工藤静香インスタグラム写真。 工藤静香VS前田敦子「妻の手料理写真」で宇宙規模の明暗クッキリ!

木村拓哉が工藤静香の誕生日祝福し密着2ショット写真初公開…Cocomi、Koki,も母親へのメッセージ投稿。画像あり

工藤静香インスタグラム写真

歌手の工藤静香(50)が、亡き父を悲しませたという思い出を振り返り、「15年経った今でも心の底から『ごめんね』と話しかけます」とつづった。 工藤は17日、インスタグラムを更新。 この日は他界した父の誕生日だといい、「毎年、食卓に父の分も並べて、夕食を一緒に食べます 父は情に厚く愛情が底なしに深く、ハンサムでとてもチャーミングな人でした。 今でもとても愛されているんです」としのんだ。 「幾年経っても、7月になるとやはり涙で目が霞みますね」と、最愛の父を亡くした悲しみがよみがえるという工藤。 「父には、誰かに見られたりする事を懸念して、幼い娘達の写真すら渡してあげませんでした。 勿論、父とのお出かけも無し!また写真を撮られたら、とか思い。。 きっと父は『可愛いでしょ?』と、お友達にも自慢をしたかったでしょうにね。 娘達を守る事ばかり考えていた分、両親には不自由な思いをさせてしまった事もあったと思います」と振り返った。 また、「私は父に対して、とても寂しい思いをさせてしまった事が一つあり、15年経った今でも心の底から『ごめんね』と話しかけます」という。 「いつか父に会った時に、その事を真っ先に謝ろうと思います 『あ 同じ時を生きているうちに、もっともっともっと、優しくしてあげれば良かったなぁ』」と後悔をにじませ、「大切な人を失った事がある方は、きっと同じ様に思うのではないでしょうか。 もし、いらっしゃるなら、、、、、、、人には言えます『あなたの事はわかっておられますから大丈夫ですよ』『後悔なんてなさらなくていいですよ』って 時間には限りがあるので、、、、、、、、、大切な人に溢れる程の愛情を注ぎたいです。 多すぎたら自然に溢れるのだから」と思いをつづった。

次の

木村拓哉が工藤静香の誕生日祝福し密着2ショット写真初公開…Cocomi、Koki,も母親へのメッセージ投稿。画像あり

工藤静香インスタグラム写真

工藤静香Instagramより 新型コロナウイルスの影響で「Stay Home」の芸能人たちが、SNSで手料理を公開することが増えている。 工藤静香(50)は以前からインスタグラムで料理写真を公開してきたが、最近では「自宅で食事をして外出を控えましょう」とファンに呼びかけ、頻繁に手料理レシピを公開している。 5月4日にはインスタグラムに「ピーマンとゴマ昆布」「甘酢大根とオレンジピール」「ピリ辛きゅうりと人参のピクルス」「ナスときゅうり生姜」「大根ときゅうりと紫蘇の浅漬け」といった5種類の野菜料理の写真を公開。 「ピーマンとゴマ昆布」のレシピは「ピーマンを千切りにして、水でさらします。 水を切ったピーマンに千切り昆布、塩、ほんの少しの醤油、ごま油、ゴマを入れ混ぜて出来上がりです!!」とのことだ。 かつてテレビでは「うどんも打つ」と話していた。 一方で、「冷蔵庫にあるものでチャチャッと作っちゃう」タイプだとも言うが、時間の許す限りはスローな食事を実践しているのだろうか。 女優の川口春奈(25)もこのところ「人生で一番自炊してます」として、インスタグラムで度々料理写真を公開。 5月5日には東南アジアの屋台料理・カオマンガイを手作りしたことを報告している。 彼女の作る料理は、もちろんおいしそうではあるが、ごくごくシンプルな盛り付けでインスタ映えを狙って頑張りすぎていない。 誰かに見せるための食事でなく、日常の一部であることがよくわかる。 「豚バラブロック、紹興酒、オイスターソース、水、胡麻油、ニンニク、生姜、長ネギ、八角、醤油、砂糖を入れて圧力鍋で」とざっくりしたレシピを紹介しているが、「kii-cookは全部目分量。 長年のお料理の感覚。 氷川きよしはどんなこともすべて感覚なんですw」ともコメントしており、ラフなスタンスに親近感を覚えるユーザーは多いだろう。 ただし、氷川が目分量で作ったという料理は、写真を見る限りではプロ並みの仕上がりで、かなりのセンスが必要とされそうではある。 彼女は「買って当たり前だと思っていたものを一から作ってみたい衝動に駆られて」手作りキムチに挑戦したという。 柴咲はキムチを手作りするのは初めてではなく、以前キムチを作った感想として「びっくりするほど簡単だった」と明かしているが、レシピを見る限りでは下ごしらえや漬け込む時間などを含み2日はかかる。 時間がたくさんあってうらやましい。 そんな柴咲のキムチレシピは以下の通りだ。

