サラム。 サラムとは

サラン・サラム韓国家庭料理

サラム

キム・ジヌさん 昨年の第13回全国小学校体育学級競技大会に初出場し、優勝した。 8歳児(当時)の優勝は、大会史上初の快挙。 平壌市船橋区域南新小学校に通う。 躍進劇は続いた。 後に、平壌市で開催された年間体育学級教授訓練判定競技でも、3歳上の上級生たちを相手に全勝を収める。 強さの秘訣は、胆の据わった試合運びと強靭なメンタルにある。 チェ・ヨンヒ指導教員(49)は、「試合時のメンタル調整は、技術とともに勝敗を大きく左右する要素。 ジヌは、決勝戦で7対10で押されている状況でも、競技リズムを乱すことなく、優勝にこぎつけることのできる強いマインドの持ち主」と太鼓判を押す。 卓球を本格的に始めたのは、小学校のクラブ活動。 「他の児童たちよりも、毎日2時間多く練習し、千回の反復練習をやりきって帰宅していた」(チェ教員)。 両親の手厚い応援もあり、帰宅後も自宅の卓球台で自主練に励んだ。 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。 会員登録ご希望の方は、にてご登録をお願いします。 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。 パスワードを忘れた場合、をご覧ください。 *************************************.

次の

サラン・サラム韓国家庭料理

サラム

成果4 素スピノル弦理論&素スピノルループ量子重力理論 2《電弱統一理論(ワインバーグ・サラム理論)について》 電弱統一理論(ワインバーグ・サラム理論)とは、電磁気力と弱い力(弱い相互作用)を統一したと見なされている理論です。 なぜなら、電磁気力と弱い力は、その性質が、全く違うことを素スピノル物理学パラダイムが明白に示しているからです。 2つを比較してみましょう。 『ワインバーグのモデルの重要なポイントの1つは、この U(1)対称性に関係した唯一のゲージ量子である光子が、 電磁気に登場する光子ではないと言うことである。 この U(1)ゲージ量子(B 0という)と電子とのミニマルな相互作用バーテックスの性質は、すでに確立している 量子電気力学理論の性質とは異なるのだ。 』 (p. よって、次の仮説を立てました。 正しければ、確かに、両方の力はともに、湯川型の相互作用(byウィークボソン、byL P光子 )であるので、より統一的に理解しやすいことがわかります。 それは、「L P光子によるウィークボソンを作る作用」だけが、弱い相互作用の実体ではないことを意味します。 そのことは、「グルーオンによる中間子を作る作用」だけが、核子(陽子や中性子)を結びつける作用の実体ではないのと似ています。 なぜなら、ともに、本質的には、L P光子の作用によって生じている力であると見なせるからです。 つまり、電弱統一理論(ワインバーグ・サラム理論)が生んだ、予言上の見事な成果は、そのまま保持され続けることを素スピノル物理学パラダイムは示しています。 電弱統一理論(ワインバーグ・サラム理論)は、(量子色力学(QCD)と同様に)抽象的な数学(抽象的な数式、ゲージ原理、群論…)を駆使して作り上げた理論上の予言が見事に自然(nature)と合致した例として讃えられ続けるべき成功をおさめました。 つまり、理論的の予言上の成功があったとしても、次の結論はゆらぎません。 結論4-2. そして、 電弱統一理論(ワインバーグ・サラム理論)が、苦労して成し遂げた統一は、実は、実質的には、「グルーオンによる強い力の作用と、中間子による強い力の作用」を理論上統一したことと、同じレベルのものにすぎないことを示しています。 すなわち、ここにあるのは、「1次的な力〜3次的な力の統合」ということになるのでした。 そもそも「抽象的な数学(抽象的な数式、ゲージ原理、群論…)の力」に頼ってきたのは、なぜだったでしょうか? それは、プランクスケールの自然(nature)の描像が全く不明であり、「幾何的モデル」がなかったからです。 すなわち、プランクスケールの自然(nature)についての具体的な幾何的モデル探究することを禁止されたからです) つまり、プランクスケールの自然(nature)についての具体的な「幾何的モデル」の探求を禁止されたからこそ、 やむを得ず、「抽象的な数学(抽象的な数式、ゲージ原理、群論…)の力」に頼ってきたのです。 すなわち、不完全な量子物理学に頼らざるをえなかったからこそ、 やむを得ず、「抽象的な数学(抽象的な数式、ゲージ原理、群論…)の力」に頼ってきたのです。 「抽象的な数学(抽象的な数式、ゲージ原理、群論…)」は、それが抽象的で厳密な計算を重視する分、具体的な数学(具体的な幾何&フラクタル、具体的な数式…)を駆使して「幾何的モデル」を探求するより、(ある意味)間違えるリスクが小さいと言えるでしょう。 しかし、具体的な幾何的モデルの探究をあきらめ(切り捨て)、抽象的な数学(抽象的な数式、ゲージ原理、群論…)だけに頼り続けることには、自然(nature)そのものから、遠ざかってしまうという根本的なリスクがあることを、素スピノル物理学パラダイムは示しています。 観測結果と「抽象的な数学(抽象的な数式、ゲージ原理、群論…)」の合致の探究のみならず、(自然(nature)と調和している世界観(3ステップス原理)を持って)具体的な数学(具体的な幾何&フラクタル、具体的な数式…)を活用しながら幾何的モデルを探究も行うことによって、自然(nature)と理論を調和させ続けられるのです。 電弱統一理論(ワインバーグ・サラム理論)も、量子電磁気学(QED)や量子色力学(QCD)も、観測結果と計算数値を、ぴたりと一致させるという意味では、確かに、大きな成功をおさめました。 過去に、天動説(周天円、離心円…)による計算数値の方が、(当時の)天動説による計算数値よりも観測結果とより合致していた事実を忘れてはなりません。 そもそも、プランクスケールの自然(nature)の描像が全く不明だったからこそ、「幾何的モデル」の探求を早々とあきらめた上で、 やむを得なく「抽象的な数学(抽象的な数式、ゲージ原理、群論…)の力」に頼ってきたのだという事実も忘れてはなりません。 つまり、どのような科学スタイルをとろうとも、自然(nature)そのものとの調和の探究を忘れてはならないのです。

次の

サラムとは

サラム

パキスタンの物理学者。 ジャングに生まれる。 1946年パンジャーブ大学卒業後、イギリスのケンブリッジ大学に留学、理論物理学で博士号を取得した。 1951年帰国し、ラホールの国立大学やパンジャーブ大学で数学を教えた。 1954年ケンブリッジ大学の講師、1957年ロンドンのインペリアル・カレッジの理論物理学教授となった。 また、開発途上国の物理学者を援助するための理論物理学国際センターの建設に努力し、1964年にそれがイタリアのに設立されると、その所長についた。 サラムの研究は、くりこみ理論、ニュートリノ、素粒子の対称性など多岐にわたっている。 グラショーの弱・電磁理論に注目し、1968年にその理論を発展させ、弱い相互作用と電磁相互作用を統一的に扱う理論を新たに提唱した。 この理論はゲージ理論の一種であり、中性の四次元の流れ(カレント)の存在を予言している。 この業績により1979年、グラショー、ワインバーグとともにノーベル物理学賞を受賞した。 [編集部] 『アブダス・サラム著、和田純夫訳『究極の宇宙法則』(1991・岩波書店)』.

次の