ライン keep とは。 新機能「Keep」が登場!LINEで届いた内容をメモ&ストック : LINE公式ブログ

LINE keepとは?機種変更してもデータの復元ができる最強ツール

ライン keep とは

スポンサードリンク LINE keepとはどんな機能?どのようにどういう時に使えばいいのか? LINE keepとは簡単に言うとLINE上にデータを保存できる機能です。 保存できるデータはLINE上でやり取りを行ったメッセージや画像、動画などだけでなく、スマホに保存したデータも保存できるためちょっとしたデータを取っておくのに役立ちます。 ただし、データの容量には制限があり、 合計で1GBまでであれば無期限でデータを保存できますが、1つのデータが 50MGを超えるものは保存期間が30日までとなるので、注意が必要です。 そのため、スケジュール関係の会話や気に入っている画像の保存などで主に活用し、長期間保存しておきたいデータは容量に注意しながら使うのが良いでしょう。 keepの使い方は以下の通りです。 LINEを起動する• 画面右下の「その他」をタップ• 画面右上の歯車をタップ• 「プロフィール」をタップ• 「keep」をタップ 「keep」のボタンは少し小さいので分かり難いかもしれませんが、自分の電話番号の下にあるので探してみてくださいね。 そこからデータをアップロードできるようになっています。 また、LINEのトークで送られてきた画像を直接keepで保存したい時は、その画像を長押しするといくつかアイコンが出てくるので、「keep」を選択して保存しましょう。 因みにLINEの古いバージョンを使っているとkeepのアイコンが表示されないこともあります。 その場合はLINEアプリを最新バージョンに更新してから再度試してくださいね。 スポンサードリンク• スポンサードリンク keepの残り容量を確認するには? 前述した通りkeepには容量があります。 容量オーバーしないためにも、今どのくらい使ったのかこまめにチェックが必要ですよね。 そのような時は以下の手順で確認しましょう。 「keep」を開く• 画面右上の「・・・」をタップ• 「設定」をタップ• 「使用中の容量」を確認 「使用中の容量」をタップすると写真やテキストなどどんなデータを保存しているのか内訳を確認することもできます。 keepに保存したデータは友達に見られる? 友達とのトーク内にある画像やメッセージを保存しても 相手に通知などが送られることはありません。 また、自分のプロフィール画面に「keep」のアイコンがあるので不安になりますが、 自分以外がkeepの内容を確認することもできないので安心してください。 スポンサードリンク• スポンサードリンク 機種変更しても削除されない?データの引継ぎが簡単にできる? keepに保存したデータはスマホを買い替えても削除されないため、データの引継ぎ時に便利です。 機種変更する前にトーク履歴などLINEデータを保存しておき、新しいスマホの準備が終わったらデータをダウンロードしましょう。 この方法であればデータのバックアップとダウンロードがスマホだけでできるので、パソコンの準備も不要でデータの引継ぎが簡単にできます。 LINE keepに保存したデータの保存先はどこ?保存したデータを削除する方法 keepのデータ保存先はスマホ内ではなく、LINEのサーバー上に保存されます。 だからスマホを機種変更してもデータ移行が可能というわけです。 スマホ内にデータを置いておくわけではないので、消えたら困るLINEのやり取りなどのバックアップにも使えそうですね。 データの保存は前述した通り簡単にできますが、もちろん不要になったデータの削除も簡単にできます。 keepには保存できるデータに制限があるので、いらなくなったデータはその都度消す癖を付けておくと良いでしょう。 以下がデータを削除する方法です。 「keep」を開く• 削除したいデータを左にスワイプ• 「削除」をタップ また、一つずつではなくすべてのデータをまとめて削除したい時は、以下の方法で行えます。 「keep」を開く• 画面右上の「・・・」をタップ• 「設定」をタップ• 「使用中の容量」をタップ• 「すべて削除」をタップ データの移行が完了して、keep上のデータをすべて削除したい時などにはこの方法を使いましょう。 スポンサードリンク• スポンサードリンク まとめ 今回は、LINEのデータを保存したい時やスマホの機種変更でデータのバックアップを取りたい時に便利なLINE keepをご紹介しました。 スマホのデータ移行をパソコンなしでできるのはとても便利ですね。 LINE keepで保存したデータは友達に公開されることもなく、保存方法も簡単なので、友達との大切なやり取りや画像をその都度保存してメモ代わりに使うこともできます。 忘れてはいけない重要なメッセージやスケジュール管理にも応用ができそうです。 ただし、このサービスは無料で使えますが データ保存できる容量に上限があるので注意してください。 合計で1GBまでなら無期限でデータの保存が可能ですが、 1つで50MGを超える大きなデータだと保存期間が30日までとなってしまうので気を付けましょう。 データの保存をする際にはデータの大きさと残量をこまめにチェックする癖をつけるようにしてください。

