ご返答ありがとうございます。 返信をありがとございますって英語でなんて言うの?

ご返答ありがとうございます。

ご返答ありがとうございます

自分や自分側が主語となり返答する場合は、毅然とした返答が必要な場面では「返答いたします」「ご返答いたします」で大丈夫です。 相手とのやり取りの中で許可を求めたり、遠慮が必要な場面や、謙虚な気持ちを表す場合に「返答(を)させていただきます」と、謙譲表現の「させていただきます」を使います。 「迅速に返答させていただきます」「迅速に返答をさせていただきます」どちらの使い方もできますが、本来はさせていただきますの前に「を」を入れるのが正しい使い方となりますので、正式な文章が必要な場面や、かしこまった表現が必要な場面では参考にされてください。 また、「ご」は、尊敬語、謙譲語どちらにも使えるので、自分が返答する場合も、「ご返答」としても間違いではありません。 その場面に応じて使えるとよいでしょう。 ほど 「ご返答」をしてもらうので、自分を謙って(へりくだって)間接的に相手への尊敬を表す謙譲語「していただく」「いたす」「申し上げる」を使います。 「ご返答お願いいたします」「ご返答お願い申し上げます」「ご返答いただければ幸いです 強制でない場合)」「ご返答くださいますよう 尊敬語)、お願いいたします(謙譲語)」などの使い方をします。 クッション言葉を使って相手への尊重を表し、「お手数おかけいたしますが、ご返答お願いいたします」「恐れ入りますが、明日までにご返答をお願いできますでしょうか」「お忙しいところ恐縮ですが、ご返答お待ちしております」「お忙しいところ恐縮ですが、ご返答何とぞよろしくお願い申し上げます」とも使われます。 自分が相手に「返答」する場合は、「ご返答いたします。 」「ご返答させていただきます」「ご返答申し上げます」です。 「ご」は付けてもつけなくても間違いではありません。 「ご返答」という言葉が失礼ということはなく、「ご返答」と「ご回答」の使い分けができていなかったり、使い方によっては失礼に当たってしまうこともあり得ると考えるとよいでしょう。 先の「ご返答ください」は強い印象になるため目上の方へ使うのは適していないと言えます。 「ご返答願います」は「ご返答ください」よりは幾分印象は柔らかくなりますが、親しい上司や先輩、同僚などに対し社内では使うことはできても、社外の取引先や、初対面の相手などに対しては、失礼と捉えられる場合がありますので、より丁寧な言い方をすることが必要です。 「ご返答くださいますようお願いいたします」「ご返答をお願いいたします」「ご返答をお願い申し上げます。 」「ご返答いただければと存じます」「ご返答お願いできますでしょうか」などの使い方をしましょう。 「ご返答」のお礼の方法 目上の方に対しては、「ご返答ください」「ご返答願います」という強い表現は失礼にあたります。 「ご返答のほど、よろしくお願いいたします」「お返答いただきますようお願い申し上げます」「ご返答くださいますようお願いいたします」、自分が返答する場合は「返答させていただきます」などの使い方をしましょう。 「返答」いただいた場合には、「ご返答いただき、ありがとうございます」「ご返答くださいまして、ありがとうございます」「ご返答ありがとうございます(いただく・くださるを省略)」などのお礼を伝えることで、お互い気持ちよく過ごすことができるでしょう。 「ご返答」の例文や使い方、「ご回答」との違い、失礼な使い方、返答の仕方などご紹介いたしました。 いかがでしたでしょうか。 ぜひ参考にしてみてください。

次の

「ありがとうございます。」「ありがとうございました。」への返信(返事)の仕方

ご返答ありがとうございます

「このたびは ご返答いただき誠にありがとうございます。 」 「ありがとうございます」の一言でも十分ですが、大切な取引先や格上の相手には 謙譲語の「ご返答」を加えてお礼するのがベストです。 「ありがとうございます」を「感謝申し上げます」「感謝いたします」に言い換えてもよいでしょう。 「返答」をお願いするときの例文 相手からの返事を求めるときは、 基本的には「ご返答」のあとに「お願いします」を使います。 目上の人に対しては「お願いいたします」や「いただけますか」と丁寧に表現するのが適切です。 返事を待っている状態であれば「お待ちしております」や「いただければ幸いです」に言い換えて表現することも可能です。 「ご返答の程よろしくお願いいたします」 「先日の問い合わせについて ご返答させていただきます。 」 「(相手の許可を得て)自分から返事をします」と丁寧に表現した言葉です。 表現に違和感を感じるようであれば「ご返答いたします」を使用するのが無難です。 「ご返答」の類語と使い分け 質問や呼びかけに対する「ご返答」と同じ意味の類語はいくつか存在します。 使い分けることによって物事をより分かりやすく、明確に伝えることができます。 これからご紹介する 「ご返答」の類語と使い分けを確認し、ビジネスシーンで活用しましょう。

