ぶっ 飛び 君 75hs。 【決定版インプレ】ぶっ飛び君95Sを「5年以上使い込んだ男」が使い方や魅力を解説!|釣りあび!

【75mm/15.5g】ジャンプライズ「ぶっ飛び君」に最小モデルが登場!水平スライドアクションも可能に

ぶっ 飛び 君 75hs

人気商品を真似るのは商売の定石だから 人気商品がパクられるのは宿命みたいなもの。 今回紹介するルアーは、JUMPRIZEの「」に酷似しています。 こいつが数々の釣果をあげ、どの店からも姿を消し、ネット在庫も皆無になるほど流行した時期があります。 その人気に続けといわんばかりに、後追企業が続々と「 9cm・重い・シンペン・飛ぶ!」などの要素を持つルアーを販売しました。 その理由は、絶大な釣果による信頼、そして口コミによる所が大きい。 名前の通りにイワシが飛ぶ!「ジェットサーディン」 特にパクり品が多い「ヘビーシンペン」のカテゴリですが、ひょんな所で知った「 ジェットサーディン」は、もう見た目から攻めてますね(褒め言葉)。 まずは互いのスペックを比べてみましょう。 95mm・27g(ぶっ飛び君)• 95mm・28g(ジェットサーディン) 形状も同じだしスペック自体もほぼ同等。 単体を褒めてあげよ? ……その評価はわりと高く、ルアーに多少不満があっても、価格ですべてが吹っ飛ぶので、コスパは重要なんですねぇ。 単価が安いルアーは複数カラーを用意するのに最適 ぶっ飛び君は1個失くすだけで、そこそこ良いランチが食べれる金額です。 1,500円以上なら都内のイタリアンで女性が満足するランチを提供するのも容易。 しかし、ポンポン失くすのは「ただの下手」なので、改善しましょうね。 ジェットサーディンの価格は、ファミレスでも満足できるレベル。 アレの値段で2色買えるんだから、スレ防止やその日にあったカラー選択のチョイスがしやすくなります。 単体であらゆるレンジを通せるため、いくつかのカラーを用意するほうが、釣れる可能性が高まります。

次の

ぶっ飛び君のカラー オススメは圧倒的にこれです!

ぶっ 飛び 君 75hs

右上は自分で作成したオリカラ、右下は先日釣りあげた塗装なしのぶっ飛び君 しかし、このぶっ飛び君95Sですが使い方が釣果に大きく影響を与えてしまうようです。 自分の周りでもぶっ飛び君の使い方が良く分からないという声が多く聞こえてきます。 ですので今日は自分なりのぶっ飛び君95Sの使い方を書きたいと思います。 まずはぶっ飛び性能を活かして遠投します。 着水後はまず糸ふけを取り、テンショフォールで底を取ります。 着底後はスローでリトリーブしていきますが、自分の場合は超スローリトリーブです。 だいたい3~5秒にハンドルを1回転する位(ステラ4000XGで)。 そしてブレイクライン等の狙い場所にルアーが到達した所でハンドルをストップさせてテンションフォール。 このタイミングでのバイトが多いです。 あとは離岸流を攻める場合はリトリーブしないでドリフトさせる事もあります。 ロッドを煽ってあげてルアーを少し底から離してルアーを流れに乗せる。 スローリトリーブで少し寄せてからまたロッドを煽って流れに乗せる。 これを何度か繰り返します。 流れに乗せている中でのバイトが多いです。 以上のように自分の場合、フラット狙いの場合はスローリトリーブ中心でぶっ飛び君を使っています。 特に離岸流狙いでは物凄く効果的だと思ってます。 ブログランキングに参加しました。 応援よろしくお願いします。

次の

ぶっ飛び君95S

ぶっ 飛び 君 75hs

今年の8月!とにかく暑かった・・更にこの月は年間でもサーフヒラメの釣果はなかなか厳しいのですが、ミゲル氏の相棒 ジャンプライズ ぶっ飛び君95S Fish toyz オリカラ アゴピンクラッシュゴールドにて素晴らしい釣果。 釣果報告を寄稿頂いた。 ぶっ飛び君95Sの基本リトリーブ こんにちは!Fish toyzミゲルです。 8月後半、猛暑の中サーフへ行って参りました。 その中でも良さげなポイントを絞り粘ってみる事にしました。 今やほとんどのサーフアングラーのルアーボックスに入っているのでは無いか?というくらい大人気のぶっ飛び君。 私の基本的な使い方は フルキャスト後ボトムを取りロッドを45度くらい立てスロー気味に 3〜5回程度リトリーブし時折一瞬(1秒程度)ストップを入れます。 この ストップがポイント。 サーフヒラメヒットからランディング 60mほど沖に差し掛かった時、僅かなアタリが! アタリがあっても即合わせは禁物です!! 私の場合ロッドティップが充分入ってからティップで弾くように合わせを入れるのではなくバットで合わせるような感じで合わせます。 そうするとしっかりとフッキングも決まりフックアウトの心配が少なくランディングに持ち込むことが可能です。 ボトムを意識しすぎない あとはぶっ飛び君、かっ飛び棒に関してはあまりボトムを意識しすぎない方がヒラメの反応が良く感じています。 ヒラメはその日捕食しているベイトにもよりますが基本上を意識している魚だと経験上感じております。 なので水深にもよりますがボトムからルアーを巻き上げて来て.

次の