渡辺力 時計。 渡辺力|販売中の製品・ウォッチ[ METROCS ]

小さな時計 / アイボリー (WR07

渡辺力 時計

マリンクロックモデル 1979年発売の掛時計「マリンクロック」のアラビア数字をアレンジした、クラシカルモダンなデザインのクオーツモデル。 アルミニウムクロックモデル 1978年当時、残念ながら生産に至らなかった「アルミニウムクロック」のデザインを元にウォッチに展開したモデルシリーズ。 シンプルモダンソーラー 細くのびやかなインデックスと分針が精緻な印象を与える「壁時計 1977年 」をモチーフにした、見やすさ、美しさのバランスが取れたソーラーモデル。 アラビア数字メンズクオーツ 渡辺力の代表作である美しいアラビア数字を使用、見やすさを追求した洗練されたデザインのクオーツモデル。 浮かぶアラビア 2007年発売の「浮かぶアラビア ソーラー」がクオーツモデルとして復活。 ガラスにアラビア数字を印刷した渡辺力ならではの手法。 グレー 販売終了• ホワイト 販売終了• ブラウン 販売終了• ブラック 販売終了• 日本の伝統色 渡辺力の代表作であるアラビア数字を使用した腕時計。 文字盤とベルト部分に、色彩豊かな「日本の伝統色」を用いた5種類のユニセックスモデル。 キッズモデル 「次世代に残したい良いモノ」をコンセプトに文字盤は「小さな壁時計」をモチーフにデザイン。 女性にもぴったりなサイズで、親子でペアウォッチとして楽しむこともできます。 ホワイト 販売終了• ネイビー 販売終了• オレンジ 販売終了• ブラック 販売終了• ポール時計販売終了 渡辺力氏が自ら会心作と評する「日比谷のポール時計」がリストウォッチになり復刻。 オリジナルをモチーフに、針の長さやインデックスの大きさが視認性良く配置されているところが特徴。 小さな腕時計販売終了 キッズモデル同様「次世代に残したい良いモノ」をコンセプトにデザイン。 光沢のある文字盤ケースが採用されているところが、キッズモデルとは異なる点です。 ポール時計販売終了 エコロジカルをテーマにデザインした腕時計。 電池交換が不要なムーブメントを採用したエコマーク認定商品。 裏面はクリアになっており、ローター部分が見えるメカニカルなデザインが特徴。 ソーラーモデル販売終了 電池交換が不要なソーラー発電方式を採用したモデル。 渡辺力自身が会心作と認める日比谷第一生命ビルの「ポール時計」がモチーフ。 マリンクロックモデル販売終了 1979年にデザインされたマリンクロックが腕時計として登場。 マリンクロックとは、船舶に取り付けられる時計のことで、氏がコレクションする程、愛着を持つプロダクトです。

次の

小さな時計 / アイボリー (WR07

渡辺力 時計

ただただシンプル プライウッドの丸枠にはめ込んでガラスでカバーされた至極シンプルなデザイン。 丸枠はタンバリン製作の技術が使われています。 シンプルで本当に優れたデザインというのは、何がどう優れているという言葉も思い付かない、昔から当たり前に存在していたような気にさせてくれます。 この時計も無駄な装飾のない、まさにザ・時計といったスーパーノーマルなデザイン。 グッドデザイン賞を受賞しています。 デザイナーは巨匠渡辺力。 プロダクトデザイナー渡辺力 渡辺力さんは1912年生まれ、戦後から柳宗理、剣持勇らと共にジャパニーズモダンの礎を築いた日本のデザイン界の巨匠。 椅子や机などもデザインされていますが、渡辺力さんの代表作といえば、日比谷のポールクロック。 渡辺力といえば時計。 時計といえば渡辺力。 といったイメージが強いです。 我が家で使っているリキクロックはなんと2003年デザイン。 92才の時にデザインされてます。 渡辺力デザインの時計達 リキクロックの文字が細字のタイプ。 日比谷のポールクロックを壁掛け時計にリデザインされたもの。 文字盤がクールな「小さな時計」。 渡辺力デザインの時計は他にも多数ありますが、どれもカッコいい。 おわりに 時計一つでも、物語のある良いデザインの物を選ぶと愛着が湧くものです。 ミニマリストには壁掛け時計は必要ないと思い、長らく部屋には時計はありませんでしたが、見やすいところに時計はあった方がいい。 美しいデザインの時計が部屋にあるだけで部屋の雰囲気引き締まる気がします。

次の

シンプルな壁掛け時計。渡辺力デザインのリキクロックが素晴らしい。

渡辺力 時計

電波を受信するリキクロック この時計のデザイナーの年齢を聞いたら、誰もが驚かれると思います。 日本を代表するプロダクトデザイナーの渡辺力さん。 自分の名前をつけたRiki clock(リキクロック)、この時計をデザインした年齢はなんと92歳。 2003年のことです。 時計の縁は、日本ではもう作られなくなったタンバリンなどの曲げ木技術を、楽器製作の熟練職人によって、美しく作りあげられました。 プライウッドの木の質感と明るい白の文字盤が、暖かみを感じさせてくれます。 このリキクロックが一味違う点は、電波時計であること。 1日12回電波を受信し、自ら時間の誤差を修正する機能を持っています。 そのため「今、何時かな」と時計を確認するときの安心感が違います。 そして、文字のデザインが違う2種類。 繊細なデザインの0312と、力強いデザインの0401。 共に、バリアフリーの考えをもとに、見やすさに配慮した文字の配置がなされています。 どんな部屋にも合うように、大きなサイズと小さなサイズの2サイズです。 時計自身は、長く使ってもらえるようにと、出来る限り壊れにくく、修理しやすく分解しやすい、シンプルな構造に設計されています。 気になる方は気になるカチコチという時間を刻む音がないのもうれしい配慮。 そして、役目を終えたときには、自然に還る天然素材を中心に作られています。 幾度も著名な賞を受賞してきたプロダクトデザイナーの渡辺力。 戦後の黎明期から時計やインテリア用品のデザインを手がけ、日本を代表するプロダクトデザイナーになりました。 彼のいつの時代にも受け入れられるデザインは、シンプルな作りながらどこか新鮮です。 使う人の立場にたって設計し、環境への配慮もして、出来る限りのことはし尽くされた時計。 控えめに、でも誇らしげに日本のデザインを牽引してきた証のようにRikiのサインが刻まれています。 商品仕様• ただし受信範囲であっても電波時障害により受信できないことがあります。 付属品• ブランド紹介 渡辺力 (わたなべりき) 1911年東京に生まれ。 東京高等工芸学校・木材工芸科を卒業し、母校にて助教授を勤めた後に、東京帝国大学(現東京大学)の林学科助手になりました。 戦後はフリーランス・デザイナーとなり、1951年に発表した「ひも椅子」で国内外から注目を集めます。 1957年には、代表作でもある「トリイスツール」などがミラノ・トリエンナーレでコンパッソドーロ賞を受賞。 その他にも新制作協会展新建築賞、ミラノ・トリエンナーレ展金賞、通産大臣賞、毎日産業デザイン賞、グッドデザイン賞など、多数の賞を受賞しており、日本を代表するデザイナーの一人です。 また旧東京ヒルトンホテルに始まり、10数のホテルを手がけた他、日本デザイン・コミッティー、JIDA、クラフトセンター・ジャパン、東京造形大学・室内建築科などの開設に深く関わりました。

次の