次の

「ありがとうございました(*^ω^*)」ヒキのブログ | 湯遊自適

ご返答ありがとうございます

相手に何かをしてもらったり、お世話になったりした場合、「ありがとう」という言葉を使ってお礼を言うことは、マナーや常識と言えるでしょう。 家族や友人などの身近な相手から、ビジネスにおける取り引き相手まで、どのような人に対しても、感謝の気持ちを伝えることは大切です。 また、お互いに協力したり助け合ったりした場合は、「こちらこそありがとう」という挨拶をすることもあります。 相手からお礼を言われた場合に使うことが多い「こちらこそありがとう」というフレーズですが、意味や使い方、敬語での言い方などに戸惑う方もいらっしゃるでしょう。 そこで今回は、「こちらこそありがとう」というフレーズをテーマにして、意味や使い方、敬語表現などを考察・ご紹介していきます。 「こちらこそありがとう」の意味・使い方 早速、「こちらこそありがとう」というフレーズの意味や使い方について、考えていきましょう。 「こちらこそありがとう」というフレーズは、さまざまなシーンで使用されるものです。 しかし、意味や使い方について、深く考えたことがあるという方は、あまりいらっしゃらないと考えられます。 ですからこの機会にぜひ、「こちらこそありがとう」という言い回しの意味や使い方と、向き合ってみて下さい。 「こちらこそありがとう」の意味 まずは、「こちらこそありがとう」という言い回しの意味について、考察していきます。 「こちらこそありがとう」という言い回しの意味を考える場合、「こちらこそ」「ありがとう」の2つの言葉にわけて考えることができます。 そこで今回は、「こちらこそ」と「ありがとう」の2つの言葉の意味について、考察していきます。 「こちらこそ」の意味 まずは、「こちらこそ」の意味について考察していきます。 「こちらこそ」という言葉の意味について、「weblio辞書」では以下の引用のように解説しています。 引用の内容から、「こちらこそ」という言葉には、相手からの言葉や気持ちなどに対して、自分も同じ気持ちであることや、同じように感じていることを表現する意味が含まれていると考えられます。 「こちらこそ」という言葉には、単に自分も相手と同じ気持ちであることを伝えるだけでなく、むしろ相手以上に自分もそのように感じていることを表現するニュアンスが、含まれているとも言われています。 相手からの感謝やお詫びの表明を受けて、自分からも相手に同じことを伝えようとする際に用いる表現。 相手の言う内容は、むしろ自分から相手に言うべきものである、というような意味合いを含む。 「ありがとう」の意味 「ありがとう」という言葉は、日常的にも頻繁に使用する言葉だと言えます。 そのため、「ありがとう」の意味や使い方について、多くの人が理解していると言えるでしょう。 しかし、よく使う言葉だからこそ、意味や使い方について見直す機会がなかなかないとも予想できます。 そこで続いては、「ありがとう」という言葉の意味について確認していきます。 「ありがとう」の意味について、「goo辞書」では以下の引用のように解説しています。 引用から、「ありがとう」とは感謝の気持ちを伝える言葉だということが読み取れます。 また、関西では「おおきに」などの方言で知られている言葉でもあると言われています。 感謝したり、礼を言ったりするときに用いる言葉。 ありがと。 使い方【1】:こちらこそありがとうございました 続いて、「こちらこそありがとう」というフレーズの使い方について考察していきます。 「こちらこそありがとう」を使用したフレーズの1つとして、「こちらこそありがとうございました」という言い回しが挙げられます。 「こちらこそありがとうございました」という言い回しは、「こちらこそありがとう」を丁寧かつ過去形にした形だと考えられます。 具体的な使い方の一例として、以下の例文のような使い方ができると考えられます。 ・お力を貸していただき、こちらこそありがとうございました。 ・ご協力いただき、こちらこそありがとうございました。 ・こちらこそ、ご一緒させていただきありがとうございました。 使い方【2】:こちらこそありがとうございます 「こちらこそありがとう」を使用したフレーズとしては、「こちらこそありがとうございます」という言い回しも挙げられます。 「こちらこそありがとうござます」は、「こちらこそありがとう」を丁寧に表現した形です。 ビジネスシーンでも使用できるフレーズなので、この機会に使い方や言い回しを覚えておきましょう。 ・こちらこそ、ご指導いただきありがとうございます。 ・ご協力いただき、こちらこそありがとうございます。 ・こちらこそありがとうございます、とても助かりました。 「こちらこそありがとう」への返信方法 「こちらこそありがとう」への返し方【1】:友人 「こちらこそありがとう」という言い回しは、ビジネスシーン以外にも使用される言い回しです。 気心が知れた相手や友人などにも使う表現なので、友人から「こちらこそありがとう」などと挨拶されるケースもあるでしょう。 仲の良い相手から「こちらこそありがとう」と言われた場合は、素直に「どういたしまして」などと返すのも、1つの返し方と言えるでしょう。 気心が知れた友人などであれば、あまりにも謙遜し過ぎると、かえってよそよそしい印象になったり、回りくどい印象を与えたりする危険性があります。 「こちらこそありがとう」への返し方【2】:上司 ビジネスシーンでは、上司や取り引き相手など、目上の人から「こちらこそありがとう」と言われるケースもあります。 友人などと異なり、相手は敬意を払うべき人物です。 そのため、どのように返せば良いのか、返事の仕方に頭を悩ませる方も少なくないでしょう。 上記のようなケースでは、「とんでもないことでございます」「とんでもございません」といった返答をして、相手の感謝の気持ちを一旦否定し、謙遜するのも返し方の1つと言えるでしょう。 とはいえ、あまりにも謙遜をしすぎると、相手に不快感を与える可能性もあります。 ですから、相手の感謝の言葉を否定して謙遜する場合は、程度や度合いに気を付ける必要があると言えるでしょう。 「こちらこそありがとう」のビジネスでの注意点 続いて、「こちらこそありがとう」というフレーズをビジネスで使用する際の、注意点について考察していきます。 「こちらこそありがとう」というフレーズは、状況やシチュエーションによっては、ビジネスシーンで使用しない方が良いケースもあります。 身近なフレーズではありますが、使いどころや使う相手などを見極め、適した形で使用することが大切です。 ですから、「こちらこそありがとう」という言い回しを使用する場合は、むやみに使わず、使いどころや使い方を考えて使用するよう、注意しましょう。 失礼な可能性がある 「こちらこそありがとう」という言い回しは、場合によっては相手に失礼な印象を与える可能性があります。 相手からお礼や感謝の言葉を言われた際に、「こちらこそありがとうございました」というフレーズで済ませてしまうと、相手の感謝の言葉を利用し、感謝の挨拶などを省略したように思われてしまう危険性があります。 ですから、「こちらこそありがとう」を使用する際は、「こちらこそ、〇〇して頂いて大変助かりました。 ありがとうございます」などのように、自分の言葉も付け加えた方が良いと考えられます。 「こちらこそありがとう」の敬語 ビジネスシーンでは、敬語で話すことが基本的なマナーだと言われています。 社会人にとっての、必須とも言えるスキルである「敬語」ですが、「こちらこそありがとう」を敬語で表現する場合、どのように言い換えれば良いのか、気になるところです。 そこで続いては、「こちらこそありがとう」の敬語表現について考察していきます。 丁寧 「こちらこそありがとう」の敬語表現として、特にメジャーなものが、丁寧な表現への言い換えだと考えられます。 「こちらこそありがとう」を丁寧な表現へと言い換える場合は、「こちらこそありがとうございます」という言い回しが一般的だと言われています。 また、過去形にしたい場合は、「こちらこそありがとうございました」といった言い回しになります。 文章や会話の流れに合わせて、上手く使い分けましょう。 「こちらこそありがとう」と言う心理 最後に、「こちらこそありがとう」と言う人の心理や気持ちについて考察していきます。 一般的に、「ありがとう」という感謝の言葉に対する返事は、「どういたしまして」だとされています。 しかし、「どういたしまして」という表現は、相手からの感謝の言葉や気持ちを認め、受け取っているような印象になります。 日本では、謙遜を美とする文化もあり、相手からの感謝などをそのまま受け取ったり認めたりすることを、照れ臭いと感じる方も多いと予想できます。 そのため、相手の感謝を受け取る「どういたしまして」よりも、「こちらこそありがとう」という返事の方が、返しやすいと感じる方も少なくないと考えられます。 上記のような背景から、「こちらこそありがとう」というフレーズを使用する方が多いと予想できます。 「こちらこそありがとう」で気持ちを伝えよう.

次の