次の

工藤静香、10年後は「水着写真」無理? インスタで弱気→ただし現在は...: J

工藤静香インスタグラム写真

私の料理を「見て!」「見て!」「見て!」 料理のレシピです。 たっぷり栄養が摂れます。 梅、カレー、ガーリック、色々なフレーバーが楽しめます! 娘の友達が泊まりに来た時の、おもてなし料理が悪評。 ナスのタブナード 娘の友達が泊まりに来た時に、静香さんが腕を振るって「おもてなし」料理を作って出したそうだけど、だれも美味しいとは言わなかったそうです。 写真の左側のフルーツはいいとして、 「タブナードソースはどれ?」 「ナスはどれ?」 写真の中央下は恐らくパンケーキだと思うが まず食べ方が分からない? これじゃ娘の友達は、だれも美味しいとは言わないよ。 あああ、ハイ! でもハッキリ言って美味しくないです。 野菜クズ寄せ集めのスープに驚き これはヒドイ! 生ゴミ入れの三角コーナーに入っててもおかしくないね。 木村拓哉は、こんな料理を我慢して食べてるのかなーー?理解に苦しむ! 野菜クズのカレーを作った。 ランチにいかが! これもヒドイ! 工藤静香は、「野菜の切れ端や、残り野菜などがあったらやっぱりカレーですね(中略)残り野菜カレー!ランチにいかがでしょうか?」とつづり、家計にも体にも優しいカレーレシピを紹介した。 カボチャやニンジン、葉物、レンコンなどが入っているようで、ココナッツベースのカレーに仕上がっているようです。 工藤静香が腕を振るった自慢料理ベスト3! 3位「ベーコンポテト」 第3位は、11月12日に投稿した「ベーコンポテト」。 一般的なものとは違い、じゃがいもをかなり細くスライスしていたため、《もやしですか?》《ゆでたてのもやしに見えた》《シュレッダーの中身かと思った》などといったツッコミが続出することに。 一方で工藤本人は、「おつまみやおやつにもなります! 味付けはベーコンの塩の加減を見ながら塩とコショウのみ! 水にさらすのでベタつかないポテトができます! 炒めて透明になったら出来上がり 油はベーコンの油のみで!」と自信満々にレシピを紹介していた。 2位「リンゴゼリー」 第2位は、10月30日に投稿した「リンゴゼリー」。 リンゴをミキサーに入れて細かく砕いたものを、ゼラチンなどと混ぜてほどよく固まらせ、カットイチゴを上に添えた一品だ。 こちらの料理に関しても、工藤は自信満々でレシピを紹介し、「本当においしいです。 いくら食べても罪悪感なし!」と太鼓判を押している。 しかしネット上では、《頑張って作ってるのは伝わるけど見た目がね》《まるで吐しゃ物のような仕上がり…》《素材殺し》と散々な言われようだった。 1位「フルーツゼリー」 第1位は、10月18日に投稿した「フルーツゼリー」。 《色合いが食欲を減退させる》《魔女のお菓子?》《毒々しい》《呪いがかかってそう笑》などといった声が上がってしまった。 工藤静香の一番の自信作料理 歌手の工藤静香(48)が自身のインスタグラムを更新し、手料理の写真を披露して話題になぅている。 これまでにもインスタグラムを通じ、手料理写真を多く披露している工藤。 ファンからはレシピ本の出版を望む声も多々出ているが、そんな中、先月27日にもインスタグラムを更新。 納豆ご飯に豚シャブが載ったサラダ、煮物、卵焼きなどの献立を紹介した。 工藤はこのメニューに「私、納豆ひき割り派です 粒だと口の中で逃げませんか?」とコメント。 納豆についてのこだわりを記していた。 その他の料理、全部じゃないけど 上記の料理を食べて見てと言われれば、私は上手に言って断るね。 だって食べたい料理が一つもない。 この記事のまとめ 確か工藤静香さんは絵心もあるんだよね、だったら「美的」「色彩」感覚がないね それに料理を盛り付ける皿が料理と合わない、料理が皿に負けてる。 超一流のホテルや超一流フランスレストランでは、料理が引き立つように皿はシンプルなデサイン を選んでます。 料理の極意は、目で楽しんで味で楽しむものです。

次の