次の

LINE Keep(キープ)とは? 写真・動画・ファイルの保存方法と使い方

ライン keep とは

おはようございます。 台風が日本列島に大雨を降らせて、もう少し穏やかな気候であればと思っています。 でも投稿しましたが、 「LINE」の 「Keep」についてメモしています。 「LINE Keep」のファイルをPCに保存 スマホの定番アプリ「LINE」の「Keep」には幾つものファイルが保存されていると思いますが、スマホ自体に大量に保存すると、端末の容量が不足してきます。 そのような時には「Keep」の保存ファイルをPCにダウンロードしておくと便利です。 PC版ラインの活用 まず、「LINE」の公式サイトからOSに合わせて「LINEアプリ」をPCにダウンロードして、画面の指示に従ってインストールをクリックします。 次にパソコン版のLINEを起動して「QRコードログイン」をクリックし、QRコードを表示させます。 スマホのLINEアプリでQRコードを読み込んでログインをタップしログインが完了すると、LINEの友達一覧が表示されます。 この他にもメールアドレスでのログインも可能ですがQRコードでのログインが一番簡単です。 これで、スマホと同じ状態の 「LINE」が使用できるようになりました。 次にPC版 「LINE」のメイン画面から画面左上の歯車ボタンクリック「Keep」をクリックします。 「Keep」のウィンドウが表示されスマホ版LINE等で保存されたデータが一覧表示されます。 画面右上のメニューボタンをクリックして「ダウンロード」をクリックします。 最後に、ダウンロードしたいファイルにチェックを入れて、「ダウンロード」をクリックして、保存先を指定すると完了します。 これで、スマホ版の「LINE Keep」内のファイルはパソコンにダウンロードされましたので、「LINE Keep」からダウンロードされたファイルは削除しても大丈夫でしょう。 今日も一日楽しく過せます様に・・・.

次の

LINE Keep(ラインキープ)とは?使い方と保存データの確認方法

ライン keep とは

LINEの「リプライ」機能とは? LINEにおける「リプライ」機能とは、どのようなものなのでしょうか。 「リプライ」と聞くとTwitterがまず思い浮かぶ人も多いのではないかと思いますが、LINEのリプライはそれとは異なります。 LINEの「リプライ」は、「引用」と言い換えることができます。 グループトークで特定の相手のメッセージを「引用」し、自分のメッセージをぶら下げるようにしてコメントできる機能です。 リプライ機能を使えば、自分がどのメッセージに反応しているのかが周囲から一目瞭然となりますね。 特に会話が多いルームでは、過去の発言がどんどん流れてしまいがち。 そんなときにリプライ機能を使えば、画面から見切れてしまったコメントを引用して再表示することができます。 流れてしまった話題について「そういえばこの話だけど~」と、会話を軌道修正するのにも使えますね。 もちろん、個人間トークでも使えるので、会話が流れてしまった場合に特定のメッセージに対する返事であることを伝えるときにも使えます。 リプライを送る方法 LINEのリプライ機能は、グループトークのルーム内で使えます。 リプライを送るには、引用したいメッセージを長押しして「リプライ」を選択するだけ。 すると入力画面が現れるので、あとはいつものとおりにメッセージを入力して送信すればOKです。 ちなみにリプライはテキストメッセージだけでなく、スタンプや写真を引用して送ることも可能。 職場やサークルのグループで「流れてしまった予定表の画像を再掲する」といった形で使うこともできるため、覚えておいて損はありません。 「メンション」との違いは? 冒頭でも「リプライ」と「メンション」の違いについてさらっとふれましたが、改めて確認しておきましょう。 本記事で紹介した 「リプライ」機能は、特定のメッセージを引用してコメントを加えるもの。 一方の 「メンション」は、指定した相手にメンション特有の通知を飛ばすことができる機能。 イメージとしては「特定の誰かに向かって話しかける」ようなもので、メンションを飛ばした相手には、ルームの通知とは別に「メンションの通知」が飛ぶ仕様となっています。 相手がトークの内容に気づいていないときや、重要な連絡事項を伝えたいときに重宝する機能と言えそうですね。

次の