紹介しますので、興味がある方はぜひ足を運んで見てくださいね。 お盆時期に行われる 祇園祭と一緒に、京都の夏の一大風物詩として、 毎年8月16日午後8時に五山で同時に点火されます。 東山如意ケ嶽の「大文字」、金閣寺大北山の「左大文字」、松ヶ崎西山(万灯籠山)・東山(大黒天山)の「妙法」、西賀茂船山の「船形」、及び嵯峨曼荼羅山の「鳥居形」 点火の順番も決まっています。 そして、 船に乗り、三途の川を渡り、最後に西にある鳥居をくぐり、あの世に無事に帰れるようにという意味が込められています。 開催地はもちろん 岩手県平泉町。 奥州藤原四代の栄華や源義経 兄との確執により追われ、平泉にかくまってもらった経緯より)を偲ぶという歴史的な意味も含まれます。 束稲山駒形峰で大文字の送り火を行っています。 平泉は 中尊寺金色堂などの世界遺産もあるので、古き良き慣習を学ぶとともに歴史的な建築物に触れることもできます。 最後にまとめをご覧ください。 スポンサーリンク お盆の迎え火と送り火はいつ?7月と8月の両方を紹介!~まとめ~ 今回はお盆の迎え火、送り火がいつなのかについてまとめました。 やり方や意味はもちろん、子供に聞かれても答えられるように覚えておくのがおすすめです。 現代はお墓参りやご親戚との会食で終わりがちなお盆ですが、祖先に感謝し、迎え火、送り火をぜひ行ってみてください。

次の