クリスマス リース 玄関。 クリスマスリースの玄関への上手な付け方!フックや扉の内側活用法

おしゃれなクリスマスリースを玄関に飾りたいけど風水的に悪いの?

クリスマス リース 玄関

コンテンツ• クリスマスリースの玄関ドアへの付け方! クリスマスリースの飾り方はいくつかありますが、できれば傷を付けたくないという人も多いと思います。 100均ショップなどで手に入る便利グッズを利用すると、簡単に取り付けることも可能ですので、ぜひ挑戦してみて下さいね。 まずは玄関ドアに直接付ける方法を紹介します。 フック(粘着・吸盤・マグネット)で 定番と言えのが、様々なフックを利用してクリスマスリースを玄関ドアに付けるという方法です。 フックと言っても種類がいくつかありますが、今回は3つの方法を紹介します。 選ぶ時のポイントは、なるべく綺麗に剥がせるタイプのものを探すことです。 ただし、クリスマスリースが不要になった時に、接着剤が残ってしまうことがあります。 ドアノブがベタベタして、あとで困ることもありますので、注意しておきたいですね。 粘着フックは簡単に取れてしまうことはありませんので、綺麗に剥がせるものかどうかを確認してから玄関ドアに付けるようにしましょう。 2つ目は吸盤フックを利用する方法です。 玄関ドアの平らな場所に貼り付けると、真空状態になってくっつくタイプです。 吸盤フックは剥がすのも簡単で傷や接着剤のあとが付きませんが、吸着力はかなり弱いものとなります。 クリスマスリースの重さによってはいきなり落ちてしまうこともあります。 また、貼り付ける面がザラザラしていたり、凹凸があると付けることができません。 ご家庭の玄関ドアのタイプをよく考えてから選ぶようにしましょう。 3つ目はマグネットフックを利用する方法です。 傷や接着剤のあともつかず、着脱しやすいというメリットがあります。 ただし、玄関ドアの表面が金属でなければ付けることはできません。 ご家庭の玄関ドアにマグネットが付くかどうか、一度確かめてから購入するようにしましょう。 また、マグネットの磁力によっては、塗装が剥げてしまうこともあります。 1枚布などを挟んでおくと防止できるので、ちょっとした工夫をしておくといいでしょう。 Sponsored Link クリスマスリースの玄関ドアへの吊るし方! クリスマスリースは玄関ドアに直接付ける方法以外にも、オシャレに吊るす方法もあります。 リボンなどを利用すると見た目にも綺麗ですし、よりゴージャスに演出することもできそうですね。 どのような吊るし方があるのか、ここからは2パターンの方法を紹介します。 フックとリボンの併用で 1つ目はフックとリボンを併用する吊るし方です。 リボンの長さを調整したら、また玄関ドアの上部から内側に入れ、貼り付けたフックのところで結びましょう。 これだけで、リボンを使ってクリスマスリースを吊すことができます。 リボンなら自分の好きなデザインのものを選べますし、他の家庭と被らないのでおすすめです。 また、長さを調整すれば好きな位置に飾ることも可能ですね。 ただし、玄関ドアの上部で支えることになるので、風の影響を大きく受けてしまいます。 クリスマスリースが飛ばされたり、壊れてしまうこともあるので注意しましょう。 ドアクローザーと針金・テグスの併用で 2つ目はドアクローザーと針金やテグスを併用して吊るす方法です。 吊るし方はリボンの時と同じように、玄関ドアの内側から外側に向ける形となります。 引っ掛ける場所がドアクローザーになるので、フックは必要ありません。 針金かテグスだけ用意すればOKです。 針金ならリボンやテグスよりも耐久性が強く、風によって左右に揺れることも少なくなります。 テグスなら吊るしているのがほとんど見えないので、クリスマスリースをより目立たせることができますね。 どちらの吊るし方でも、玄関ドアの外側にフックを付けるよりは風の影響を受けやすくなります。 特に針金の場合はドアに傷ができてしまうことがあるので注意しましょう。 Sponsored Link クリスマスリースの玄関ドア以外の飾り方 マンションなどに住んでいると、規則などもあってどうしても玄関ドアにクリスマスリースを飾れない場合もあります。 戸建て住宅でも、ドアのタイプによっては直接飾ることが難しいこともありますね。 そんな時はリーススタンドに飾るのがオススメです。 リーススタンドに飾る リーススタンドに飾る方法も、玄関の外側と内側でかわってきます。 外側ならハンギング用のもの、内側なら立てかけるものを利用します。 ハンギング用とは、ガーデニングでバスケットや吊り鉢などを掛けて鑑賞するためのものです。 格子状になっているので、そこにS字フックなどを付けて飾ることができます。 また、お店などで見られるような、クリスマスリース専用のスタンドもあります。 玄関脇にスペースがある方はチェックしてみましょう。 玄関の内側に飾るリーススタンドは、靴箱の上などに立て掛けるタイプのものです。 スタンドを広げ、クリスマスリースを乗せて飾ります。 また、板にフックが付いていて、そこにリースを掛けて飾るタイプのものもあります。 インテリアにも使えますし、玄関脇などに飾っていてもよく映えますね。 雨には弱いイメージもありますが、晴れている時は外に出しておいてもよいですね。 他にも様々なクリスマスリース用スタンドがありますので、お気に入りのデザインのものを探してみて下さいね! クリスマスリースの玄関ドアへの付け方・吊るし方のまとめ.

