医療 費 控除 インフルエンザ 予防 接種。 インフルエンザ予防接種はセルフメディケーション税制で医療費控除OK?

医療費控除の対象となる!?子供の予防接種は・・・

医療 費 控除 インフルエンザ 予防 接種

医療費控除ってそもそもなに? 1月1日から12月31日までの間に、家族全員が支払った医療費合計が一定額を超えるときは、その医療費の額を基に計算される金額の所得控除を受けることができます。 なお、確定申告をすると、すでに納めた所得税の還付が受けられます。 (医療費控除の対象となる医療費の要件) ・税金を納めている人が、自分と生計を一にする家族のために支払った医療費であること。 ・その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費であること。 (注2)その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額の5%の金額になります。 インフルエンザの予防接種は医療費控除の対象外? インフルエンザの予防接種は、治療ではなく予防接種であることから医療費控除には該当しません。 控除対象となるもの、ならないものは以下のようになっています。 平成29年分確定申告から、領収書の提出の代わりに「医療費控除の明細書」の添付が必要となりました。 ただし、 (1)医療費の領収書は自宅で5年間保存する必要があります。 (2)医療保険者から交付を受けた医療費通知を添付すると、医療費控除の明細の記入を省くことができます。 (医療費通知とは、健康保険組合等から発行される「医療費のお知らせ」などです。 ) そして、会社員は源泉徴収票が必要です。 確定申告の際は忘れないようにしましょう。 もし、申告を忘れていたときは5年間さかのぼることができます。 心当たりのある方はお住まいの地域を管轄する税務署に相談してください。 これまでお話してきた医療費控除との選択になり、確定申告をする際にセルフメディケーション税制か医療費控除か、どちらか一方を選んで申告をする必要があります。 【控除額の計算式】 対象市販薬の年間購入額-1万2000円=医療費控除の特例(最高8万8000円) セルフメディケーション税制の注意点 セルフメディケーション税制の適用を受けるためには要件があります。 まとめ 医療費控除は、治療や療養に支払った金額を、計算式に当てはめて計算した金額が控除できます。 また、セルフメディケーション税制は、一定の取り組みを行っている人なら、特定一般用医薬品等購入費の合計額を計算式に当てはめて計算した金額が控除できます。 医療費控除やセルフメディケーション税制は、確定申告をすることでしか、還付金は返ってきません。 ぜひ、ご自分に当てはまるかを確認し、申告をしてみてください。

次の

医療費控除の対象になるもの・ならないもの [確定申告] All About

医療 費 控除 インフルエンザ 予防 接種

医療費控除で対象になるもの 医療費控除とは、家族全員の1年間の医療費が10万円を超えるときに税金の一部が戻ってくる制度です。 しかし、 病院に支払ったお金であっても、医療費控除に含めてはいけないものがあるので注意が必要です。 医療費控除の判断基準になるのは 「病気の治療のために直接必要な費用」かどうか、という点です。 あくまで病気を治すためのお金が医療費控除として認められており、病気の予防や健康増進のためのお金は認められないんです。 なぜなら、病気の治療のためではなく、 「病気の予防のため」にかかったお金だからです。 そのため、インフルエンザだけでなく、風疹やおたふく、ロタウイルスなどの予防接種も医療費控除の対象外です。 また、インフルエンザの時期には マスクを買う人も多いと思いますが、マスクも「予防のため」と判断されるため、医療費控除の対象にはなりません。 別の病気が理由で免疫力が低くインフルエンザにかかりやすい状態で、治療のために予防注射が必要不可欠• インフルエンザにかかってしまうと持病が悪化してしまうため、治療のためには予防注射が必要不可欠• B型肝炎にかかっている人の介護等にあたり、医師が必要と認めた場合のB型肝炎ワクチンの接種 など、体に大きなリスクや負担があり、治療のために必要だと医師が判断するようなケースです。 医師の判断であっても、あくまで「予防のため」に打つ場合は、医療費控除の対象外となります。 なお、インフルエンザの予防接種費用を医療費控除に含めるためには、あわせて 医師の診断書が必要になります。 妊婦は医療費控除の対象になる? 実は、現在2人目を妊娠中です。 妊娠中にかかった医療費は医療費控除が受けられると聞きましたが、インフルエンザの予防接種も対象になりますか? 主婦 結論、妊婦さんでもインフルエンザの予防接種は 医療費控除の対象にはなりません。 妊娠中は、妊婦健診や検査などで医療費がたくさんかかる家庭も多いと思います。 出産費用があればなおさらです。 妊婦さんがインフルエンザに感染したら、薬を使えないので治療も長引いてしまいますし、胎児への影響も心配です。 インフルエンザの予防接種をするようにお医者さんから勧められる人も多いでしょう。 しかし、残念ながら「妊婦である」という理由だけでは医療費控除として認められないんです。 予防接種は「原則」対象外で、認められるのは病気の治療に関わる稀なケースのみとなっています。 赤ちゃんや子供は2回接種だけど… 赤ちゃんなど子供へのインフルエンザ予防接種については、2回接種を推奨している病院もありますよね。 (1回接種でもよい、とする病院もあります) そのため、大人に比べてかかる費用は2倍。 けっこうな負担ですよね。 それでも、 医療費控除の対象とは認められません。 持病があったとしても、自己判断で医療費控除に含めるのはNGです。 インフルエンザ検査やワクチンは対象 発熱があり、インフルエンザの検査を受けたけれど陰性だった(インフルエンザではなかった)場合の検査費用はどうでしょうか? これは、 検査結果にかかわらず医療費控除の対象になります。 何らかの症状があり、医師が治療のために必要と判断して検査を行った、と判断されるからです。 当たり前ですが、インフルエンザワクチンの接種も医療費控除の対象です。 セルフメディケーション税制も検討してみる インフルエンザの予防接種費用が医療費控除にならなかったときは、ぜひ セルフメディケーション税制も検討してみてください。 2017年から5年間の特例制度で、普段から自分の健康管理に気を遣っている人なら、医療費控除のハードルを下げてあげますよ、というものです。 インフルエンザの予防接種を受けている人なら、 対象医薬品を1万2000円以上購入していれば、医療費控除が受けられるようになっています。 とはいえ、限られた対象医薬品を12,000円分買うのは、ある意味ハードルが高いとも言えます…。 健康保険組合の補助金をチェック 会社勤めの人は、ご自身が入っている健康保険組合や協会けんぽの制度に 「インフルエンザ予防接種の補助事業」というものがないか、確認してみることをおすすめします。 予防接種費用のうち、いくらかを健康保険の団体が補助してくれる制度です。 だいたい1,500円~3,000円の補助金をもらえるところが多いと思います。 制度があれば会社で広報されているとは思いますが、中には見逃してしまう人もいるので、少しでも医療費の負担を軽くするために必ずチェックしておきましょう。 インフルエンザ予防接種の医療費控除まとめ 原則では「インフルエンザの予防接種」は医療費控除の対象にならないので、間違えないように注意してくださいね。 病院の領収書を一括で保管していると、医療費控除を計算するときについつい入れてしまい、間違えて確定申告をしてしまったというケースを聞きますので。

次の

医療費控除の対象にならない予防接種、領収書をすぐに捨てると損かも!【損した体験】

医療 費 控除 インフルエンザ 予防 接種

医療費控除の概要 その年の1月1日から12月31日までの間に自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。 これを医療費控除といいます。 出典: サラリーマンでも確定申告をすれば医療費控除を受けることができ、かっかた医療費の一部を所得から控除してくれる制度です。 この医療費控除の対象となる医療費には種類があり、医療機関に支払った金額すべてが対象ではありません。 さて、 インフルエンザの予防接種は医療費控除の対象になるのか?答えはノー。 インフルエンザに限らず、予防接種の料金は医療費控除の対象にはなりません。 さらに、各自治体で行っている子供のフッ化物塗布も医療費控除の対象にはなりません。 治療ではなく予防とされるものは医療費控除の対象にはなりません。 詳しくは国税庁のホームページ()に詳しく書いてあります。 以前、母が確定申告で医療費控除をする時に、子供のインフルエンザの予防接種代とフッ化物塗布については認められないと税務署の方に言われました。 インフルエンザの予防接種の医療費控除は妊婦は対象? さて、妊婦の方でもインフルエンザの予防接種をする場合があると思います。 出産に関する費用についても医療費控除の対象になります。 国税庁のホームページによると、 妊娠と診断されてからの定期検診や検査などの費用、また、通院費用は医療費控除の対象になります。 出典: となっており、インフルエンザの予防接種については出産に係る費用ではなく、さらに、前述のように、予防行為にあたるため医療費控除の対象にはなりません。 他にも妊娠検査薬の購入費用、里帰り出産のための交通費なども医療費控除の対象にはなりません。 インフルエンザの予防接種はセルフメディケーション税制の対象? セルフメディケーション税制をご存知でしょうか?2017年1月1日から、薬局やドラッグストア等で購入した特定の医薬品について、税金の還付を受けられる制度です。 このセルフメディケーション税制で対象となる人には条件があります。 1 保険者(健康保険組合、市区町村国保等)が実施する健康診査【人間ドック、各種健(検)診等】 2 市区町村が健康増進事業として行う健康診査【生活保護受給者等を対象とする健康診査】 3 予防接種【定期接種、インフルエンザワクチンの予防接種】 4 勤務先で実施する定期健康診断【事業主検診】 5 特定健康診査(いわゆるメタボ検診)、特定保健指導 6 市町村が健康増進事業として実施するがん検診 出典: 以上の条件を満たす人が特定の市販薬を買った場合、セルフメディケーション税制を利用すれば市販薬に支払った料金の一部が所得から控除されます。 注意していただきたいのは、インフルエンザなどの予防接種を受けている人がセルフメディケーション対象の市販薬を買った場合に市販薬の料金に対しては所得控除を受けられるけれど、 インフルエンザの予防接種の料金そのものについては所得控除を受けられるわけではありません。 あくまでも条件として予防接種が入っているとうわけです。 ちなみに、このセルフメディケーション税制での控除と医療費控除は両方申告することは出来ません。 どちらか一方のみです。 インフルエンザの予防接種の料金は医療費控除できる?妊婦の場合は?セルフメディケーション税制は?のまとめ 〇インフルエンザの予防接種の料金は医療費控除の対象外 〇妊婦がインフルエンザの予防接種をしても接種料金は医療費控除の対象外 〇セルフメディケーション税制ではインフルエンザの予防接種の料金を控除してくれるのではなく、控除の対象になるための条件のひとつ。 何年か前、子供3人にインフルエンザの予防接種を受けさせました。 その時は3人分で19,500円かかりました。 しかしながら、19,500円も払ったのに結局3人ともインフルエンザにかかってしまいました。 さらに、私も。 インフルエンザの予防接種をしていれば重症化しないと聞いていましたが、熱が出るのは一緒でした。 なので次の年はインフルエンザの予防接種をしなかったのですが、なぜかみんな罹りませんでした。 お金よりも、子供が辛いのがかわいそうだからとも思うのですが、19,500円って、高い!しかも医療費控除の対象にならないなんて・・。

次の