次の

クリスマスリース人気ランキングTOP20!おしゃれで可愛い豪華なのがたくさん!

クリスマス リース 玄関

この記事の目次• リボンで吊るす方法 リボンをドアに挟んで吊るす方法です。 リースをさらにゴージャスに引き立てる、おしゃれな飾り付け方です。 この吊るし方の利点は、リボンの長さが自分好みに調節できるので、飾りたい位置にリースを飾れるところです。 リースの吊るし方 ドアの後ろに、取り剥がし可能な壁かけ用フックを、逆さまに貼付けます。 リボンを好みの長さにカットして後ろ側に回して、フックにしっかり結びつけます。 ハンガーで吊るす方法 リースの裏側には、引っ掛ける箇所のないデザインのものもあります。 そんなときに便利なのは、ワイヤーハンガーで吊るす飾り方です。 リースの良さを引き立てる飾り付け方です。 取り付け方 ワイヤーハンガーを曲げて、リースの後ろ側に見えないように曲げます。 釣り糸、細いワイヤー、ホットグルーなど、リースの素材にあわせた方法で、リースの裏側にハンガーを取り付けます。 取り剥がし可能な小さなフックを、玄関ドアのリースを飾りたい位置に取り付け、リースに取り付けたハンガーをフックに引っ掛けます。 リースフックで吊るす方法 一番定番なのは、リースを飾る用のドアフックを使った飾り付け方です。 フックを使った取り付け方の利点は、ドアに引っ掛けるだけというお手軽さです。 最近は、フック自体のデザインがとてもおしゃれで素敵なものもあり、クリスマスリースを引き立ててくれます。 こういった素敵なものを利用するのもおしゃれです。

次の

クリスマスリース人気ランキングTOP20!おしゃれで可愛い豪華なのがたくさん!

クリスマス リース 玄関

スポンサードリンク クリスマスリースの玄関への取り付け方法は? クリスマスリースを玄関扉に取り付けるための方法は 色々とありますが、まず注目すべきは玄関扉の材質です。 これにより方法も変わってきますので、 まずはご自身のおうちの玄関扉の材質を把握しておいてください。 以下に材質ごとの取り付け方法を書いていきますので、 自分に当てはまるものを探して参考にしてみてくださいね。 木製の玄関ドア 木製であれば、吸盤やマグネットは使えないので ドア用フックやシールタイプのフックを使います。 ドア用フックはドアと上部の間に隙間がないと難しいので、 検討する人はまずドア上部の隙間を確認しましょう。 ぴっちり隙間なく閉まるようでしたら、 ドア用フックを使うのはやめておいて シールタイプのものを使った方がいいかもしれません。 シールタイプのものは製品によって はがすときに綺麗にはがせないものもありますから、 きれいにはがせるものを使いましょう。 きれいにはがせるかどうかはパッケージに書いてあると思いますので、 買う時にチェックして買ってみてくださいね。 鉄製など、磁石の引っ付くドア 磁石がつくタイプのドアであれば、マグネットフックを使いましょう。 マグネットであれば取り外しも綺麗にできますので安心です。 ちなみに金属でできていても全ての扉に磁石がつくわけではないので、 家の扉に磁石がつくかどうかは、お家にある磁石で実際に試してくださいね。 磁石がつかないタイプの金属製ドアなら、吸盤タイプのフックや シールタイプのフックで対応してみましょう。 真ん中がガラス面になっているドア 扉はすべて同じ材料で作られたものだけでなく、 真ん中あたりにガラスを埋め込んだものもありますよね。 シールタイプのフックでもいけますが、露が浮いて はがれてしまう時もあります。 そうならない為にもガラス面に取り付けるフックには 吸盤式のものがおすすめです。 吸盤式であれば水分があった方がはがれにくくなりますし、 きちっとつければくっついている面に露が浮くこともありません。 取り付けるリースの重さに耐えられるものでないと、せっかく取り付けても また落ちてしまいます。 ですので購入する前にリースの重さをはかり、それに合った耐荷重のフックを 選ぶようにしてくださいね。 スポンサードリンク クリスマスリースが玄関で雨に濡れないような工夫は? クリスマスリースを玄関扉に取り付ける際に気になるのが、 雨に濡れてボロボロになってしまわないかという点です。 クリスマスリースを飾る期間は約1ヵ月ですから、 一度飾ったくらいでボロボロになることはあまりないと思います。 ですが来年からも使いたいというような場合や、 雨に濡れると劣化が早まってしまう材料を使っている場合などは やはり雨に濡れるのはなるべく避けたいものです。 まずは、出来る限り上に屋根など雨よけになるようなものがついた 所にクリスマスリースを飾るのがベストです。 ですがもし、そのようなものがない場合には、まず雨に濡れてしまっても 大丈夫なように 防水スプレーで簡易的な防水加工を施すことです。 防水スプレーを全体に振りかけて乾燥させるために陰干しをします。 乾いたら、念のためにもう一度防水スプレーを吹きかけ 乾燥させましょう。 あらゆる素材に対応した防水スプレーなども売られていますので、 ご自身のクリスマスリースの材料を見て選んでみてくださいね。 また、 強い風を伴う吹き込むような雨の日には、 あらかじめクリスマスリースを家の中に避難させるなどの 工夫もとても有効ですよ。 玄関のリースが風で飛ばされないためには 強風に飛ばされてしまうと、紛失するまでは行かなくとも せっかくの綺麗で可愛いクリスマスリースにも傷や汚れがついて しまいます。 飾る間もそうですが、毎年使うようであれば、 このような傷や汚れはなおさら避けたいですよね。 風が強く吹く地方にお住まいの方であれば特に気になるでしょうし、 冬の間は爆弾低気圧が来て天気が荒れるということもままあります。 そのような時に備え、クリスマスリースが飛ばされないよう より強力に取り付ける方法というのをご紹介しておきますね。 フックを3か所に付ける方法 フックを1つだけでなく、下2か所にもつける方法です。 上のフックと下側の2つのフックが丁度三角形になるような 形で取り付けをします。 下2つのフックはフックの先をリースの内側に向けて固定します。 丁度下の絵のような感じです。 フックとリースを紐で固定 フックの部分とリースの部分を紐で固定します。 フックが落ちることはなくてもクリスマスリースが何度も 落ちてしまうというような場合にこうしておくと、 フックがクリスマスリースを支えてくれます。 強力な磁石でつける これは磁石がくっつく扉にしかできませんが、 フックごと外れてしまうというような場合には 強力な磁石でくっつけるという方法もあります。 磁石タイプのフックを3か所につけ、 各フックとリースを細い針金などでとめておきます。 するとかなり強くくっつくので落ちる可能性がぐっと下がります。 さいごに 玄関扉に飾られたクリスマスリースはその家の人だけでなく 近くを通る人にもクリスマスの雰囲気を感じさせてくれる素敵な 飾りものです。 素敵なクリスマスリースを飾るために この記事が参考になれば幸いです。

次の